人気ブログランキング |
<   2012年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第参拾壱夜■
FMおだわら(78.7MHz)→

アメイジングGSシリーズ(2) ファズ・ギターのあけぼの

オムニバス / 渡辺音楽出版



そんなわけで、今夜は
「アメイジングGSシリーズ(2)ファズギターのあけぼの」
という2001年にリリースされたオムニバスアルバムから


■今夜聴いていただいた曲


ワーク・ソング尾藤イサオ
S.P.I.ザ・スパイダース
太陽の娘ブルー・コメッツ
真赤なジャケットザ・タイガース
ブーン・ブーンザ・テンプターズ
陽はまた昇るザ・ゴールデン・カップス


ワーク・ソング3:04尾藤イサオファズ・ギターのあけぼのRock2

今夜聴いていただこうと思っています、一枚はですね
渡辺音楽出版というレーベルから、これなんなんだろ、新星堂の企画もの
なのかな、「アメイジングGSシリーズ(2)ファズギターのあけぼの」
という2001年にリリースされたオムニバスアルバムから
聴いていこうと思うんですけれども、
先日、小田原ロビンソンの新星堂で半額ワゴンで投げ売りされていた
中から、見つけ出したんですけれどもね、
ピンクに紫のグラデーションのジャケットで
裏をみたらタイガースの、これは一応レアな写真になるのかな
1967年の「ヤング」という雑誌の九月号の表紙ですね
タイガースのメンバーがアーチェリーの弓を引いてる写真。
もう、「ファズギターのあけぼの」タイトルからして完全に
黒沢進先生だろうと思っていたら案の定、監修、選曲がQLO沢(GS調査会)
ってなってる。偽名使う意味ないですね。ほんとにお茶目です。
まあ、2007年に亡くなってしまいましたけれどもね

さて
GSと言えばファズ
あのひずんだギターサウンドをだしてくれる
ファズトーン・ボックスっていう魔法の箱なんですけど

ファズ誰が最初に使ったんでしょ問題というのがねGSに必ずつきまとう
わけなんですが

早速、いま聴いていただきました尾藤イサオの66年11月リリース
9枚目のシングルA面
「ワーク・ソング」
ナット・アダレイが1960年に作曲し、オスカー・ブラウン・ジュニアが
歌詞をつけた、名曲のカヴァーですが

この間奏がファズトーン・ボックスというエフェクターを使った
日本最初のレコードなんじゃないかということなんですね。

演奏は尾藤イサオのバックバンドといえば
おなじみのジャッキー吉川とブルーコメッツです

さすがですね、クオリティの高い演奏

同じ66年11月に発売された
ブルーコメッツの「ベストヒット66」というアルバムに収録されている
「涙のギター」の後半部分でファズの音がしているということなんですが

いずれにしても、
つまりブルーコメッツが日本で最初にファズを使った曲を
レコード化したプロバンドであるということになる。

しかし、このファズボックスの持ち主はスパイダーズのかまやつひろしが
アメリカに行った際に買ってきたまま、使い方がわからないんで
家に転がしておいたのをブルコメの三原綱木が借りたものなんですよ

だから、ファズを日本に持ち込んだのは
スパイダーズのかまやつひろしだっていうわけです。



S.P.I.2:36ザ・スパイダースファズ・ギターのあけぼのRock4
太陽の娘2:30ブルー・コメッツファズ・ギターのあけぼのRock3


スパイダーズの爽快なインストナンバー
S.P.I.
1967年にフィリップスからリリースされた
日本航空の世界一周路線の開設を記念して臨時発売された
サベージとのミーツアルバム「ゴー!スパイダーズ フライ!サベージ」
に収録されているナンバー
当時人気絶頂の二大グループ夢の競演というところですかね
作曲は大野克夫
太陽に吠えろ、電撃戦隊チェンジマンとか
ドラマやアニメーションの作曲も手がけてますが
と若いリスナーにキャッチーな情報も挟みつつ

続いて聴いていただいたのがブルーコメッツ1967年の
アルバム『ブルー・コメッツオリジナル・ヒット第2集』収録曲
全曲オリジナルからなるアルバム第二弾
そのなかでもブルコメには珍しいガレージ・サイケ・ナンバー
「太陽の娘」

ブルーコメッツがリンダリンダと連呼した1967年
20年後にブルーハーツがリンダリンダをリリースし
若者たちが再びリンダリンダを連呼したという
すごいですねえ
この符号には何のつながりもないんですけれどもね

1967年でLPすなわちアルバムでもって
全曲オリジナル曲なんていう勝負してくるのは
さすがという気もします。

当時、どうなんだろ
シングルレコードが330円~400円だったのに対して、
LPは1800円~2000円してますからね、
当時の学生では一ヶ月のお小遣いと同じか
もしくはそれ以上の価格なんでね
シングルに比べてアルバムというのは売り上げ枚数は
かなり少ないんですよね。だからどのレコード会社も
それほど力は入れていなかったと思うんですけれどもね

やっぱり、1967年というのは
ビートルズが「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」
のリリースという音楽的事件があって

GSブームを支えたタイガース、テンプターズの
超絶人気グループがデヴューした年ですからね

この辺りからヤッパリそういうことに触発されて
アルバム制作のクオリティが急速にあがってくる
そういう兆しを感じますね

では続いてタイガース、テンプターズを
聴いていきましょう。


真赤なジャケット3:00ザ・タイガースファズ・ギターのあけぼのRock4
ブーン・ブーン2:59ザ・テンプターズファズ・ギターのあけぼのRock5


ザ・タイガース1967年8月にリリース
三枚目のシングル(これも大ヒットしました
「モナリザの微笑(ほほえみ)」それのB面

「真っ赤なジャケット」

タイガースが初めてファズを導入した作品でございます。
厚いファズとファンの奇声から始まるポップなナンバー
しかし、演奏の中心はあくまでストリング中心で
この手の曲までストリング中心というのは疑問というの
はこの辺りどうなんでしょうねすぎやまこういち先生。
ま、当時、タイガースは王子様イメージを固めるための
メンバー強化合宿を続けてた時期と合致しますから
方向性の定まらない感じがあったのかもしれないですね。

そして、テンプターズ。1968にリリースされた
「ザ・テンプターズ・ファースト・アルバム」に収録されている
アニマルズのナンバー「ブーン・ブーン」のカヴァー。
海外のガレージファンにも高く評価されているということで

まあ、これは良いよね。「ブーン・ブーン」は
アニマルズの「朝日のあたる家」のB面かな
原曲のジョン・リー・フッカーなんてのは
歌の所以外はひたすらワンコードで押し切りますからね
もう、「ブンブンブンブーン」を歌ってしまえば
後は強引に歌いきれてしまうブールース加減。

さて、1968年と言いますと
タイガース、テンプターズといった
ヴィジュアル優先のアイドル的GSに対して
その後の方向性を打ち出した実力派GSといえる
ゴールデンカップス
ハプニングスフォー
モップス
といったバンドが出現してくるんですね、

特にザ・ゴールデンカップスのエディバンはアマチュア時代
65年くらいに19歳で渡米していてですね、
そのとき
ディズニーランドで
ジェフBECKがいるヤドーバーズをみる、そこで
床に転がってる箱をみてそれをジェフBECKがせっせと操作してて
それがファズだったんだけれどもそれを楽器屋で20ドルで買ってきて
それを夢中で使ってたっていう話でですね、
だから、ムッシュかまやつのファズボックスではなく、
エディの
これが日本上陸第1号で日本で最初にファズを使ったのはカップス
エディヴバンだっていう主張が頭をもたげてくる。

いずれにせよ、
当時の日本人はファズボックスの存在すら知らなかったわけですからね
この二人のファズがなければGSのサイケデリックサウンドにとどまらず
68年のピーク時には猫も杓子もファズでもって
サイケも、ロックンロールも、演歌も、歌謡曲も
何でもかんでもファズを使うような時代はもっと遅れていたか
もしくはそんなものは日本にはなかったかもしれませんね、
いきなりニューロック時代に突入したかもしれませんけど。



そんなわけで、
ザ・ゴールデン・カップスのデヴュー・シングル
1967年6月東芝からリリースされた「愛しのジザベル」のB面 

「陽はまた昇る」

以前テレビかなんかで
やっぱり、レコーディングのときに
なかなか理解されなくてファズを使わせてくれなかった
なんていう苦労話をしてられましたけれどもね
「そんな音出したらスピーカーがぶっとんじゃうよ!」
なんていってね。ようやくできてきたレコードは
蝉が鳴いてるみたいになっちゃた。なんて言ってましたけれども、
そういう話をききますてーと
当時、いかにこの音が先進的でまだ浸透していなかった
ということを感じるわけですが

まあ、聴いてください
「陽はまた昇る」

濱のブルーズキング エディヴァンの
ファズを使ったのソロパートに注目ですな


陽はまた昇る2:13ザ・ゴールデン・カップスファズ・ギターのあけぼのRock4



いかがでしたでしょうか。

こういうCDがふらっとワゴンセールされてたりするんで
レコード屋にもちょいちょい足を運ぶ価値があるんですよね
なんでもかんでもインターネットで注文していると
はっきり言って人のレヴューなんてものは
ほとんどあてになりませんからね、
個人の感性にはほとんど関係ないんですね、ああいうものは
だから自分の耳と足で探さないと自分が本当に求めているものは
手に入らないってことですよ。

ラストはリクエスト曲
バンビさんからのリクエストで
三国志 ラブ・テーマを聴きながらのお別れ。

作曲、細野晴臣 
歌は1980年代にYMOファミリーのバックアップで歌手でヴューした小池玉緒
ですね~良い曲ですこれは。

今夜はバンビさん寝落ちしないで聴いてくれていることを祈りますが



また、番組へのご意見ご感想
罵詈雑言美辞麗句ございましたら
FMおだわらホームページからもメッセージがおくれますので
入力フォームからどしどし御寄せください。


---------------------------------------------
FMおだわら(78.7MHz)→



なんと!ポッドキャスト『 R'lyeh』がうっかりラジオになっちゃった!!
うっかり聴くと正気度が下がる D,侯爵の『RADIO R'lyeh』 FMおだわら(78.7MHz)にて 毎週日曜21:00~21:30放送!(再放送は毎週月曜23:00~23:30放送)

FMおだわらはWebで聴けます!
サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/
   直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx  
※Windows Media Playerのみ対応しています
※Macintoshでサイマルラジオを聴けるようにする方法
  (OS) : Mac OS 10.3.9以降  (ソフトウェア) : QuickTime 6.5以降である必要がありますよ~。そこにWindows Media Components for QuickTimeというソフトウェアをダウンロード、インストールしてやれば聴けるようになります。

iPhone、iPod touch および iPadでFM小田原を楽しむ方法として僕はこれ使ってます\350するけど→App Store - 『コミュニティFM for iPhone (i-コミュラジ)』
by marquis_de_d | 2012-09-30 21:00 | 日常の一喜一憂
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第参拾夜■
FMおだわら(78.7MHz)→

Digitalian is eating breakfast

小室哲哉 / エピックレコードジャパン

liquid sun

木根尚登 / エピックレコードジャパン

6th Story CD「Moira」(通常盤)

Sound Horizon / King Records =music=

CAROL-A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991-

TM NETWORK / エピックレコードジャパン




今夜はもとちるさんの選曲でTM特集いきたいと思います


今夜きいていただいた曲は
小室哲哉
RUNNING TO HORIZON

木根尚登
「ホントの君 嘘の君」

サウンドホライズン「Moira」(ミラ)で
宇都宮隆がボーカルで参加した
「雷神域の英雄 -Λεωντιυς-」

そして、TMネットワーク 13枚目のシングルで
「BEYOND THE TIME ~メビウスの宇宙を越えて~」


如何でした?


また、番組へのご意見ご感想
罵詈雑言美辞麗句ございましたら
FMおだわらホームページからもメッセージがおくれますので
入力フォームからどしどし御寄せください。



---------------------------------------------
FMおだわら(78.7MHz)→



なんと!ポッドキャスト『 R'lyeh』がうっかりラジオになっちゃった!!
うっかり聴くと正気度が下がる D,侯爵の『RADIO R'lyeh』 FMおだわら(78.7MHz)にて 毎週日曜21:00~21:30放送!(再放送は毎週月曜23:00~23:30放送)

FMおだわらはWebで聴けます!
サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/
   直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx  
※Windows Media Playerのみ対応しています
※Macintoshでサイマルラジオを聴けるようにする方法
  (OS) : Mac OS 10.3.9以降  (ソフトウェア) : QuickTime 6.5以降である必要がありますよ~。そこにWindows Media Components for QuickTimeというソフトウェアをダウンロード、インストールしてやれば聴けるようになります。

iPhone、iPod touch および iPadでFM小田原を楽しむ方法として僕はこれ使ってます\350するけど→App Store - 『コミュニティFM for iPhone (i-コミュラジ)』
by marquis_de_d | 2012-09-23 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵、しゃがんでいる。よごれている■
クリックすると




毎日あんなに暑かったというのに、朝夕はもうすっかり涼しくなって、夕暮れの秋空の下で涼風に吹かれながら過ごす時間は永遠のように感じますね。


クリックすると先週からずっと仕事ばかりしています。

まあ、良いことなんですが。

でも、いささか疲れました。夏バテぎみでちっとも体にたまった毒素が抜けていかない。それでまた酒を飲むからいけません。どんどん肝臓がへばってくる。今日みたいに涼しい1日は助かりますよ。欲を言えば、こんなすばらしい1日はゆっくり眠るだけの1日にしてしまいたいところです。


クリックするとそして、目が覚めたら山とか海とか行きたいですね。寒くなる前に。毎日仕事中に考えることなんて言うのはだいたいそんな感じのことです。

それでも、退屈したことはないですね。


毎日、なにか事件が起こる。

僕の人生はドラマチックですよ。




とにかく今月中にはポッドキャストの配信が再開できるように状況を整えたいと思います。このままだらだらとしているうちに年が明けてしまいそうですからね。


■}{ 備忘録 }{■

by marquis_de_d | 2012-09-21 19:38 | 日常の一喜一憂
■D,侯爵、瀝青だらけの少年が■
クリックすると


我が家の行事『福神釜』も無事に終わりました

かつては人の形をした根菜、マンドラゴラを奉納していたけれども入手困難なため(希少種であることと採るたびに犬が一匹死ぬので)大根を使っております。我が家に巣食う冒涜的で禍々しくも美しき名状しがたき神々もこれで自分を慰めることでしょうて。

クリックするとそんなわけで、毎日残暑厳しい日が続きましたが、仕事も続きました。おかげさまですっかり夏バテ、いや、秋バテです。へろへろです。毎晩の深酒ですっかり肝臓がへばっているため暑い中で仕事をすると、血中の毒素が全身に回り動けなくなります。それでも、目が覚めると仕事が待っているのです。こんなに仕事してもべつに儲かるわけじゃありません。ほとんど自己満足です。それでも満足したくて仕事を続けます。そして、へろへろになって帰ってきてまたぶっ倒れるわけです。それが僕の人生の大半を占めているわけです。


クリックするとどうしてそんなに働くかと言えば趣味が多いからであります。自分の趣味をやめるくらいなら仕事を辞めますよ。仕事があるから趣味を維持できるのであります。そんなわけで、僕の趣味が高じて去年実現した「小田原城レイヴ」ですが、今年もやっていいとのお達しがでましたので、

今年もやる気になってきました!

小田原城レイヴ!


「小田原城AKAGANE☆MON RAVE 2th」

今回は「小田原ミュージックストリート」のプレイベント、前夜祭という形で朝から夕暮れまでのドンチャン騒ぎ!

クリックすると



クリックすると




日時:10月6日土曜日 11:00頃スタート~19:00頃まで

場所:小田原城内銅門広場


参加DJ:

Astro
電撃姫
204
koguma
mizupooo
Mako2
BUBBLE-B feat. Enjo-G



今回は BUBBLE-B feat. Enjo-G をむかえて前回よりも更なる躍進をはかるよ!
なお、雨天の場合は当日早朝に中止か決行か判断するのでサイトなど参照ください。





そんなわけで、遊びにきてください。

今日は久しぶりの休暇だがあいにくの雨だ。まあ、自宅でゆっくりするのも大切だよね。午後から歯医者に行くのが唯一の外出。楽しみです。



■}{ 備忘録 }{■



by marquis_de_d | 2012-09-19 10:59 | 日常の一喜一憂
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第弐拾九夜■
FMおだわら(78.7MHz)→

Self Control

TM NETWORK / エピックレコードジャパン

CAROL-A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991-

TM NETWORK / エピックレコードジャパン




今夜きいていただいた曲はTM NETWORK


8月の長い夜     TM NETWORKCHILDHOOD'S END

Just One Victory  TM NETWORKCAROL

Winter Comes Around  TM NETWORKCAROL

Time Passed Me By(Yoruno shibahu)   TM NETWORKSelf Control




如何でした?


また、番組へのご意見ご感想
罵詈雑言美辞麗句ございましたら
FMおだわらホームページからもメッセージがおくれますので
入力フォームからどしどし御寄せください。



---------------------------------------------
FMおだわら(78.7MHz)→



なんと!ポッドキャスト『 R'lyeh』がうっかりラジオになっちゃった!!
うっかり聴くと正気度が下がる D,侯爵の『RADIO R'lyeh』 FMおだわら(78.7MHz)にて 毎週日曜21:00~21:30放送!(再放送は毎週月曜23:00~23:30放送)

FMおだわらはWebで聴けます!
サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/
   直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx  
※Windows Media Playerのみ対応しています
※Macintoshでサイマルラジオを聴けるようにする方法
  (OS) : Mac OS 10.3.9以降  (ソフトウェア) : QuickTime 6.5以降である必要がありますよ~。そこにWindows Media Components for QuickTimeというソフトウェアをダウンロード、インストールしてやれば聴けるようになります。

iPhone、iPod touch および iPadでFM小田原を楽しむ方法として僕はこれ使ってます\350するけど→App Store - 『コミュニティFM for iPhone (i-コミュラジ)』
by marquis_de_d | 2012-09-16 21:00
■D,侯爵、マストの元には、帆を繕いながら■
クリックすると


「他人に頼るといい結果にならない人」は、誰かに甘えてしまうと、たいていのことは悪い結果で終わる。

最近、トレッキングで体を鍛えているD,侯爵であります

クリックすると今月は箱根を中心にいろいろ歩いてみました。


一人でぽくぽく歩いて小田原を出発して浅間山から鷹巣山を登って畑宿におりて旧街道を歩いて帰ってくるとか、先日は芦ノ湖畔から駒ケ岳(標高1327メートル)の頂上に登ってみたりと割と積極的に歩きまくっている訳です。




クリックすると 仕事が終わって少し時間があったりすると、練習のために石垣山の一夜城址をめざし、二時間くらいで我が家から往復して良いトレーニングになるんですよね。一夜城址のむかいにはテレビなどでおなじみのパティシエ鎧塚さんの一夜城 Yoroizuka Farm(ToshiYoroizuka | ホーム)がありまして、そこでケーキを買わないにしても小田原は早川で採れた新鮮な野菜などが売っておりまして、それが美味しくて安い。そんなわけで、買い物気分でトレッキングの練習をしているわけでございます。

クリックすると



クリックするとしかし、そういった暢気な感覚こそ「山をなめている」証拠です。つい先日もいつも通りのトレーニングくらいのつもりで

石垣山を登って→一夜城から石橋方面に向かい→箱根に抜ける

というコースを自分で計画して、ほんとうに軽い気持ちで歩いてしまいました。ところが、歩いているうちに、どうも地図と違うルートを歩いているようだと気がつきました。しかし、パニック状態になるよりも、精神が麻痺状態になっていてどんどん、どんどん山を登っていってしまったのです。

実は「あれ?道が間違っているかな」と思ったときにはすでに遭難していたんです。

本当に普通に考えたら冷静だろうとなかろうと、引き返すところだと思うでしょうが「早くこの状況を打破したい」という気持ちが勝り、恐怖心を押さえ込んでしまうほどのアドレナリンが分泌されて脳を麻痺させ、冷静な判断力を失わせていたのです。


気がつけば林道は獣道にかわり、それでも沢づたいに登り続け、いつしか深いクマザサに行く手を遮られていました。

携帯がつながらないので斜面を無理矢理登ってみると、そこはTOYO TIRES ターンパイクの鉢割駐車場(秀吉が小田原城を攻めるときにここで「明日は小田原城の鉢で飯を炊けばええ!」といって鉢を割ったことからその名がついた)標高753メートル。

自分が計画したルートを外れて、聖岳の方向に歩き続けていたんですね。

標高と場所が特定したのでようやく冷静になって、無事に帰宅することができましたが。正直、命があったことに震えがきましたよ。


ちなみに僕の持論でありますが、よく冗談半分に使われることの多い

「すまん、山をなめてたわ」

という台詞は

無事に山から帰って来れたときに使う言葉です


ほんとになめてたら


死にます。





■}{ 備忘録 }{■

by marquis_de_d | 2012-09-15 20:41 | 日常の一喜一憂
■D,侯爵、低いいびきを立てている■
クリックすると


自分の不遇をやたらめったら他人のせいにする人っているけど、そういう人は「他人に頼るといい結果にならない人」なんだよ。それに気がつかない限りたいていのことは悪い結果で終わる。


クリックすると だれかに依存しても自分の環境は望むようにはならない。自分の本当の望みは自分にしかわからない。自分以外のほかの誰にも共有できないんだ、悲しいけれどこれは本当のこと。だから他人に甘えているうちは何も変わらない。自分の世界は自分でしか変えることはできない。

ところが、そこにも落とし穴があって、自分がすべて責任を取らなきゃいけない世界を自分だけに都合良く構築するとそれが心地よくなってしまう。誰も介入できないようにしてしまうと、もうそこから一歩も出られなくなるんだな。それがとても危険なんだ。そのまま年を取ってしまうと、あるときそのことに気がついたとしても、いまさらその生き方を否定したり破壊したりできるほどの若さを持っていないんだ。あ、これは人生の先輩たちを避難している訳じゃないよ、そうしなければ生きていけなかったという時代を生きてきたんだから立派なんだ。



まあ、誰かに頼ったり、甘えたりできるのってすごく恵まれていると思う。だから大切にした方が良いよ。破壊してしまう前に気がつけば大切にできると思う。多くの人は幸せであることに気がつかないで生活している。そして失ってから鏡に映った不幸な自分を見つめて泣くんだ。


その後また誰かのせいにする。


そういう人は「他人に頼るといい結果にならない人」なんだよ。


■}{ 備忘録 }{■


by marquis_de_d | 2012-09-14 01:50 | 日常の一喜一憂
■D,侯爵、腹ばいに寝そべりながら■
クリックすると



クリックすると「ハードディスクがパンパンだぜ」アラートを連発し、とうとう限界を感じてきたMacBookに見切りを付けるべく最新マシンを購入したのです。

MacBook Pro
Retinaディスプレイモデル

うふふふふふ…

うふふ…




クリックすると


薄い…

これでいいのかってくらい薄い。

MacBookが閉じた状態より薄いのか〜ゴクリ


クリックすると


クリックすると




クリックすると「やったー!」

で、眺めていてばかりいても仕方ないので早速、作業環境を整えようと思ってアプリケーションなどなどインストールしようかな〜と思ったら…

「あれ?CDドライブどこ?」


そう!Retinaにはそんなもんついていないのである!

あぎゃー!と月に遠吠えしたことは言うまでもない。そう、こういう時、遠吠えくらいしかできないのである。そんなわけで、我が家の新人が僕の愛人(メインマシン)に成長するにはまだまだ時間がかかるようです。

そして、MacBookはハードディスクのデータを外付けなどに移してもらってご機嫌のご様子。
(それならはじめっからそうしとけば散財しなくてすんだのでは…という指摘から目を背けつつ)

まだまだ、白いMacBookを手放すことはできないようですねえ〜


最近はブログ更新もままならない状態で精神的によろしくないんですけれども、ストレスためてもしょうがないのでこういう状況を楽しんでおります。


■}{ 備忘録 }{■

by marquis_de_d | 2012-09-12 15:18 | 日常の一喜一憂
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第弐拾七夜■
FMおだわら(78.7MHz)→


〈COLEZO!〉不滅の愛のテーマ映画音楽

映画主題歌 / ビクターエンタテインメント



今夜はビクターから2005年に出た
「不滅の愛のテーマ映画音楽」というオムニバスアルバムから



今夜聴いていただきましたのは

男と女フランシス・レイとニコール・クロワジーユ

ある愛の詩フランシス・レイ

ブーベの恋人ニニ・ロッソ

ベニスの愛ニニ・ロッソ

時の過ぎゆくままにヘンリー・マンシーニ・オーケストラ

ひまわりヘンリー・マンシーニ・オーケストラ

ムーンリヴァーヘンリー・マンシーニ・オーケストラ




男と女フランシス・レイとニコール・クロワジーユ

ある愛の詩フランシス・レイ


「男と女」1966年製作のフランス映画
カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞し、
クロード・ルルーシュの名を世界に知らしめた

フランシス・レイは
クロード・ルルーシュの盟友でありまして

このレイとルルーシェ名コンビの第一作がこの「男と女」という
まさに原点になるわけです
もう、ダバダバダと言っただけでこの曲が思い浮かんでしまう
ほど日本人のDNAに刻み込まれたメロディー

歌っているのはこれがまた、フランシス・レイの盟友であり
出演もしているピエール・バレー
この人は役者であり、音楽家でもあり、歌だけでなく作詞作曲もこなす
シンガーソングライター
そして、「愛と悲しみのボレロ」や「個人教授」で歌声を披露している
ニコール・クロワジーユ

そして、フランシス・レイといえば「ある愛の詩」1970年
エリックシーガルのベストセラーの映画化で、映画、原作、
そしてフランシスレイのこの甘美な調べ
もう、そのすべてが大ヒットした
倒産の危機だったパラマウントを救った奇蹟の作品であります
「愛とは決して後悔しないこと」というフレーズも流行語に
なりました。
若い男と女が恋をして、そして、死ぬ
ある男は週に5回違う相手と映画館に足を運んだという
この映画によって
「難病もの」という映画のジャンルが生まれたともいえます

フランシス・レイはアカデミー作曲賞受賞してますね
日本ではこの映画のテーマ曲は越路吹雪のカヴァーによってヒットしてます

もう一度いいます、フランシス・レイはアカデミー作曲賞受賞していますが
その事を念頭にいれて次の曲いきましょう

ちょっと、原曲じゃないんですがね
日本にムード・トランペットというジャンルをもってきた
ムード音楽、イージーリスニングのマエストロ
二二・ロッソの演奏で二曲聴いていただきます



ブーベの恋人ニニ・ロッソ

ベニスの愛ニニ・ロッソ

いかがですか、二二・ロッソいいですね~
僕の中では「水曜の夜」という
日本テレビの『水曜ロードショー』のテーマ曲が一番
印象深い二二・ロッソでは在りますが
、二二・ロッソは一度、ちゃんと特集組まなきゃいけませんね、

いや、そんな事より

「ブーベの恋人」1963年昭和38年製作の映画
クラウディア・カルディナーレ主演

1960年代にはブリジッドバルドー、マリリンモンローと並ぶセクシー女優としても
人気があって、愛称はCC
1963の「山猫」「ピンクの豹」なんてころまあ、すっごい美人なわけですが


音楽はカルロ・ルスティケッリでクラウディア・カルディナーレが
歌った主題歌「ブーベの恋人」

日本では1964年松竹が輸入配給して公開
公開二ヶ月後に映画主題歌を漣健二が翻訳カヴァーして
ビクターレコードからいしだあゆみ
キングレコードからザ・ピーナッツが競作でシングルレコードをリリース


ベニスの愛

監督は「続・黄金の七人 レインボー作戦」のエンリコ・マリア・サレルノ監督の
記念すべき第一作だった


さて、これが先ほど聴いていただいたフランシスレイの
「ある愛の詩」によく似ている事にお気づきになられましたでしょうか
ニニ・ロッソのカヴァーだとトランペットだから
そうでもなかったかもしれませんが、それでも、あれ?似てる?
って思った方は良い耳をお持ちでございますねえ
これは偶然ではないんですねえ。作曲者チプリアーニはこの
『ベニスの愛』が『ある愛の詩』の盗作なのではと疑いをかけられます

しかし『ベニスの愛』のリリースの方が『ある愛の詩』より
半年早いんですね、それで盗作疑惑をかけられたチプリアーニがフランシスレイを
訴えると言い出したところ、フランシスレイはあっさり盗作を認めて、
罰金代わりに自作の「栗色のマッドレー」の著作権をチプリアーニ
に途上したという経緯が在るそうです

今年の一月に亡くなってしまった
ヴァイオリン演奏家の玉木宏樹『贋作盗作音楽秘話』に紹介されてます



それじゃ、続いてヘンリーマンシーニオーケストラの演奏を聴きましょう


時の過ぎゆくままにヘンリー・マンシーニ・オーケストラ

ひまわりヘンリー・マンシーニ・オーケストラ



時の過ぎゆくままに「カサブランカ」1942年のテーマ曲
アズ・タイムズ・ゴーズ・バイ
イルザとリックが再開する名シーン 
「あれを弾いて、サム。『時の過ぎ行くままに』を」
「言ったあったはずだ。この曲は二度と弾くなと」
子供の頃観たとき、なんでこの人ここで怒るんやろ?
て思いましたけどね~

この曲はカサブランカの主題歌として有名ですが
音楽を担当したスタイナーの作曲ではなく
もともとハーマンフップフェルドが
ステージショーの為に1931年に作詞作曲した古い流行歌でございまして
それを映画の中で効果的に使っているわけで

ヘンリーマンシーニオーケストラの演奏でしたけれどもね、
ヘンリーマンシーニといえば「ティファニーで朝食を」「ピンクパンサー」
などが思い浮かぶわけで在りますが

ひまわり1970年
マルチェロ・マストロヤンニとソフィア・ローレンが主演した
戦争で引き裂かれる夫婦の行く末を悲哀たっぷりに描いた
反戦映画の名作。
公開当時には主題曲も日本でヒットいたしました。

戦争によって離ればなれになった夫を捜してソ連までいくけれども
しかし、そこで見つけた夫はすでにソ連で家庭を築いていた
イタリアに帰るジョバンナは駅で汽車を待ってる
アントニオが現れる
ジョバンナは何も言わず汽車に飛び乗り涙を流して去っていく

こんな感じですよおかあさん。

ウクライナの大地に咲くヒマワリ畑のシーンを
思い出していただけますでしょうか。

さて、最後の曲。
やっぱりね、ヘンリーマンシーニといえば
日本にティファニーの名を知らしめた作品
1961年「ティファニーで朝食を」で「ムーンリヴァー」お聴きください

ムーンリヴァーヘンリー・マンシーニ・オーケストラ

はい、聴いていただきました。もう、誰もが知っている名曲
「ティファニーで朝食を」ではヘップバーンが歌う
シーンがあまりにも有名なわけで在りますが。

「ムーンリヴァー」アカデミー賞、作曲、主題歌の両賞を獲得しておりますね


そんなわけで
今夜はビクターから2005年に出た
「不滅の愛のテーマ映画音楽」というオムニバスアルバムから

いまも鮮明に生き生きと我々の生活の中で生き続けている
愛の映画音楽達を聴いていただきました。



如何でした?


また、番組へのご意見ご感想
罵詈雑言美辞麗句ございましたら
FMおだわらホームページからもメッセージがおくれますので
入力フォームからどしどし御寄せください。



---------------------------------------------
FMおだわら(78.7MHz)→



なんと!ポッドキャスト『 R'lyeh』がうっかりラジオになっちゃった!!
うっかり聴くと正気度が下がる D,侯爵の『RADIO R'lyeh』 FMおだわら(78.7MHz)にて 毎週日曜21:00~21:30放送!(再放送は毎週月曜23:00~23:30放送)

FMおだわらはWebで聴けます!
サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/
   直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx  
※Windows Media Playerのみ対応しています
※Macintoshでサイマルラジオを聴けるようにする方法
  (OS) : Mac OS 10.3.9以降  (ソフトウェア) : QuickTime 6.5以降である必要がありますよ~。そこにWindows Media Components for QuickTimeというソフトウェアをダウンロード、インストールしてやれば聴けるようになります。

iPhone、iPod touch および iPadでFM小田原を楽しむ方法として僕はこれ使ってます\350するけど→App Store - 『コミュニティFM for iPhone (i-コミュラジ)』
by marquis_de_d | 2012-09-09 16:38 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第弐拾禄夜■
FMおだわら(78.7MHz)→




アワー・コネクション

いしだあゆみ&ティン・パン・アレイ・ファミリー / コロムビアミュージックエンタテインメント





さて、今夜は予告したとおり先週のいしだあゆみブルーライトヨコハマに続きまして

いしだあゆみ&ティン・パン・アレイ・ファミリーの
『アワー・コネクション』というアルバムから聴いていただきます。

先週はね、いしだあゆみをかけてくれというリクエストに
お応えしての放送だったんですが、ブルーライトヨコハマだけ
だったんでね、ちょっと物足りないかなと
いうことで、今夜はいしだあゆみばっかり聴いてもらおうと。

ただ、やっぱり、ただベスト盤からのチョイスしてかけるっていうのもね
そういうのはちょっといかにもすぎるので、
そこはもっと、るるいえっぽく、D,侯爵っぽくね、ありたいなと思うところで
ありまして、今夜は

1977リリース
いしだあゆみ&ティン・パン・アレイ・ファミリーの
『アワー・コネクション』というアルバムから聴いていただきます

このアルバムもうホント素晴らしいの一言でして
はずれなし。頭っから尻尾までぎっしりアンコの詰まった
極上のたいやきのような作品なんです


■今夜聴いていただいた曲■

いしだあゆみ&ティン・パン・アレイ・ファミリーの
『アワー・コネクション』というアルバムから

私自身

ダンシング

バレンタイン・デー

黄昏どき

真夜中のアマン

ムーン・ライト




私自身
ダンシング


いしだあゆみ

ティンパンアレーファミリーの
サポートを受けて誕生した傑作
歴史的名盤と言われております。「アワーコネクション」という一枚です。

素晴らしいアルバムでございまして、
いろんな音楽要素がすんごく詰まってて
もう、全曲紹介したいくらいなんですけれどもね、
まあ、そうもいきません、とにかくなんとか六曲選びましたけれどもね

ティンパンアレーというのは
メンバー多忙により1970年後半には自然消滅してしまった
スーパーグループ
まあ、メンバーを見れば当然だよね。
エレクトリックベース&フォークギター細野晴臣、
エレクトリックギター鈴木茂
ドラムス林立夫
キーボード佐藤博、
そして松任谷正隆、だけはこのアルバムには不参加だったみたいですね
70年代80年代に大活躍していまでももちろん大活躍の大御所というメンバー
多忙で自然消滅も当然と頷けますね

このアルバムはその他ゲストミュージシャンが豪華でね
キーボードに矢野顕子、ムーンライダーズの岡田徹
ピアニストの羽田健太郎
サックスはキングオブサックス、ジェイク・コンセプション

パーカッション浜口茂外也
ひょっとするとフルートとかもそうかも知れませんね
1975年のティンパンアレーのツアーにはフルートで参加してますからね

そしてコーラスが
山下達郎、吉田美奈子のコンビで

最強過ぎますね。そんなメンバーでもって作成されたこのアルバム

また、歌詞がおそろしく秀逸なんだわ。

グラスの底に、コーラが少し、煌めく街がが映ってる

なんてね、一瞬どきりとしますね
冷静に考えるとそんなもん映るかいな
ってなるはずなんだけれども、この部分が気になって何度も何度も
レコードをかけ直しちゃうんですね。



バレンタイン・デー
黄昏どき



まあ、これを聴いて、なんだJ-Popじゃんか
ってなるんだろうと思うんだけれども、
これは1977年のリリースだからね。

この頃流行っていたのはひとつにはアイドルポップスの時代
1971年からはじまった「スター誕生」の存在は大きいよね
そして75~76年というのは世界的空前のディスコブーム
ダンス向けの16ビートとかいった跳ねたリズムを時代は求めていた
77年は映画「サタデーナイトフィーバー」の公開

そんな時代ですよ。

しかも
J-Popという括りが出来たのはこれから10年後
1988年にJ-WAVEが日本ポピュラー音楽を
指すことばとして作ったジャンルですからね。



だからこのいしだあゆみとティンパンアレーを中心とした
ニューミュージックのアーティスト達が集結した
1977リリースの
『アワー・コネクション』というアルバムは
1980年以降に出現する
シティ・ポップス
和製ポップス
そして1988に確立されるJ-Popというジャンルの

ひとつの根源にルーツに位置するんじゃないかと勝手に思っているんですけれども



このニューミュージックというのは
ちょうど70年代から80年代という日本ポピュラー音楽界には
都会的情景を織り交ぜたポップ調のサウンドを特徴とする
ニューミュージックというジャンルが存在したわけだけれども、
ニューミュージックというのはフォークをルーツにしているんだよね
ただ、フォークといえばギター一本で歌う、曲よりも詩を重視する傾向
メッセージ性重視なのに対して、ニューミュージックはより楽曲を重視して
編曲家やスタジオミュージシャンが主体となって複雑な音楽を作る
70年代初期なら吉田拓郎、中島みゆきとかね

ただし、フォークをルーツとしているので
自分で作曲して自分で歌うシンガーソングライターという立場を
とってる。ここがいままでの歌謡曲とは違うわけなんだけれども、

このアルバムはいしだあゆみが歌ってる。
つまり これは あくまで歌謡曲の流れなんだよね
で、それは正にJ-Popのあり方であって、10年は先行っちゃってるわけですよ。

それにジャケットのいしだあゆみもスゴく綺麗でカッコいいんだよ。
セピア調の写真でロングコートを着たいしだあゆみがバサッて振り返ってる
背景は真っ黒なんだけれどもナゼか都会感が醸し出されてる
これがなんかウィノナライダーみたいなんだよね。
「ナイト・オン・ザ・プラネット」みたいな感じ。




真夜中のアマン
ムーン・ライト



さっきから、歌詞が素晴らしい
歌詞が素晴らしいを連呼しておりますが、

作詞は橋本淳

ザ・タイガースのヒット曲の大半を手がけ
他にもねヴィレッジシンガーズ「バラ色の雲」とかね
60年代から70年初頭までのグループサウンドのイメージ形成に
非常に深くかかわった人でありますけれども、

橋本淳の作風は
音楽評論家 高 護
の言葉を借りますと

リアルな「都会の洗練された感覚」を
フィクションとして再現したところが特徴である

というのが正鵠を射ております

これがああなったからこうなったという従来の
歌謡詩に見られた因果律を意図的に逸脱させて
かつ、物語の要素を極限まで制御した
歌謡詩を散文詩として成立させる手法

いしだあゆみと橋本淳 筒美京平の初期作品では
1968「太陽は泣いている」とかに
その初期の完成形が見られるわけですが

いかがでしたか、今夜のラジオルルイエ
1977リリース
いしだあゆみ&ティン・パン・アレイ・ファミリーの
『アワー・コネクション』というアルバムから聴いていただきました。



なんだか台風の季節になってきましたのでね

吹き飛ばす石は浅間の野分けかな

みなさまもくれぐれも吹き飛ばされないように
お気をつけてお過ごしくださいね。

また、番組へのご意見ご感想
罵詈雑言美辞麗句ございましたら
FMおだわらホームページからもメッセージがおくれますので
入力フォームからどしどし御寄せください。

---------------------------------------------
FMおだわら(78.7MHz)→



なんと!ポッドキャスト『 R'lyeh』がうっかりラジオになっちゃった!!
うっかり聴くと正気度が下がる D,侯爵の『RADIO R'lyeh』 FMおだわら(78.7MHz)にて 毎週日曜21:00~21:30放送!(再放送は毎週月曜23:00~23:30放送)

FMおだわらはWebで聴けます!
サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/
   直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx  
※Windows Media Playerのみ対応しています
※Macintoshでサイマルラジオを聴けるようにする方法
  (OS) : Mac OS 10.3.9以降  (ソフトウェア) : QuickTime 6.5以降である必要がありますよ~。そこにWindows Media Components for QuickTimeというソフトウェアをダウンロード、インストールしてやれば聴けるようになります。

iPhone、iPod touch および iPadでFM小田原を楽しむ方法として僕はこれ使ってます\350するけど→App Store - 『コミュニティFM for iPhone (i-コミュラジ)』
by marquis_de_d | 2012-09-02 20:00 | RADIO R'lyeh


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
『D,の部屋』
メインHPは↓から

D,の部屋
ブログパーツ
カテゴリ
全体
日常の一喜一憂
映画の一喜一憂
RADIO R'lyeh
ダイエットの一喜一憂
料理の一喜一憂
ポッドキャストの一喜一憂
自分勝手語辞典
備忘録
創作小説・童話
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
aobashi
信楽 楽入陶房 壺中庵
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧