人気ブログランキング |
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』第参百壱四拾夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □


ザ・キャット/井上宗孝とシャープ・ファイブ

ふたりの秘密 (LP version)/アウト・キャスト

不思議な夢/ザ・ハーフ・ブリード

ムーン・アンド・スターズ/ザ・ハーフ・ブリード

風のふるさと/ザ・キッパーズ

風船/ミッキー・カーチスとザ・サムライズ

アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア/ザ・バーンズ






ザ・キャット/井上宗孝とシャープ・ファイブ

ふたりの秘密 (LP version)/アウト・キャスト




1966年8月のリリースだった

アルバム『ザ・サイドワインダー』から

「ザ・キャット」


ジャズ・オルガニスト、

ジミー・スミスでおなじみのナンバー



ブルー・ファイヤーにいた

天才ギタリスト

三根のエレキと並んで

このバンドの音楽的支柱である

古屋の粘っこいオルガンが

活躍する


ジャズ・ロック的な

モッドな感覚がでてます



ふたりの秘密 (LP version)/アウト・キャスト


67年11月に発売された

アルバム

『君も僕も友達になろう』

に収録されている曲で


68年1月に出た

シングルのB面になったものとは

別ヴァージョン


こちらの方が

アコースティックぽい。



不思議な夢/ザ・ハーフ・ブリード

ムーン・アンド・スターズ/ザ・ハーフ・ブリード


日本では69年頃になると

それまでのGS/ガレージ・サイケ路線から

かわってニューロック/ブルース・ロック

系のサウンドが台頭してくるが

その一方で

コーラス・ハーモニーを重視する

ソフトロック系のグループも

かなりでてきます。


ハーフ・ブリードなどは

ソフトロックグループの白眉で

優秀なバンドだったが

当時ほとんど注目されることはなかった。


ちなみに、近年日本では

この「ソフトロック」という

ジャンルは見直され

高い人気を得ているが


海外で日本のソフトロックが

再評価されたという話は

聞いたことがなく

日本だけの風潮のようです


そもそも、ソフトロックという

言葉が和製英語で、

欧米では通じないと

よく言われます


さてハーフ・ブリードでありますが


日系人を中心に

68年7月に結成された

グループでメンバーは


日系二世のヘンリー

日系ハワイ人のポール

仏中混血のアレン

アメリカ人のジャック

法政二高在中の日本人、マーク


立川、横田などの

米軍基地で活動した後、

都内のジャズ喫茶、

ディスコテークなどに進出


また、FENの「ティーンエイジャース・オン・パレード」

や「ファン・ダイヤル」にも出演した


在日外国人のバンドとしては

珍しく、R&Bではなく

(猫も杓子も

R&Bだった当時に)

ソフト・ロックを

売り物として

雑誌などでは

「日本のウォーカー・ブラザーズ」

といった扱われ方だった


69年1月「日本初のソフトロック」を謳い文句に

東芝/エキスプレスから

美麗なストリングスをバックにした

バラード「不思議な夢」でデヴュー


このA面「不思議な夢」



ありたあきら編曲の

麗しいストリングスをバックに

最初英語で次ぎに日本語で

歌われるソフト・ロックの傑作



美麗なストリングスをバックにした

傑作バラード


ヴォーカルの

ポール・リーと

マーク・八幡が


素晴らしい歌声を披露


そして


B面の「ムーン・アンド・スターズ」では


英語詞による

さりげないボッサ・ロックを

聞かせてくれる




□風のふるさと/ザ・キッパーズ


”北海道のブルー・コメッツ”と称され

道内では最も有名だった

グループと言える


1963年4月に結成

北海道放送(HBC)の

レギュラー・バンドとして活躍


レコード・デヴュー派

1969年コロムビアからの

『風のふるさと』


この曲はHBC深夜番組の

『ヤング26時』のテーマ曲として


1969年6月30日から

約2年間使用された


この「風のふるさと」は

ジャケ裏には

「”エレキ・フォーク”として新しい草分けとなれば良いのだが」

と書かれているが

バックコーラスは

お聞きの通り

ムード・コーラス調


しかしながら


1968年終わり頃

アポロンから発売された

8トラ・カートリッジには

「ガールフレンド」

「廃墟の鳩」

「さよならの後で」

「おかあさん」

「悲しくてやりきれない」

「エメラルドの伝説」

「青い果実」などが

収録されていて


それを聞く限りでは

このバンドをGSと呼ぶことに

違和感はない




風船/ミッキー・カーチスとザ・サムライズ


日本よりも東南アジアや

ヨーロッパで活躍していたのが

ミッキー・カーチス率いる

このグループ



実際、GS全盛期時代は殆ど

日本にはいなかった。


ミッキー・カーチス自身も

自分たちがGSであるという

意識は全くなかったと

語っている


陣羽織にちょんまげというスタイルで

異国趣味の外国人ウケを狙った。


本作は1967年10月にリリースされた

デヴュー曲で

地中海あたりの

港町を思わせる

オシャレなアコスティック・ナンバー


GSブーム真っただ中にあって

一服の清涼剤的存在だった



アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア/ザ・バーンズ



「バーンズ」という名前のGSは

当時全国にいくつもあったが


(大阪のターゲット・プロの

バーンズ、


はっぴいえんどの

元ドラマー、松本隆が在籍していた

ヤマハ・ライト・ミュージック

コンテスト関東甲信越地区大会

出場ロック部門第三位のバーンズなど

が有名)


これは東京の中川三郎ディスコテーク

に専属出演していたバンド。


中川三郎ディスコテーク出身で

もっとも出世したのは

テンプターズだが


このザ・バーンズも

68年中川三郎ディスコテーク専属となり

わずか半年足らずで

数多い中川三郎ディスコテーク

専属バンドの中でも

ナンバーワンの存在に

なったという


19歳を頭に

平均年齢18歳という

若者たちだった


本作は69年2月に

発売された

ディスコ用の

企画ものLPで

彼らの唯一のLP

「R&B・イン・東京」

に収録されている曲

このLPの存在は

サイケデリックから

ニューロックに移行する

微妙な時期で

バーンズの演奏も

それを反映した

ミッシングリンク的

資料価値を持っている

と思います。


ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg



『D,侯爵の『RADIO R'lyeh』』をパソコン・スマートフォンで聞く方法:

FMおだわらの公式サイトの上部にあるバナーをクリックするか、

http://www.jcbasimul.com/?radio=fm%E3%81%8A%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%89からJCBAインターネットサイマルラジオにアクセス

なお、
広告非表示アドオンはOFFにしてください

□聴けないかたはブラウザのFlash設定がOFFになっていないかご確認ください。
OFFであればONにしてください
# by marquis_de_d | 2019-04-21 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』第参百壱参拾九夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □



ブルース・フォー・ウェス/ザ・スパイダース

涙のシルビア/ザ・フェニックス

スウィート インスピレーション/ザ・バイオレッツ

OH MY GOD-「あゝ馬鹿」劇伴/眞鍋理一郎より

サージェント・ペッパーズ/ザ・カーナビーツ

ゴロワーズを吸ったことがあるかい/かまやつひろし

デイドリーム/The Dynamites



ブルース・フォー・ウェス/ザ・スパイダース


明治百年とスパイダース結成七周年を

記念して発表された

1968年10月リリースのアルバム

「明治百年すぱいだーす七年」から


ジャズ・ギタリストの故ウェス・モンゴメリー

に捧げたインストゥメンタル作品


大野克夫作のこの曲は

知り合いのジャズ・ミュージシャンを

動員して作ったと思われる


”モッド・ジャズ”ナンバー



□涙のシルビア/ザ・フェニックス




はじめてワウワウペダルを導入するなど

そのサウンドエフェクトの多様ぶり

には右に出るものがいなかった

バンド、ザ・フェニックス


寺内タケシの事務所からにバニーズの弟分として

テリーズに続き1967年に結成され

結成直後、油壺で一ヶ月に及ぶ

長期合宿でお得意の寺内タケシ式スパルタ教育で

鍛えられ、寺内企画、

「1968年の秘密兵器」

というキャッチフレーズで売り出されたものの


デヴューシングル

「恋するラ・ラ・ラ」(1968/1

のB面で


これもA面同様

エコー・マシン

ワウワウを


効果的に使った

ガレージ・ポップで


GSの根本理念である

軽薄でナンパな

ノリの

ヴォーカル


は捨てがたい

味を醸し出している


しかし

大衆にはまだサウンドエフェクト過多の

音楽は突飛すぎたのか

いまいち

ヒット要素にかけていた。



ザ・フェニックスは

レコードはシングル二枚で

その後、出ずじまいなものの

横浜、東京のジャズ喫茶を中心に

地道に活動を続け


月に40本という

ライブスケジュールで

ほぼ毎日仕事があり、


実質的には

寺内企画で一番の黒字バンドだった。




□スウィート インスピレーション/ザ・バイオレッツ


1962年に大阪で結成された

草山ますみ

草山留三子

草山水映子


の三姉妹のコーラス・グループ


当時、テレビにも

出演するなど

実力があった


1969年4月にリリースされた

シングル

『スウィート インスピレーション』

のA面


1967年にヒットした

米国の女性ソウル・グループ

スウィート インスピレーションズ

(ホイットニー・ヒューストンの母親

シシー・ヒューストンが在籍した)の

カヴァー


で、これはなかなか

頑張っており

可愛らしくも

ソウルフルに歌い上げている





OH MY GOD-「あゝ馬鹿」劇伴/眞鍋理一郎より



東宝1969年6月14日封切りだった

『あゝ馬鹿』より劇伴


上司の浮気の尻拭いに奔走する

小沢昭一主演

サラリーマン・コメディ


ゴーゴー・クラブのシーンで使われたもの



□サージェント・ペッパーズ/ザ・カーナビーツ


デヴュー間もない

1967年8月1日

に発売された

ザ・ジャガーズとの

ミーツアルバム

『ジャガーズMeetカーナビーツ』

収録曲で

A面がジャガーズで

B面がカーナビーツという

構成のアルバム

B面の最後に収録された


ビートルズの

歴史的名作アルバムの

タイトル・ナンバー

「サージェント・ペッパーズ」

メイン・テーマとリプライズを

ミックスした編曲で


ビートルズが『サージェント…』を

リリースしたのが

1967年7月5日で

『ジャガーズMeetカーナビーツ』

がリリースされたのが

1967年8月1日


ということを考えると

かなりリアルタイムでレコーディングされた

ことがわかる


□ゴロワーズを吸ったことがあるかい/かまやつひろし


1945年2月5日リリースだった

シングル『我が良き友よ』のB面


「我が良き友よ」は

ムッシュの唯一

オリコン月間週間チャート1位

を獲得した曲であり、

シングル売上90万枚

1975年オリコンシングル

年間チャートでは1位を

獲得した楽曲だが


そのB面


「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」は

当時の評判は散々で

芳しくはなかった。


ムッシュ曰く

「思い切り好きなことをやらせてもらうことにした」

と証言しており、


ムッシュがファンだった

タワーオブ・パワーが

来日した際に


バックをやってもらえないか

ダメ元で頼み込んだところ

快諾を得て完成に至ったという


しかしながら


1990年初頭の

アッシド・ジャズ

ブームで


再評価され

現在では


A面の


「我が良き友よ」よりも

「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」

の方が

ムッシュかまやつひろし を

表す代表曲といった


感がある



デイドリーム/The Dynamites


1968年5月に出た、

彼ら唯一のアルバム

『ヤングサウンド・R&Bはこれだ!』

非常にエキサイティングでカッコいい、

GSの最良の部分を抽出した名盤であるが


全くバンドの意向に沿わない

内容だったことから

メンバーからは

けっこうボロクソに言われている作品


実際にR&Bを銘打ったタイトルとは

違ってR&B曲は少なく、

モンキーズなどのポップ・ナンバーの

方が多く収録されている


オリジナル曲も

既に瀬川の書き溜めたオリジナルが

あったにもかかわらず

採用されたのは

「のぼせちゃいけない」1曲のみだった上に


洋楽カヴァーと

職業作曲家の書き下ろしが

半々という構成で、

そのカヴァー曲も

バンドのレパートリーである

ゼムやポール・バターフィールドではなく

当時ビクターがライセンスを

持っていたものを

勝手に選曲させられた



(冨士夫は「マサチューセッツ」が特に嫌だったらしい)



しかし

バンドの演奏は素晴らしく、

瀬川、山口、吉田の

ハーモニーの魅力の

片鱗が伺える逸品で



ベトナム戦争たけなわの時代に

明日はベトナム行きという

荒廃した米兵達を相手に

米軍キャンプで

殺人的なスケジュールをこなして

鍛え上げられたという

だけのことはある


そもそもアルバムのレコーディング

でこれほど自分たちで演奏させて

もらえたGSはあまりないんじゃないだろうか。



今夜

最期に聴いていただくのは

あまりにも有名な

モンキーズ・ナンバー


67年代ヒット曲

ディ・ドリーム


山口が歌詞を知らずに

勝手にでたらめな英語で歌っている

その上何処と無くかったるそうな

演奏だが


R&Bを売り物にしていた彼らでさえ

当時のヒット曲を演奏しなくては

ならなかった時代という


そういった、世相、

テレビの懐メロ特集では

決して見えない

GS時代の音楽業界の側面を

感じて欲しい。



ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg



『D,侯爵の『RADIO R'lyeh』』をパソコン・スマートフォンで聞く方法:

FMおだわらの公式サイトの上部にあるバナーをクリックするか、

http://www.jcbasimul.com/?radio=fm%E3%81%8A%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%89からJCBAインターネットサイマルラジオにアクセス

なお、
広告非表示アドオンはOFFにしてください

□聴けないかたはブラウザのFlash設定がOFFになっていないかご確認ください。
OFFであればONにしてください
# by marquis_de_d | 2019-04-14 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』第参百壱参拾八夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □


マイ・ポニー/寺内タケシとブルージーンズ

ホールド・オン/ズー・ニー・ヴー

クレイジー・ミッドナイト/ザ・モージョ

Money/ザ・ゴールデン・カップス

アラウンド・アンド・アラウンド/ザ・スパイダース

サティスファクション/ザ・テンプターズ

ドッグ・オブ・ザ・ベイ/ザ・ボルテージ




□マイ・ボニー/寺内タケシとブルージーンズ




これは前回

リクエストいただいた時に

音源を持っていないし、

そもそもCD化されて

いないだろうと

僕が言ったのを受けて

わざわざ

音源付きで

リクエスト

していただきました


アルバム『太陽の彼方に』収録曲で


このアルバムは

藤本好一による

ヴォーカルナンバーや欧州の

ヒットソング、マージー・ビートの

カヴァーなど多彩な選曲で構成されていた

まさに

エレキ・ブーム前夜の

試行錯誤していた

日本の音楽シーンを

伺うことができる



オリジナルは古いアメリカ民謡であったが

ベンチャーズが1962年のアルバム

『Twist Party Vol.2』で

ツイスト・アレンジでカヴァーしたのが

話題を呼んだ


ハンブルク修行時代のビートルズが

バッキングを務めた


トニー・シェリダンの盤が有名だが


ブルー・ジーンズは

ベンチャーズをお手本にしてカヴァー





ホールド・オン/ズー・ニー・ヴー


「白い珊瑚礁」のヒット曲を持つ

和製サム&デイヴと呼ばれたグループ


渋谷のレストラン・クラブ"カバーナ"の

専属として腕を磨いていた

もっぱら通好みのR&Bを

レパートリーにしていた事で評判を呼び

コロンビアから

当時としては異例の

アルバムによるデヴューを飾ったグループ。


1968年アルバム『ズー・ニー・ヴーの世界/R&Bベスト・ヒット』の

一曲目に収録されている曲で

サム&デイヴの大ヒットナンバーのカヴァー。

ホーンセッションの

パートをファズを駆使した

ギターで代行している

まさにGSによるR&Bの魅力




まあ、

僕の持ってない音源も

あるので


全てのリクエストにお答えする

というわけには

いかないんですが


ま、、今回は


K伯爵のセットリストに対する

アンサーという

形でこの

リクエストのホールドオン

から派生するように選曲して

見たいと

思います



クレイジー・ミッドナイト /ザ・モージョ 1969.1


弘田三枝子の

バックバンドとして

活動していたグループ、

”渡辺明とリズム&ブルーセス”

のキーボード奏者だった

本田竹彦が67年に結成した

グループで


その後、68年2月から

2ヶ月間アメリカへ

勉強にいっていた弘田三枝子が

帰国後「日本のアレサ・フランクリン」

としてR&Bを歌い始めた頃

やはり、

弘田三枝子のバンドとして

活動していました


ザ・モージョの

唯一のシングル

『欲ばりな恋』のB面


ファンキーなR&Bで


豪快な笑い声をいれたりする

おちゃらけぶりは

さすがジャズ出身者

ならでは。



□Money/ザ・ゴールデン・カップス


大ヒット曲「長い髪の少女」を含む

1968年9月10日リリースだった

『ザ・ゴールデンカップス・アルバム第2集』


このアルバムから

ケネス・伊藤に変わり

ミッキー・吉野が

参加している


当時、洋楽が

チャートの上位を占めていた

「レコードマンスリー」に

POPSチャートで

1位を獲得したのが

このアルバムだった




そのA面4曲目に収録されている


ビートルズ・ナンバーの

カヴァーだが


珍しく

エディがソロをとってる


エディの金属質な声が

このビートルズ・ナンバーに

非常にマッチしている





アラウンド・アンド・アラウンド/ザ・スパイダース


1966年5月20日リリースだった

スパイダース2枚目のアルバム

「ザ・スパイダース・アルバムNo.2」


前作の

全曲オリジナル曲で構成した

「ザ・スパイダース・アルバムNo.1」

とは一転して

これは全曲カヴァーで構成された

セカンド・アルバムで

ほとんどは

いわゆるリヴァプール・サウンドの

ナンバーで、しかもThe Beatles物では

なぜか精彩さを欠く印象だが


B面の二曲目のアニマルズのカヴァー


アラウンド・アンド・アラウンド、


5曲目のデイヴ・クラーク・ファイブの

シンギング・オブ・ユー・ベイビー


ラストに収録された

チャック・ベリーの

ロックン・ロール・クラシック

「ジョニー・B・グッド」

では


ご機嫌な演奏を展開している。




□サティスファクション/ザ・テンプターズ




1969年東京新宿厚生年金会館大ホールにて

開催されたテンプターズ・ファンクラブ例会でのライブ


25曲演奏された

このステージは

後にリリースされた

テンプターズ唯一の

ライヴアルバム

『テンプターズ・オン・ステージ』

でその一部を聴くことができる


おなじみの

ストーンズ・ナンバー

「サティスファクション」


さすが”埼玉のローリング・ストーンズ”

と呼ばれたテンプターズの

面目躍如たる

熱演で


パワーとスピードに

満ち溢れている





ドッグ・オブ・ザ・ベイ/ザ・ボルテージ




ボルテイジの事務所、

富士音楽企画の社長

木村信夫氏がもっと

外国にも

対抗できるような本格的な

R&Bバンドを作ろうとして

見つけてきたのが

ボルテイジというわけだが


GSによるR&Bカヴァーの

理想型を見ることのできる

1968年8月に出した

ボルテイジ唯一のアルバム

『R&Bビッグヒット』


全曲、R&Bのヒットナンバーで

ホーンセッションは使わずに

めいっぱいにかけたファズと

限りなくチープなオルガンが

大活躍。


GSとしてのアイディンティーティーを

失わずに”ファンキー”

”グルーヴ”と言った

黒人音楽の本質に鋭く迫っており


特に感動的なのは

この『R&Bビッグヒット』の

A面4曲目に収録されている


1968年に世界中で大ヒットした

オーティス・レディングの

ナンバーのカヴァー


ドッグ・オブ・ザ・ベイ


ボーカルの橘洋介の

鼻にかかったような

声が可笑しみを誘う




ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg



『D,侯爵の『RADIO R'lyeh』』をパソコン・スマートフォンで聞く方法:

FMおだわらの公式サイトの上部にあるバナーをクリックするか、

http://www.jcbasimul.com/?radio=fm%E3%81%8A%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%89からJCBAインターネットサイマルラジオにアクセス

なお、
広告非表示アドオンはOFFにしてください

□聴けないかたはブラウザのFlash設定がOFFになっていないかご確認ください。
OFFであればONにしてください
# by marquis_de_d | 2019-04-07 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』第参百壱参拾七夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □



I'm Cryin’/モップス

Jenny Jenny/モップス

太陽の花/バニーズ

太陽に叫ぼう/寺内タケシとブルージーンズ

たったいちどの青春/ザ・ゴールデン・カップス

月光仮面/モップス



□I'm Cryin’/モップス

□Jenny Jenny/モップス



GSブームも

終焉を迎えようという

1970年1月26日

東京ヤングメイツにおいて

モップス

ハプニングス・フォー

ゴールデン・カップス

フラワーズ

の4GS、4大ニューロックによって

最後の悪あがきとも言える

一大ジャムセッションを

執り行ったのであります


この様子は

1970年4月5日リリースだった

『ロックン・ロール・ジャム’70』

においてその記録の一部始終を

聴くことができる


(これは名盤だな)


お聴きいただきましたのは


鈴木ヒロミツの

「いこうぜ セニョール」の掛け声で始まる

オープニング・ナンバー


モップスが敬愛していた

アニマルズのカヴァー


この頃のモップスは

それまで背負っていた

サイケの看板を

払拭するかのように

折からの

ロックンロール・リバイバルの波に乗って


よりシンプルな

ロック、ブルーズ、R&Bと

言った方向に進んで


躍動感のある

ロック・グループへと

進化を遂げていた。


そんな彼らの

真骨頂と言える

ダイナミックな演奏で


終盤のインタープレイは

バッキングがトリオ編成とは

思えない芳醇な味わい



□Jenny Jenny/モップス


リトル・リチャードで

有名なナンバーを

モップス流に

ハード・ロック化したもので


これは後に

70年5月

『ジェニー・ジェニー’70』

として

シングル・カットしたものが

リリースされた


70年代に入った

新しいモップスを

象徴する一曲となった。


鈴木ヒロミツと対照的に

星勝のハイトーン・ヴォーカルをフィーチャーし


グループとしての黒っぽさ

ロックとしてのドライヴ&スウィング感

を前面に押し出すことに

見事に成功していると言える



太陽の花/バニーズ



1968年1月30日

杉並公会堂で開かれた

ワンマン・コンサートの

実況録音で


1968年4月20日リリースだったLP

『バニーズ・ゴールデン・コンサート』


スタジオ録音では

なかなか伝わらない

GSのグルーブを感じることができるアルバム



「太陽の花」

1968年3月10日リリースだった

バニーズ12枚目のシングルのA面


この曲はオリコン10位


ある意味日本で最も

ヒットしたガレージ・パンク曲といえる


単純なメロディーを

ただ転調を繰り返すだけで

最期まで聴かせてしまう

技量に感服する




スタジオ録音以上に

ワイルドな演奏が楽しめる




太陽に叫ぼう/寺内タケシとブルージーンズ 1969.6


バニーズの教育を終えた

寺内タケシはソロで活動し

「エレキギターのすべて」など

発表しておりましたが


やはり、

ブルージーンズ再興の思いがあって

69年「石橋志郎とストーンズ」の

二人とジョー水木、ルイ高橋を加えて

再結成に踏み切ったのでありました。


再編されたブルージーンズの

第一弾シングル「太陽に叫ぼう」

寺内タケシの

ジミヘン風ギターをバックに

ルイ高橋がソウルフルに歌い上げる、

ニューリズム

「ファンキー&ウォーク」を

取り入れたというR&B



ルイ高橋時代の音源は人気が高いようです。





たったいちどの青春/ザ・ゴールデン・カップス


実力派

濱のGSゴールデンカップスでありますが

いろいろメンバーが入れ替わって

ブリティッシュ・ハードロック志向になったり

アメリカンロック的な傾向が強くなったりと

GSの隆盛と衰退を乗り切ろうと

試行錯誤をくりかえした感があります。



最終的に71年ミッキー・吉野脱退後の

カップスのラストシングル『人生はきまぐれ』のB面

「たったいちどの青春」

デイブ平尾の歌うソロ、虚無感、漂うプログレ青春歌謡でありますが

ほとんど無視されたレコード。


この作品のリリース後に年末からカップスは

沖縄ツアーに出かけますが(沖縄は返還前です

72年の1月2日の最終日、演奏中に火事が発生して

大切な楽器も、機材もなにもかも焼けてしまって

そのまま、解散するのであります。

この壮絶な解散劇は

まさにGSという

一つの時代の終焉と虚無感を

じわじわ感じるわけでありますが




月光仮面/モップス


「日本最初のサイケデリック・グループ」モップス


ほかのバンドとの

区別化を図るために

サイケデリック・ミュージックを

標榜して登場した日本最初のバンド、

モップスですが


これぞ和製ハードロック

というおもむきの

シングル曲「御意見無用(いいじゃないか)」

を1971年10月にリリース


69年以降のモップスは

それまで背負っていた

サイケの看板を

払拭するかのように


よりシンプルな

ロック、ブルーズ、R&Bと

言った方向に進んで

ビクターから東芝に移籍。

意欲的に

ロックンロール・リバイバル的に

とりくんだ曲ですが、


全く理解されず


なにをやっても

受けないステージで

ヤケクソでやった

そんな

『月光仮面』


これが妙に受けて


2ヶ月後にレコード化する

はめになり

ヤケクソでリリース

したら

ヒョウタンから駒の

オリコン18位



その後はホリプロの

営業バンドとして安定した

成績を残し、解散したのは

74年5月のことだった



ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg



『D,侯爵の『RADIO R'lyeh』』をパソコン・スマートフォンで聞く方法:

FMおだわらの公式サイトの上部にあるバナーをクリックするか、

http://www.jcbasimul.com/?radio=fm%E3%81%8A%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%89からJCBAインターネットサイマルラジオにアクセス

なお、
広告非表示アドオンはOFFにしてください

□聴けないかたはブラウザのFlash設定がOFFになっていないかご確認ください。
OFFであればONにしてください
# by marquis_de_d | 2019-03-31 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』第参百壱参拾禄夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □




I'M A HUNGRY/ヴィレッジ・シンガーズ

私のビートルズ/常田富士男

うわさの二人/ラ・シャロレーズ

恋はふりむかない/リンガース

恋はもうたくさん/ザ・ダイナマイツ

のぼせちゃいけない/ザ・ダイナマイツ

まぼろしのシェラザード/アイドルス




I'M A HUNGRY/ヴィレッジ・シンガーズ


ヴィレッジ・シンガーズの

三本目の主演映画

『落ち葉とくちづけ』

(松竹/19693月29日封切り)

で使用された楽曲


ベッカーズなるヒッピー・バンド

に扮したヴィレッジが

ジャズ喫茶で演奏するのが

この曲。


ヴィレッジとしては

異例のガレージ・パンクで

やっぱり色が合わないのか

レコード未収録曲


ほとんど

ヴィレッジシンガーズを

かけないルルイエでも

この曲は

よく使ってる



私のビートルズ/常田富士男



私のビートルズ /常田(ときた)富士男(1970/10)


一度聴いたら耳に焼き付いて

離れないサイケデリックな

ナンバー




フーテンキャラで知られる俳優

「日本昔ばなし」のイメージの方が

今や強くなってしまっていますが


常田(ときた)富士男の

ビートルズ解散に便乗した

企画ものシングル

まさに1970年という

年だったから出来たカオスなコンセプト


当時、毎晩のようにラジオで

かかっていた曲ですから

ファズの利いたギターとベースの

ユニゾンにアッシドな歌声は

今も脳に焼き付いている

という人は多いのではないでしょうか





うわさの二人/ラ・シャロレーズ(1969



ミドルテンポで、ファズギターがいい感じ

屈指の和製アッシド・パンク



北海道出身のバンド、


キッパーズ、サマーズ、デビィーズにならぶ

「北海道四大GS」の一つ


北海道のGSは

ムードコーラス感の強いことと

アメリカの

地方ガレージバンドと通底する

空気を持つ曲が何故か多い



恋はふりむかない/リンガース(1969/5


唯一のシングルで

和製R&Bの逸品

はりのある歌声に

いい感じのファズギター

が絡み合って気持ちいい曲です


元々は新潟のクラブで活躍していた

ムードコーラスのグループで

「新潟ブルース」

「信濃川慕情」といった

オリジナルが地元では

ヒットしていた。


それが何故か

GSブームに便乗しようと

69年5月にクラウンから

「恋はふりむかない」でデヴュー


ムードコーラス出身とは思えない

ファズを駆使したR&Bだった。


が、ブームはすでに下火であったことに

気がつき、デヴューの4ヶ月後には

元の名前である「山岸秀樹とサムナイツ」

と改名。元のムードコーラスに戻って


「こころがわり」


で再デヴューしたという

冗談みたいなグループですが




恋はもうたくさん/ザ・ダイナマイツ


「恋はもうたくさん」(1967/11)


デヴューシングル

「トンネル天国」

のB面GS屈指の名曲の一つ


瀬川洋の蓮っ葉な唱い方が曲調にマッチしている。





カルトGSの最高峰として

評価されている


ザ・ダイナマイツ


カルトGSという言葉が最もふさわしいバンド


当時あまり売れなかったが

80年代に入って再評価され

ネオGSもこぞって

カヴァー・ヴァージョンを発表している。


瀬川洋(せがわひろし)と

山口富士夫という

二枚看板でデヴューした

玄人向けGS



もともと米軍基地で

人気を博したモンスターズという

バンドで

中にはFENの放送で

スケジュールをチェックして

相模原、座間、厚木、など

各地のキャンプまで

追いかけて聴きにくる

ファンまでいたという


立川のジャズ喫茶”ドミノ”に

レギュラー出演するようになった頃

彼らの評判を聞いて

”ニッポン企画”なる

事務所の社長と

米国RCAの関係者と称する

アメリカ人が現れて

向こうのRCAからデヴューさせる

ような口車にのせられて

ほいほい契約してみれば

ふたを開ければ実際には

日本ビクターからのデヴュー。

名前もビクター側の命令でもって

ザ・ダイナマイツと改名させられて

モップスとサニー・ファイブとセットで売り出されたという

本人たちには不本意なデヴューだったものの


「爆発するエネルギー・リズム・アンド・ブルース・サウンド」という

キャッチコピーでオリコン73位に入るまずまずの滑り出しだった。




のぼせちゃいけない/ザ・ダイナマイツ



1968年5月に出た唯一のアルバム

『ヤングサウンドR&Bはこれだ!』収録曲

B面の5曲目に収録されている曲で

ヴォーカルの瀬川洋によるオリジナル。

パワフルな演奏で

80年代ビート・パンクに

通じるものがあってその先駆的存在。




まぼろしのシェラザード/アイドルス



アイドルズは

もともと

ジャイアンツという

1965年の八月に

「若いダンスパーティ」でデビュー

していたグループで


この当時にしては

珍しく

ビートルズ・スタイルを意識した

グループだった。




ーーーーーーーーーーーーー


東京ビートルズとか

クレイジー・ビートルズとか

類似バンドはあるん

ですけれどもね、

これは大抵、

サポートメンバーが

ついているのが普通で、


完全なビートルズスタイルの

バンドというのはまだ珍しかった。


ビートルズ・スタイルの

バンドが出てくるのは

66年のビートルズ来日以後

ーーーーーーーーーーーーー



なんですけれども、

九月に出した

シングル「恋愛射撃隊」が

全く売れなくて

アイドルズと

名前を変えたグループ。


サウンド的には

GS+ハワイアンという

いかにも苦し紛れに

思いついたようなものが

売りだったが

聴いていただけばわかると

思いますが

もちろん

「ハワイアンでも何でも無かった」

と語っているのは

ドラムの丘マサミ




本作は

1968リリースの

「太陽よ燃えろ」のB面

「まぼろしのシェラザード」


このバンドとしては

最もGS色の濃い

作品でミステリアスで

チープなオルガンや

単音のギターが味わい深い名曲。


結局GSブームの波に

乗り切れず

翌年の69年には

解散してます





ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg



『D,侯爵の『RADIO R'lyeh』』をパソコン・スマートフォンで聞く方法:

FMおだわらの公式サイトの上部にあるバナーをクリックするか、

http://www.jcbasimul.com/?radio=fm%E3%81%8A%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%89からJCBAインターネットサイマルラジオにアクセス

なお、
広告非表示アドオンはOFFにしてください

□聴けないかたはブラウザのFlash設定がOFFになっていないかご確認ください。
OFFであればONにしてください
# by marquis_de_d | 2019-03-24 21:00 | RADIO R'lyeh


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
『D,の部屋』
メインHPは↓から

D,の部屋
ブログパーツ
カテゴリ
全体
日常の一喜一憂
映画の一喜一憂
RADIO R'lyeh
ダイエットの一喜一憂
料理の一喜一憂
ポッドキャストの一喜一憂
自分勝手語辞典
備忘録
創作小説・童話
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
aobashi
信楽 楽入陶房 壺中庵
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧