人気ブログランキング |
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第弐佰壱拾弐夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □

おまえに夢中さ/ザ・カーナビーツ
トライ・アゲイン/ザ・ワイルド・ワンズ
オーヴァー・アンダー・サイドウェイズ・ダウン/ザ・ビーバーズ
ムーン・アンド・スターズ/ザ・ハーフ・ブリード
不思議な夢/ザ・ハーフ・ブリード
旧約聖書/アダムス
エブリバディ・ニーズ・サムバディ/ザ・テンプターズ



おまえに夢中さ/ザ・カーナビーツ


67年9月にリリースされた
2枚目のシングル
「恋をしようよジェニー」のB面
野性的な歌い方と
スクリームで
魅力いっぱい!


後にジャックスもカヴァーした傑作ですが

原曲はなぜか
カナダのマイナーバンド
ザ・グレイト・スコッツが
65年にリリースした
『Give Me Lovin'』のカヴァーで

そんなカナダでも無名のバンドの
この曲をカヴァーしていることは
海外のガレージマニアを
驚かせているようです。


カーナビーツの名付け親であり、
ミュージック・ライフ編集長だった
星加ルミ子のすすめによって

和訳を担当した臼井がエネルギッシュに歌っている




トライ・アゲイン/ザ・ワイルド・ワンズ

ビートルズの『サージェント・ペパーズ~』と
おなじ67年6月にリリースした

ワイルド・ワンズ、ファーストアルバム
『ザ・ワイルドワンズ・アルバム』
B面の4曲目

英語歌詞によるオリジナルで
まるで、90年代日本の
ネオ・アコバンドのようだ

作詞した植田は英語が得意なことで有名で
外タレの通訳もよく買って出たりしていた




オーヴァー・アンダー・サイドウェイズ・ダウン/ザ・ビーバーズ


-----------------------------------------
成田賢(なりたけん)(『サイボーグ009』『電子戦隊デンジマン』『獣拳戦隊ゲキレンジャー』の主題歌)
石間秀樹(のちにフラワーズ、フラワートラベリンバンド
---------------------------------

「オーヴァー・アンダー・サイドウェイズ・ダウン」
ラガー・ロック的な
ポップな仕上がりで、
エンディングのラスト1分で
いろいろな楽器を
つかっているのが印象的です。


このバンドの実力と
そして、この時代の世相、
ガレージ感、サイケ感を知るには
この曲で十分ご理解いただけるだろう
ということで聴いていただきましたが、

和製ヤードバーズ、ビーバーズ。
専門家筋からは非常に
評価の高かった実力派グループ。
日本で最初の
ツイン・リード・ギターを
完成させたのもこのGSです。

1968年の6月にリリースされた
アルバム『ビバ!ビーバーズ』から。
ヤードバーズのカヴァーです。

GSでよくヤードバーズを
コピーしていたバンドと言えば
初期のゴールデンカップス
があげられますが
とくにヤードバーズの
コピーに熱心だったのは
ビーバーズだった。

しかし、
これほどヤードバーズに
傾倒していた彼らですが
当時ほとんど評価されなかった。
やっぱり、GS最盛期ですからね
こういうのは陰に隠れちゃう。
ただ、
和製ヤードバーズとして
専門家筋の評価は高かった
そのあたりは
アルバム『ビバ!ビーバーズ』に
実力派の片鱗を見ることができます




ムーン・アンド・スターズ/ザ・ハーフ・ブリード
不思議な夢/ザ・ハーフ・ブリード



69年1月「日本初のソフトロック」を謳い文句に
東芝/エキスプレスから
美麗なストリングスをバックにした
バラード「不思議な夢」でデヴュー

立川、横田などの
米軍基地で活動した後、
都内のジャズ喫茶、
ディスコテークなどに進出

また、FENの「ティーンエイジャース・オン・パレード」
や「ファン・ダイヤル」にも出演した

在日外国人のバンドとしては
珍しく、R&Bではなく
(猫も杓子も
R&Bだった当時に)
ソフト・ロックを
売り物として
雑誌などでは
「日本のウォーカー・ブラザーズ」
といった扱われ方だった


ソフトロックグループの白眉で
優秀なバンドだったが
当時ほとんど注目されることはなかった。



不思議な夢/ザ・ハーフ・ブリード

ありたあきら編曲の
麗しいストリングスをバックに
最初英語で次ぎに日本語で
歌われるソフト・ロックの傑作

69年1月「日本初のソフトロック」を謳い文句に
東芝/エキスプレスからリリースした
デヴューシングル
「不思議な夢」のA面


美麗なストリングスをバックにした
傑作バラード

ヴォーカルの
ポール・リーと
マーク・八幡が

素晴らしい歌声を披露





旧約聖書/アダムス

実力派GS、アウト・キャストを
脱退した水谷公正と轟健二を
中心に68'年春に結成された
グループ。

68年6月16日
池袋のジャズ喫茶「ドラム」で
初ステージを踏み、同年9月5日
大編成のオーケストラとの
合同演奏による「旧約聖書」で
レコード・デヴュー

大編成のオーケストラという
大げさな構成の割りに
オリコン・チャートは
63位にとどまった。

そんなわけで
ただ今聴いていただいたのが
くだんの
1968年9月5日リリース
デヴューシングルから
A面の壮大なシンフォニック・ポップ『旧約聖書』

新会社CBSソニーの
GS第一号として社運をかけて
渡辺プロダクションが
第二のタイガースとして
大々的に売り出そうとした

アイドル性重視のバンドだったが
テクニックも兼ね備えていて

ステージでのレパートリーは
もっぱらニュー・ロックや
ストーンズ・ナンバーだった

実際に70年代には
スタジオ・プレイヤーとして
ナンバーワンになった水谷公正や
千原秀明といった
腕利きスタジオ・ミュージシャンを
輩出する事になる

アダムスは
合計四枚のシングルを残しているが
もはやGSの枠で活動する事に限界があり
69年暮れに解散してしまった。



エブリバディ・ニーズ・サムバディ/ザ・テンプターズ

日本初のメンフィス録音の
LP『ザ・テンプターズ・イン・メンフィス』からの
シングルカット

曲の後半で
現地のスタジオ・グループ
デキシー・フライヤーズを
バックに
ショーケンが
臆面もなくカタカナ英語で
歌っているという





ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg





なんと!ポッドキャスト『 R'lyeh』がうっかりラジオになっちゃった!!
うっかり聴くと正気度が下がる D,侯爵の『RADIO R'lyeh』 FMおだわら(78.7MHz)にて 毎週日曜21:00~21:30放送!(再放送は毎週月曜25:00~25:30放送)

FMおだわらはWebで聴けます!
サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/
   直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx  
※Windows Media Playerのみ対応しています
※Macintoshでサイマルラジオを聴けるようにする方法

1、VLCをインストールする
2、ストリーミングするURLを取得する
3、VLCで2.のURLを開く

VLCを公式サイトから最新版をダウンロードしてきてインストールしてみてはいかが? (2013/5/19時点 Version 2.0.6)。
http://www.videolan.org/vlc/

最近ではこれが一番快適でっす!

iPhone、iPod touch および iPad、Android携帯やタブレットでFM小田原を楽しむ方法として「TuneIn Radio」をお勧めしています→App Store - 『 TuneIn Radio

Android携帯やタブレット→『 TuneIn Radio
by marquis_de_d | 2016-10-23 21:00 | RADIO R'lyeh
<< ■D,侯爵の『RADIO R... ■D,侯爵の『RADIO R... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
『D,の部屋』
メインHPは↓から

D,の部屋
ブログパーツ
カテゴリ
全体
日常の一喜一憂
映画の一喜一憂
RADIO R'lyeh
ダイエットの一喜一憂
料理の一喜一憂
ポッドキャストの一喜一憂
自分勝手語辞典
備忘録
創作小説・童話
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
aobashi
信楽 楽入陶房 壺中庵
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧