人気ブログランキング |
カテゴリ:料理の一喜一憂( 74 )
■D,侯爵、嵐に掻き消され吹きすさぶ■

クリックすると


バレンタインデーはアップルシナモンチョコレートパイを作りました。

クリックするとさて、ラジオのパーソナリティをやるってお話。どうにかFMおだわら(78.7MHz)でやらせてもらえそうな感じです。来月三月から土曜22時から三十分の枠。昨日、一回目を収録したデータを渡してきました。そんなわけで、自分のラジオ番組聞きながらお酒を呑んで酔っぱらいトークしようと思います。

□告知□

またもや、あの二人が帰ってきた!!大人気企画第六弾!!
D,侯爵とDJ電撃姫がお贈りする朝まで酔いどれトークショー題して

「D,侯爵と電撃姫の朝まで酒瓶一本勝負!!」

2012年 03月17日(土) 本番20:00頃スタート予定〜
http://www.ustream.tv/channel/marquis_de_d



クリックするとD,侯爵とその教育係を先代から任されているメード長DJ電撃姫がD,侯爵家の定例‘夜の勉強会’で繰り広げるめくるめく愛の一本勝負。という設定で朝までに大好きなお酒を一本飲み干してやろうという伝説的極楽番組が満を持して今年も帰ってきました。ずっと延期になっていた第六回!満を持しての復活であります。今回はD,侯爵のラジオ番組を聞きながらの酒飲みトークショウ!いったいどんな結末が待ち受けているのか、それは神様にだってわからない肝臓耐久レース企画!!たまにはみんなでペロンピロンになるまで呑んだくれッちゃったらいいじゃない?今回も一本飲みきるまで終わらない地獄のデスレース!!最近めっきり弱くなった肝臓に喝を入れつつの千夜一夜超絶酒乱淫乱番組。このくだらなさにあなたはどこまで耐えられるか!!精神マゾヒスト専用拷問特別企画。嘘かホントは配信を見るまでわからない。僕らの体調などの都合で予定は変更になるかもしれませんが、そういう時はご了承ください。作業用BGMにもなるとかならないとか。って、まあ暇な人は遊びにきてよね〜vv

クリックするとってなかんじです。

まあ、当日どうなるかわかりませんけどね。ラジオもユーストも。何しろ自分の趣味が高じてやっていることですからw。でもガンバちゃうもんね。

それはともかく、アップルパイです。無理矢理チョコレートを挟んでチョコレートパイに仕上げました。隠し味にコアントローを垂らしてあります。これは銀座のサバティーニでクレープに使っていたように記憶してましたので真似してみました。結果的にはすごく良い感じの仕上がりになりましたよ〜。僕は基本的にはお菓子は作らないんです、粉だらけになるし、どうしても目分量でやってしまう癖があって、お菓子作りには絶対目分量は失敗の元なんで。だからいつもは料理は僕、お菓子作りは弟の領分としているんですけれどもパイならほとんど料理なんで僕にも出来ました。


クリックすると



クリックするとだって、市販のパイシート買ってきて挟むだけで後はオーブンが焼いてくれるんだもんね。コレなら僕にも作れる!って思ったり(笑)。

スッゴク美味しく出来ました。

今度はミートパイが作りたい。僕はミートパイ大好きなんですよ。

オーストラリア(たぶんロットネスト島だとおもう。クオッカがいたから)に行った時に食べたスゴくマズいミートパイの味が忘れられなくって、食べるとスゴくマズいんだけれどもあんな味のミートパイどう考えてもどうしてあの味になったのかよく分からない。だからまたオーストラリアに行って食べないと他では手に入らないんです。なんとかあの味を再現してみたいですね。一度食べたらマズくて忘れられない味なんですw

たぶん、もう一度食べたら「あれ?美味いじゃん」ってなるんだと思う。

だって僕にとってミートパイと言えばオーストラリアで食べた味がスタンダードなんだからね。


というわけでラジオもユーストもみんなお楽しみに〜。今から不安タジー・ナイトで準備中。朝までやるから良かったら観てね〜


■}{ 備忘録 }{■

by marquis_de_d | 2012-02-16 14:26 | 料理の一喜一憂
■D,侯爵、わが哀願も虚しい!■
寒いなあっておもうけど、山の雪が消えてて「あ、暖かいんだ…」っておもう春

小田原ではスーパーでも旬のメカブが並ぶようになりましたね〜。小田原は江の浦あたりでワカメを育てているのでメカブはとっても新鮮な地のものが手に入るんですよ〜小田原いいとこ一度はおいで。でも、メカブってどうやって食べるか知らない人多いでしょ。多分。若い人に限らず「メカブってパックで売ってるヤツしか見たこと無いわ」って感じでしょ。フフフ、久しぶりに料理のコツを教えましょう。とかいって、ググって調べて一番良さそうなヤツを参考にしたものだけど!(参照→メカブ(めかぶ)の切り方

では、メカブのコツを日頃の愚痴とともに!


クリックすると1、メカブに片栗粉をまぶす

相変わらず、作業が一向に進まなまま時間だけが過ぎて行きます。

やりたい事が沢山ありすぎて何をしたらいいのかわからなくなって無為に時間が過ぎてしまっている。

辛いときは誰だって息抜きのことに想いを馳せて仕事を忘れる一時があって呵るべきです。しかし、それが一日の半分くらいになったりする事があるのは僕だけかもしれませんが仕事は頑張ってるけれどももらえるものはスズメの涙ですから一寸趣味に力を入れると足が出ちゃうので「将来の事を考えてるのか」と叱咤され続けておりますので激励されたい。

クリックすると2、千切りにする。ね、こうすると滑らない。この後冷水で洗う

甘えるな!って話なんですけれども、ほんと努力が足らないって言われるとへこむ。それは僕を見た人がそう評価するならば事実というか現状というか現実として受け止めるべき。そこから学ぶ事だって出来る。でも、山登ってやっとここまできて自分ではこれが限界だ、と思っても「さあ!ここからだ!」って言われる。僕もそのとおりだと納得してるから山頂目指して歩き始める。でもそこでなに遊んでんだ?努力が足らないぞって言われると自分が惨めすぎて前に進めなくなる。現実逃避した自分が眩しく輝きすぎて現実の自分が暗く惨めに見えてくる。

クリックすると3、お湯をかける。熱湯だと苦みが出るので注意

いつも答えを求めてる。自分に問いかけたりまわりを探したりして。でも、いつだって途中で疲れてやめちゃう。そんなに集中力続かないもん。

そんなブルーな早朝は原始的なリズムを刻むボイスパーカッションの幻聴とともに不思議な夢を見ました。ものすごい豪邸に招待されたんだけど、僕の帽子の裏に刺繍してあるフランス語が何かの暗号になっていてそれと同じものが屋敷で発見されたの。屋敷にあるのは古い印刷物の切れ端なんだけれども、15世紀くらいのもの(グーテンベルクの活版印刷発明が1445年頃)でフランス語でなんちゃらって人の名前と「祖国」「死せる」みたいな言葉が書いてある。で、どういうわけか全く同じものが僕の帽子の裏に書いてあって、それが暗号らしいんだけど。そのお屋敷にしばらく滞在する事になったんだけれど灯りを消すと沢山大きなゴキブリが出てくるからもう帰りたい。でも、スッゴクおいしいカツレツを作るシェフがいて、蟹クリームをローストビーフで巻いてそれをカツレツにしてあるの。それをオレンジソースで食べる。付け合わせはルッコラだった。本当に美味しかったな。僕の夢って味があるから不思議。でも、それってカツレツじゃなくてコロッケなのかなあ。


クリックすると


さて、そんなことよりもまずは報告。


クリックすると4、出汁でも、お醤油でも、お酢でも美味しく頂けます

どうやら僕もラジオ番組やらせてもらえる事になりそうです。とりあえず来月五回。続くかどうかはまた、考えるとのこと。うう、10月まで続けて小田原城レイブの宣伝まではしたいわぁ…それと、あわよくば生放送もさせてもらって友達のDJみんな呼びたい。そんなわけで、今夜あたり一話目を作って録音しなくてはならないのでした。がんばるぞ〜。





■}{ 備忘録 }{■

by marquis_de_d | 2012-02-10 11:45 | 料理の一喜一憂
■D,侯爵、小舟は力を尽くし■
クリックすると    クリックすると


どうも体調が不安定なので久しぶりにスキヤキパーティしました。ツイッターで「肉には飽き飽きしたぜ」が座右の銘のニクジル氏を呼び出して。

クリックすると割り下も自分で作るんですけど京都の三嶋亭の味を思い出しながら作ってみてはいるのですが、たしかスゴい鰹出汁の味が強い記憶があるので削り節でダシをとってます。スキヤキと言えば卵ですけれども、人によって「七回半かき混ぜて」とか「白身と黄身が完全に混ざらないように」とか逆に「しっかりよくといて」と様々な好みがあるように思います。僕はちょっと変わっているんですが最後まで卵をとかないで黄身を割らないように食べるんですよ。これは大学の恩師(自称グルメな教授でして)がこの食べ方をしていてそれを真似しているんですが師曰く、「肉が卵に負けちゃう。全てが卵の味になっちゃう」からなんです。だから白身の部分でもって肉を冷やして食べる感じです。


クリックすると


で、最後にシメでうどんを投入したとき少しずつ黄身を崩してうどんを食べるのが好きなのね。それでも、残るのでそれをご飯にかけて卵かけご飯にして食べる。だから卵一個でスキヤキ→うどん→ご飯と三回楽しめるわけ。スキヤキ食べてアリエッティ観ながらお酒飲んで楽しい夜でした。


クリックすると
しかし、楽しんでばかりいられません。今日から京都出張です。またもや京都なのです。もう、感覚的には京都は近所みたいに錯覚していますが。しかし、ひさしぶりに和牛なんて食べたために朝から具合は何となくよろしくない。肉食をもって体調不良を治そうとした結果が裏目に出ようとは。しかたなく、朝はお粥を食べて昼すぎまで横になってました。なんとか元気が出てきたので無事京都に入りまして明日からバリバリお仕事であります。




風邪だけは引きたくない!!





■}{ 備忘録 }{■

by marquis_de_d | 2011-12-17 19:05 | 料理の一喜一憂
■D,侯爵、揺れやまずその波を■
クリックすると



クリックすると体調を崩して日中寝てる生活が多かったのですっかり昼夜逆転してしまった僕の生活リズム。いけませんいけません、油断するとすぐ夜型にもどってしまう。週末までにはなんとかしなきゃなーなんて思っていながら気がつけば明日から京都入りします。今日も朝食を食べた後、睡魔に誘惑されるがままに昼過ぎまで眠っていたけれどこんなんでホントに大丈夫なのか?いやダメだろwと自分に突っ込みつつ頑張ってお風呂に入って目を覚ました午後三時。



なんか、起きたのは良いけれど変な咳がコンコンでて気になるけれども、まあ、体はだるくないので大丈夫でしょう。と自分に言い聞かせつつ、今日は部屋から出ないでおとなしくしています。


クリックすると
なんせ、今年も追い込みの年末恒例殺人スケジュールが明日から京都の納会、自宅稽古場の納会と仕事がクリスマス前夜まで続きますの。体調だけは気をつけてクリスマスパーティに臨みたいところ。だって、例年どおりしこたま酒をカッ喰らう予定を自分で勝手に立てていますので。そして、パーティが済んだらすぐにコミケの支度に取りかからなければなりません。そうしなけりゃ今年も年を越せない!!



まあ、今年も命ある限り燃え続けたい、燃やし続けたいこの命!

ってのがこの年末のテーマですね

クリックすると


そんなわけで、美々卯のうどんすきでした。

このあとトロトロの湯葉を投入して、湯通しした鮭のアラをぶっ込んでのスゴい濃厚でホント美味しい筆舌しがたいものへと変化していったのですが食べるのに夢中で写真などとってる場合ではなかったのですね。こんな感じで鍋物ばかり食べてる最近。

■}{ 備忘録 }{■

by marquis_de_d | 2011-12-16 16:42 | 料理の一喜一憂
■D,侯爵、麗しき星々ひかる■
クリックすると


なんか、歯が痛くなってきました。
痛くなったり、治まったり。たぶん、虫歯ではないと思うのです。肩こりで歯が痛くなったりするみたいなので、その類いではないかと想像しております。(自分の体なのに想像以上のことは解らない)

クリックすると今年も小田原は連休の祭礼を(一部、自粛ムードもあったが)無事終えることたできて、我が家も恒例の行事、祭り釜を無事納めたのでありました。お祭りが終わると日中は、五月の強い日差しに、初夏の風が箱根から吹いてきて、森や雑木林の自然が一気に活気づいてきます。サツキ、ツツジ、フジなどの花も、裏道のシャガやタンポポも一遍に咲いて、アゲハやキチョウ、シロチョウ、シジミチョウなどもたくさん飛び回って桃源郷のよう。夜は、静かな宵闇の中にひんやりと冷たい風に乗って「ホッホ、ホッホ」という声が聞こえてくると「ああ、今年もやってきたな」と一人ニヤニヤとそれを聞いているんです。この声の主はアオバズクという小型の(一度、家の前の電線に止まっているのを暗闇に見つけたの。15センチか20センチくらい)フクロウで青葉の頃に繁殖のために飛来することからこの名前がついたということです。しかし昨日、小田原高校の大きなクスノキの枝を落とす作業をしているのをみて「アオバズクの巣がなければ良いけれど」と心配してみたけれども、どうすることも出来ませんね。きっと、ヤマフジがたくさん咲いていたので樹自体が弱ってきて、そういった処置をすることになったのだろうと想像します。

ま、そんなわけで、今日はノビルを料理します。



クリックすると1、適当な長さ(2センチほど)に切る。球根状の根元はヒゲ根を切って薄皮を剥く



球根状の根元はほとんどヌタに使いました。(画像は用意していませんが)作り方はレンジで加熱して冷水に取り、わかめとミョウガと味噌に味醂(砂糖でも可)と出汁を少々加えたものを和えただけで簡単に出来て、しかも超美味い!




2、卵三個、カラザを取って軽くとく。出汁を加え、揚げ玉とノビルを加える

ここで、D,侯爵裏技ね。揚げ玉を入れます!揚げ玉が余分な汁を吸ってくれるので巻く時にも食べる時にもべちゃべちゃにならないのだ!出汁を多く入れると美味しくなる分、巻くのが難しくなるので、いつも失敗している人はいっぺん試していただきたいですねえ。

甘くしたい時は味醂を加えます。関東人は甘い方が好きですよね。関東の卵焼きと京都のいわゆる出汁巻きとの大きな違いじゃないでしょうか。僕は卵焼きなら砂糖よりも味醂派ですねえ〜個人的には。

クリックすると  クリックすると


3、いつものように焼く。


すいませんw説明になってないですけれども、IHが主流の最近ではなんと説明していいのやら。我が家はガスなので、ガスの場合は強めの火のまま、卵焼き器を火から離したり、動かしたりして焼きたい箇所を焼いていくことです。弱い火では油でべたついてしまうので。卵は油を吸いやすいということを忘れずに!卵焼き器の熱さは卵が沸々と膨らむ程度に熱します。それ以上でも以下でも失敗しやすいです。


クリックすると4、大根おろしを添えて完成

まあ、簡単!というわけで完成です。出汁の取り方とか、卵の膨らんだところを潰しながら焼くとか、完全に焼き上がるまえに巻き始めるとか、油は少なく引くとか、数回(僕は三回。卵焼き器の許容量で違うだろうと思う)に分けて焼いて巻いていく、とか、そういった基本的なことはマニュアルを参照してください。要するに今回は「失敗する人は揚げ玉を入れてご覧」ということを言いたかっただけです。出来上がると揚げ玉が入っていることは殆ど気がつかない仕上がりになります。ノビルがとってもさわやかで美味しいですよ!




■}{ 備忘録 }{■

by marquis_de_d | 2011-05-07 14:54 | 料理の一喜一憂
■D,侯爵、心も消ゆ、海も消ゆ■
クリックすると



クリックすると仕事から帰ってくると、何故か玄関にタケノコが三つ転がってました。「誰が持ってきたんだろう」とか考えずにすぐ下茹で。タケノコは収穫後、時間とともにシュウ酸というエグミの成分が増加してしまうので出来るだけ収穫直後に茹でたいんですよね。そんなわけで、誰がどんな理由で誰のために持ってきたかなんてどうでもよろしい。僕に見つかったらすぐ茹でられてしまうのでありました。

そんなわけで、今日はタケノコの下茹でを紹介しましょう。
タケノコ料理の紹介はまた今度ね〜。


クリックすると1、米糠を一握り、鷹の爪を2〜3本入れ、たっぷりの水で中火の弱火くらいで静かに1時間ほど茹でる

タケノコは皮がついたまま茹でます。皮に身を柔らかくする成分やアクを取る成分が含まれていると言います。それに皮がついたままの方が保存する時に風味を損なわないのです。

糠を入れて茹でるときは吹きこぼれに注意して!

よそ見している間に「やっちまったー!」ってなりますよ。


2、すこし冷めるまでそのままにします。

糠の甘みなどが冷めてゆく過程でしみ込んでいきます。


クリックすると  クリックすると


3、流水にさらす。


水が澄むまでしばらく流水にさらしておきます。

上の画像は我が家の流水晒しシステム(笑)でし。もう、タケノコがやってくると我が家の台所は下茹でのために占領されて困るw



クリックすると4、水の中で静かに皮を剥がしてあげます。姫皮は食べれますので捨てません


ボウルなどに水を張っておいてその中で静かにお洋服を脱がしてあげましょうね。姫皮の部分はお吸い物にしたり、タケノコご飯に入れたりいろいろ使うので捨てないでください。美味しい部分ですよ〜。

画像が無かったので、昨晩作った若竹煮とタケノコご飯です。とっても美味しかったですよ!



クリックすると5、根元の部分のボツボツを包丁で削ぎ落とす

見た目と食感の悪い(っていうか固いし)イボイボボツボツは包丁で取っちゃいます。


6、糠抜きの為に水から丸茹でにする

最後に、タケノコ丸ごと水から茹でて糠臭さを抜いてしまえばこれでタケノコの下処理は万全です!あとは自由に調理してくださいませ〜♪

最近、僕は炊き込みご飯は小さな土鍋(一人ナベ用)を利用して2合炊いてます。すごく簡単に炊けるので今度紹介しますね。土鍋で炊くとおこげが出来るので、それがまた美味い!もう、土鍋じゃ無きゃヤダ!ってなりますぞ。

タケノコには木の芽が合いますね。実は我が家に山椒の木が生えているので、買いにいかなくても庭でとれるんで新鮮なものが手に入ってありがたい。詰んでいる時からすごい良い香りがして食欲をそそられるんですヒヒヒ









■}{ 備忘録 }{■

by marquis_de_d | 2011-04-29 15:21 | 料理の一喜一憂
■D,侯爵、切ない憧れの思いに■
クリックすると


小田原みたいな南国に珍しく雪が降った朝。

不幸な自由と不自由な幸せ
 
正常な人間なんていないよ。架空の人物さ。

架空の人生

周りがだんだんおかしくなってきたと思ったら実は自分が一人狂ってたなんて僕の人生にはよくある。ある場合では狂ってる尺度のほうが標準だったりするから、そんな場所にまともな人間が一人で放り込まれたりしたらとたんに均衡を保てなくなる。遊園地ではしゃぐようなものなんだけどね。



クリックするととりあえず京都から無事帰って来て、あんまりにも疲れすぎてハイになっていたため、そのまま東京に遊びに行ってイベントに顔出そうと思って申請するも許可は降りずに不完全燃焼した夜に小田原では雪が降ったようで、寒さと雪解けの水の滴る音で目が覚める静寂の夜。次の日一日は結局ずっと横になって過ごしました。心に悪い。不健全な精神は不健全な肉体を作る。ぶよぶよの肉体を何とかしたい。でも、身体が動かない。寒いから。面倒くさいから。そんなだからやる気なんて全然、まるっきり無し。せっかくの休日も予定無し。


クリックするとそんな僕でも七日は仕事の合間に七草がゆを作りました。そんなわけで、今回は

『簡単七草がゆ』

を紹介しちゃいます。

本当はちゃんとお米から炊くつもりなんだけど、我が家のこの日はいつも正月の行事中で、決まって前日のご飯が残っているから、普通のご飯から仕立てる方法を教えちゃいます。って教えるほどの事じゃないんですけどね。ちなみに、お米から炊く時は少量(一割程度)の餅米を加えると柔らかくて、しかもモッチリした食感がイイ感じになうので試してみて下さい。

1、ご飯をザルに入れて水洗いします。

まずは、ご飯を軽く水洗いして下さい。温かいご飯でも水洗いしちゃいます。これで、粒をほぐしてあげるわけです。ぬめりと米臭さもコレで取ってしまうのです。

クリックすると   クリックすると


2、鍋に刻んだ七草を入れて、沸騰したら水気を良く切ったご飯を入れます


このとき、お湯の量はご飯の五倍〜六倍とか言いますが、僕は適当にやってます。

クリックすると


2、このまま蓋をしないで30〜40分、アクを取りながらトロッとしてくるまでコトコト炊く。


このとき、炊いている途中で混ぜないこと!焦げ易くなります。なので、火加減も米が動く程度の弱火にします。でも、弱過ぎるとやっぱり焦げるのでwwその辺が微妙に見極めが必要なんですけど。



3、イイ感じになったら塩をふって完成です。


今年はお餅を焼いてそれを一緒につけて出してみました。


とーっても美味しく出来ましたよ〜!!

ちなみに、うちでは七草を歌を歌いながら刻むんですけど、わりと全国的にそうするものだと聞いて驚いたものです。ただし、歌詞が地方によって違うんですね。

我が家は

「ななくさ、なずな、菜っきり包丁、まな板♪唐土(とうど)の鳥が日本のはしを渡らぬ先に合わせてバッタバタ合わせてバッタバタ♪」

という歌詞で、それを歌いながら出刃包丁と菜っきり包丁を両手にもって交互にまな板でリズムを刻むように叩いて七草をまとめて刻むのがキマリですよ。



■}{ 備忘録 }{■

by marquis_de_d | 2011-01-11 19:34 | 料理の一喜一憂
■D,侯爵、黒装束の見知らぬ男が■


クリックすると
ひさしぶりの休日もあっという間に過ぎ去ろうとしています。ああ、時間て残酷。ホントに仕事の予定も遊びの約束も全く入れなかった三日間。振り返ってみれば、まあそれなりに満喫したかな。明日からまた仕事、仕事、仕事の日々か…ああ、もっと楽しみたいのにな、秋の穏やかな青空とか、頬にやさしく冷たい秋風とか、ゆったりと窓辺に射し込んでくる昼下がりの陽射しとか、風が運んでくる落葉の匂いとか、秋の夜長を彩る虫達の声とかさ。




クリックすると
梅カツオはさみ豚カツ


そんなことボヤイてる暇なんてもんは僕には無い!残された時間で出来る限り溜まりに溜まった(自分で溜め込んだんだけど)課題をこなして行かないと、明日からホントに自由時間かぎられてくるんだからね!風邪なんてひいてたおかげですっかり予定が狂っちゃったよ僕。

というわけで、ひっさしぶりのお料理教室の時間でございます。今日はね先日作った豚カツバリエーションの一つ、梅カツオはさみ豚カツを紹介しちゃいマッス!豚カツもとっても簡単だからみんなも作ってみてね。


クリックすると   クリックすると


1、梅干しの種を取って、鰹節と梅干しの果肉を叩きペースト状にします。

調味料の酸味は飛びやすいので最後に使いますが、梅などの酸味の強い食材は逆に酸味を和らげるために最初っから使うのがポイント!鰹節は結構派手に使ったほうが良いと思います。


クリックすると2、豚肉は厚みに切り込みを入れて袋状にします。そこに先程作った梅カツオを詰め、中に空気が残らないように手で肉を押さえてかたちを整えます。



今回は海苔が余っていたので一緒に詰めてみました。後で、考えたら海苔もちぎって梅と一緒にまぜても良かったなあ。今度作るときはそうしてみますよ。






クリックすると   クリックすると


3、包丁で筋を切ります。

豚カツを作るとき「揚げた後、衣が剥がれちゃう」っていう人は必ず筋切りをしておいたほうが良いです。衣がとれちゃう原因は肉の縮みにあります。肉を叩くなり、僕みたいに包丁で浅く切るなりして筋を切っておいて、そのあと形を整えておけば問題ありません。それにとっても柔らかく仕上がります。


クリックすると4、表面にゆかりをまぶす。

今回は塩コショウではなく、ゆかりをまぶしてサッパリした味を目指します!

5、ここで、必殺の「パン粉モミモミ!!」

D,侯爵のフライ料理ではもはや定番の必殺わざとなりましたが、今回も「パン粉モミモミ!!」でございます。パン粉を手でモミモミしてあげて、細かくすることでしっかり衣がついて、しかも仕上がりがカラッと揚がって、食感が驚くほどサクサクになります。

6、小麦粉をまんべんなくまぶし付けてから、卵を溶いたボウルにつけて、もう一度小麦粉をまぶし、さらに再び溶き卵をつけ、パン粉の上に落としてまぶしつける (小麦粉→溶き卵→小麦粉→溶き卵→パン粉の順番)


クリックすると   クリックすると


はい!!ここで、また必殺技ですよ!小麦粉→溶き卵の過程を二回繰り返すことで、しっかり卵がついてパン粉が全体にしっかりつきます。小麦粉→溶き卵→小麦粉→溶き卵→パン粉の順番です。僕も「小麦粉→溶き卵→小麦粉→溶き卵→パン粉♪」とリズミカルに口ずさみながら作業を進めています。

さて、今回は更に卵にマヨネーズを加えてます

裏技ポイント■卵にマヨネーズを加える

これで衣が剥がれるのを防ぎます。かなりしっかりパン粉が食いつきますよ〜


クリックすると5、170℃の揚げ油で4〜5分間揚げる


170℃と教科書どおりに書きましたが、例のごとく僕は温度計ってません。適当です。今回、画像をご覧の通り最初から三枚一気に入れました。だから最初は油の温度は下がってると思います。150℃くらいからジワジワと温度を上げて最後は170℃でカラッと揚げるというのを狙ってみたつもりなんですが、バッチリ成功しちゃってましたww。衣がサクサクでしたよ!



クリックすると   クリックすると


6、揚がったらバットに上げて休ませる

油きりも兼ねて余熱で完全に火を通します。せっかちな僕はいつも二分です。豚肉は火が通りやすいので、二分休ませただけでもちゃんと火が通っていて生焼けだったことは無いですねえ。休ませている間はまだ切り分けちゃダメですよ。冷めちゃいますからね。



クリックすると


7、食べやすい大きさに切り分けて、付け合わせと一緒にお皿に盛ったら完成です!



クリックすると今回もとっても美味しくできました!!


付け合わせはキャベツの千切りとブロッコリです。今度はチーズとかはさんでみようかな〜。いろいろ挟み込むものでバリエーションが増える気がします。今後の課題ですね〜フフフ楽しみ。


豚カツってムズカシそうな感じしますけどね、意外にもすっごく簡単ですから。みなさんも、豚カツにチャレンジしてみて下さい。



■}{ 備忘録 }{■

by marquis_de_d | 2010-10-06 22:18 | 料理の一喜一憂
■D,侯爵、昂然ときおい立つ■
クリックすると先日、急にオババ様の具合が悪くなって入院いたしました。血糖値が500もある異常な事態になっていたようです(ふつう、空腹時80〜100。食後でも120くらいらしい。あんまり詳しくないけど)三日ほど入院して、今日、無事退院いたしました。ご心配をかけしましてご迷惑おかけいたしました。

そんなわけで、オババ様を四六時中誰かが見張っていないとイケナイという問題に我が家は直面しているわけです。ああ、もともとまとまりのない家族なのに、今日もコレでまた足並みが揃わない。トホーに暮れる僕なのであります。




さて、それはともかく。

ひさしぶりに料理のコツを紹介。(そろそろ、ちゃんと料理ページを作ろうと思います。自分でもレシピの備忘録として使っているので、自分のブログを遡る手間を省くためにも)毎日、何か作ってますが紹介しないと「料理はどうした?」というお声を頂く。あのね、別に料理ブログなんかじゃないんだからねww

クリックすると
カボチャの煮物


「南瓜直炊き」ってヤツです。これがなかなか手強いっていう人、いるんじゃないでしょうか。本に書いてあったように料理しているのに、上手くいかない!煮崩れしちゃう!なんだかわからんけど南瓜ペーストができるww!っていうことでお悩みの方。わかる僕もさんざん悩んで結局今のやり方に落ち着いたんです。つまり、コレから紹介するやり方は僕の出した最終結論。コレでダメなら諦メロン



クリックすると クリックすると

1、カボチャを四つに割る。

堅いので十分注意して下さいね。クリックすると


2、スプーンで種とワタを刮げとる。

この時、果肉も少し削りながらワタの部分を完全に刮げとっちゃいます。ここが最初のポイントです!ワタの部分を残して炊くと煮汁の中に溶け出して煮汁が濁り見栄えが悪くなるし、煮崩れの原因にもなるんです。



クリックすると3、小さく切りながら四角く、四角くかたちを整えて行く。種側の湾曲している部分もまっすぐに切ります。

さっき言った理由から、ワタに面した部分は完全に切り落とした方がいいです。切り落とした細かいのはタッパーに取っておいて、他の料理に使えます。レンジで温めて温野菜サラダとか、みそ汁の具とか、油で炒めて野菜炒めにするとかね。



クリックすると4、ボウルにたっぷり水を張ってカボチャの表面を軽くこすりながら洗う。

切り口に付着しているでんぷん質は煮汁を汚すし、やっぱり煮崩れの原因になってしまいます。だから、水を何度も換えながら丁寧に洗ってあげます。この作業が今回の二番目のポイントですよ!!




5、ナベにクッキングペーパーを敷きます


はい!!ここで、D,侯爵オリジナル必殺技!クッキングペーパーを敷く事によって沸騰によって泡が身に負担をかけ煮崩れをおこさせるのを最小限にしてやること、そして、焦げ付き防止にもなるのです!



クリックすると クリックすると


6、鍋に皮側を上にして並べて、ヒタヒタくらいに水を入れる。

「あれ?硬い皮が下じゃないの?」と思われた方はほとんど今まで失敗しているはずです。皮を下にしてしまうと煮込んだ時点で硬い皮の層と柔らかい身の部分が分離して身と皮がバラバラになってしまい、しかもグズグズのペースト状になってしまっているはずです。フフ、違いますか?

皮は上にする!コレ忘れないように!

この時、カボチャ同士が重ならないように注意して下さい。カボチャ同士を重ねて炊くと煮崩れしやすくなります。できるだけ大きな鍋を使うことも上手に炊くコツです。

クリックすると
7、強火にかけて、すぐに味付けする。ダシ、砂糖、塩、淡口醤油の順番に加える。沸騰したらすぐに火を弱火にする

カボチャはダシで炊くとエグみが出るので水で炊くというんですけれども、ダシで炊いた方が色が綺麗に仕上がるみたいです。水で炊く場合は砂糖と、淡口醤油でまとめます。

ここで、蓋をしないこと!カボチャを炊くときは絶対に蓋をしてはいけません。蒸し焼きになって煮崩れをおこしてしまうんです。今回は皮をピーラで少し剥いたので煮崩れしやすくなっています。故に弱火でコトコト炊いていきます。そのままならば、強火のまま炊いてしまいます。



クリックすると


8、煮汁が無くなる寸前まで炊いて味をしっかり含ませまたら完成です。



どうです?コレさえ押さえておけば上手くいきます。あなたにもできますよ。

ビールの肴にもピッタリですよ!



■}{ 備忘録 }{■

by marquis_de_d | 2010-07-12 20:23 | 料理の一喜一憂
■D,侯爵、海が猛る■
今夜は。ナベさんちに行ってくるよ〜

そんなわけで


□告知□

またもや、やってきました!!あの大人気企画第二弾!!
D,侯爵とDJ電撃姫がお贈りする朝まで酔いどれトークショー題して

「D,侯爵と電撃姫の朝まで酒瓶一本勝負!!」


クリックすると


2010年 5月1日(土) 22:00時〜
http://www.ustream.tv/channel/marquis_de_d

D,侯爵とその教育係を先代から任されているメード長DJ電撃姫がD,侯爵家の定例‘夜の勉強会’で繰り広げるめくるめく愛の一本勝負。という設定で朝までに大好きなお酒を一本飲み干してやろうという、もはや伝説の極楽番組。今回、一行はD,侯爵邸から飛び出して‘シモ神’のお社に突撃だ!!新居を構えたシモ神なべさんの家をあのお騒がせ迷惑コンビの二人がお神酒と称して酒瓶抱えて生配信しちゃうぞ。今回も一本飲みきるまで終わらない地獄のデスレース!!肝硬変も顔のむくみも気にせずに命を削りつつお送りする超絶酒乱淫乱番組。このくだらなさにあなたはどこまで耐えられるか!!精神マゾヒスト専用拷問新春特別企画。を予定しております。僕らの体調などの都合で予定は変更になるかもしれませんが、そういう時はご了承ください。作業用BGMにもなるとかならないとか。って、まあ暇な人は遊びにきてよね〜vv



というわけで、今から不安タジー・ナイト準備中。朝までやるから良かったら観てね〜



クリックするといつまでもクヨクヨしていられない。酒をたらふく呑んで二日酔いになって最悪の目覚めをむかえた朝を布団の中でゆっくり過ごし、昼には回復してすっかり心も体も元気に。少し、顔がむくんでいるが気にしない。熱いシャワーを浴びれば完璧だ。

外は五月晴れで天気も良いし、お洒落して出かけよう!

日焼けするから日が暮れてから。

いや、最近、顔が酒焼けしてそれどころじゃないんだけど。


クリックすると


とりあえずひさしぶりに料理紹介。

「牛肉の赤ワイン煮」

ただ牛肉を赤ワインで煮るだけです。
だから超簡単。美味しい。時間かかるけど。




クリックすると牛肉は適当な大きさに切っておく。
ホールトマト缶詰のトマトを手で潰しとく。
タマネギにクローブをブッさす。
セロリ、タマネギ、ニンジンを鍋に入れて赤ワインをドボドボ入れる。
さっき潰しといたトマトも入れる。
コショウタップリ入れる。
ローリエを入れる。
セージ、ローズマリー入れる。
中火で煮る。
アクを取る。



クリックするとそして
超弱火で煮込む。

煮汁が減ってきたら熱湯を足して、常にひたひたキープ。

三時間以上煮ること。そうしないとトマト臭さが抜けない。

煮汁が減ってきたら熱湯を足して、常にひたひたキープ。




以上。超美味しい。



■}{ 備忘録 }{■

by marquis_de_d | 2010-05-01 14:08 | 料理の一喜一憂


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
『D,の部屋』
メインHPは↓から

D,の部屋
ブログパーツ
カテゴリ
全体
日常の一喜一憂
映画の一喜一憂
RADIO R'lyeh
ダイエットの一喜一憂
料理の一喜一憂
ポッドキャストの一喜一憂
自分勝手語辞典
備忘録
創作小説・童話
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
aobashi
信楽 楽入陶房 壺中庵
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧