■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第伍拾壱夜■
FMおだわら(78.7MHz)→

POISON

レベッカ / キューンレコード

REBECCA IV~Maybe Tomorrow~

レベッカ / ソニー・ミュージックダイレクト

WILD&HONEY

レベッカ / キューンレコード

BLOND SAURUS

レベッカ / ソニー・ミュージックダイレクト





■今夜流した曲■


76th Star /REBECCA IV 〜Maybe tomorrow〜1985

Naked Color /Blond Saurus1989

NERVOUS BUT GLAMOROUS /POISON

TROUBLE OF LOVE /POISON1987

ラブ・イズ・Cash(Special Remix) /WILD & HONEY1985




76th Star /REBECCA IV 〜Maybe tomorrow〜1985

今夜はね、30代後半中心ののルルイエリスナーたちから
非常に要望の多かったREBECCAの特集はいつやるんですかというね
熱烈な声が僕の脳に直接電波が送られておりまして

そんなわけで、今夜はREBECCAばっかりの30分間

さっそく聞いていただきましたのは
76th Star /REBECCA IV 〜Maybe tomorrow〜1985
レベッカの4枚目のオリジナルアルバムでございますね。

このアルバムのあたりから
デビュー当時のロック色の強い感じから(デビュー曲の「ウェラムボートクラブ」)
ずっとポップな要素が多くなってくる。

1985年昭和60年はREBECCAを聴くにあたって押さえておきたい
重要な年であります。

1985年というのはちょうどメンバーの入れ替えがあった時代
後にREDS'ことRED WARRIORSを結成する
小暮武彦(ギター)と小沼達也(ドラム)
が音楽性のすれ違いから脱退して、
それ以降はキーボードの土橋安騎夫がリーダーになったわけですが
この人が手がけた曲が軒並みヒットしていってREBECCAは
ロックバンドの一番星(ナンバーワンなスター)に輝いて行くわけでございます。
1985年四枚目のシングル「フレンズ」が大ヒット
そして、同年発売の四枚目のオリジナルアルバム
「REBECCA IV 〜Maybe tomorrow〜」が
当時、ロックバンドのアルバムとしては異例のミリオンセラーと
なったわけでありまして1985年にはそんな背景がございます。
当時はまだ珍しかった女の子一人ボーカルに楽器を男性で構成したバンドが
このREBECCA以降の音楽シーンでは女の子ボーカルに楽器を野郎共で
構成するバンドが多く登場する事になるのです。


また、1985年と言えば八月にレベッカと中村あゆみのジョイントコンサートが
あったんですが当時、中村あゆみも「翼の折れたエンジェル」という
名曲が大ヒットした年で大変人気がございました。
このREBECCAとのコンサートで中村あゆみはなにかをつかんだという
話なんですけれども、その頃にはおそらくヒット曲「フレンズ」を
温めていたわけで
やっぱり、REBECCAにスゴくパワーがあった年だったんじゃないか
と思うわけでございます。


Naked Color /Blond Saurus1989

REBECCAのオリジナルアルバムは全部で七枚あるんですが
僕がもっているのはそのうちの五枚でございまして、
とうぜん、今回も非常に悩みに悩んだわけです
全部かけるわけにもいかんのでありまして、どの曲かけようかなと
もう、いっそ五週ぶち抜きのREBECCA特集で行くかとも
思いましたが、やめときます。

さてBlond Saurus1989
REBECCA七枚目のアルバムであり、
REBECCA最後のアルバム。これはオリコン一位を獲得しましたね。
このアルバムにはSUPER GILEとか名曲ありますが
(スティーブヴァイがリードギターで参加した)
かけません。「Naked Color」をチョイスしときました。
こちらも素晴らしい曲です、なんて言っても詩が良いよね。
REBECCAに狂った現在30代後半の女子たちは
みんなこの、発狂寸前の女心の切なさを読んだ詩で脳をやられたんだと思う。
そして、それをNOKKO の野獣のようなヴォイスで聴くと
もう洗脳いっちょ上がりというね。
なんていうか、今でもNOKKOのライブ映像とか見直すと

こいつは女じゃないな…もう野獣というか野生そのものだな

というほとばしるパワーを感じないでいられないんです。


NERVOUS BUT GLAMOROUS /POISON
TROUBLE OF LOVE /POISON1987

結局一番好きなアルバムですね。
好きすぎて二曲。特に「NERVOUS BUT GLAMOROUS」
この曲で僕はREBECCAが好きになったんですね。
はじめて聴いたのが
ラジオから流れてきたのを鮮明に覚えていますね
最初の第一声でビリビリっときて
慌てて、ラジカセの録音スイッチをがちゃりとおろしましたよ
あれは、ニッポン放送の三宅裕司のヤングパラダイスだったな


「TROUBLE OF LOVE 」には
リクエストがございました。
市内在住のイトウアヤコさん。
「失恋で辛かったとき、20代の時の私の応援ソングでした」
この方は

火曜夜10時の「ラジオラブ」という番組のパーソナリティでしたよね



ラブ・イズ・Cash(Special Remix) /WILD & HONEY1985



最後は僕の大好きな曲で!


番組へのご意見ご感想
罵詈雑言美辞麗句ございましたら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」でお便り待ってます。
リクエストや、質問なんぞも受付マッス!
FMおだわらホームページからもメッセージがおくれますが
あ〜いうものはあまり信用しておりませんので
お手紙お葉書など原始メールにてどしどし御寄せください。

---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------




---------------------------------------------
FMおだわら(78.7MHz)→



なんと!ポッドキャスト『 R'lyeh』がうっかりラジオになっちゃった!!
うっかり聴くと正気度が下がる D,侯爵の『RADIO R'lyeh』 FMおだわら(78.7MHz)にて 毎週日曜21:00~21:30放送!(再放送は毎週月曜23:00~23:30放送)

FMおだわらはWebで聴けます!
サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/
   直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx  
※Windows Media Playerのみ対応しています
※Macintoshでサイマルラジオを聴けるようにする方法
  (OS) : Mac OS 10.3.9以降  (ソフトウェア) : QuickTime 6.5以降である必要がありますよ~。そこにWindows Media Components for QuickTimeというソフトウェアをダウンロード、インストールしてやれば聴けるようになります。

iPhone、iPod touch および iPad、Android携帯やタブレットでFM小田原を楽しむ方法として「TuneIn Radio」をお勧めしています→App Store - 『 TuneIn Radio

Android携帯やタブレット→『 TuneIn Radio
[PR]
by marquis_de_d | 2013-02-17 21:00 | RADIO R'lyeh
<< ■D,侯爵、船ばたに身を横たえて■ ■D,侯爵、青空高く駆けのぼる■ >>



酔生夢死随想
by marquis_de_d
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
『D,の部屋』
メインHPは↓から

D,の部屋
ブログパーツ
カテゴリ
全体
日常の一喜一憂
映画の一喜一憂
RADIO R'lyeh
ダイエットの一喜一憂
料理の一喜一憂
ポッドキャストの一喜一憂
自分勝手語辞典
備忘録
創作小説・童話
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
aobashi
信楽 楽入陶房 壺中庵
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧