人気ブログランキング |
<   2013年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
■D,侯爵、水鏡の中を見つめて■
クリックすると


諏訪に行っておりました。

諏訪湖は本当に凍っていました。


湖が凍るのなんて生まれて初めて見ましたよ。

クリックすると疲れが出たのか、夜はぐったりと眠り、早朝目覚めたかと思うと、また、朝方ぐったりと眠ってしまいました。結局、お昼近くまで布団と悪夢とともに過ごしたのです。

久しぶりに山歩きなどしたい気持ちでしたが朝方雨が降ったのでやめておきます。靴に穴があいているからです。冷たい雨が浸みた靴で歩くと足の古傷が疼いて不快なので。とにかく布団から這い出すと、掃除をすませて昼食をとり、風呂に入って体を温め、髪を梳かして、前髪を切って、一息ついた頃には、もう日暮れでした。

こうやって何もない一日が何もないまま終わって行きます。

これを平穏というんです。

このまま、夜も僕の心を乱す事なく、静かに、ただ静かに過ぎていけば良い。忍び足で近くをすり抜けていく水仙の香りのように。


クリックすると僕はまだまだ胆力がある方ではないと自分では思っているのですが、やせ我慢はわりと得意分野でなのです。この平和な世の中において、大抵の場合、「その場から逃げ出したいような辛い状況」というのは、自業自得という事が多い。自分で招いた結果は自分が引き受けるのが一番良いようです。赤ん坊でもあるまいし、自分のケツは自分で拭くものです。しかし、大人でも「自分の蒔いた種」というものの「自分で苅る」そのタイミングというのは非常に見極めが難しい。

「もうやだ!」と思ったところから。

僕はいつだってそこからスタートする。

息を止めて、もう、苦しい…息継ぎがしたい…というところで、まだ息を吸わない。もう少し、見極めるまで耐えるんです。嵐が過ぎるのを待ってから窓を開けるように。

見極めてから、水面に顔を出して、空気を肺にいっぱい吸い込んだら、もう一度、深く、深く潜るんです。さっきよりも、さらに深く。淵の底になにが潜んでいたのか。それは、おそらく、僕の本当の心でしょう。そんな暗くて冷たくてヘドロが降り積もって澱んだところでうまうまと惰眠をむさぼる自分を見に行くんです。
by marquis_de_d | 2013-02-27 18:56 | 日常の一喜一憂
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第伍拾弐夜■
FMおだわら(78.7MHz)→

アメイジングGSシリーズ(2) ファズ・ギターのあけぼの

オムニバス / 渡辺音楽出版

昭和元禄トーキョーガレージ JAPANESE ROCKIN’PSYCHE&PUNK’65~’71*キング編~レッツゴー・ジャンジャン!

オムニバス / キングレコード


■今夜流した曲■


ストップ/寺内タケシとバニーズ
レッツゴー・ブガルー/寺内タケシとバニーズ
エリーゼのために/寺内タケシとバニーズ
レッツゴー・ジャンジャン!/寺内タケシとブルージーンズ
太陽に叫ぼう/寺内タケシとブルージーンズ
真赤は危険/寺内タケシとブルージーンズ


今夜は
チェット・アトキンス
レス・ポール
とならぶ「世界三大ギタリスト」と称された
日本の誇る「ギターの神様」
欧米にも根強い人気のある寺内タケシ中心で行きたいと思います
1965年の夏というのは「日本の夏、エレキの夏」というくらいで
ものすごい、エレキギター、エレキサウンドブームだったわけで、
グヤトーン、テスコ、という国産メーカーのエレキギターが飛ぶように売れ
各地に無数のアマチュアエレキバンドが誕生し、
フジテレビで『勝ち抜きエレキ合戦』なる番組が大変な視聴率を稼ぎますってえと
ブームはさらに加熱。ベンチャーズも再来日して
7月から9月まで全国で58回も公演を行って17万人の観客を動員
まさにこの年の日本は朝から晩までエレキ、エレキ、エレキで明け暮れ
エレキ一色。

そんな65年の人気を一手に集めていたのは
日本のプロ・エレキバンドの先駆者、第一人者だった
寺内タケシとブルー・ジーンズ
キング、テイチク、東芝、コロンビアの各社から
サーフィンものは言うに及ばず
リヴァプールサウンド、映画音楽、歌謡曲、ハワイアンから、民謡まで
実に多岐にわたるジャンルをエレキ・インスト化して
レコードを次々に発表したのであります。
66年に寺内タケシが殺人的スケジュールのため多忙すぎて
過労で倒れちゃって
ブルー・ジーンズ脱退するわけですけれども。
ヤッパリエレキを捨てる事が出来ずに

ヴォーカル&インストゥメンタル時代に対応すべく
エレキインストと歌を両立させたバンド

寺内タケシのスパルタ式猛特訓のもと結成されたバンド


  ストップ/寺内タケシとバニーズ 1967

1967年「悪魔のベビー」のB面。
体育会系ガレージの真骨頂「ストップ」
「悪魔のベビー」以降のバニーズは結構ファズを使った曲多いですね。

  レッツゴー・ブガルー/寺内タケシとバニーズ 1968

「ニューリズムのブーガルーで踊ろう!ギーボー!」
と68年の新リズムはブーガルーで決まり!みたいな売り出しだった。
ジミ・ヘンドリックスの「Spanish castle Magic」のリフですよね。

まあ、そんな強引な時代です。


エリーゼのために/寺内タケシとバニーズ 1967

寺内タケシとバニーズで
ベートーベンも真っ青の「エリーゼのために」
アルバム『レッツ・ゴー「運命」』のラストに入っていた曲
クラシックの名曲をエレキインストにしてしまう大胆さと
豪快なファズトーンでワイルドな演奏で当時、センセーショナルな話題を呼んで
「GS史上まぎれも無い名盤の一つ」とGS評議会の黒沢進先生お墨付きの一枚。
1967年11月30日発行のレコード・マンスリーシングルチャートで五位
第九回レコード大賞編曲賞を受賞してまして

売れに売れまくったアルバム。

GS時代のインスト物の面白さは一体どこにあるのかといえば
サイケデリックの影響が色濃く出ていることで、それは
ワイルドさとかガレージっぽさとかいろいろあるけれども
エレキ時代のサーフ・インストにはないワイルドさ。


太陽に叫ぼう/寺内タケシとブルージーンズ 1969

68年秋にバニーズは、一人前になったという事で
寺内タケシから独立いたしまして、
寺内タケシはソロになりまして「エレキギターのすべて」など
発表しておりますが、やはり、ブルージーンズ再興の思いがあって
69年「石橋志郎とストーンズ」の二人とジョー水木、ルイ高橋を加えて
再結成に踏み切ったのでありました。

再編されたブルージーンズの第一弾シングル「太陽に叫ぼう」
寺内タケシのジミヘン風ギターをバックに
ルイ高橋がソウルフルに歌い上げる、
ニューリズム「ファンキー&ウォーク」を取り入れたというR&B


ルイ高橋時代の音源は人気が高いようです。

レッツゴー・ジャンジャン!/寺内タケシとブルージーンズ 1971
膨大なリリース作品を残しているブルージーンズの中でもレアな唄入り
ニューロック経由ガレージパンクなシングル。



真赤は危険/寺内タケシとブルージーンズ

歌詞、演奏ともに強烈
激レアシングルですが。
ニューロック時代に流行したロックンロールリバイバルを意識したものですが
こういった曲調で日本では数少ない成功した例の一つでしょう。


それから幾多に及ぶメンバーチェンジを繰り返しながら
ブルージーンズは全国津々浦々、世界各地で無数の公演をおこない
エレキ文化の継承と発展に努め、現代に至っているわけであります。





番組へのご意見ご感想
罵詈雑言美辞麗句ございましたら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」でお便り待ってます。
リクエストや、質問なんぞも受付マッス!
FMおだわらホームページからもメッセージがおくれますが
あ〜いうものはあまり信用しておりませんので
お手紙お葉書など原始メールにてどしどし御寄せください。

---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------




---------------------------------------------
FMおだわら(78.7MHz)→



なんと!ポッドキャスト『 R'lyeh』がうっかりラジオになっちゃった!!
うっかり聴くと正気度が下がる D,侯爵の『RADIO R'lyeh』 FMおだわら(78.7MHz)にて 毎週日曜21:00~21:30放送!(再放送は毎週月曜23:00~23:30放送)

FMおだわらはWebで聴けます!
サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/
   直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx  
※Windows Media Playerのみ対応しています
※Macintoshでサイマルラジオを聴けるようにする方法
  (OS) : Mac OS 10.3.9以降  (ソフトウェア) : QuickTime 6.5以降である必要がありますよ~。そこにWindows Media Components for QuickTimeというソフトウェアをダウンロード、インストールしてやれば聴けるようになります。

iPhone、iPod touch および iPad、Android携帯やタブレットでFM小田原を楽しむ方法として「TuneIn Radio」をお勧めしています→App Store - 『 TuneIn Radio

Android携帯やタブレット→『 TuneIn Radio
by marquis_de_d | 2013-02-24 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵、夢見る眼でうっとりと■
クリックすると


最近、自分がおしゃれしてないな〜とつくづく思うわけでありますが、新しい服は年に一度くらいしか買わなくなりました。興味がないわけじゃありません。物欲がないわけじゃありません。金がないんです。日本中を駆け回る仕事をしているのに、なぜ儲からないのか不思議でしょうがないわけですが、僕があまり金に興味がない事が原因みたいです。飯が食えて寝るところがあればだいたい生きて行けるし、あとは工夫で楽しく生きる事が出来ますよ。

クリックすると 先日、大学でお世話になった教授から三冊ほど冊子が届きました。「NHK こころの時代」という番組のテキストで、難しい法華経をわかりやすく説明した難しい事書いてある、北川前肇先生の『永遠のいのちの教え(下)』という、ひじょ〜にありがたい教科書でございますが、どうもテレビで
僕の作品が使われたみたいなんです
(僕はテレビ見ないので知りませんけど)


クリックするとそういえば、秋田先生から電話で「君の作品つかうけど良い?」みたいな電話があったようななかったような記憶があって、そうか、どうもそういう事みたいです。僕を卒業させてくれたこの作品が、卒業後10年以上たった今、こうやって世の為、人の為になっているということは非常にありがたい事だとしみじみ思うわけでございます。


関係者の皆々様、ほんとうにありがとうございます。
僕を卒業させてくれて本当にありがとうございます。

クリックすると


いただいた冊子はちゃんと隅々まで嘗めるように読ませていただきました。ありがとうございます。


また大学に遊び行きたいな〜
by marquis_de_d | 2013-02-23 19:01 | 日常の一喜一憂
■D,侯爵、船ばたに身を横たえて■
クリックすると


ちょうど雪など降りましたので

三日間、おとなしく横になって養生しておりましたら

あばら骨はくっついたみたいです。
(医者に行ってないので適当な事言ってます)

今では痛みはすっかり治まって、少しきしむくらいですね。


クリックするとしかし、一ヶ月ほど山歩きをしておりませんので、だんだんと太ってまいりました。腹が苦しいです。脂肪で。

…これは…よろしくないですね。

気持ちだけでも前向きになるように、こっそりこっそりSOTOのストーブとトランギアのケトルを買いました。今度歩きに行くときはこいつら持って山の中でカップラーメンを食べる事を夢見てます。今にでも山に行ってやりたいくらいですけれども昨晩の雪で箱根は真っ白です。

trangia(トランギア) ケトル0.6リットル TR325

trangia(トランギア)

ソト(SOTO) G'z G-ストーブSTG-10

ソト(SOTO)



こんな日に行ったら、間違いなく死にますね…

遭難します。アバラ折れてるんですから。

クリックするとそれに、トレッキングシューズのかかとに穴があきました。だから濡れた道を歩くとすぐに水がしみ込んでくるので雪の中は到底無理というものです。荒っぽくこき使われたためか寿命、一年もちませんでしたね。去年の5月に購入したんですが。でも、それだけよく歩いたんだなぁ。と感慨深いものがありますよ。とにかく、新しいシューズを買いたい!いち早く買いたい!でもまあ、もうしばらく、この穴あきでも良いか…。


そんなわけで、少しずつペースを取り戻すためにブログ更新から始めております。最終的にはPodcastやユーストの生配信なども復活させてあげたい、そんな気持ちです。
by marquis_de_d | 2013-02-20 17:22 | 日常の一喜一憂
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第伍拾壱夜■
FMおだわら(78.7MHz)→

POISON

レベッカ / キューンレコード

REBECCA IV~Maybe Tomorrow~

レベッカ / ソニー・ミュージックダイレクト

WILD&HONEY

レベッカ / キューンレコード

BLOND SAURUS

レベッカ / ソニー・ミュージックダイレクト





■今夜流した曲■


76th Star /REBECCA IV 〜Maybe tomorrow〜1985

Naked Color /Blond Saurus1989

NERVOUS BUT GLAMOROUS /POISON

TROUBLE OF LOVE /POISON1987

ラブ・イズ・Cash(Special Remix) /WILD & HONEY1985




76th Star /REBECCA IV 〜Maybe tomorrow〜1985

今夜はね、30代後半中心ののルルイエリスナーたちから
非常に要望の多かったREBECCAの特集はいつやるんですかというね
熱烈な声が僕の脳に直接電波が送られておりまして

そんなわけで、今夜はREBECCAばっかりの30分間

さっそく聞いていただきましたのは
76th Star /REBECCA IV 〜Maybe tomorrow〜1985
レベッカの4枚目のオリジナルアルバムでございますね。

このアルバムのあたりから
デビュー当時のロック色の強い感じから(デビュー曲の「ウェラムボートクラブ」)
ずっとポップな要素が多くなってくる。

1985年昭和60年はREBECCAを聴くにあたって押さえておきたい
重要な年であります。

1985年というのはちょうどメンバーの入れ替えがあった時代
後にREDS'ことRED WARRIORSを結成する
小暮武彦(ギター)と小沼達也(ドラム)
が音楽性のすれ違いから脱退して、
それ以降はキーボードの土橋安騎夫がリーダーになったわけですが
この人が手がけた曲が軒並みヒットしていってREBECCAは
ロックバンドの一番星(ナンバーワンなスター)に輝いて行くわけでございます。
1985年四枚目のシングル「フレンズ」が大ヒット
そして、同年発売の四枚目のオリジナルアルバム
「REBECCA IV 〜Maybe tomorrow〜」が
当時、ロックバンドのアルバムとしては異例のミリオンセラーと
なったわけでありまして1985年にはそんな背景がございます。
当時はまだ珍しかった女の子一人ボーカルに楽器を男性で構成したバンドが
このREBECCA以降の音楽シーンでは女の子ボーカルに楽器を野郎共で
構成するバンドが多く登場する事になるのです。


また、1985年と言えば八月にレベッカと中村あゆみのジョイントコンサートが
あったんですが当時、中村あゆみも「翼の折れたエンジェル」という
名曲が大ヒットした年で大変人気がございました。
このREBECCAとのコンサートで中村あゆみはなにかをつかんだという
話なんですけれども、その頃にはおそらくヒット曲「フレンズ」を
温めていたわけで
やっぱり、REBECCAにスゴくパワーがあった年だったんじゃないか
と思うわけでございます。


Naked Color /Blond Saurus1989

REBECCAのオリジナルアルバムは全部で七枚あるんですが
僕がもっているのはそのうちの五枚でございまして、
とうぜん、今回も非常に悩みに悩んだわけです
全部かけるわけにもいかんのでありまして、どの曲かけようかなと
もう、いっそ五週ぶち抜きのREBECCA特集で行くかとも
思いましたが、やめときます。

さてBlond Saurus1989
REBECCA七枚目のアルバムであり、
REBECCA最後のアルバム。これはオリコン一位を獲得しましたね。
このアルバムにはSUPER GILEとか名曲ありますが
(スティーブヴァイがリードギターで参加した)
かけません。「Naked Color」をチョイスしときました。
こちらも素晴らしい曲です、なんて言っても詩が良いよね。
REBECCAに狂った現在30代後半の女子たちは
みんなこの、発狂寸前の女心の切なさを読んだ詩で脳をやられたんだと思う。
そして、それをNOKKO の野獣のようなヴォイスで聴くと
もう洗脳いっちょ上がりというね。
なんていうか、今でもNOKKOのライブ映像とか見直すと

こいつは女じゃないな…もう野獣というか野生そのものだな

というほとばしるパワーを感じないでいられないんです。


NERVOUS BUT GLAMOROUS /POISON
TROUBLE OF LOVE /POISON1987

結局一番好きなアルバムですね。
好きすぎて二曲。特に「NERVOUS BUT GLAMOROUS」
この曲で僕はREBECCAが好きになったんですね。
はじめて聴いたのが
ラジオから流れてきたのを鮮明に覚えていますね
最初の第一声でビリビリっときて
慌てて、ラジカセの録音スイッチをがちゃりとおろしましたよ
あれは、ニッポン放送の三宅裕司のヤングパラダイスだったな


「TROUBLE OF LOVE 」には
リクエストがございました。
市内在住のイトウアヤコさん。
「失恋で辛かったとき、20代の時の私の応援ソングでした」
この方は

火曜夜10時の「ラジオラブ」という番組のパーソナリティでしたよね



ラブ・イズ・Cash(Special Remix) /WILD & HONEY1985



最後は僕の大好きな曲で!


番組へのご意見ご感想
罵詈雑言美辞麗句ございましたら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」でお便り待ってます。
リクエストや、質問なんぞも受付マッス!
FMおだわらホームページからもメッセージがおくれますが
あ〜いうものはあまり信用しておりませんので
お手紙お葉書など原始メールにてどしどし御寄せください。

---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------




---------------------------------------------
FMおだわら(78.7MHz)→



なんと!ポッドキャスト『 R'lyeh』がうっかりラジオになっちゃった!!
うっかり聴くと正気度が下がる D,侯爵の『RADIO R'lyeh』 FMおだわら(78.7MHz)にて 毎週日曜21:00~21:30放送!(再放送は毎週月曜23:00~23:30放送)

FMおだわらはWebで聴けます!
サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/
   直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx  
※Windows Media Playerのみ対応しています
※Macintoshでサイマルラジオを聴けるようにする方法
  (OS) : Mac OS 10.3.9以降  (ソフトウェア) : QuickTime 6.5以降である必要がありますよ~。そこにWindows Media Components for QuickTimeというソフトウェアをダウンロード、インストールしてやれば聴けるようになります。

iPhone、iPod touch および iPad、Android携帯やタブレットでFM小田原を楽しむ方法として「TuneIn Radio」をお勧めしています→App Store - 『 TuneIn Radio

Android携帯やタブレット→『 TuneIn Radio
by marquis_de_d | 2013-02-17 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵、青空高く駆けのぼる■
クリックすると


今年はなんだか調子がいまいち出てこない

ぜんぜん、よろしくありませんね。

クリックするとまず、ペースが乱れて自分の思い通りに自分のやりたい事が出来ていないという事です。環境や生活習慣が数年前に比べて格段に向上したと思う反面、変化に肉体も精神もまだついて行けてないようです。仕事も調子がいいし、ラジオも始めたし、忙しくなるだろうから今後、続けられる事と打ち切る事を選って整理しておく必要があるなと、ある程度は覚悟していましたが、口では「覚悟」なんて大仰な言葉をつかっていながら、何の準備もしてこなかったために今のような息苦しさを感じなくてはならないのだと反省至極の毎日なのであります。


クリックすると


油断大敵。

酔っていたせいもありますが、深夜に暗い部屋でストーブにつまずき肋骨をしこたま強く打ちました。ヒビいってるかもしれませんけど。ま、自分が悪いので仕方ない事です。

さらに、悪い事は連鎖するもので、ガラスのポットとワイングラスを立て続けに割りました。

これは自分の無意識が、自分になにか警告しているのかもしれない。

そんな気分です。


今、持ちきれる量というのをちゃんと把握しておかないと行けないという事です。
必要なものだけもって、余分なものは捨てる。
大きいものは持て余すし、小さくても沢山もちすぎれば歩く事もままならない。また、自分より強いものをもっても振り回されるだけで制御できなくては怪我をするだけです。

長年愛着を持って続けてきた事を打ち切るのは勇気がいるけれども、もし、自分が誇りに思って続けてきたならば、それを今手放したとしても、それによって人生に傷が残る事はない。

何よりも今が大事なんですから。
by marquis_de_d | 2013-02-17 06:32 | 日常の一喜一憂
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第伍拾夜■
FMおだわら(78.7MHz)→

ジェーン・バーキン ベスト

ジェーン・バーキン / ユニバーサル インターナショナル


あなたのとりこ~シルヴィ・バルタン・ベスト・コレクション

シルヴィ・バルタン / BMG JAPAN


コケティッシュ爆弾

奥村チヨ / EMIミュージック・ジャパン



■今夜流した曲■

Di Doo Dah/Jane Birkin

Je T'aime Moi Mon Plus/Serge Gainsbourg & Jane Birkin

オープニング(恋の奴隷)(「ナイトクラブの奥村チヨ」より)

恋泥棒

Koibito Jidai/Sylvie Vartan



Di Doo Dah/Jane Birkin
73年発売された実質的なファーストアルバム 『ディ・ドゥ・ダー』のタイトル曲
何度聞いてもスウィートな名曲、
ピエール・バルーのサラヴァ・レーベル(バルーの出演した「男と女」のヒットのおかげで手にした大金を元手に1966設立)のアルバムをいくつもアレンジを手がけている名匠ジャン・クロード・ヴァニエによる流暢なストリングスアレンジ


Je T'aime Moi Mon Plus/Serge Gainsbourg & Jane Birkinモワノンップリュ
69年大ヒット曲セルジュ・ゲンズブールとのデュエット
セルジュとくいのフランス版ガレージサウンドの原型がここに既に出来ていると
言われておりますが。


Koibito Jidai/Sylvie Vartan
71年二度目の来日公演の際、レコーディングされた日本語のナンバー
典型的歌謡ポップスですが流暢な日本語に驚かされる
シルヴィの日本びいきぶりが発揮された楽曲



■重要なおしらせ■「再放送の時間が変わります」

二月四日再放送から25時に放送時間が変わります。

■ちょっと重要なおしらせ■火曜日22時放送の「ラジオラブ」にゲスト出演します

火曜日22時放送の
「ラジオラブ」というイトウアヤコさんがパーソナリティをつとめる
番組の方にも先週から、
三回にわたって毎週ゲスト出演させていただいているんでね
そちらもよろしくお願いします。




番組へのご意見ご感想
罵詈雑言美辞麗句ございましたら
FMおだわらホームページからもメッセージがおくれますので
入力フォームからどしどし御寄せください。


---------------------------------------------
FMおだわら(78.7MHz)→



なんと!ポッドキャスト『 R'lyeh』がうっかりラジオになっちゃった!!
うっかり聴くと正気度が下がる D,侯爵の『RADIO R'lyeh』 FMおだわら(78.7MHz)にて 毎週日曜21:00~21:30放送!(再放送は毎週月曜23:00~23:30放送)

FMおだわらはWebで聴けます!
サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/
   直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx  
※Windows Media Playerのみ対応しています
※Macintoshでサイマルラジオを聴けるようにする方法
  (OS) : Mac OS 10.3.9以降  (ソフトウェア) : QuickTime 6.5以降である必要がありますよ~。そこにWindows Media Components for QuickTimeというソフトウェアをダウンロード、インストールしてやれば聴けるようになります。

iPhone、iPod touch および iPad、Android携帯やタブレットでFM小田原を楽しむ方法として「TuneIn Radio」をお勧めしています→App Store - 『 TuneIn Radio

Android携帯やタブレット→『 TuneIn Radio
by marquis_de_d | 2013-02-10 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第始終苦夜■
FMおだわら(78.7MHz)→

久々のGS回となりました


昭和元禄トーキョーガレージ

オムニバス / EMIミュージック・ジャパン


CHALLENGE!(紙ジャケット仕様)

内田裕也とフラワーズ / 日本コロムビア



■今夜流した曲■



ランランラン/内田裕也

ラスト・チャンス/内田裕也とフラワーズ

何故?/ザ・ハプニングス・フォー

アイム・ショックド/アイ・アバンティとそのグループ

Back In The U.S.S.R/パワー・ハウス

堕天使ロック/JACKS





ランランラン/内田裕也
ラスト・チャンス/内田裕也とフラワーズ


1965シングル「スイムでいこう」のB面
米国ガレージバンド、ジェスチャーズの日本語カヴァー。
バックは寺内タケシとブルージーンズ。さすがのかっこよさでございます。

(60年代の東芝時代の作品は6枚
尾藤イサオとの合同アルバムが二枚出てます。)
内田裕也
現代ではシェキなベイベーなイメージが強い爺さんですけれども
先週もオープニングで話した尾藤イサオとともに再評価すべき
ロッカーです。フラワーズ時代、そして、フラワーズトラベリンバンド
などのプロデューサー時代、70年代後半からは俳優としての活躍と
含めてロックンローラーとして素晴らしい功績をもたらした人物。

僕はいちど新幹線で見かけて
あれは衝撃でしたねえ
ちょうど右斜め後ろの席で深々と座席に腰掛けた
黄色いジャージの真っ白な長髪のじいさんがグラサンかけて
シェキナベイベーって、座ってて
いや、内田裕也さんてそんなにシェキナベイベーって言ってないんだ
僕の知る限りでは
フラワーズの楽曲で一曲くらい「ウィ・アー・フラワーズ」くらいなんだけれども
「うわ、ゆゆゆゆうやさんだ」
「どうしよ、ファンですって声かけたらいいんだろうか?」
「サインくださいって言えばいいんだろうか?」
ちらっと後ろをみる。こわい!
「だめだめだめ、そんな勇気ない!」
「どどどどどうしたら」
とか思って目を回しているうちに京都についちゃったんで
僕は降りちゃったんですけれどもね。
まあ、僕と裕也さんの出会いってすれ違いです。


何故?/ザ・ハプニングス・フォー

1964に博多でセルジオ・メンデスよりも早く
ラテン・ロック的なサウンドをやっていたというジャズバンド
サンライズが上京して
ザ・ハプニングス・フォーと改名。
1967年11月のデヴュー曲「あなたが欲しい」
横尾忠則がジャケットを手がけたレコードでそのB面「何故?」
クニ河内の軽快なピアノを駆使した曲です。
ギター不在というのはこの時代もっとも過激な事だったかもしれない
現在オリジナルメンバーで活動をしており
2005年に34年ぶりに「ハプニング・ア・ゴー・ゴー」という
ニューアルバムを出しております
当時と全く遜色のない歌と演奏を聴く事が出来ます


アイム・ショックド/アイ・アバンティとそのグループ

サイケデリック時代を反映したノベルティ・ソングで
1968年「新女大学」という曲のB面ですが、
メチャクチャかっこいい!
60年代モンド映画的な幕開けからのスパイ映画のような展開
そうかと思っていると今にもオイルの匂いがしてきそうな
暴走するエンジン音、滑走路を飛び出す飛行機のプロペラの音。そして女の悲鳴…
なんじゃこりゃ!すげえ!アヴァンギャルド!
アイ・アバンティってなにもんじゃろかと
思っておりましたら宇野清一郎先生
「ひょっこりひょうたん島」
「W3」
「長靴猫シリーズ」
「悟空の大冒険」
「ふしぎなメルモ」
「ムーミン」
「アンデルセン物語」
「さるとびエッちゃん」
「山ねずみロッキーチャック」
「一休さん」
「小さなバイキングビッケ」
と、数々の名作を残し
2011年4月心不全のために惜しまれつつも亡くなった
宇野清一郎先生享年84歳でございますよ!
まさに、美と狂気の一体化!
やっぱね、
原初的アニソンのもっている魔力といいますか
聞くものを魅了し魂を一瞬にしてアニメという異次元の世界へ連れ去ってしまう
恐るべき魔力があるわけでありますが、
その魔法を自在に操った宇野清一郎先生ならではの
アイ・アバンティとそのグループ「アイム・ショックド」1968でございます



Back In The U.S.S.R/パワー・ハウス

かつて、ゴールデン・カップスとともに、本牧の伝説のバンドと称された
現在も、モジョスとして活動中の横浜、本牧の顔
チーボーこと竹村栄司率いるパワー・ハウス
60過ぎた今でも元気に「本牧ロック化計画」を押し進めております。
ベースが今は亡き、柳ジョージ
シングル「オブ・ラ・ディ・オブ・ラ・ダ」のB面
ですがこれはアルバム「ブルースの新生/パワー・ハウス登場」からのカットですね。
軽快なビートルズのロックンロールを
バーボンの香りとタバコの煙が漂ってきそうな
エレキブルーズにしてしまうあたり非凡さを感じます
また、5分22秒というのは当時としては異例の長さでしょう。


堕天使ロック/JACKS

セカンドアルバム『ジャックスの奇跡』収録曲
早川義夫の作品のなかでも比較的カバーされる事の多い曲

日本ロックの始祖とうたわれる
日本の大衆音楽史上、最も重要な歴史的グループ
JACKS






■重要なおしらせ■「再放送の時間が変わります」

二月四日再放送から25時に放送時間が変わります。

■ちょっと重要なおしらせ■火曜日22時放送の「ラジオラブ」にゲスト出演します

火曜日22時放送の
「ラジオラブ」というイトウアヤコさんがパーソナリティをつとめる
番組の方にも先週から、
三回にわたって毎週ゲスト出演させていただいているんでね
そちらもよろしくお願いします。
次の火曜日はちょうど、山歩きしながら収録したので
その模様を御届けできると思います。





番組へのご意見ご感想
罵詈雑言美辞麗句ございましたら
FMおだわらホームページからもメッセージがおくれますので
入力フォームからどしどし御寄せください。


---------------------------------------------
FMおだわら(78.7MHz)→



なんと!ポッドキャスト『 R'lyeh』がうっかりラジオになっちゃった!!
うっかり聴くと正気度が下がる D,侯爵の『RADIO R'lyeh』 FMおだわら(78.7MHz)にて 毎週日曜21:00~21:30放送!(再放送は毎週月曜23:00~23:30放送)

FMおだわらはWebで聴けます!
サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/
   直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx  
※Windows Media Playerのみ対応しています
※Macintoshでサイマルラジオを聴けるようにする方法
  (OS) : Mac OS 10.3.9以降  (ソフトウェア) : QuickTime 6.5以降である必要がありますよ~。そこにWindows Media Components for QuickTimeというソフトウェアをダウンロード、インストールしてやれば聴けるようになります。

iPhone、iPod touch および iPad、Android携帯やタブレットでFM小田原を楽しむ方法として「TuneIn Radio」をお勧めしています→App Store - 『 TuneIn Radio

Android携帯やタブレット→『 TuneIn Radio
by marquis_de_d | 2013-02-03 21:00 | RADIO R'lyeh


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
『D,の部屋』
メインHPは↓から

D,の部屋
ブログパーツ
カテゴリ
全体
日常の一喜一憂
映画の一喜一憂
RADIO R'lyeh
ダイエットの一喜一憂
料理の一喜一憂
ポッドキャストの一喜一憂
自分勝手語辞典
備忘録
創作小説・童話
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
aobashi
信楽 楽入陶房 壺中庵
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧