人気ブログランキング |
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第弐佰七十參夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □




ワイプ・アウト〈フォノシート・バージョン〉/ザ・スパイダース

ファイヴ・トゥ・ワン/内田裕也とフラワーズ

SKY FULL OF TEARS-「空いっぱいの涙」劇伴/八木正生より

ザット・ウィル・ドゥ/フード・ブレイン

レット・ミー・ラヴ・ユー/ザ・ゴールデン・カップス



ワイプ・アウト〈フォノシート・バージョン〉/ザ・スパイダース


スパイダースは

65年5月に「フリフリ」で

レコードデヴューしてから

65年末にフィリップス・レコード

と契約するまでの間に、


勁分社、コダマ・プレス、ビクター

などで、ソノシート用に

およそ26曲あまりを

レコーディングしている。


このベンチャーズの

おなじみのナンバー

「ワイプ・アウト」の

カヴァーは勁分社から

リリースされていた

週種類のソノシートに

残されていた

録音音源。


かまやつひろし曰く、


スパイダースでは

ベンチャーズの

レパートリーは

なるべく避けていた


その理由が

まず、寺内タケシのほうが

ベンチャーズやらせたらうまい

ということと

井上孝之が'テケテケ'を

できない事もあって


スパイダースでは

ベンチャーズの

レパートリーは

なるべく避けていた

というのであるが


この演奏を聴く限りでは

なんの なんの

なかなか迫力のある

演奏で

かえってこういう

エレキ・インストを

聴くと

スパイダースの

実力の高さを

うかがう事ができます。






ファイヴ・トゥ・ワン/内田裕也とフラワーズ


R&B/ロカビリー歌手だった

内田裕也が67年に三ヶ月にも及ぶ

ヨーロッパ旅行で海外ロックシーンを

目の当たりにし、日本にも

本格的なサイケデリック・ミュージックや

R&Bをやるグループを

作るべく結成したバンド

ザ・フラワーズ




68年7月にリリースされた

ドアーズの3rdアルバム

『WAITING FOR THE SUN』

の「ファイヴ・トゥ・ワン」

のカヴァーですが


ジャニス・ジョップリンなどの

カヴァーを中心に構成された

アルバム『チャレンジ』

制作時のアウト・テイクで

アルバムには未収録

のままお蔵入りになっていたのが


2007年に同アルバムの

復刻CD化のおりに

新たに発掘され

日の目を見る事になった



内田裕也先生の

選曲でしょうか

何とも渋い選曲




SKY FULL OF TEARS-「空いっぱいの涙」劇伴/八木正生より


松竹映画1966年5月21日の封切り

『空いっぱいの涙』の劇伴

”モッズ日本上陸!”を高らかに謳い

田村正和、中村晃子のモッズカップルが

主演した日本初のモッド・ムーヴィー


当時のこの映画の

新聞広告には

「モッズとは

モダーンズ(モダンジャズのビートに酔う

英国の若者たち)の略称」


とわざわざ説明があった。

どうやらこの映画で言うところの

モッズとは

ザ・フーのような

ビートバンドのことではなく

50年代のモダン・ジャズに

憧れた

モッズ第一世代のことを

指しているらしい


それにしても何故

モッズに目を付けたのだろうか



いつの時代でも

金の鉱脈を探し求めるように

新しいものを

見つけては飛びつくという

無謀にも見えるやり方は

宝くじ買うようなもんで

あたれば一攫千金も

夢じゃない


この時代の映画作りには

そういった感覚はあったかもしれません


逆に、流行というのは

無難さ、であり


それはいずれ廃れる

忘れられてしまう

運命を背負っています



ザット・ウィル・ドゥ/フード・ブレイン



さて、次の曲は

フード・ブレインの

ザット・ウィル・ドゥ

聴いていただこうと思いますが

9:14という

尺の長い曲ですので


数年前にかけた時は

Twitterの反応は

リスナーどん引きの

結果に終わったという


ところが去年

この曲を流したところ

非常に好評を得た


ルルイエリスナー

の質の高さ


これを大いに感じ

本当に感謝の念を

禁じ得ない


それではお聴きください

フード・ブレインで「ザット・ウィル・ドゥ」


ルルイエリスナーならば

どうしても

一度通っておかなきゃならないナンバーです




フード・ブレイン/ザット・ウィル・ドゥ


フードブレインは

1970年のごく短い期間だけ

活動したバンドで


ゴールデン・カップス

パワー・ハウス

エイプリル・フール

ジャックス

などから

当時の日本では

トップクラスの

メンバーが集まった

スーパーグループ


1970年の

五月にステージ・デヴューし

10月には唯一のアルバム

『晩餐』を発表して

解散している


ただいま聴いていただいた

ザット・ウィル・ドゥ

これは唯一のアルバム

『晩餐』

の一曲目に収録された

長尺 の インスト



ルイズルイス加部の

誰の追随も許さないスピード・ベースと

パワーと手数バシバシの

角田ヒロのドラム


陳信輝の駆け巡るギターと

脳髄に直接語りかけてくる奔放な

柳田ヒロのオルガン



ブギから一転して

突如としてヘヴィ・ロックへと

切り替わるギアチェンジ

によって得られる

疾走感を感じられたんじゃないかな





レット・ミー・ラヴ・ユー/ザ・ゴールデン・カップス



69年

7月20日、渋谷公会堂で

開かれたリサイタルを


収録したライヴ・アルバム

『ゴールデン・カップス・リサイタル』から

第一期ジェフ・ベック・グループ

(ロッド・シュチュワート、ロン・ウッドが在籍)


の代表曲「レット・ミー・ラヴ・ユー」



横浜ZENのライヴには

一時期グループを離れていた

ケネス伊藤がサイド・ギターと

ヴォーカルで参加


「モージョ・ワーキング」

ではデイヴ平尾との

絶妙な掛け合いを披露していますが


そのケネスも結成以来のギタリスト

エディ藩も脱退してしまい、


新たに林 恵文がベースで参加して、

ルイズルイス加部がリードギターに

転向した時期の

カップスの演奏が聴けるのが


渋谷公会堂でのリサイタル

になります。




他のGSと

比べて非常に聴きやすい

という印象をウケる録音ですが

もちろん

演奏に対する自信が

そうさせているの

かも知れませんが


英米のニュー・ロック

ブルース・ロック

という新しいムーブメントが

日本にも上陸し


GSブームの衰退が

誰の目にも明らかであった

この時期、カップスはすでに

「脱GS」のステージ展開を

していたことが

よくわかる録音だった



ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg



『D,侯爵の『RADIO R'lyeh』』をパソコン・スマートフォンで聞く方法:

FMおだわらの公式サイトの上部にあるバナーをクリックするか、

http://www.jcbasimul.com/?radio=fm%E3%81%8A%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%89からJCBAインターネットサイマルラジオにアクセス

なお、
広告非表示アドオンはOFFにしてください

□聴けないかたはブラウザのFlash設定がOFFになっていないかご確認ください。
OFFであればONにしてください
by marquis_de_d | 2017-12-31 21:00 | RADIO R'lyeh
<< ■D,侯爵の『RADIO R&... ■D,侯爵の『RADIO R&... >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
『D,の部屋』
メインHPは↓から

D,の部屋
ブログパーツ
カテゴリ
全体
日常の一喜一憂
映画の一喜一憂
RADIO R'lyeh
ダイエットの一喜一憂
料理の一喜一憂
ポッドキャストの一喜一憂
自分勝手語辞典
備忘録
創作小説・童話
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
aobashi
信楽 楽入陶房 壺中庵
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧