人気ブログランキング |
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』第参百梧二拾七夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □





夢みるツイッギー/ザ・ヴァン・ドッグズ

Ys-11/サリー&シロー

悲しみのかげに/スケルトンズ

Tell Me More/ザ・テンプターズ

自由に歩いて愛して/PYG

傷だらけの天使/井上堯之バンド




□夢みるツイッギー/ザ・ヴァン・ドッグズ



1967年12月リリースした

『花のサンフランシスコ<ポピュラー・ヒッツ’67>』

B面2曲目に収録されたナンバー


このアルバムは全曲インストで構成しており


1967年のヒット曲をインストゥメンタルで

お届けしようという趣旨で12曲選曲



ミニスカートで世界中に

ツィッギー旋風を巻き起こした

(ツィッギー来日は1967/10/18「ミニスカートの日」

スウィンギンロンドンを象徴する

「ミニの女王」ツィッギーのデヴューシングル

「Beautiful Dreams」の

日本語カヴァー



ツィッギーというのは

「小枝」という意味

あの華奢な体系からついた

名前で、

森永のお菓子

「小枝」は

ツィッギーの来日の後

その名前からヒントをえて

作られたんだそう


また、この

1967年はミニスカートの年だった。

野際陽子がパリから帰国した際に

着用していたことが話題になり、

美空ひばりがミニスカートで

「真っ赤な太陽」を歌った。


ヴァンドックスは

他のGSよりも1世代上の

メンバーが多く、


ジャズ喫茶では

ありきたりのポピュラーヒット曲

をそつなく演奏して聞かせる

という

営業ノリのバンドだった。




Ys-11サリー&シロー


タイガースの

サリーとシロー

の唯一のアルバム1970/2リリースの

「トラ70619」収録曲


このアルバムは他にも

ムッシュかまやつ、

クニ河内、

小林勝彦など

豪華メンバーの集まった

アルバム


アルバムの中で

アメリカのガレージものの

ファンにも絶大な人気を

得ているらしいのがこのYs-11。


これほんとにカッコイイ曲で

何度もこの番組では紹介している


ベースに関しては

レッドツッペリンの

ジョン・ポール・ジョーンズに

絶賛された岸部おさみですからねえ。


クレジットには

フラワーズのスチールギター

小林勝彦の作曲とありまして

麻生レミと小林勝彦が

渡米したことでフラワーズは

解散になるわけですが

いかに小林勝彦が重要な

ポジションだったか

感じないではいられない




悲しみのかげに/スケルトンズ




ザ・スケルトンズ/悲しみのかげに



スケルトンズは京都出身の

和製ラスカルズを

目指していた

グループ


唯一のシングル

『星の王子さま』のB面から

「悲しみのかげに」

を聴いていただきましたが


米国ブルーアイドソウルの

第一人者ラスカルズの

「Find Somebody」の

日本語カヴァーという


マニアック選曲



Tell Me More/ザ・テンプターズ


彼らの指標となった二枚目のアルバム

「5-1=0 ザ・テンプターズの世界」1969・2

全曲オリジナルという意欲作



リーダーの

松崎由治(よしはる)の特出した

作詞作曲能力


ひんやりとした空気感がたまらない

ガレージサイケデリックナンバー


音がかっこ良すぎる。




PYG/自由に歩いて愛して


さて、


グループサウンズという

言葉が早くも

過去のものになろうとしていた

1970年11月

GSブームのなかでも

最高の人気を誇った

ザ・タイガースの解散が

発表され、12月には

その人気を二分した

ザ・テンプターズ

の解散公演が

東京・大手町の

サンケイ・ビル内の

小ホールで

ひっそりと行われ

そして、

GSブームの基礎を作った

と言っても過言ではない

ザ・スパイダースも

同じく12月をもって

正式に解散を発表します。


これは

GSという

ひとつの時代

音楽のあり方の

終焉であった

と言えるでしょう


そして、

時代はサイケデリックから


ニューロックへと推移して行く



すなわち


音色や音量

歌唱法や演奏形態

曲の長さなどに


より自由な感覚と

技法を取り入れた音楽

へと推移して行くわけですが


いちはやく

「ニューロックバンド構想」を

掲げて渡辺プロから

デヴューしたのが



井上堯之を

リーダーとして

解散直後のタイガース

テンプターズ

スパイダース

からメンバーを集結させた

スーパーグループ

PYGであります。



井上堯之をリーダとして

スパイダーズから井上たかゆきと大野克夫

テンプターズからショーケンこと萩原健一と 大口広司ひろし

そしてタイガースから沢田研二と岸辺おさみ


といういいとこどりの究極超人タッグ



だったんだけれども短命に終わったPYG

GS時代からのファンからも理解されず

また硬派なロック・ファンからは

芸能業界大手である

渡辺プロ所属ということで

体制的商業主義として

その嫌悪感から

猛烈な非難を浴びるという

まさに

波瀾万丈と

暗中模索の連続のなか

ファースト・アルバム

『PYG!』は

オリコンアルバムチャート

10位




そのレベルの高い

演奏能力を理解できる

ミュージシャンの間で

評価されておりましたが


ショーケンの活動が

『太陽にほえろ!』のヒットで

テレビ・映画中心に

変わってきて、


ドラムの大口が脱退すると


次第にバンドは

沢田研二と井上堯之グループ

という形態になり


沢田研二が

本格的にソロ歌手へと

独立すると


残りのメンバーは

井上堯之バンドと移行していく。




井上堯之バンドといえば

初期の代表曲

ドラマ「太陽にほえろ!」

『太陽にほえろ!メインテーマ』

ですが、

僕個人的趣味としては

やはり、ここは

「傷だらけの天使」と行きたいわけで

このイントロを

当時のギターキッズは

何度も練習した

もので

そういう人は

少なからず

いたはず。


傷だらけの天使/井上堯之バンド




ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg



『D,侯爵の『RADIO R'lyeh』』をパソコン・スマートフォンで聞く方法:

FMおだわらの公式サイトの上部にあるバナーをクリックするか、

http://www.jcbasimul.com/?radio=fm%E3%81%8A%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%89からJCBAインターネットサイマルラジオにアクセス

なお、
広告非表示アドオンはOFFにしてください

□聴けないかたはブラウザのFlash設定がOFFになっていないかご確認ください。
OFFであればONにしてください
by marquis_de_d | 2019-11-03 21:00 | RADIO R'lyeh
<< ■D,侯爵の『RADIO R&... ■D,侯爵の『RADIO R&... >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
『D,の部屋』
メインHPは↓から

D,の部屋
ブログパーツ
カテゴリ
全体
日常の一喜一憂
映画の一喜一憂
RADIO R'lyeh
ダイエットの一喜一憂
料理の一喜一憂
ポッドキャストの一喜一憂
自分勝手語辞典
備忘録
創作小説・童話
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
aobashi
信楽 楽入陶房 壺中庵
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧