人気ブログランキング |
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』第参百壱廿参夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □




レッツ・ゴー・レインジャーズ/ザ・レインジャーズ

恋はハートで/泉アキとザ・レインジャーズ

恋の朝焼け/ゲイリー・ウォーカー & ザ・カーナビーツ

J&A/ザ・クーガーズ

ハ・ハ・ハ/ザ・リンド & リンダース

ドゥー・ザ・クラップ/ザ・リンド & リンダース

まぼろしのシェラザード/アイドルス




レッツ・ゴー・レインジャーズ/ザ・レインジャーズ



1967年秋、グループサウンズ大流行の中

クラウンにも本格的な和製ポップス部門

”PW”シリーズが開設されレーベル活動を

始めます。


その第一弾として、泉アキ、

そして先ほど紹介した

クーガーズとともに売り出された

のがこのレインジャーズ


67年10月『星空の恋人』でデヴュー

この「レッツ・ゴー・レインジャーズ」は

そのB面でスパイ物の海外映画ドラマを

彷彿させるエレキ・サウンドが印象的







恋はハートで/泉アキとザ・レインジャーズ


彼女の代表曲でデヴュー曲

「恋はハートで」

バックの演奏とコーラスは

レインジャーズ


チャートの39位にランクイン


GS全盛時代、

(恋のハレルヤ)黛ジュン、

(進め!ジャガーズ敵前上陸「虹色の湖」)中村晃子、

(日米ハーフモデル「初恋のレター」)小畑ミキ

と言ったGS的コンセプトを持った

ガール・シンガーが

次々と登場してきたわけだが

泉アキもその一人だった


インド系アメリカ人との

ハーフである泉アキは

日本テレビ系

人気オーディション番組

「あなたの出番です」(略称:あな番)

で合格してショービジネスの世界に

入り、


はち切れんばかりの太ももと

しゃくり上げるような

歌い方で


60年代に6枚のシングルを

リリースしている。

(クラウンから4枚、フィリップスから2枚)


それらの楽曲のほとんどは

GSサウンドをバックに

しゃっくりのような

スタッカート唱法で歌い上げている

のが特徴です


まあ、結局、

泉アキのバッキングをつとめた

レインジャーズにしてみれば

この曲の方が自分たちのレコード

「星空の恋人」より

売れてしまった為に

レインジャーズは

単なるバックバンドとして

とらえられることが

多かったという

憂き目を見ることになる。



これがその後の

二枚目のシングルから

バンド名の表記が


レンジャーズと

変更していることに

関係しているかどうかは

定かではありませんが





恋の朝焼け/ゲイリー・ウォーカー & ザ・カーナビーツ



元ウォーカー・ブラザーズの

ゲイリー・ウォーカーの

来日記念盤として

カーナビーツをバックに

録音された作品

(いまじゃ忘れられているけど

人気あったんだよ、

ウォーカー・ブラザーズ

ビートルズくらい人気あった

ファンは100%女性)


作曲者の乗輪寺モトオは

カーナビーツをはじめ

フィリップス・レーベルの

GSプロデューサーだった

本城和治まさはる氏の変名

本城和治と言ったら

1960年代半ば、

スパイダーズ

テンプターズあたりの

ディレクターとして

事実上、GSという

ジャンルを世に送り出した

最重要人物。


そもそも、この人が

イギリスから

解散が決まったばかりの

ウォーカーブラザーズを

なんとか来日させた人物であり

根っこから関わっている

わけだが

そのとき、ゲイリーの

レコーディングを

カーナビーツが

やるという話になって

だけど、曲つったって

なにを歌わせようかと

思っているうちに

当日になっちゃった

というドタバタで

レコーディング前夜に

勝手にメロディを作って

そこにきていた

スコット・ウォーカーが

詞をあてて

(斯古都、名義)

スコットは

夜明けまでかかった

レコーディングに立ち会っている

その帰りに見た

朝の月がとても綺麗だったので

この歌の英語タイトルは

Cutie Morning Moon

なんとも

イギリスっぽい音に

仕上がっている作品です



J&A/ザ・クーガーズ(1968/2


三枚目のシングル「好きなんだ」のB面


カッコイイ

スカスカのガレージ


こういう曲をやれる

ってのが素晴らしい


この60年代ガレージ・バンド特有の

スカスカの音は

いまやろうとしても

再現することはきわめて難しい。


そもそも機材的にも

難しいわけです。



テクテク天国の印象が

強烈すぎるクーガーズ


こういう名曲は

埋もれてしまっている

感がありますが

(といってもテクテクも埋もれているが)


実際に1年で4枚のシングルを

だしているもののヒットには繋がらず

この年、1968の夏には解散に追い込まれてます



続いての曲は


関西No.1GSだったザ・リンド & リンダース

で二曲聴いていただこうと思います


関西のスパイダースとも言われた大御所GS




まあ、関西GSの大御所として君臨しておりましたが

レコードの売り上げはいまいちで、


69年あたりから素寒貧になって

レコードを一枚も出せずに

70年の大阪万博に出演した後、ついに解散した。


これから聴いていただく二曲は非常に良い曲なんですが

セールス的には芳しくなかった


ハ・ハ・ハ/ザ・リンド & リンダース(1968/8)

ドゥー・ザ・クラップ/ザ・リンド & リンダース(1967/3)



ハ・ハ・ハ/ザ・リンド & リンダース(1968/8)



原曲は諸説ありますが、

ニューオリンズR&Bの

ヒューイ・ピアノ・スミスのナンバーが

原曲だろうという事でありますが、


68年にシカゴの

白人五人組R&Bグループ、

マウズがシングル・リリースした

曲をカヴァーしたもの。

日本語を無理なくのせて気持ちよく聴けます。


ドゥー・ザ・クラップ/ザ・リンド & リンダース(1967/3)


ニューリズム「クラップ」で踊ろう!

と言うコピーで

リーダーの加藤ヒロシが作った

ダンス・ナンバー。

二枚目のシングル

「燃えろサーキット」のB面

スパイダーズの影響が強く見れます。



まぼろしのシェラザード/アイドルス



1968リリースの

「太陽よ燃えろ」のB面ですね

「まぼろしのシェラザード」


このバンドとしては

最もGS色の濃い

作品でミステリアスで

チープなオルガンや

単音のギターが味わい深い名曲。




アイドルズは

もともと

ジャイアンツという

1965年の八月に

「若いダンスパーティ」でデビュー

していたグループですね


この当時にしては

ビートルズスタイルを意識した

グループだった。


東京ビートルズとか

クレイジー・ビートルズとか

類似バンドはあるん

ですけれどもね、

これは大抵、

サポートメンバーが

ついているのが普通で、


完全なビートルズスタイルの

バンドというのはまだ珍しかった。


なんですけれども、

九月に出した

シングル「恋愛射撃隊」が

全く売れなくて

アイドルズと

名前を変えたグループ。


サウンド的には

GS+ハワイアンという

いかにも苦し紛れに

思いついたようなものが

売りだったが

聴いていただけばわかると

思いますが

もちろん

「ハワイアンでも何でも無かった」

と語っているのは

ドラムの丘マサミ


結局翌年の69年には

解散してますね、




結局GSブームの波に

乗り切れなかった感があります。



ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg



『D,侯爵の『RADIO R'lyeh』』をパソコン・スマートフォンで聞く方法:

FMおだわらの公式サイトの上部にあるバナーをクリックするか、

http://www.jcbasimul.com/?radio=fm%E3%81%8A%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%89からJCBAインターネットサイマルラジオにアクセス

なお、
広告非表示アドオンはOFFにしてください

□聴けないかたはブラウザのFlash設定がOFFになっていないかご確認ください。
OFFであればONにしてください
by marquis_de_d | 2018-12-16 21:00 | RADIO R'lyeh
<< ■D,侯爵の『RADIO R&... ■D,侯爵の『RADIO R&... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
『D,の部屋』
メインHPは↓から

D,の部屋
ブログパーツ
カテゴリ
全体
日常の一喜一憂
映画の一喜一憂
RADIO R'lyeh
ダイエットの一喜一憂
料理の一喜一憂
ポッドキャストの一喜一憂
自分勝手語辞典
備忘録
創作小説・童話
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
aobashi
信楽 楽入陶房 壺中庵
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧