人気ブログランキング |
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第弐佰七十夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □




ドライヴィング・ブルース/井上宗孝とシャープ・ファイブ

モンキーダンス/田辺昭知とザ・スパイダース

アイ・ラヴ・ビィ・ビィ/ファイブ・キャンドルズ

ラヴァーズ・シェイク/ジャッキー吉川とブルー・コメッツ

All Of My Life/The Wild Ones

電話でいいから/アウト・キャスト

ショットガン/ザ・ゴールデン・カップス






ドライヴィング・ブルース/井上宗孝とシャープ・ファイブ(1966.12


二枚目のシングル

「追憶」のB面



1964年5月に解散した

大御所のロカビリーバンド

”ウエスタン・キャラバン”

にいた

井上宗孝、秋山功、古谷紀(おさむ)

の三人に他メンバー二人を加え

シャープホークスに合体したのが

始まりで当初は

”シャープホークスとそのメンバー”

と名のっていた。

その後、

メンバーに二人加わって前田旭


65年3月にはブルー・ファイヤー

にいた天才ギタリスト

三根(みね)信宏

も加わって、

65年6月にフジテレビで

始まる「勝ち抜きエレキ合戦」に

レギュラー出演することが

決定したのをきっかけに

シャープ・ホークス

からバンドを切り離し

ここに

”井上宗孝とシャープ・ファイブ”

が誕生する。


「勝ち抜きエレキ合戦」は

エレキブームを加熱させ

超人気となり、この番組で

毎週模範演奏を披露する

シャープ・ファイブは

当時、ギターキッズの

憧れの的。

エレキ時代の象徴的存在だった。


日本を代表する

エレキ・インスト・バンドとして

65年から66年にかけて

キングからアルバムも

続々リリースしたが


GS時代にさしかかると

のシングルでは

歌ものもやっていた。


そんなわけで

ドライヴィング・ブルース/井上宗孝とシャープ・ファイブ(1966.12


ロックンロールに別名をつけるとするならば

チャックベリーだとジョンレノンがいってますが

当時としては異例の

チャック・ベリー・スタイルの

ロックンロール


メンバー全員で

次々に泥臭いボーカルを

まわしているが


クールな演奏との

ギャップが

後を引く





モンキーダンス/田辺昭知とザ・スパイダース




1965年5月クラウンから

「フリフリ/モンキーダンス」

というシングルが

田辺亜昭知(たなべしょうち)と

ザ・スパイダーズ名義でリリースされた。

これが記念すべき

デヴューシングルでありまして


まさにGSの起原となった

歴史的シングルといえる


B面の「モンキーダンス」は

キンクス的なリフで始まる

ダンス・ナンバー

作詞家、阿久悠の処女作。


この記念すべきシングルのジャケットに

かまやつひろしが入っていないのは

ジャケットの撮影日に寝坊して遅刻したという

エピソードが在りますが


1966年2月クラウンから

発売されたコンパクト盤

「青春ア・ゴー・ゴー」

にも入っている。



アイ・ラヴ・ビィ・ビィ/ファイブ・キャンドルズ(1968.10


デヴューシングルのA面


攻撃的な

分厚くかけたファズギターと

快活なパーカッションに朗々とした

バリトンボーカルと

ファルセットコーラスが

絡むグルーヴ・チューン


ファイブキャンドルズという

このグループはよくわからない。

A面はガレージ調のGS曲の

筆頭におかれるような

ファズを熱くかけた

グルーブ満点の曲だが

B面は歌謡ムードコーラスの

「大阪の娘」で


でも、どっちも

これ一枚だけで


その後の活動は

非常に落ち着いた

シックな曲調の

フォークソングが主流だった

グループ。


いずれにせよ

ロックとは遠い活動を

していた人たちでも

68年という時代はファズが

かかったビートポップスを

やっていたのだ。




ラヴァーズ・シェイク/ジャッキー吉川とブルー・コメッツ(1967/10


シングルではあえて

日本的な歌謡曲作品

を発表していた

ブルコメですが


アルバムではこのようなグルーヴィーな作品や

実験的な作品を聴くことができる

ブルーコメッツは

そのきちんとした印象の

パブリックイメージだけでは納まりきれない

様々な傾向の作品に挑戦しています


『ブルー・コメッツ・オリジナル・ヒット第2集』収録曲




All Of My Life/The Wild Ones


67年6月リリースの

ファースト・アルバムより。


このアルバムは全曲メンバー

自身のオリジナルによる意欲作だった


植田芳暁が作詞とヴォーカルを

手がけたこの曲は

アメリカのガレージ・サイケの

コンピレーションに入れても

違和感の無いような

フォーク・ロック


間奏ではテープの

逆回転によるギター・ソロが

使われているのも驚き





電話でいいから/アウト・キャスト


後の大物業界人を

多数排出した渡辺プロのGS


エレキ・バンド

”ブルー・エース”の

水谷淳(作曲家:水谷公生)が中心になり

66年春に結成された

実力派集団アウト・キャスト


本作は67年4月に

発売された2枚目の

シングルB面


数多くのGSのオリジナル曲の

中でも”ガレージ”と呼ぶにふさわしい楽曲


耳障りで騒々しい

カオスな喧噪に満ちていることでは

一、二を争うが

当時の聴衆の耳には

刺激的すぎたのか

全く話題にならなかった



ショットガン/ザ・ゴールデン・カップス


本格派ゴールデン・カップスの

メチャカッコいいナンバー


68年9月10日リリースの

セカンドLPである

「ザ・ゴールデン・カップス・アルバム第二集」

の一曲目に収録されている


ジュニア・ウォーカー&ジ・オールスターズ

の65年のヒット曲で


このアルバムの最大の聞き物


デイヴ平尾とケネス伊藤のデュオ



とうじ流行ってた

ファン動員録音で


アメリカン・スクールの子達と

おぼしきファンを動員した録音で

女性ファン達のなまめかしい嬌声の

中でのメンバー紹介なんかしちゃって


「ベースギタールイズルイス加部!(ぶんぶんぶん

きゃーーーーーーー!!

リードギター、エディ藩

きゃーーー!!かわいいーー!!…」


何やら楽しげなライブ感を演出

している


間奏で聴けるサイケなギターは

68年ならでは





ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg



『D,侯爵の『RADIO R'lyeh』』をパソコン・スマートフォンで聞く方法:

FMおだわらの公式サイトの上部にあるバナーをクリックするか、

http://www.jcbasimul.com/?radio=fm%E3%81%8A%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%89からJCBAインターネットサイマルラジオにアクセス

なお、
広告非表示アドオンはOFFにしてください

□聴けないかたはブラウザのFlash設定がOFFになっていないかご確認ください。
OFFであればONにしてください
by marquis_de_d | 2017-12-10 21:00 | RADIO R'lyeh
<< ■D,侯爵の『RADIO R&... ■D,侯爵の『RADIO R&... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
『D,の部屋』
メインHPは↓から

D,の部屋
ブログパーツ
カテゴリ
全体
日常の一喜一憂
映画の一喜一憂
RADIO R'lyeh
ダイエットの一喜一憂
料理の一喜一憂
ポッドキャストの一喜一憂
自分勝手語辞典
備忘録
創作小説・童話
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
aobashi
信楽 楽入陶房 壺中庵
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧