■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第壱佰廿夜■
b0050938_131149.jpg


■今夜お送りした曲■

恋のシンガリング/ストーンズ
テクテク天国/ザ・クーガーズ
J&A/ザ・クーガーズ
愛のことば/ザ・ホワイト・キックス
花・太陽・雨/PYG
サニー/ザ・ボルテージ




恋のシンガリング /ストーンズ(1969/6

良い声ですよね

「寺内タケシとブルージーンズ」の
ベーシスト石橋志郎と
ボーカルのルイ高橋らが
69年に「寺内タケシとブルージーンズ」に
参加する直前の
幻のグループ

徳間の倉庫で保管されていた
未発表テープより

この曲は69年春に録音されていながら
発売されず、ブルージーンズで再録され
シングル「太陽に叫ぼう」のB面
「パパンパ・パン・パン」として発売された。

なんで、そんな曲名に変えてしまったのか
恋のシンガリングで
いいじゃいかと

思うわけでありますが

当時も今も
変わらず大人の事情って
いうヤツがあるんだろうと
想像するわけであります


テクテク天国2:17ザ・クーガーズ196710月


クラウンに
和製ポップス部門が誕生したのが
67年

泉アキ、
レインジャーズ
サムライズなどと一緒に

このガレージ行進曲
「テクテク天国」で売り出されたのが
クーガーズだった。


当時施行されはじめた
歩行者天国の事を歌った
デヴュー曲「テクテク天国」
脳天をつく抜けるような
けたたましいコーラスと
ファズトーンが印象的な
ガレージ・マーチ。

-------------------------------------------------
もともと
ロカビリー歌手として活躍していた
倉光薫が66年10月に発足した
ゲーターズというエレキ・バンドが
母体になってます。

そこにすでにソロシンガー
としてデヴューしていた
出光功が加わり
「ザ・クーガーズ」と改名。

1967九月26日
新宿ACBで初ステージ
を踏んだクーガーズ。

-------------------------------------------------


67年秋といえば、
おびただしい数の
GSがデヴューするGS戦国時代を
迎え、少しでも差別化を
計ろうと、あの手この手の
意匠を凝らした
バンドが続出した
わけですが

その中でも

スコットランド風の
スカートをはくという
奇抜なスタイルを
トレードマークとして
デヴューしたクーガーズ。

----------


GS戦国時代だった
67年をどうやって
目立つかということで
事務所から
「頭を丸坊主にするかスカート履け」
と言われたそうですね
そこで、
「坊主は家に帰っても坊主だけれど、スカートは脱ぎゃ良いからな」
ってことでスカートをはいたそう。




J&A/ザ・クーガーズ(1968/2

三枚目のシングル「好きなんだ」のB面

これはかっこいい。

カッコイイ
スカスカのガレージ

こういう曲をやれる
ってのが素晴らしい

この60年代ガレージ・バンド特有の
スカスカの音は
いまやろうとしても
再現することはきわめて難しい。

テクテク天国の印象が
強烈すぎるので
逆にこういう名曲は
埋もれてしまっている

(といってもテクテクも埋もれているが)

実際に1年で4枚のシングルを
だしているもののヒットには繋がらず
この年、1968の夏には解散に追い込まれてます




愛のことば/ザ・ホワイト・キックス


愛のことば/ザ・ホワイト・キックス(1968/5)

1968年4月から東京12ちゃんネンルで
放送が始まった
「ヒット・イン・パンチ」
という番組の為に
ジャズ・ピアニストで
レーサーで俳優で
映画監督という
プレイボーイ三保敬太郎
 が 結成したグループ。

「学業を優先する」
という理由で
ザ・サベージを脱退した
寺尾聡と林廉吉も
何故か参加している。


「アリゲータ・ブガール」のB面で、
このシングル一枚で解散しておりますが

これもまた名曲。
ファズ、ブラス、フルートを導入し、
森野多恵子のクールなボーカルで
他のGSには無い
大人の雰囲気が漂っている
素晴らしいナンバー

後にボーカルの
森野多恵子は
タンタンというアーティスト名で
ソロデヴューいたします。

もうだいぶ前に亡くなってしまいました
実力派女性シンガー
大空はるみさんですね。




花・太陽・雨/PYG(1971/4)

井上孝之と岸部修三の
入魂のデヴューシングル
『帰ってきたウルトラマン』
34話「許されざるいのち」でも
効果的な使われ方をしました
1999年にバップから発売された
『帰ってきたウルトラマンミュージックファイル』
にも収録されているので
ファンの方はよくご存知のはず
舞台が
箱根芦ノ湖というのが良いですよね
芦ノ湖のシーンでこの曲が
流れるのが印象的

34話はファンから原案を
募集して高校生のファンからの
投稿から生まれたストーリー。

小林晋一郎さん

この人は
後に、「ゴジラVSビオランテ」
の原案も一般公募から選ばれてる

合成怪獣レオゴンはビオランテへと昇華する



サニー/ザ・ボルテイジ

「いまの日本のグループサウンズは
歌謡曲とロックンロールの
結びついた独特なもの」

と言っていたのは
ボルテイジの事務所、
富士音楽企画の社長
木村信夫氏である。
彼がもっと外国にも
対抗できるような本格的な
R&Bバンドを作ろうとして
見つけてきたのが
ボルテイジというわけだが
GSによるR&Bカヴァーの
理想型を見ることの
できるアルバム
『R&Bビッグヒット』
ボルテイジ唯一のアルバムに
収録されている
当時、日本のGSが
盛んに取り上げていた
ボビー・ヘブのヒットナンバー

デヴュー曲の
「エミー・マイ・エミー」
も「サニー」を
下敷きにした曲で
あって相当好きだった
ンだと思うんですが

限りなく黒人音楽の
本質に鋭く迫っている
んじゃないかと思うわけです





ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!



紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg





なんと!ポッドキャスト『 R'lyeh』がうっかりラジオになっちゃった!!
うっかり聴くと正気度が下がる D,侯爵の『RADIO R'lyeh』 FMおだわら(78.7MHz)にて 毎週日曜21:00~21:30放送!(再放送は毎週月曜25:00~25:30放送)

FMおだわらはWebで聴けます!
サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/
   直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx  
※Windows Media Playerのみ対応しています
※Macintoshでサイマルラジオを聴けるようにする方法
  (OS) : Mac OS 10.3.9以降  (ソフトウェア) : QuickTime 6.5以降である必要がありますよ~。そこにWindows Media Components for QuickTimeというソフトウェアをダウンロード、インストールしてやれば聴けるようになります。

iPhone、iPod touch および iPad、Android携帯やタブレットでFM小田原を楽しむ方法として「TuneIn Radio」をお勧めしています→App Store - 『 TuneIn Radio

Android携帯やタブレット→『 TuneIn Radio
by marquis_de_d | 2015-01-11 21:00 | RADIO R'lyeh
<< ■D,侯爵の『RADIO R&... ■D,侯爵の『RADIO R&... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
『D,の部屋』
メインHPは↓から

D,の部屋
ブログパーツ
カテゴリ
全体
日常の一喜一憂
映画の一喜一憂
RADIO R'lyeh
ダイエットの一喜一憂
料理の一喜一憂
ポッドキャストの一喜一憂
自分勝手語辞典
備忘録
創作小説・童話
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
aobashi
信楽 楽入陶房 壺中庵
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧