人気ブログランキング |
<   2013年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧
■D,侯爵、長い佩剣と長い面ざし■

クリックすると 八月最後の日。

やっと今日が終わろうとしている

八月が終わろうとしている

みんな大人になるとこんなことを言い出します。

「年取ると一年がはやく終わる」

もう八月終わりか…はやいなあ、これであっとゆうまに年末やね。




   本当に そうか?

僕は、ちっとも速くならない。一日がながくてその長い一日が毎日繰り返されていく。今年は特に長かった。夏がいっこうに終わる気配がない。八月が特に長かった。それでもやっと、ようやっと、今日一日を無事に過ごせば八月が終わる。

だから今日はなにもしない。

部屋でなにもしないでただ時の過ぎ行くのをじっと待っている。


だいたい、僕というものは目の前に餌をぶら下げられなければ動かない。尻に火がつかなきゃ始めない、という短所持ち主であり、この性格には自分でもほとほと愛想が尽きているわけで、さっさと性格改善でもしてやりたい気持ちで毎日頭を悩ませている。

クリックするとぼくはどうも損なところがあって、よそからみているとヤル気なく見られるようで、やれ「やる気を出せ」だの「本気でやってみろ」だのと励ましの言葉を投げかけられる。ところが真逆に「諦めろ」とか「飽きたら終わりにしよう」などと誘惑してくる人もいる。今週はいろいろ僕の「ヤル気」をそいでくれるようなことをそそのかされたり、誘惑されたりしたので非常に悶々と過ごしました。

しかし、そのようなことは僕の人生にはすでに何度もあったので経験済みであり、対処法は風に揺れる柳のようなしなやかさでもって何事においてものらりくらりとかわしつつ目標を見定め、粘り強く目的を成し遂げることであります。竹のようにまっすぐ、正直で、何もかもはねのけるような弾力を持ってして物事に臨むことを佳しとする偽善的な人道を説く人がおりますが、そんなもん、折れたら元も子もないやんけ。

その点、柳はすごいぞ。強風に負けない「しなやかさ」だけではない。たとえ折れても折れた枝から根をだして、また一本の樹木となる。柳が川沿いに並木のように生息する理由は例えば上流で川が氾濫し根こそぎ倒されたとしても、流木となって下流に流れついたらそこでまた倒木が根をはり芽をだして、繁殖する粘り強さを兼ね備えているのだ。

人生は時に荒れ狂う川のごとしであり、吾は柳のごとくありにけりだ

ただし、

自分で心を折ってしまわないこと

心の力は無限に人間の体力も気力も引き出すことができる。体ってものは不思議なもので一度スイッチが入れば疲れていても山を登りきる気力が湧いてくる。

しかし、心の力は無尽蔵だが、自分で心を折ってしまえば、そこが心の限界だ。自分で自分の限界を決めてしまうのだ。


僕の人生には僕に諦めさせよう、飽きさせよう、と不埒なささやきを続ける連中の多いこと。


まあ、それだけ魅力のある男だということも事実証明されたことに他ならないわけです。
by marquis_de_d | 2013-08-31 17:57 | 日常の一喜一憂
■D,侯爵、白い襟ひだと名誉のしるしの金鎖■
クリックすると



クリックすると朝、仕事に行く途中に大きなショウリョウバッタのツガイに出会う。こんなに大きい負んぶ飛蝗みたことないな。


 夕闇に三頭のアオバズクのシルエットが浮かび上がった話。

家の前にある大きな欅の木のウロに毎年、アオバズクがやってきて子供を育てる為に巣を作る。僕の家の周りにはネコも、タヌキも、ヘビもいるし、とくにその大欅のすぐそばにゴミ捨て場があるからカラスがたくさんやってくる。さらに、人間たちが住んでいる。人間の無関心さこそ彼らには危険だろう。そんな危険きわまりない場所にもかかわらず毎年五月頃にやってきて「ホッホ・ホッホ」と二回続けて鳴く特徴的な鳴き声を聞かせてくれる。


クリックすると 夕方、家の前を何とはなしに歩いていたら一羽静かに飛び立った。明らかにカラスやキジバトのそれとは違うシルエットですぐにアオバズクとわかる。飛び立った付近に目を凝らすと、まだ二羽そこでじっとしている。大きさは20センチ弱。頭がだるまさんみたいに丸くてかわいらしい。息を殺して観察していたが、鳥というのは目がいいので僕が見つけるより先に向こうが僕を観察しているものなんです。知らんぷりしているようでもコチラに気がついていないわけがない。ジワリとちょっとつま先を前にだしたら、ちょっとした僕の挙動に反応して二羽ともふわりと飛び立った。そのとき、ひらひらと羽を落として行ったから、すぐに駆け寄ってそれを拾ったのでした。そして、コレクションの棚に飾ってみたのです。


また来年もあえるんだろうか

そんな気持ちになりながら。

 じつに奇妙なことに、アオバズクが毎年飛来する家の前の大欅には「不思議な瘤」があって、それがどの角度から見てもフクロウに見えるんです。だから僕は自分で勝手にこの欅のことを「フクロウの木」と名付けているんです。きっと、このフクロウの瘤がアオバズクたちを守っているんだろうと勝手にそう思い込んでいるんです。

いつぞやは弟の車の上に折れた枝が落ちてボンネットがくしゃくしゃになったことがありました。一昨年は颱風の翌日にたくさん枝を落として、電線にそれがあたって危険だった。颱風去ったあと、作業車がやってきたときには切り倒されるんじゃないかとヒヤヒヤしたんですが、切られたのは欅に巻き付いていた太いヤマフジの蔦でした。(ちなみに、ヤマフジは切られたにもかかわらず今年も綺麗な藤の花を咲かせました)

それでも、すぐにフクロウの瘤が心配になってすぐに見にいきましたよ。

でも、ちゃんとフクロウの瘤はそこにありました。そして、今年もちゃんとアオバズクがやってきて、そして無事に大人になって飛んでいったんだ。フクロウの木に守られながら。
by marquis_de_d | 2013-08-30 15:48 | 日常の一喜一憂
■D,侯爵、黒いマントを着た老齢の■
クリックすると



クリックすると 今月はほんとよく京都に行きました。毎年恒例の座禅も今年は嵐山は天竜寺で一晩、しっかり座禅をしてありがたい和尚さんのお話を聴いて帰ってきたわけであります。まあ、こういうのは自分がなにか少しでも、和尚さんの爪の垢程度でも自分のものにしてやろうという貪欲さがなくては何にも得るものありません。はっきり言って足が痛いだけなのでやめた方が良いです。マゾの人はそっちの楽しみがあるかもわかりませんけどね。



クリックすると冗談のけて、本当に勉強になるお話が聞けてよかったです。

いろんな人と出会ってきて、僕もまあ成長したのかアホウになったのかわかりませんけど、自分だけではいまある自分の姿にはならなかった。自分を生んでくれた母がいて、育ててくれた父がおって、優しくしてくれたおババ様があって、勉強見てくれた学校の先生方がいて、僕を受け入れてくれた師匠の家があって、教えてくれる宗匠があって、支えてくれる家族があって、励ましてくれる、応援してくれるたくさんの友達がおりまして、それでいまの僕があるんです。

感謝しかないんです。

逆に言えば、僕なんてもんは何にもないんですな。

恩返しで始まり恩返しで終わる。そんな綺麗なこと、ほんとにできるんやろか。綺麗なことをやるのが気恥ずかしいくてやれない。「やれない」がいつの間にか「やってるやつは頭がおかしい」になって誰もやらなくなる。それを時代の移り変わりと人は言う。

人間て言うのは鏡です。いろんなものをそのまま映してる。でもその実態は無色透明の得体の知れないものなんです。透明人間ですよ。

鏡が鏡を映してる
映し鏡の世の中で

いったいなにが 本物なのか


手に触れるもの、口に入れられるもの、地に足がつく場所はいったいどこにあるのかしらん。
by marquis_de_d | 2013-08-28 15:20 | 日常の一喜一憂
■D,侯爵、太陽に照り映えた町■
クリックするとまた京都を行ったり来たり

今年は一体なんなんだろう。夏の京都なんて暑いばっかりなのに今月入ってから四回も京都に行く。こんなにも京都の似合わない僕なのに、それが仕事なんだから僕の人生もずれている。

まあ、人生なんてものは少し的外れなくらいがちょうど良い。

的の中心を狙った矢が命中したか外れたかで評価される人生は疲れる。


それに、成功は的のど真ん中に必ずしもあるとは限らないじゃないですか。

理想ばかり口にしていてもなにもできやしない。的のど真ん中にあたることよりも、的外れだろうが、あたったところで最高の成果を出すか、あたったところを「ここが、ど真ん中だ」と言い切ってしまうしかないんだ。あとは全力でやるかやらないかであって、一番良いのは、適当にやることだ。

 この適当がむずかしい。いちばん程の良い、バランスのとれた適当というのは。

しかしまあ、仕事なんてものは適当にやらなきゃいけませんよ。そこを頑張ってももらえるのは決まったお金だけなんだし。地位や名声なんてものを求める人もいますけれどもそういうものは人の一生の中で輝ける15秒をどう使ったかで決まってしまうんです。


生きる時間もないくらいに忙しく仕事していると、見失うのは自分だ。


自分を見失って、わからなくなるといつも思うんです。
僕の夢や理想ってなんだったんだろう、って。

夢のままでは実現できない。他人に説明できるようにできるだけ具体的に分かりやすく整理しておかないと。説得力の無い夢は具現化しないまま泡のように消えてゆく。

夢を具現化する力は企画力とそれを現実的に実行する力と言い換えることもできます。それができる人の言うことは説得力があって、そういう魅力を持っている人は、人を動かす力を持っていて、なんかしら結果をだしてますよ。
by marquis_de_d | 2013-08-23 16:13 | 日常の一喜一憂
■D,侯爵、やがて少しずつ色彩がはっきりして■
クリックすると


箱根はヤマアジサイがたくさん咲いていました。




クリックすると


毎週火曜日の午前中はたいていラジオ収録というのが僕の生活スタイルの一つになってきた今日この頃でありますが、今日は急遽、収録は外でやろう!ロケに行こう!と言い出した人がいましたので、朝から箱根を越えて御殿場に行ってきたのです。

陸上自衛隊の超人気イベント「富士総合火力演習」というのが25日にあるのですが、その予行が今日あって、チケットが手に入ったからいこうというわけです。



クリックすると


クリックすると「富士総合火力演習」略して「総火演(そうかえん)」は早い話が戦車などの実弾演習を見学できちゃうすごいイベントで、その人気たるやチケット抽選倍率、ハガキ応募15.9倍、インターネット21倍という超入手困難アイテムなのであります。

今回はその予行ということなんですが、普通にドンパチやります。

まあ、ドンパチなんてもんじゃないんですけど、実際。予行とはいえ実弾バンバン打つんだ。すごい迫力。昔一度、ボーイスカウトで見学にきたことあったんだけどこんなだったかなあ〜記憶にない。記憶になかっただけに新鮮だった。

花火の数十倍は迫力あるわけです。音もすごいんだけれども、衝撃波がすごい。

クリックすると非常に、良い経験ができた。貴重な経験ができた。と、しみじみ思うわけであります。こういう経験はしておいた方が良いなと。

まあ、僕はM110 203mm自走榴弾砲が好きです。

でかくて。

無駄なものがなくて。

ばかでかい砲身が車に乗っかってるだけ。余計なものがついてないむき出しすぎて操縦する人を守るようにできてない潔さがかっこいい。人も乗れないから別の車両で8人運んでこなきゃいけないし、そういうところも好き。


まあ、そんな兵器見学の後はポーラ美術館でモネを観たのでした。
by marquis_de_d | 2013-08-20 21:28 | 日常の一喜一憂
■D,侯爵、初めは明るむ霧のように■
クリックすると      クリックすると


強い風の吹いたあくる日、

道にたくさんサボテンの葉が落ちていたんです。


道に落ちていたサボテンを育ててみたら…

あっという間に大きくなったのでした。


クリックすると ドゥ  ドゥ  ドゥ

と大きな風が毎日秋を運んでくる。少しずつ夏はなりを潜めて、気がつくといつもどこかにいなくなってしまっている。今年もきっとそうなんだろう。

どうやら、関東の中で小田原は一番遅く夏がきて一番早く秋が来るみたい。

テレビやラジオでは今日も「残暑が厳しく…」だとか「熱中症に注意…」などと蝉のようにやかましく言っているようだから今日もテレビは見ない。夏の名残をやかましく過ごすのは蝉だけで良い。僕らはさっさと「涼」を納めて、もう秋を楽しむべきなのだ。

いつまでもだらだらと暑い暑いと言っているヒマはないんです。
いまという時を楽しむチャンスは待っていてくれないんですからね。



しかし、もっとコンパクトにまとまらないものだろうか。
もっと小さくまとめれば良いんだと思う。単純にすれば良いんだと思う。そうすれば人はもっと幸せになれるんだと思う。どうにかしてそうならないものかなあ。



いま生きる毎日の生活にこそ幸せがある。

そうでなくてはいけません。



もしも、いま幸せでないのなら、不幸ならば、もう一度、自分がちゃんと生きているか生きているのか確認すること。いますぐに。
by marquis_de_d | 2013-08-19 18:35 | 日常の一喜一憂
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第七拾四夜■
FMおだわら(78.7MHz)→


アメイジングGSシリーズ(2) ファズ・ギターのあけぼの

オムニバス / 渡辺音楽出版


カルトGSコレクション(ビクター編)

オムニバス / ビクターエンタテインメント




■ 今夜の曲 ■

ダンシング・ベイビー/ザ・ジャガーズ

真夏の夜の動物園/ザ・ダイナマイツ



今回はサクマさんとフリートーク


ザ・ジャガーズで「ダンシング・ベイビー」
1968年ジャガーズ初の単独アルバム『ザ・ジャガーズ・ファースト・アルバム』
の収録曲
ジャガーズは「カーナビ・ビート・サウンド」というキャッチフレーズで
カーナビーズとセットで売り出されていたんですね。
「ジャガーズ対カーナビーズ」みたいなかたちで。
「カーナビ・ビート・サウンド」というものは実際にそんなサウンドがあった
わけじゃなくて、なんとかスウィンギン・ロンドン的な感じをだそうとして
作られた言葉ですね。このときすでに「リヴァプール・サウンド」という言葉が
古くさかったんだと思います。

そんなわけで
1968年ジャガーズ初の単独でだした
アルバム『ザ・ジャガーズ・ファースト・アルバム』
のB面の二曲目に収録された曲「ダンシング・ベイビー」
ジャガーズは筒美京平かすぎやまこういちの曲が多いイメージですけど
この曲はオリジナルナンバーですね。
作詞:宮崎こういち
作曲:沖津ひさゆき
沖津ひさゆきさんは80年にカップスのエディ藩とともに
松田優作ツアーバンドを結成していた方ですねえ


カルトGSの最高峰として
評価されている

ザ・ダイナマイツ

カルトGSという言葉が最もふさわしいバンド

当時あまり売れなかったが
80年代に入って再評価され
ネオGSもこぞって
カヴァー・ヴァージョンを発表している。

瀬川洋(せがわひろし)と
山口富士夫という
二枚看板でデヴューした
玄人向けGS


もともと米軍基地で
人気を博したモンスターズという
バンドで
中にはFENの放送で
スケジュールをチェックして
相模原、座間、厚木、など
各地のキャンプまで
追いかけて聴きにくる
ファンまでいたという

立川のジャズ喫茶”ドミノ”に
レギュラー出演するようになった頃
彼らの評判を聞いて
”ニッポン企画”なる
事務所の社長と
米国RCAの関係者と称する
アメリカ人が現れて
向こうのRCAからデヴューさせる
ような口車にのせられて
ほいほい契約してみれば
ふたを開ければ実際には
日本ビクターからのデヴュー。
名前もビクター側の命令でもって
ザ・ダイナマイツと改名させられて
モップスとサニー・ファイブとセットで売り出されたという
本人たちには不本意なデヴューだったものの

「爆発するエネルギー・リズム・アンド・ブルース・サウンド」という
キャッチコピーでオリコン73位に入るまずまずの滑り出しだった。

「真夏の夜の動物園」(1968.6

リリース三枚目のシングルのA面
「ぎゃおー」という
動物の擬声で始まる
(一連の動物の擬声は
ベースの吉田の仕業)
これぞジャングル・ビートといった
名曲だが、演奏がうますぎて
ガレージサウンドと呼んで
いいもんだか
わかりませんが

このすばらしい曲も
売れなかった曲ですね。

当時全く話題にならなかった

このシングルの頃は
もうダイナマイツも
活動の場を
都内のジャズ喫茶中心
になってましたからね


ザ・ダイナマイツ
デヴュー当時はプロモーションとして
日劇の荒木一郎ショーにも
連日出演などしておりまして
非常にパワーがあって
まあレコードも
シングル5枚とアルバム一枚出してますが

商業的な成功はなかったんですね、
やっぱりGS衰退の波に勝てなかった。
69年にこれから本格的に
アルバム制作していこう
というところで、
メンバーの音楽性の不一致みたいな
お決まりのパターンでももって解散した


.....................


番組へのご意見ご感想
罵詈雑言美辞麗句ございましたら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」でお便り待ってます。
リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などファクスなどどしどし御寄せください。

---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
FMおだわら(78.7MHz)→



なんと!ポッドキャスト『 R'lyeh』がうっかりラジオになっちゃった!!
うっかり聴くと正気度が下がる D,侯爵の『RADIO R'lyeh』 FMおだわら(78.7MHz)にて 毎週日曜21:00~21:30放送!(再放送は毎週月曜25:00~25:30放送)

FMおだわらはWebで聴けます!
サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/
   直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx  
※Windows Media Playerのみ対応しています
※Macintoshでサイマルラジオを聴けるようにする方法
  (OS) : Mac OS 10.3.9以降  (ソフトウェア) : QuickTime 6.5以降である必要がありますよ~。そこにWindows Media Components for QuickTimeというソフトウェアをダウンロード、インストールしてやれば聴けるようになります。

iPhone、iPod touch および iPad、Android携帯やタブレットでFM小田原を楽しむ方法として「TuneIn Radio」をお勧めしています→App Store - 『 TuneIn Radio

Android携帯やタブレット→『 TuneIn Radio
by marquis_de_d | 2013-08-18 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵、海の深い底ひに■
クリックすると


三月からぴたりとやめていたブログの更新を久しぶりにします。
じつに半年ぶりの更新ということになるわけですな。

クリックするととにかく「夏コミがおわったら更新しよう」と決めていたから。


とにかく今年も無事に三日間コスプレで参戦することができました。

良かった。

やっぱり、こすプレイヤーはコスプレしてなんぼですww




クリックするとブログの更新を停滞していた理由はいろいろ人生が複雑になりすぎて、あれもこれも抱えきれなくなったからですよ。

人生が複雑になって息苦しさを感じたときは。いちど、何もかもうっちゃって身軽になって、それからもう一度、本当に必要なものからひとつひとつ拾い集めるんです。

「自分が絶対に正しい」と自信を持って生きている人は強い。しかし、「自分が絶対に正しい」と他人に押し付ける人はいつも人を傷つけていることに気がつくことはできない。そんな風になりたくないし。まあ、なれませんよ。僕の場合は自分が一番狂っていて間違いだらけの人生からなにかを見つけたいといつもあがいていたい。でも、そんなことしているから、すぐに袋小路にハマってしまう。感だけがたよりです。


嫌な予感がしたらすぐに手に持っているものを一度全部手放して振り出しから始めたら良いんです。


そして、また自分を取り戻す旅を始めたら良いんです。
by marquis_de_d | 2013-08-18 15:19 | 日常の一喜一憂
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第七拾参夜■
FMおだわら(78.7MHz)→


NEW BEST 1500

モップス / EMIミュージック・ジャパン

昭和元禄トーキョーガレージ

オムニバス / ビクターエンタテインメント



■ 今夜の曲 ■



アイ・アム・ジャスト・ア・モップス/ザ・モップス
朝まで待てない/ザ・モップス
消えない想い/ザ・モップス
朝日よさらば/ザ・モップス
熱くなれない/ザ・モップス
月光仮面/ザ・モップス


アイ・アム・ジャスト・ア・モップス/ザ・モップス

海外でも人気の高い曲
いかにも外人が
好きそうなファズ・サイケですが

モップスの1stLP「サイケデリック・ミュージック・イン・ジャパン」収録曲
英語歌詞のオリジナル曲
このアルバムは
欧米でも非常に評価が
高いんですが

まあ、これは
また後ほど
説明します




内発性があろうがなかろうが
モップスが
サイケデリック・ミュージックを
標榜して登場してきた
日本最初のバンドであることは
事実である

1966年、埼玉で
結成されたこのバンドは
当初は
ヴェンチャーズ・ナンバー
などをレパートリーとする
エレキインスト・バンドに
過ぎなかった

そこに鈴木ヒロミツの
加入によって
ヴォーカルにも
取り組むようになり
やがて
埼玉や都内のディスコテーク
ゴーゴー喫茶などで
活動を始め
67年には
GSブームを見越した
ホリプロと契約を結んだ。

GS戦国時代に突入する
67年、秋の
レコードデヴューに際し
なんとか他のバンドと
区別化を計ろうと策が
ねられた結果、
日本最初のサイケデリック・グループ
として売り出されることになった。

これは
事務所の社長、堀 威夫の
アイデアで
彼はちょうど、その年の
夏に訪れたサンフランシスコで
フラワー・ムーブメントを
目の当たりにし、
「次の時代はこれだ」
と直感していた。

ジェファーソン・エアプレインなどの
レコードを聴かされた
モップスは
これなら自分たちの
カラーともマッチすると
乗り気になったのであった。

67年11月デヴュー盤
「朝まで待てない」が
ビクターからリリースされた。



  朝まで待てない/ザ・モップス(ファーストシングル
  消えない想い/ザ・モップス(セカンドシングルB


朝まで待てない/ザ・モップス

薄めのファズ使用で
サイケ度はそれほどでも
ありませんが、何を隠そう
これが阿久悠の出世作となります

奇抜な衣装をまとい、
目隠しをして歌ったり
ドラムが真横を向いて演奏したり
プレスを呼んで
「LSDパーティー」を
開いたりと
サイケデリック・イメージの
演出につとめた結果
この曲は
オリコン38位までいった

  消えない想い/ザ・モップス (68.3
二枚目のシングル「ベラよ急げ」のB面

作曲家 村井邦彦のアイデアで
シタールを導入し
幻想的なムードを演出
することに成功している

(シタール演奏は
村井邦彦の友人のシタール奏者で伊勢氏)

この年
68年には

本格的に
サイケデリック音楽への
アプローチを高らかに謳った
日本最初のアルバムを発表

これが
モップスの1stLP
「サイケデリック・ミュージック・イン・ジャパン」
(冒頭でも紹介しました)
でございまして
欧米でも非常に評価が高く、
オーストラリアで出版された
『1001Record collector Dreams』
という世界の60~70年代ロックの
ジャケット写真を掲載した本でも
数ある日本のレコードの中から
フラワートラベリンバンドの
『SATORI』と
モップスの1stLP
「サイケデリック・ミュージック・イン・ジャパン」
唯二つ
音楽的傑作アルバムに
選出されていました。

ではこのアルバムのみの
収録曲

  朝日よさらば/ザ・モップス

モップスの(68.4)1stアルバム
「サイケデリック・ミュージック・イン・ジャパン」収録曲

日活映画『星影の波止場』で
レストランのシーンで
モップスがこの曲を
演奏する姿が見られます

その後、同年八月の三枚目の
シングルまで
ファズ・ギターを駆使した
サイケ路線が続いた。


モップスの三枚目のシングル
『おまえのすべてを』のB面

熱くなれない/ザ・モップス(1968/8

モップスの三枚目のシングル
『おまえのすべてを』のB面
(前回の放送で聴いていただいた
あのサイケな奴)

彼らの
サイケデリック路線も
堂にいってきた頃の傑作


村井邦彦の作曲、

(三枚のシングルは
阿久悠、村井邦彦のコンビです)

ですが
星勝を中心とした
バンド自身のアレンジで
GS・アッシド・ロックの
傑作といえる仕上がり

イントロは
ジェファーソン・エアプレインの
アルバム
『アフター・ベイジング・アット・バクスターズ』
に収録されている
『ザ・バラッド・オブ・ユー・アンド・ミー・アンド・プーニール』
にそっくりなんですが
このあたり
「ジェファーソン・エアプレインの
レコードを聴かされてこの路線に決めた』
という記述とも一致いたします。



しかし、69年に
入る頃には
それまでのイメージを払拭
よりシンプルな
ロック、R&B、ブルーズ
といった
方向に転じることになった。

69年の末には
東芝へ移籍。
意欲的に挑んだ
ロックンロール・リバイバル的な
音楽は理解されずに

何をやってもうけない
ステージで
ヤケクソでやった
「月光仮面」
が妙にうけて

レコード化するはめに
なっってしまう。
ところがこれが
ひょうたんから駒の
大ヒット。オリコン18位

(徳間から出ている
『青春歌謡年鑑71』にも
収録されている)

世の中は
アングラ、サイケ
ハレンチ、ハプニング
といった言葉を
みな同義語のように
使っていた時代ですからね。

求められていたのは
マジなロックよりもコミックソング
(英語圏では、「 ノベルティ・ソング」)
だったという結果にも
涙が出てきますが



その後はホリプロの
営業バンドとして安定した
成績を残し、解散したのは
74年5月のことだった



月光仮面/ザ・モップス




番組へのご意見ご感想
罵詈雑言美辞麗句ございましたら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」でお便り待ってます。
リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などファクスなどどしどし御寄せください。

---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
FMおだわら(78.7MHz)→



なんと!ポッドキャスト『 R'lyeh』がうっかりラジオになっちゃった!!
うっかり聴くと正気度が下がる D,侯爵の『RADIO R'lyeh』 FMおだわら(78.7MHz)にて 毎週日曜21:00~21:30放送!(再放送は毎週月曜25:00~25:30放送)

FMおだわらはWebで聴けます!
サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/
   直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx  
※Windows Media Playerのみ対応しています
※Macintoshでサイマルラジオを聴けるようにする方法
  (OS) : Mac OS 10.3.9以降  (ソフトウェア) : QuickTime 6.5以降である必要がありますよ~。そこにWindows Media Components for QuickTimeというソフトウェアをダウンロード、インストールしてやれば聴けるようになります。

iPhone、iPod touch および iPad、Android携帯やタブレットでFM小田原を楽しむ方法として「TuneIn Radio」をお勧めしています→App Store - 『 TuneIn Radio

Android携帯やタブレット→『 TuneIn Radio
by marquis_de_d | 2013-08-11 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第七拾貳夜■
FMおだわら(78.7MHz)→

昭和元禄トーキョーガレージ JAPANESE ROCKIN’ PSYCHE&PUNK’65~’71 コロムビア編~サイケデリック・マン

オムニバス / コロムビアミュージックエンタテインメント

昭和元禄トーキョーガレージ

オムニバス / ビクターエンタテインメント

のぞきからくり穴世界

デリシャスウィートス / Sound・Of・Elegance

「昭和元禄トーキョーガレージ」JAPANESE ROCKIN’PSYCHE&PUNK’65~’71

オムニバス / 徳間ジャパンコミュニケーションズ

昭和元禄トーキョーガレージ

オムニバス / ユニバーサルJ



■ 今夜の曲 ■




ロシアの木こりの悲しみ/デリシャスウィートス
私のビートルズ/常田富士男
恋のピストル/ザ・ルビーズ
ハートを狙い撃ち/有馬竜之介
僕は君と一緒にロックランドにいるのだ/荒木一郎
お前のすべてを/ザ・モップス


私のビートルズ /常田(ときた)富士男(1970/10)

一度聴いたら耳に焼き付いて
離れないサイケデリックな
ナンバー

この曲がきたら
まあ、お察しのとおり
最近、ルルイエ物足りない
という声に答えまして
それじゃこいつで
どうだーっていう
今夜はカオスでサイケな選曲で
行きたいと思います。


フーテンキャラで知られる俳優
「日本昔ばなし」のイメージの方が
今や強くなってしまっていますが

常田(ときた)富士男の
ビートルズ解散に便乗した
企画ものシングル
まさに1970年という
年だったから出来たカオスなコンセプト

当時、毎晩のようにラジオで
かかっていた曲ですから
ファズの利いたギターとベースの
ユニゾンにアッシドな歌声は
今も脳に焼き付いている
という人は多いのではないでしょうか



ザ・ルビーズ「恋のピストル」
有馬竜之介の「ハートを狙い撃ち」
併せて聞いていただいたわけですが

どちらもなかば
やけくそになってる感じの歌い方
ピストルソング光と影
どっちが光でどっちが
影だか判りませんがw


青春歌謡歌手
有馬竜之介の「ハートを狙い撃ち」
1967.2

デヴューシングル「土曜日に集まれ!」
のB面。隠れたガレージパンクとは
まさにこのこと

むしゃくしゃするときゃこいつに限りますね。

(スパイダーズの「バン・バン・バン」
タイガースの「ジンジン・バンバン」)



ザ・ルビーズ「恋のピストル」

奔放なぶっ放しっぷり。必死なのかヤケクソなのか

「恋のピストルぶっ放そう!」

明るく歌いきった感じが僕は好きですね

ルビーズ



珍しかった左利きの
リード・ギター兼
リード・ヴォーカル
菊谷英二(きくたにえいじ)
がセールス・ポイント
この人は
ルビーズをやめたあと
「ハチのムサシは死んだのさ」
のセルスターズへいった。


「ルビーズのはめているルビーがあたる」
レコードに抽選券をつけて
指輪につけていたルビーを
抽選で5名の方に
プレゼントする涙ぐましい
キャンペーンとか

話題性は
あったんですけれども、

ポリドールとしては
タイガースを
抱えていたこともあって

ルビーズは地味だった。

------------------------------------------------
1968年武道館で
「タイガース新曲発表会」
というコンサートがあって
その前座をつとめたしてるんですけれどもね、ぱっとしなかった。

------------------------------------------------


次はこのラジオルルイエで
かける曲の中で
最も人気がある曲です。

Twitterで
今週かける曲を
・海道はじめの「スナッキーで踊ろう」
と、どっちが良いか
tweetしたところ
反響があって

緋色有機さん

@marquis_de_d 「僕は君と一緒にロックランドにいるのだ」でお願いします!

バンビ
@marquis_de_d ロックランドに一票‼




僕は君と一緒にロックランドにいるのだ/荒木一郎


66年の
デヴュー曲「空に星があるように」
(日本レコード大賞新人賞)
「今夜は踊ろう」「愛しのマックス」
などのミリオンセラーヒット曲を連発した
俳優でありシンガーソングライター、

日本の
ロック&ポップスシーンの
草分け的存在

荒木一郎の異色傑作アルバム
『荒木一郎の世界』(1971/5)から
アレン・ギンズバーグの詩を曲に
のせた前代未聞の
長篇サイケデリック・ナンバー
僕は君と一緒にロックランドにいるのだ
メチャクチャかっこいい。
一度聴いたら忘れられない曲ですよね
この曲6分10秒ありますからね

頭の中に
すっかり
「僕は君と一緒にロックランドにいるのだ」
ということばが
刷り込まれちゃう


----------------------------------------------------------------

独特な不安感漂う
4分を過ぎた瞬間から、
残りの2分間陽の光が
厚い雲の隙間から
ズパッと差し込んでくる
そんな空気が漂っています。

アレン・ギンズバーグを題材にしたのはあのJ・Aシーザーのアイデアだったという

----------------------------------------------------------------


まあ、この頃のビクターは
なんていうかもう
カオスですよ。
素晴らしいほど混沌
GSも、
ピンからキリまで
あって
上も下もなくなっちゃってる
感じがします。

つぎもビクターでして
とんでもないカオスな奴を


お前のすべてを/モップス(1968.8


日本最初のサイケデリック・グループ」モップス

ほかのバンドとの
区別化を図るために
サイケデリック・ミュージックを
標榜して登場した日本最初のバンド、
モップスですが

三枚目のシングルのA面、
「お前のすべてを」
いくらサイケデリックとはいえ
これをA面で売ろうという
レコード会社は
正気とは思えませんね
本気だったのか
投げやりだったのだろうか?


この三枚目のシングルまでは
ファズギターを駆使した
サイケデリック路線が
続いたんですが

69年に入る頃には
それまでのイメージを払拭

よりシンプルな
ロック、ブルーズ、R&Bと
言った方向に転じることになる。

69年末には東芝に移籍
してますが
海外のガレージ・マニアが
評価しているモップスは
このビクター時代だけ
ビクター時代の
モップスは
歌詞の問題で
オフィシャルCD化できない
「ブラインドバード」
をはじめ、ガレージ・サイケの
オンパレードですから



番組へのご意見ご感想
罵詈雑言美辞麗句ございましたら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」でお便り待ってます。
リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などファクスなどどしどし御寄せください。

---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
FMおだわら(78.7MHz)→



なんと!ポッドキャスト『 R'lyeh』がうっかりラジオになっちゃった!!
うっかり聴くと正気度が下がる D,侯爵の『RADIO R'lyeh』 FMおだわら(78.7MHz)にて 毎週日曜21:00~21:30放送!(再放送は毎週月曜25:00~25:30放送)

FMおだわらはWebで聴けます!
サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/
   直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx  
※Windows Media Playerのみ対応しています
※Macintoshでサイマルラジオを聴けるようにする方法
  (OS) : Mac OS 10.3.9以降  (ソフトウェア) : QuickTime 6.5以降である必要がありますよ~。そこにWindows Media Components for QuickTimeというソフトウェアをダウンロード、インストールしてやれば聴けるようになります。

iPhone、iPod touch および iPad、Android携帯やタブレットでFM小田原を楽しむ方法として「TuneIn Radio」をお勧めしています→App Store - 『 TuneIn Radio

Android携帯やタブレット→『 TuneIn Radio
by marquis_de_d | 2013-08-04 21:00 | RADIO R'lyeh


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
『D,の部屋』
メインHPは↓から

D,の部屋
ブログパーツ
カテゴリ
全体
日常の一喜一憂
映画の一喜一憂
RADIO R'lyeh
ダイエットの一喜一憂
料理の一喜一憂
ポッドキャストの一喜一憂
自分勝手語辞典
備忘録
創作小説・童話
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
aobashi
信楽 楽入陶房 壺中庵
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧