■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第弐佰禄什弐夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □




赤いドレスの女の子/ザ・スパイダース

旧約聖書/アダムス

割れた地球/ザ・タイガース

ムーン・アンド・スターズ/ザ・ハーフ・ブリード

不思議な夢/ザ・ハーフ・ブリード

白夜の騎士/ザ・タイガース

虹色の湖/中村晃子とザ・ジャガーズ



□赤いドレスの女の子/ザ・スパイダース




明治百年とスパイダース結成七周年を

記念して発表された

1968年10月リリースのアルバム

「明治百年すぱいだーす七年」


A面には

スパイダースそれぞれのメンバーが

作詞作曲しソロをとったオリジナル曲を

披露したアルバムだが、


B面は主に

作詞が橋本淳

かまやつひろし作曲

大野克夫編曲


で構成されている。


橋本淳と言えば

『ブルー・シャトウ』

『亜麻色の髪の乙女』

など、GS曲を数多くてがけ


オリコンチャート解析において

「GS関連で最も売れた作詞家」

としても知られる。



陽気なリズムと

軽快なパーカッション

で確かな

スパイダニズムを

味わえる

爽快なナンバー





旧約聖書/アダムス


実力派GS、アウト・キャストを

脱退した水谷公正と轟健二を

中心に68'年春に結成された

グループ。


68年6月16日

池袋のジャズ喫茶「ドラム」で

初ステージを踏み、同年9月5日

大編成のオーケストラとの

合同演奏による「旧約聖書」で

レコード・デヴュー


大編成のオーケストラという

大げさな構成の割りに

オリコン・チャートは

63位にとどまった。


そんなわけで

ただ今聴いていただいたのが

くだんの

1968年9月5日リリース

デヴューシングルから

A面の壮大なシンフォニック・ポップ『旧約聖書』


新会社CBSソニーの

GS第一号として社運をかけて

渡辺プロダクションが

第二のタイガースとして

大々的に売り出そうとした


アイドル性重視のバンドだったが

テクニックも兼ね備えていて


ステージでのレパートリーは

もっぱらニュー・ロックや

ストーンズ・ナンバーだった


実際に70年代には

スタジオ・プレイヤーとして

ナンバーワンになった水谷公正や

千原秀明といった

腕利きスタジオ・ミュージシャンを

輩出する事になる


アダムスは

合計四枚のシングルを残しているが

もはやGSの枠で活動する事に限界があり

69年暮れに解散してしまった。




割れた地球/Tiger


タイガースが68年に

リリースしたトータル・アルバム

『ヒューマン・ルネッサンス』より

このアルバムは、

「ポンペイ最後の日」

からモチーフを得た

コンセプト・アルバムで


GSと管弦楽の融合という

すぎやまこういちらの

意図が一応の成功を

見たアルバム


GS=不良=低い音楽性

という世評に反発するかのように

大げさなほどの

格調の高さと芸術性を

打ち出している


全体的にオーケストラを

導入したクラシック・ロックの

おもむきが強く

まるでオペラのような

アルバムだった


しかし

そんななかで


この曲に関しては

ジミ・ヘンドリックスの

影響を強く感じさせる

ニュー・ロック調の

ギターをフューチャーしており

ジュリーの甘めの

ボーカルとのコントラストが

非常に面白い。



ムーン・アンド・スターズ/ザ・ハーフ・ブリード

不思議な夢/ザ・ハーフ・ブリード




69年1月「日本初のソフトロック」を謳い文句に

東芝/エキスプレスから

美麗なストリングスをバックにした

バラード「不思議な夢」でデヴュー


立川、横田などの

米軍基地で活動した後、

都内のジャズ喫茶、

ディスコテークなどに進出


また、FENの「ティーンエイジャース・オン・パレード」

や「ファン・ダイヤル」にも出演した


在日外国人のバンドとしては

珍しく、R&Bではなく

(猫も杓子も

R&Bだった当時に)

ソフト・ロックを

売り物として

雑誌などでは

「日本のウォーカー・ブラザーズ」

といった扱われ方だった






不思議な夢/ザ・ハーフ・ブリード


ありたあきら編曲の

麗しいストリングスをバックに

最初英語で次ぎに日本語で

歌われるソフト・ロックの傑作


69年1月「日本初のソフトロック」を謳い文句に

東芝/エキスプレスからリリースした

デヴューシングル

「不思議な夢」のA面



美麗なストリングスをバックにした

傑作バラード


ヴォーカルの

ポール・リーと

マーク・八幡が


素晴らしい歌声を披露


ザ・ハーフ・ブリードは


ソフトロックグループの白眉で

優秀なバンドだったが

当時ほとんど注目されることはなかった。




白夜の騎士/ザ・タイガース


星の王子様的

クラシカル路線の白眉


なんだかんだいっても

白馬に乗った王子様が

一番似合うのは

タイガースである




1968年7月15日リリースした

シングル

『シー・シー・シー』のB面


間奏のエレガントな室内楽が

じつに印象的なナンバー




虹色の湖/中村晃子とザ・ジャガーズ


1968年3月公開の松竹映画

『進め!ジャガーズ敵前上陸』

より、


カルトムービー業界では

日本喜劇の傑作と評される

『進め!ジャガーズ敵前上陸』




スタジオにセットを組んだと思われる

ゴーゴー・クラブでの演奏シーンで


ジャガーズによる

ぶっつけ本番のラフな演奏をバックに

中村晃子がキュートにヒット曲を

「虹色の湖」を

歌うシーンは感動もの


AKGのマイクをもって

歌う中村晃子が

小悪魔的魅力いっぱい


中村晃子は目が良いですね

すごく魅惑的で

それと唇。



ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg



『D,侯爵の『RADIO R'lyeh』』をパソコン・スマートフォンで聞く方法:

FMおだわらの公式サイトの上部にあるバナーをクリックするか、

http://www.jcbasimul.com/?radio=fm%E3%81%8A%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%89からJCBAインターネットサイマルラジオにアクセス

なお、
広告非表示アドオンはOFFにしてください

□聴けないかたはブラウザのFlash設定がOFFになっていないかご確認ください。
OFFであればONにしてください
[PR]
# by marquis_de_d | 2017-10-15 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第弐佰禄什一夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □




愛することは誰でもできる/アウト・キャスト

風がさらった恋人/ザ・シルビー・フォックス

白鳥のバラード/ザ・サニーファイブ

リリー/ザ・ルート・ファイヴ

西暦2525年/ザ・ヤンガーズ

This Bad Girl/ザ・ゴールデン・カップス

朝日よさらば/モップス





愛することは誰でもできる/アウト・キャスト


1967年4月リリースだった

二枚目のシングル

「愛することは誰でもできる」


水谷淳(水谷公正)

のリードギターと

轟健二のフルートが

聴ける曲。


「花嫁人形」によく似た

日本的メロディーを

さりげなく取り入れた

ナンバーだが

A面としては

ちょいと地味。


66年にデヴューした

アウト・キャストは

この年の(1967年)

デヴューから間もなくして

秋には

6人いたメンバーも

二人抜けて四人での

活動となってしまう。


ギターテクニックだけでは

生存できない世界ゆえなのか

はたまた事務所の都合なのか

GS黄金期の1968年3月には

解散してしまう。



風がさらった恋人/ザ・シルビー・フォックス


1965年に結成されたエレキ・バンド

”東京ベンチャーズ”が前身。


グループサウンズ真っ盛りの

1967年に前近代的な

バンド名をGS時代に相応しい

名前に改め


ミノルフォンより

1967年11月10日リリースだった

シングル

「風がさらった恋人」でデヴュー


演歌のミノルフォンレコードから

初のGSとなった。


デヴュー曲は

遠藤実 御大による

渾身の書き下ろしで


スプートニクス的な

哀愁エレキのメロディや

テケテケを多用する

アナログなギターと

演歌的唱法が痛快


大滝詠一の「さらばシベリア鉄道」の

先駆的作品といえる


また、間奏での女の子の

名前を叫ぶのを聴けば

もはやエレキ・バンドではなく

GSナのだということを実感させられる


しかし

演歌のミノルフォンレコード初の

GSトして孤軍奮闘したものの

結局成功を収められず


69年ピート七福が一人のこって

全く新しいメンバーで

再スタートするも

やはりダメ




白鳥のバラード/ザ・サニーファイブ



GSブームに遅れを取ったビクターが

1967年11月

”ビクター3大ポップス・サウンド”を

謳い文句に


モップス

ダイナマイツ


とともにデヴューさせた

京都のグループ


元リンド&リンダースの高木和来を

リーダーとして67年8月に結成


”太陽の貴公子”という

当時としては大真面目な

キャッチフレーズで登場



お聴きいただいたのは

1968年4月5日リリースの

三枚目のシングル

「白鳥のバラード」のA面


当初はクラシカルな

ハーブやオーケストラを

導入した録音だったが

没になってお蔵入り。


結局、メンバーだけの演奏で

レコードがされたが

それが裏目にでて不発。


結局

シングル三枚出したものの

どれも不発に終わった。




リリー/ザ・ルート・ファイヴ


アングラ・ブームに便乗して

突発的にデヴューし

すぐに音信が途絶えた

グループ


東海ラジオ東京支社の

”アングラ・ブームを探る”的な

安易な特集のインタビューに

答えたことがきっかけで

1968年7月東芝/エキスプレスから

デヴュー。


しかし、もはや

この頃の世の中は

”アングラ”(コミック・ソング)

に食傷気味で


相手にする人は稀だった。


1968年7月1日リリースの

唯一のシングル

「俺は天下の色男」のB面で

「リリー」

うっすらとファズをかけた

マイナー調のフォークロック。


69年日本テレビの

テレビ映画「東京バイパス指令」

第十話にこのバンドが出てきて

この曲を演奏するシーンがある





西暦2525年/ザ・ヤンガーズ


世紀の一発屋

ゼーガーとエヴァンス

69年夏

全米No.1ヒットの

西暦2525年のカヴァー


これは

69年11月25日

フィリップスからリリースされた

『ヤング・ポップ・ベスト14』

収録曲

アルバムの一曲目を飾る

ヤンガースによるカヴァー


原曲のブラスパートを

ギターに置き換えて


GS的解釈

よりガレージ的表現

となっておりまして


原曲よりも

鬼気迫る

迫力のある演奏が

楽しめたかと思います


GSブームの全盛期に

フィリップスは

所属アーティストたちの作品を

集めたGSオムニバス・アルバムを

シリーズ化しています


中には

このシリーズでしか聴けない、


フィリップスGSたちによる

他者GS作品のカヴァーや

洋楽ヒット・カヴァー

が多数ありました。。


ただ、

この時代になってくると

楽曲も洗練されてきてしまうせいか

GSによるカヴァー曲の

演奏は困難を極める


69年にGSが一斉に

歌謡曲化したのも

そんな要因があったかも

しれませんが


そんな中で

この作品はワイルドな

演奏が光っています。





This Bad Girl/ザ・ゴールデン・カップス

ジズバトガール



洋楽ファンから

絶大な支持をウケていた

玄人好みのバンド



ザ・ゴールデン・カップス


本格志向故か

ステージでは

ほとんどオリジナルは

やらなかったというだけあって


自作曲が意外に少ない

ゴールデン・カップスだが


これはメンバーの

ケネス伊藤、作詞

ルイズルイス加部、作曲

という作品。


1968.4.1『長い髪の少女』のB面

A面の「長い髪の少女」は

売れせん狙いのマイナー歌謡

極めて営利色の強いナンバーで

オリコン14位、35万枚をセールスし

これでゴールデン・カップスも

一躍、人気アイドル・グループに

躍り出ることになるわけですが


逆にB面は

疾走感のあるギターとベースに


海外のファンがGSを聴いて

一番驚くのはルイズルイス加部の

誰にも真似できない早弾きの

ベースワークだ。


いかにも

「そのばでつくりました」的な

ラフなメロディの

ガレージ・サイケ・ナンバーだが

スピード感がすごい。


この曲の

ヴォーカルはケネス伊藤


地味な印象だが

日系アメリカ人だった

彼の存在はカップスの持っていた

本物の匂いを影から

支えていたといえる


「ガレージ・パンクという

視点から見た時、

ゴールデン・カップスで

一番のヴォーカリストは

ケネス伊藤だ」とおっしゃる人もいます





朝日よさらばモップス1968


モップスの


初アルバムで

サイケデリック音楽への

アプローチを高らかに謳った

日本最初のアルバム


『サイケデリック・サウンド・イン・ジャパン』収録曲。

そのなかでも

ファズを使用した

「朝日よさらば」は

欧米でも非常に評価が高い。


なお、

1968年2月封切りの

日活映画『星影の波止場』で

モップスがこの曲を

演奏するシーンを見る事が出来る。



ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg



『D,侯爵の『RADIO R'lyeh』』をパソコン・スマートフォンで聞く方法:

FMおだわらの公式サイトの上部にあるバナーをクリックするか、

http://www.jcbasimul.com/?radio=fm%E3%81%8A%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%89からJCBAインターネットサイマルラジオにアクセス

なお、
広告非表示アドオンはOFFにしてください

□聴けないかたはブラウザのFlash設定がOFFになっていないかご確認ください。
OFFであればONにしてください
[PR]
# by marquis_de_d | 2017-10-08 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第弐佰六十夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □




エンド・オブ・ラブ/ザ・スパイダース

ジェニ・ジェニ’70/モップス

明日なき世界/アダムス

スカイ・パイロット/ザ・バーンズ

デイ・トリッパー/ザ・ハプニングス・フォー

幸せの道/ザ・ワイルド・ワンズ





エンド・オブ・ラブ/ザ・スパイダース



明治百年とスパイダース結成七周年を

記念して発表された

1968年10月リリースのアルバム

「明治百年すぱいだーす七年」


A面には

スパイダースそれぞれのメンバーが

作詞作曲しソロをとったオリジナル曲を

披露したのアルバムだが、

B面の3曲目に収録された


かまやつ作のR&Bサイケで

ジミ・ヘンドリックスの

「ストーン・フリー」に

影響されて作ったという

「エンド・オブ・ラブ」

も聞き逃せない。



ジェニ・ジェニ’70/モップス



69年以降のモップスは

それまで背負っていた

サイケの看板を

払拭するかのように


よりシンプルな

ロック、ブルーズ、R&Bと

言った方向に進んで

ビクターから東芝に移籍。


1970年5月5日リリースだった

シングルのA面


リトル・リチャードで

有名なナンバーを

ハード・ロック化し、

70年代に突入した

モップスの

パブリック・イメージに

最も近い音



明日なき世界/アダムス


バリー・マクガイアのヒット曲とは

同題異曲だが、

こちらも核戦争をテーマにした

メッセージ・ロック


全体的に

すごく、すぎやまこういち先生の

いろがでている

という感じの構成だが


間奏では水谷の

アート・ロック風ギターを聴ける。


なお、

タイガースの主演映画

東宝69年7月封切りの

「ハーイ!ロンドン」では

日比谷「ヤング・メイツ」に

おいて「にくい時計」を演奏する

アダムスを拝む事ができます

(川上幸夫がヴォーカルをとる「にくい時計」)




スカイ・パイロット/ザ・バーンズ



「バーンズ」という名前のGSは

当時全国にいくつもあったが

これは東京の中川三郎ディスコテーク

に専属出演していたバンド。


68年中川三郎ディスコテーク専属となり

わずか半年足らずで

数多い専属バンドの中でも

ナンバーワンの存在に

なったという

19歳を頭に

平均年齢18歳という

若者たちで

構成されたザ・バーンズ



本作は69年2月に

発売された

ディスコ用の

企画ものLPで

彼らの唯一のLP

「R&B・イン・東京」

に収録されている曲


このLPの存在は

サイケデリックから

ニューロックに移行する

微妙な時期で

バーンズの演奏も

それを反映した

ミッシングリンク的

資料価値を持っている

と思います。



アニマルズの

『スカイ・パイロット』は

エコー・マシンを駆使して

トリップ感を出す事につとめ


いずれも

サイケデリック的解釈

による素晴らしい

アレンジが聴けたかと

おもいます。






デイ・トリッパー/ザ・ハプニングス・フォー(1968.7


ファーストアルバム

『マジカル・ハプニングス・ツアー』

収録曲


ハプニングス・フォーは

ステージでビートルズナンバー

をよく取り上げており、

ビートルズファンクラブ主宰の

イベントで演奏した事もあった


また、前身のサンライズ時代には

66年ビートルズ来日時の

ヒルトンホテルのラウンジに

ハコバンとして入っていた

こともあり、

演奏中にビートルズの

メンバーが来た事もあったという




ハプニングス・フォーといえば

ギターレスバンドを売りにしていた

オルガン、ピアノ中心の

異色のバンドで


よって、どこにファズが

かかっているかというと


ベースにファズがかかっている。



一万円札をパロった

人を喰った見開きジャケットが

話題を呼んだ彼らの

ファーストアルバム

『マジカル・ハプニングス・ツアー』

収録曲


ファースト・アルバムということもあって

ハプ・フォの意気込みには

相当なものがあり、

クニ河内などは自信のあまり

このテープを

ビートルズに送り付けたほどである。




幸せの道ザ・ワイルド・ワンズ 1968


五枚目のシングル

「恋するアニタ」のB面。

ワンズと言えば

「青空のある限り」で

重厚な12弦ファズが有名ですが、

こちらはうっすらとかかったファズ。

 

シタールのような

ファズギターと

トレモロをかけたような

サイケオルガンが

隠し味のガレージ・フォークロック




ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg



『D,侯爵の『RADIO R'lyeh』』をパソコン・スマートフォンで聞く方法:

FMおだわらの公式サイトの上部にあるバナーをクリックするか、

http://www.jcbasimul.com/?radio=fm%E3%81%8A%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%89からJCBAインターネットサイマルラジオにアクセス

なお、
広告非表示アドオンはOFFにしてください

□聴けないかたはブラウザのFlash設定がOFFになっていないかご確認ください。
OFFであればONにしてください
[PR]
# by marquis_de_d | 2017-10-01 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第弐佰伍拾九夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □

ワンス・アゲイン/ザ・スパイダース

はじめての涙/江田聖明とザ・ブレイズ

夜明けに消えた恋/ザ・ブルーインパルス

怒りの鐘を鳴らせ/ザ・タイガース

僕は君と一緒にロックランドにいるのだ/荒木一郎

ひとりぼっちのジェイ婆さん/荒木一郎



□ワンス・アゲイン/ザ・スパイダース


1966年4月15日リリースだった

スパイダーズの記念すべき

デヴュー・アルバム

『スパイダーズ・アルバムNo.1』

収録曲でB面の2曲目だった

「ワンス・アゲイン」


”リヴァプール・サウンド”に対抗して

スパイダースが

”トーキョー・サウンド”を標榜して

作られた、全曲英語歌詞で歌うオリジナル曲で

構成された意欲作


マージー・ビート、

ブリティッシュ・ビートを

吸収してきた日本のバンドが到達した

当時における最大級の成果が

このアルバムであると言っていい


収録曲のほとんどは

ムッシュ・かまやつひろしが

手がけており、


お聞きいただいた

「ワンス・アゲイン」も、

ムッシュのスノッブな人脈による

英語歌詞


精神的には

今の日本のネオ・アコ系バンドに

通じるものがあるかもしれない




はじめての涙/江田聖明(ひであき)とザ・ブレイズ


GSブームも後期になると

少女マンガの世界を極めたような

アイドル・バンドが続出したが


このグループもそのひとつ


日大一高の同級生で

結成されていたバンドに


ファッション誌

『美しい十代』の

マスコット・ボーイだった

江田聖明(ひであき)を

ヴォーカル兼ギターで加え


GSスタイルで売り出された

1968年10月15日

リリースだった

デヴューシングル

「美しい愛の悲しみ」のB面

取り立ててなんの

変哲の無いポップ・ソング

「はじめての涙」


江田聖明はNTVの『あなたの出番です』

などで、

ひざまずき手をかざす

情熱たっぷりなパフォーマンスで

歌っていたが


二枚目のシングル

『卒業の季節』を

リリースした後、消息を聴かなくなった


□夜明けに消えた恋/ザ・ブルーインパルス



当時、銀座ACBを本拠地にして

(常に出演していた)


第三期GS黄金時代の

中核をなしていたグループ



1968年10月3,4日

モンキーズ日本公演では

フローラル

ポニーズとともに

モンキーズの前座として舞台に上がる

という幸運に恵まれ

センセーショナルなデビューを果たした


1968年10月25日

RCAビクターからリリースした

デヴュー・シングル「太陽の剣」の

B面が「夜明けに消えた恋」だった


ネオGSにも熱愛された

カルトGSの古典。


イントロの

ギター・リフがかっこいい



しかし、


1969年3月にリリースされた

セカンドシングル

『メランコリー東京』は


GSとしての

アイデンティティぶち壊しの

妙に耳に残るムード歌謡で


92位にとどまった


「目標はスパイダース!」

「絶対に海外の物真似はしたくない」


といい

GS第三期黄金時代を

担うグループとして

期待されたが


人気は鳴かず飛ばずの低迷ぎみで


1970年4月に

自虐的な

「苦しみロック」を

最期に解散した


(70年というのは

既にニューロックの時代であって

帰ってきたアングラソングに

誰も見向きもしなかった)







怒りの鐘を鳴らせ/ザ・タイガース


13枚目のヒットシングル

『都会』のB面


教会の鐘

クラシカルなオルガン

神秘的なコーラス


宗教音楽的な

サウンドをバックに

ジュリーの

熱い歌声が

響く


作曲は

ザ・ハプニング・フォーの

クニ河内


ザ・ハプニング・フォーは

タイガースの前座を

務める事も多く


クニ河内が

タイガースのサポートで

キーボード弾いたこともある。


とにかく、70年代後半の

ブログレッシブ・ロック臭を

強く漂わせる曲ですが


1970年3月のリリース


数あるタイガースのナンバー

のなかでも

完全に時代を先に

いっていったナンバー


GSが持っていた

音楽に対する

感覚の鋭さを

感じないではいられない

んじゃないでしょうか。






僕は君と一緒にロックランドにいるのだ/荒木一郎



66年の

デヴュー曲「空に星があるように」

(日本レコード大賞新人賞)

「今夜は踊ろう」「愛しのマックス」

などのミリオンセラーヒット曲を連発した

俳優でありシンガーソングライター、


日本の

ロック&ポップスシーンの

草分け的存在


荒木一郎の異色傑作アルバム

『荒木一郎の世界』(1971/5)から


J・Aシーザーのアイデアで

曲に

アレン・ギンズバーグの詩を

のせた前代未聞の

長篇サイケデリック・ナンバー


僕は君と一緒にロックランドにいるのだ



頭の中に

すっかり

「僕は君と一緒にロックランドにいるのだ」

ということばが

刷り込まれちゃう

メチャクチャかっこいい

一度聴いたら忘れられない曲。


独特な不安感漂う

4分を過ぎた瞬間から、

残りの2分間陽の光が

厚い雲の隙間から

ズパッと差し込んでくる

そんな空気が漂っています。




□ひとりぼっちのジェイ婆さん/荒木一郎


荒木一郎の異色傑作アルバム

『荒木一郎の世界』(1971/5)から


ファズを使って

人生の

滑稽さと

物悲しさ

を効果的に演出し


楽しさと悲しさが

同居する世界を

作り出している


ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg



『D,侯爵の『RADIO R'lyeh』』をパソコン・スマートフォンで聞く方法:

FMおだわらの公式サイトの上部にあるバナーをクリックするか、

http://www.jcbasimul.com/?radio=fm%E3%81%8A%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%89からJCBAインターネットサイマルラジオにアクセス

なお、
広告非表示アドオンはOFFにしてください

□聴けないかたはブラウザのFlash設定がOFFになっていないかご確認ください。
OFFであればONにしてください
[PR]
# by marquis_de_d | 2017-09-24 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第弐佰伍拾蜂夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □



プリーズ・プリーズ・ミー/クール・キャッツ

想思樹/フラワーズ

ハートを狙い撃ち/有馬竜之介

恋のバンバン/山本リンダ

ゲルピン・ロック/ムスタング

青春/ザ・ハプニングス・フォー

プリーズ・プリーズ・ミー/梓みちよ



□プリーズ・プリーズ・ミー/クール・キャッツ


クール・キャッツは

1964年5月にこのビートルズのカヴァー

『プリーズ・プリーズ・ミー』

でデヴューを飾ったグループ


もともと1963年 春に

結成された当初は

歌って踊れるスタイルのグループで


ジャニーズの対抗馬的存在だった


ところが

64年5月にこの曲を

リリースした時点では

襟なしのスーツに身を包んだ

和製ビートルズとして


東京ビートルズの対抗馬として

売り出されている。


それゆえなのか

日本語歌詞で歌っており、


訳詞は東京ビートルズと同じく

漣 健児


ご本人曰く、

「”抱きしめたい”で懲りていたけれど

どうしても漣健児じゃなくては!

と担当におだてられ、シブシブ

引き受けた」


という。


かの漣健児ですら

ビートルズに

日本語歌詞が

乗らないということを

思い知らされていたのである。


一方、ライバルの

東京ビートルズは一足先に

この「プリーズ・プリーズ・ミー」を

シングル「抱きしめたい」のB面で

カヴァーしているが、


クール・キャッツ盤の方が

エレキ・コンボ感覚の

アレンジを施している分

わずかながら

ビートルズのニュアンスに近い







想思樹/フラワーズ


ソウシジュといえば

沖縄ヤンバルに咲く花だが


沖縄戦に散った

女学生たちの悲劇を描いた

1968年9月21日封切りの

日活映画『あゝひめゆりの塔』で

冒頭の


ゴーゴーホールで踊り狂う

昭和元禄の若者の群れを映したシーンで

使われたもので


戦争中だった20年前との

対比として効果的に使われている


フラワーズによる

スチール・ギターを駆使した演奏だが


このシーンで出てくるのは

全く別のバンドであります





ハートを狙い撃ち/有馬竜之介



有馬竜之介の「ハートを狙い撃ち」1967.2



青春歌謡歌手

有馬竜之介の

デヴューシングル

「土曜日に集まれ!」

のB面。


極めて優れたバンバンソングで

ドラムと

オルガンの生み出す

疾走感から

心揺さぶる歌詞とボーカル

そこから

間奏にじょんがらギターが入って

生み出すグルーヴ


なのにどことなくチープでガレージ感がある


隠れたガレージパンクとは

まさにこのこと



ザ・ルビーズの「恋のピストル」

と共に聴きたいところなんですが


今夜はリンダで





恋のバンバン/山本リンダ


1969年6月1日リリースだった

14枚目のシングル


天才リンダの甘ったるくも

迫力のある歌唱に


このすっ飛んだ歌詞

という脳天に

突き刺さる作品に

仕上がっている


この錯綜ぶりには、


60年代のリンダは

66年の

デヴュー曲「こまっちゃうな」

の大ヒット以降以降

ヒットには恵まれず


このころは

人気が低迷していたので

いかに当時

試行錯誤がなされていたかが

伺える


山本リンダブームが

復活するのは72年の

「どうにもとまらない」を

待つこととなります






ゲルピン・ロック/ムスタング



いかれたかけ声が精神をずたずたにしそうな

この時代のサイケデリック・トーキョーを

象徴するようなオリジナル曲

唯一のシングルのA面

『ゲルピン・ロック』1968

を聴いていただきました。

カルトGSの象徴的レコードです。


昭和元禄を

象徴したような

軽薄なロックンロール

シンプルな曲調に、

メンバー全員による

口で効果音を入れている

ことがそれに

拍車をかけている。


題名にもなっている

「ゲルピン」とは当時の

流行語で一文無しの事という

ことなんですが


当時「少年サンデー」で

連載されていた川崎のぼるの

「歌え!ムスタング」は

このバンドをモデルにしたものだと

いうのですが


川崎のぼる先生と言えば

『巨人の星』

『いなかっぺ大将』

などの名作が有名なわけでありますが

この

「歌え!ムスタング」は


ストーリー、コンセプト

ともに、ムスタング的な部分は

ゲルピン要素のみ

という感じで

いかにも川崎のぼる先生らしい

雑に説明しますと

根性とど根性と

ずば抜けた才能で

ロックの頂点に立ち

そして死ぬという

ストーリー展開の


これも隠れた名作として

紹介したい作品であることは

間違いないです。


いずれにしても

上滑りで移り気な感じの事を

「軽佻浮薄(けいちょうふはく)」

と言いますが

これを絵に描いたような

素晴らしい出来映えのガレージ音楽の

シングル一枚のこして

こつ然と姿を消した謎の

GSムスタングであります。






青春/ザ・ハプニングス・フォー


1969年11月1日リリースの

六枚目のシングル

『命短し』のB面で


A面は キングトーンズを

思わせるR&B調ムード歌謡だが


B面は


バロック音楽好き(特にバッハ)

で知られていたクニ河内らしい


クラシカルなストリングスによる

1分36秒にも

およぶGS史上最長のイントロをもつ曲


当時のクニ河内は

バロック音楽好きで

知られていた


1969年5月には

『クラシカル・エレガンス バロック&ロール』

なる

当時のヒット・ポップスを

クラシックの手法を使って

大胆に料理したアルバムを発表し


他のGSとは一線を画した

そのハイブローな音楽性

をまざまざと見せつけた



□プリーズ・プリーズ・ミー/梓みちよ


1962年に渡辺プロダクション所属の

プレイボーイズ専属歌手として

デヴュー後、

田辺靖雄とコンビを組んだ

”マイ・カップル”を経て


63年には『こんにちは赤ちゃん』

の大ヒットでレコード大賞を獲得し

一躍国民歌手的存在となった

梓みちよが


1964年8月にリリースした

アルバム

『おかあさん』

の中で挑戦したビートルズ・カヴァー

がこの

「プリーズ・プリーズ・ミー」だった


おそらく当世流行の

ビートルズでも歌ってみようか

という軽い気持ちで取り上げた

ものだろうが


バッキングが

リヴァーブを利かせた

エレキ・ギターと

重めのビートを刻むドラムが印象的な

サーフィン・サウンドっぽい仕上がりで


一人二重唱の

右チャンネルがジョンのパート

左チャンネルがポールのパート

で頑張る梓ちゃんの

見事な歌いっぷりで

なかなかの好カヴァーに仕上がっている


日本はともかく、

海外を見渡しても

この曲をカヴァーした女性シンガーは

珍しいのではないだろうか。





ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg



『D,侯爵の『RADIO R'lyeh』』をパソコン・スマートフォンで聞く方法:

FMおだわらの公式サイトの上部にあるバナーをクリックするか、

http://www.jcbasimul.com/?radio=fm%E3%81%8A%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%89からJCBAインターネットサイマルラジオにアクセス

なお、
広告非表示アドオンはOFFにしてください

□聴けないかたはブラウザのFlash設定がOFFになっていないかご確認ください。
OFFであればONにしてください
[PR]
# by marquis_de_d | 2017-09-17 21:00 | RADIO R'lyeh



酔生夢死随想
by marquis_de_d
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
『D,の部屋』
メインHPは↓から

D,の部屋
ブログパーツ
カテゴリ
全体
日常の一喜一憂
映画の一喜一憂
RADIO R'lyeh
ダイエットの一喜一憂
料理の一喜一憂
ポッドキャストの一喜一憂
自分勝手語辞典
備忘録
創作小説・童話
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
aobashi
信楽 楽入陶房 壺中庵
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧