人気ブログランキング |
<   2015年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第壱佰丗夜■
b0050938_131149.jpg




ムーン・アンド・スターズ/ザ・ハーフ・ブリード
恋の足あと/ザ・ハーフ・ブリード
白い風を見る日/ザ・ハーフ・ブリード
スプーキー/ザ・ゴールデン・カップス
東京ブガルー/ザ・ハプニングス・フォー
アリゲーター・ブーガルー/ザ・ホワイト・キックス
愛のことば/ザ・ホワイト・キックス



ムーン・アンド・スターズ/ザ・ハーフ・ブリード


日本では69年頃になると
それまでのGS/ガレージ・サイケ路線から
かわってニューロック/ブルース・ロック
系のサウンドが台頭してくるが
その一方で
コーラス・ハーモニーを重視する
ソフトロック系のグループも
かなりでてきます。

今夜一番に紹介する
ハーフ・ブリードなどは
ソフトロックグループの白眉で
優秀なバンドだったが
当時ほとんど注目されることはなかった。

ちなみに、近年日本では
この「ソフトロック」という
ジャンルは見直され
高い人気を得ているが

海外で日本のソフトロックが
再評価されたという話は
聞いたことがなく
日本だけの風潮のようです

そもそも、ソフトロックという
言葉が和製英語で、
欧米では通じないと
よく言われます

さてハーフ・ブリードでありますが

日系人を中心に
68年7月に結成された
グループでメンバーは

日系二世のヘンリー
日系ハワイ人のポール
仏中混血のアレン
アメリカ人のジャック
法政二高在中の日本人、マーク

立川、横田などの
米軍基地で活動した後、
都内のジャズ喫茶、
ディスコテークなどに進出

また、FENの「ティーンエイジャース・オン・パレード」
や「ファン・ダイヤル」にも出演した

在日外国人のバンドとしては
珍しく、R&Bではなく
(猫も杓子も
R&Bだった当時に)
ソフト・ロックを
売り物として
雑誌などでは
「日本のウォーカー・ブラザーズ」
といった扱われ方だった

69年1月「日本初のソフトロック」を謳い文句に
東芝/エキスプレスから
美麗なストリングスをバックにした
バラード「不思議な夢」でデヴュー

その後しばらくなりを潜めていたが
70年2月には第2弾として
「恋の足あと」を密かにリリース




恋の足あと/ザ・ハーフ・ブリード
白い風を見る日/ザ・ハーフ・ブリード



70年2月リリースだった
二枚目のシングル「恋の足あと」の
A面「恋の足あと」


69年春にクラシックス・フォーが
ヒットさせた爽やかな
ボッサ・ロックの
日本語カヴァー

そして
A面と寸分も違わぬ雰囲気の
和製夢見る哀愁路線ボッサ、B面の
「白い風を見る日」

しかし
まるで1975年の
浜田省吾の在籍した愛奴の
デヴューアルバム
(「もうすぐ五月、外は雨」とか)

はたまた
80年代初頭の
寺尾聡の「回転扉」を

彷彿させる出来映えで
どきりとさせられる

旧GS勢がほとんど
存在しなくなった頃の
1971年8月封切り
日活映画『八月の濡れた砂』
にこのバンドの出演シーンがあることから
かなり後期まで活動していたことが
うかがえる。

この後、ポールは
近田春夫らとともに
元ハプニングス・フォーの
ペペ・吉弘のバンド
「羅生門」に参加いたします


スプーキー/ザ・ゴールデン・カップス

こちらもクラシックス・フォーが
67年に全米3位になったナンバーのカヴァー

1968年9月10日リリースだった
『ザ・ゴールデン・カップス・アルバム第2集』
のA面の5曲目に収録された
ナンバー

デイヴ平尾がソロをとっています

カップスには
「過ぎ去りし恋」という
オリジナルのソフト・ロックも
ありますが、
こちらも
素晴らしい完成度で
ゴールデン・カップスを
評するに「本格」という
単語をよく使うわけでありますが

まさに本場の匂いを
感じさせる演奏だったんじゃないでしょうか






東京ブガルー/ザ・ハプニングス・フォー



アメリカに行ってきたバニーズの
寺内タケシが帰国した途端に
今流行している最新のリズムは
ブーガルーだ
自分もすぐにコレを吹き込もうと思っている
と声明

羽田から直ちにキングレコードのスタジオに駆け込んで
ブーガルーを吹き込んだ

コレが新聞記者の間に
話題をまき俄然ブーガルーに注目が集まった

と中村とうよう
『ポップス』の68年5月号
『地球が回る音』から引用

GS全盛期の68年に
ニューリズムといえば
ブーガルーである

1968年7月1日リリースの
一万円札をパロッた
人を喰った見開きジャケットで
話題を呼んだアルバムで
『マジカル・ハプニングス・トゥアー』
の会心の5曲目

このアルバムは
ビートルズ
フランシス・レイ
ビージーズ
ボビー・ヘブ
モンキーズなどの
ナンバーを独自の
アレンジで取り上げているが

なんといっても
もっとも出来映えがいいのは
クニ河内書き下ろしの
オリジナル・インスト
「東京ブーガルー」である

はじめてのアルバムと言うことで
彼らの意気込みには相当な物があり
クニ河内などは自信のあまり
このテープをビートルズに
送り付けたほどである

返事があったかどうかは謎


アリゲーター・ブーガルー/ザ・ホワイト・キックス
愛のことば/ザ・ホワイト・キックス


アリゲーター・ブーガルー/ザ・ホワイト・キックス(1968/5)

1968年4月から東京12ちゃんネンルで
放送が始まった
「Jazzピット・イン・パンチ」
というオシャレな深夜番組の為に
ジャズ・ピアニストで
レーサーで俳優で
映画監督という
プレイボーイ三保敬太郎
 が 結成したグループ。

ザ・サベージを
「学業を優先する」
という理由で脱退した
寺尾聡と林廉吉も
何故か参加している。

学業優先はどこいった


アリゲーター・ブーガルー

ルー・ドナルドソンの
インストナンバーに
日本語をのせたカヴァー曲

68年はブガールーの年だった。
この年、
「68年のニューリズム"ブーガルー"」
ということで
ブーガルーをフューチャーした
バンドは多かった

この曲は
ハプニングス・フォー
との競作となった曲で
1968年4月にこの曲の
キャンペーンの為に
新宿のディスコで
ハプニングス・フォーとの
ブーガルー共同発表会を
行っております。

ちゃんと
ブーガルーのリズムを導入した
ハプニングス・フォー
ヴァージョンに比べて、

こちらはずっと
サイケでクールで
グルーヴィーな仕上がり。

(と、いつも紹介していますが
ハプフォーのアリゲーター・ブーガルを
ルルイエでは一度も紹介していない!
すんません、こんど絶対かけます
伊藤キヨ子の)

三保敬太郎のブーガルーに対する解釈

ブーガルーとはサイケとラテンの結合だ


ファズを駆使しているあたり
こだわりをかんじることができます。

愛のことば/ザ・ホワイト・キックス(1968/5)

「アリゲータ・ブガール」のB面で、
このシングル一枚で解散しておりますが

これもまた名曲。
ファズ、ブラス、フルートを導入し、
森野多恵子のクールなボーカルで
他のGSには無い
大人の雰囲気が漂っている
素晴らしいナンバー

後にボーカルの
森野多恵子は
タンタンというアーティスト名で
ソロデヴューいたします。

もうだいぶ前に亡くなってしまいました
実力派女性シンガー
大空はるみさんですね。





ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!



紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg





なんと!ポッドキャスト『 R'lyeh』がうっかりラジオになっちゃった!!
うっかり聴くと正気度が下がる D,侯爵の『RADIO R'lyeh』 FMおだわら(78.7MHz)にて 毎週日曜21:00~21:30放送!(再放送は毎週月曜25:00~25:30放送)

FMおだわらはWebで聴けます!
サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/
   直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx  
※Windows Media Playerのみ対応しています
※Macintoshでサイマルラジオを聴けるようにする方法
  (OS) : Mac OS 10.3.9以降  (ソフトウェア) : QuickTime 6.5以降である必要がありますよ~。そこにWindows Media Components for QuickTimeというソフトウェアをダウンロード、インストールしてやれば聴けるようになります。

iPhone、iPod touch および iPad、Android携帯やタブレットでFM小田原を楽しむ方法として「TuneIn Radio」をお勧めしています→App Store - 『 TuneIn Radio

Android携帯やタブレット→『 TuneIn Radio
by marquis_de_d | 2015-03-29 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第壱佰弐拾夜九夜■
b0050938_131149.jpg


ホールド・オン/ズー・ニー・ヴー
ハイウェイの孤独/ズー・ニー・ヴー
午前3時のハプニング/ザ・ゴールデン・カップス
朝まで待てない/ザ・モップス
朝日よさらば/ザ・モップス
幸せの道/ザ・ワイルド・ワンズ
陽はまた昇る/ザ・ゴールデン・カップス




ホールド・オン/ズー・ニー・ヴー

「白い珊瑚礁」のヒット曲を持つ
和製サム&デイヴと呼ばれたグループ

渋谷のレストラン・クラブ"カバーナ"の
専属として腕を磨いていた
もっぱら通好みのR&Bを
レパートリーにしていた事で評判を呼び
コロンビアから
当時としては異例の
アルバムによるデヴューを飾ったグループ。

1968年アルバム『ズー・ニー・ヴーの世界/R&Bベスト・ヒット』の
一曲目に収録されている曲で
サム&デイヴの大ヒットナンバーのカヴァー。
ホーンセッションの
パートをファズを駆使した
ギターで代行している
まさにGSによるR&Bの魅力



ハイウェイの孤独ズー・ニー・ヴー1968

R&Bサイケの傑作
ズー・ニー・ヴー
ハイウェイの孤独(ロンリーハイウェイ)

1968
アルバム
『ズー・ニー・ヴーの世界/R&Bベスト・ヒット』収録のオリジナル曲

スリリングなR&Bサイケの傑作
ズー・ニー・ヴーの
オリジナルのなかでは
最もガレージ的な
ナンバー
すっごく乾いた感じの
詩にもしびれます。



69年4月に発表した
セカンドシングル
「涙のオルガン」のB面
南洋への憧れを歌った
カレッジ・ポップ
「白い珊瑚礁」が
じわじわと評判になり

ついにはオリコンチャート
18位まで登り詰める
という思いがけない
ヒットとなった。

69年といえば

もはやGSは衰退期であったが
そんなさなか
彼らは一躍スターとなった

この
「ハイウェイの孤独」は
1986年にアメリカで
リリースされた
『Sixties Japanese Garage --Paych Sampler』
という日本のGSだけを14曲
集めた海賊版LPにも

「Lonely Hightway」

というタイトルで
紹介されています




午前3時のハプニング/ザ・ゴールデン・カップス


超絶ベーシスト、
ルイズ・ルイス加部が
歌っているきわめて珍しい曲です
1968年12月リリースの
「午前3時のハプニング」
五枚目のシングル
「過ぎ去りし恋」のB面

さて、1968年と言いますと
タイガース、テンプターズといった
ヴィジュアル優先の
アイドル的GSに対して

その後の方向性を
打ち出した実力派GSといえる

ゴールデンカップス
ハプニングスフォー
モップス
といったバンドが出現してくる

そんな実力派
濱のGSゴールデンカップスでありますが
いろいろメンバーが入れ替わって
ブリティッシュ・ハードロック志向になったり
アメリカンロック的な傾向が強くなったりと
GSの隆盛と衰退を乗り切ろうと
試行錯誤をくりかえした感があります。



朝まで待てない/ザ・モップス
朝日よさらばモップス1968



薄めのファズ使用で
サイケ度はそれほどでも
ありませんが、何を隠そう
これが阿久悠の出世作となります

内発性があろうがなかろうが
モップスが
サイケデリック・ミュージックを
標榜して登場してきた
日本最初のバンドであることは
事実である

1966年、埼玉で
結成されたこのバンドは
当初は
ヴェンチャーズ・ナンバー
などをレパートリーとする
エレキインスト・バンドに
過ぎなかった

そこに鈴木ヒロミツの
加入によって
ヴォーカルにも
取り組むようになり
やがて
埼玉や都内のディスコテーク
ゴーゴー喫茶などで
活動を始め
67年には
GSブームを見越した
ホリプロと契約を結んだ。

GS戦国時代に突入する
67年、秋の
レコードデヴューに際し
なんとか他のバンドと
区別化を計ろうと策が
ねられた結果、
日本最初のサイケデリック・グループ
として売り出されることになった。

これは
事務所の社長、堀 威夫の
アイデアで
彼はちょうど、その年の
夏に訪れたサンフランシスコで
フラワー・ムーブメントを
目の当たりにし、
「次の時代はこれだ」
と直感していた。

ジェファーソン・エアプレインなどの
レコードを聴かされた
モップスは
これなら自分たちの
カラーともマッチすると
乗り気になったのであった。

67年11月デヴュー盤
「朝まで待てない」が
ビクターからリリースされた。


奇抜な衣装をまとい、
目隠しをして歌ったり
ドラムが真横を向いて演奏したり

サイケデリック・イメージの
演出につとめた結果
この曲は
オリコン38位までいった




朝日よさらばモップス1968

モップスの

初アルバムで
サイケデリック音楽への
アプローチを高らかに謳った
日本最初のアルバム

『サイケデリック・サウンド・イン・ジャパン』収録曲。
そのなかでも
ファズを使用した
「朝日よさらば」は
欧米でも非常に評価が高い。

なお、
1968年2月封切りの
日活映画『星影の波止場』で
モップスがこの曲を
演奏するシーンを見る事が出来る。



幸せの道ザ・ワイルド・ワンズ 1968

五枚目のシングル
「恋するアニタ」のB面。
ワンズと言えば
「青空のある限り」で
重厚な12弦ファズが有名ですが、
こちらはうっすらとかかったファズ。
 
シタールのような
ファズギターと
トレモロをかけたような
サイケオルガンが
隠し味のガレージ・フォークロック。

このイメージのままで
次の曲を聴いてもらうと
その強烈なギャップに
脳に電撃が走る
と思います。

ワイルド・ワンズといえば
「想い出の渚」をはじめとする
大ヒット曲をもつ
和製フォークロックグループ

フォークロック系GSなんですが

ワンズの思いがけない
ガレージな側面を見ることが出来る

陽はまた昇る/ザ・ゴールデン・カップス



ザ・ゴールデン・カップスの
デヴュー・シングル1967年
6月東芝からリリースされた
「愛しのジザベル」のB面 

「陽はまた昇る」

67年、68年は
GS戦国時代で
猫も杓子もファズでございます

68年には
アマチュア・バンドにも
すっかりファズが浸透し

演歌にも民謡にも、
ファズサウンドが
取り入れられまして
アノひずんだ音の花盛りと
なったのであります。

カップスとファズという
二つのキーワードを
結びつけた
その先には
ギタリストの濱のブルーズキング エディ藩
という名前が浮かび上がってくる。


すでに
尾藤イサオの66年11月リリース
9枚目のシングルA面
「ワーク・ソング」
演奏は
ジャッキー吉川とブルーコメッツ

この間奏に
ファズトーン・ボックス
が使われています。
これが日本最初のレコード
なんじゃないかということなんですね。

さらに同年同月
66年11月に発売された
ブルーコメッツの
「ベストヒット66」
というアルバムに収録されている
「涙のギター」の後半部分で
ファズの音が確認できる

すなわち
日本で最初に
ファズを使った曲を
レコード化したプロバンドは
ブルーコメッツ
であるということになる。

しかし、エディ藩は
ゴールデン・カップスに
行く前のアマチュア時代に
すでに
ファズを使っていた
という事で知られております。

これは
エディ藩が19のときに
渡米してディズニーランドで
ヤードバーズの演奏を
目の当たりにしてるので
ファズを現地で体験して
そのときに20ドルで
購入したものが
日本上陸第一号である
というもので

『ヤング・ミュージック』誌
68年7月号でも
インタビューで
その事に触れています。




ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!



紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg





なんと!ポッドキャスト『 R'lyeh』がうっかりラジオになっちゃった!!
うっかり聴くと正気度が下がる D,侯爵の『RADIO R'lyeh』 FMおだわら(78.7MHz)にて 毎週日曜21:00~21:30放送!(再放送は毎週月曜25:00~25:30放送)

FMおだわらはWebで聴けます!
サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/
   直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx  
※Windows Media Playerのみ対応しています
※Macintoshでサイマルラジオを聴けるようにする方法
  (OS) : Mac OS 10.3.9以降  (ソフトウェア) : QuickTime 6.5以降である必要がありますよ~。そこにWindows Media Components for QuickTimeというソフトウェアをダウンロード、インストールしてやれば聴けるようになります。

iPhone、iPod touch および iPad、Android携帯やタブレットでFM小田原を楽しむ方法として「TuneIn Radio」をお勧めしています→App Store - 『 TuneIn Radio

Android携帯やタブレット→『 TuneIn Radio
by marquis_de_d | 2015-03-22 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第壱佰弐拾夜蜂夜■
b0050938_131149.jpg



新宿マドモアゼル/チコとビーグルス
ヨコハマ野郎/テリーズ
ワンス・アゲイン/ザ・ラヴ
ブルーフィンガーズ/ザ・フィンガーズ
オーバー、アンダー、サイドウェイズ、ダウン/ザ・ビーバーズ
ストーン・フリー/デ・スーナーズ



新宿マドモアゼル/チコとビーグルス

新宿マドモアゼル/チコとビーグルス(1969/9)

1968,11
ジェノバと競作の
「帰り道は遠かった」で
デヴューしたチコとビーグルス

黒沢進先生による
GS審議会において
境界線上のGSとして

この辺りが線引きだろう
というポジションの
筆頭に上げられたグループ

なぜこれが
GSに入れられないか
というと、

チコとビーグルスを
GSとしてしまうと
ピンキーとキラーズまで
GSとして認識しなくては
ならなくなって
それだけは避けたかった
ということでしたが

ピンキラは当時
GSと呼ばれる事は無かったが

チコとビーグルスは
たまにGS扱いされていた
ということで
そのあたりが
ピンキラとの違いです


女性ボーカルのチコを中心とする
歌謡グループの三枚目のシングルで
収録されているCDがことごとく
廃盤になっている。名コンビ
橋本淳と筒美京平の隠れた名曲。

このカヴァーを
渚ようこさんがステージで
長年レパートリーにしてきた曲で
そのこともあってか
近年では再評価されるようになった
グループということで

まあ、ギリギリ
GSに入れても良いかな
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ヨコハマ野郎/テリーズ

寺内企画所属
バニーズの弟分として
1966年に結成されたグループ

もちろんバンド名は
寺内タケシの
ニックネームからつけられたもの

テリーズが1968年春
レコード会社を移籍して
発売した、通算三枚目のシングル
『バラの想い出』のB面

いかついルックスとは
不釣り合いな
甘いメルヘン調の
楽曲ほとんどだったテリーズだが

メルヘン調のA面と打って変わって
地元横浜を歌った
ビート歌謡で

エレキバンドの実力を
ダイナミックに発揮している作品

イントロや間奏で
ツインリードギターの
グルービングな演奏を
聴くことができる

曲メロを活かしきった
挑発的アドリブラインに

どこか
イナタイメロディが
入り混じる
カオティックロマン
ビート歌謡


ワンス・アゲイン/ザ・ラヴ

多数排出した渡辺プロのGS
実力派集団アウト・キャストで

ヘヴィなファズが
先導するビート・ナンバー
「レッツゴ・ーオン・ザ・ビーチ」

数多くのGSのオリジナル曲の
中でも”ガレージ”と呼ぶにふさわしい
「電話でいいから」

等の名曲を作詞作曲しつつ
67年夏、コレからというときに
アウト・キャストを
脱退した藤田浩一が
68年に結成したグループで

越路吹雪と競作になった
「イカルスの星」で
東芝エキスプレスからデヴュー

この「イカルスの星」の
B面が「ワンス・アゲイン」で
藤田浩一のオリジナルナンバー
ファズをフィーチャーした
ポップ・ナンバーで
凝ったエンディングが聴きもの

A面の「イカルスの星」も会心の出来で
初期の東芝エキスプレスの
中でも傑出した良い曲だったが

何故かヒットせず

彼らのパワー・ポップ性
はもっと評価されるべき

なお、藤田浩一は
のちに、トライアングル・プロの
社長として再浮上し
菊池桃子で大ブレイク

80年代のある時期、
すべてのGS出身OBのなかで
もっとも成功を収めていたと
言っても過言ではないだろう



ブルーフィンガーズ/ザ・フィンガーズ



フジテレビ『勝ち抜きエレキ合戦』で
優勝しおなじみになった



荒井由美が
このバンドの
取り巻きだったことは
有名な話

65年には
慶大風林火山杯
日米対抗バンド合戦
グヤトーン全国アマチュア・バンド・コンテスト
はじめ数々の
エレキバンドコンクールに出場し
賞を総なめ
さらに66年の
「勝ち抜きエレキ合戦」では
グランド・チャンピオン
となり全国にそのなを
轟かせた
慶応大学の実力派エレキ・バンド

本作は67年7月にでた
2枚目のシングルの『ゼロ戦』のB面で

リーダーの高橋信之
(高橋幸宏の兄)の作った
珍しく、アメリカ的な
サウンドでガッツのある
ガレージ・インスト・ロック・ナンバー


ザ・フィンガーズは
レコードでは初期は
主にエレキ・インストで
もちろん、腕に自信が
あるゆえでしょうが、
しかし
GSブーム真っ盛りのころには
時代遅れ感が否めなかった

そこで、この後に
インスト・バンドからの
脱皮をはかり、徐々に
メンバーを交代。

68年には
キング/ロンドンから
「日本初の本格的ソフト・ロック・グループ」
を謳い文句に
「愛の伝説」で再デヴューしています
(あんまり売れなかったけど)






オーヴァー・アンダー・サイドウェイズ・ダウン/ザ・ビーバーズ


-----------------------------------------
成田賢(なりたけん)(『サイボーグ009』『電子戦隊デンジマン』『獣拳戦隊ゲキレンジャー』の主題歌)
石間秀樹(のちにフラワーズ、フラワートラベリンバンド
---------------------------------

このバンドの実力と
そして、この時代の世相、
ガレージ感、サイケ感を知るには
この曲で十分ご理解いただけるだろう
ということで聴いていただきましたが、

和製ヤードバーズ、ビーバーズ。
専門家筋からは非常に
評価の高かった実力派グループ。
日本で最初の
ツイン・リード・ギターを
完成させたのもこのGSです。

1968年の6月にリリースされた
アルバム『ビバ!ビーバーズ』から。
ヤードバーズのカヴァーです。

GSでよくヤードバーズを
コピーしていたバンドと言えば
初期のゴールデンカップス
があげられますが
とくにヤードバーズの
コピーに熱心だったのは
ビーバーズだった。

「オーヴァー・アンダー・サイドウェイズ・ダウン」
ラガー・ロック的な
ポップな仕上がりで、
エンディングのラスト1分で
いろいろな楽器を
つかっているのが印象的です。

しかし、
これほどヤードバーズに
傾倒していた彼らですが
当時ほとんど評価されなかった。
やっぱり、GS最盛期ですからね
こういうのは陰に隠れちゃう。
ただ、
和製ヤードバーズとして
専門家筋の評価は高かった
そのあたりは
アルバム『ビバ!ビーバーズ』に
実力派の片鱗を見ることができます



ストーン・フリー/デ・スーナーズ

香港のナイトクラブで活動していた
所を加山雄三の妹夫妻の
目にとまり、日本にスカウトされた
フィリピン・バンド

67年に来日し
加山雄三が経営する
茅ヶ崎パシフィック・ホテル
のレストランン「一閣」の
専属バンドとして活動したのち
一旦帰国
68年3月末に
再び来日してからは
都内のジャズ喫茶
ディスコに出演し
その
本場感覚のフィーリングと
テクニックで日本のGSを震撼させた
スーナーズ

もちろん、ジミ・ヘンドリックス
のヒット曲のカヴァーで
LP『リズム・アンド・ブルース天国』に
収録されているもの

間奏でのサイケデリックな
ギター・プレイが聴きどころです

それにしても、
一体どれほど多くのGSが
ジミヘンのアルバム
『スマッシュ・ヒッツ』の
中の曲をレパートリーに
していたことだろうか
呆れるほどである。

特にこのスーナーズは
ヴォーカルのロニーが
ジミ・ヘンに似ていたこともあって?
熱心にカヴァーしていた。

ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!



紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg





なんと!ポッドキャスト『 R'lyeh』がうっかりラジオになっちゃった!!
うっかり聴くと正気度が下がる D,侯爵の『RADIO R'lyeh』 FMおだわら(78.7MHz)にて 毎週日曜21:00~21:30放送!(再放送は毎週月曜25:00~25:30放送)

FMおだわらはWebで聴けます!
サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/
   直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx  
※Windows Media Playerのみ対応しています
※Macintoshでサイマルラジオを聴けるようにする方法
  (OS) : Mac OS 10.3.9以降  (ソフトウェア) : QuickTime 6.5以降である必要がありますよ~。そこにWindows Media Components for QuickTimeというソフトウェアをダウンロード、インストールしてやれば聴けるようになります。

iPhone、iPod touch および iPad、Android携帯やタブレットでFM小田原を楽しむ方法として「TuneIn Radio」をお勧めしています→App Store - 『 TuneIn Radio

Android携帯やタブレット→『 TuneIn Radio
by marquis_de_d | 2015-03-15 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第壱佰弐拾夜七夜■
b0050938_131149.jpg


想思樹/フラワーズ
ワンモア・キッス/ザ・スピリッツ
恋にしびれて/ザ・リンド & リンダース
恋するラララ/ザ・フェニックス
心のときめき/ザ・スウィング・ウエスト
静かな嵐〈未完成テイク〉/ザ・テンプターズ




想思樹/フラワーズ

ソウシジュといえば
沖縄ヤンバルに咲く花だが

沖縄戦に散った
女学生たちの悲劇を描いた
1968年9月21日封切りの
日活映画『あゝひめゆりの塔』で
冒頭の

ゴーゴーホールで踊り狂う
昭和元禄の若者の群れを映したシーンで
使われたもので

戦争中だった20年前との
対比として効果的に使われている

フラワーズによる
スチール・ギターを駆使した演奏だが

このシーンで出てくるのは
全く別のバンドであります



ワンモア・キッス/ザ・スピリッツ

川崎のバンドで
1965年頃から市内の
ダンス・ホールなどで
活動していた。

66年2月
フジテレビの
勝ち抜きエレキ番組で
何のひねりもないタイトルなんですが
『勝ち抜きエレキ合戦』の
北海道大会で
ボーカル部門で優勝

メンバー・チェンジをへて
68年5月
キング・セブンシーズから
『人魚の涙』でデヴュー

御聴きいただいたのは
デヴューシングル
『人魚の涙』のB面
「ワン・モワ・キッス!」

ビートルズの「Tax・Man」
を思わせるベースを
フィーチャーした
カッコいい曲だが

サビは青春歌謡風という
ざんねんなナンバー

とにかく印象の薄い
バンドで、

結局、セールス的には
うまくいかずに
二枚目のシングルは
出ずじまいで

68年暮れに
メンバー5人中3人がいれかわる
という情報が
雑誌に載ったのを最期に
音信がなくなったバンド


恋にしびれて/ザ・リンド & リンダース


関西No.1GSだった
ザ・リンド & リンダース
関西のスパイダースとも言われ
関西GSの大御所
として君臨しておりましたが

レコードの売り上げはいまいちで、

69年あたりから素寒貧になって
レコードを一枚も出せずに
70年の大阪万博に
出演した後、
ついに解散した。

お聴きいただいたのは

1968/1のリリースだった
四枚目のシングル「銀の鎖」のB面。
『恋にしびれて』

エキサイティングなナンバー
ファズとストリングスが
合奏するサイケな
エンディングが聞き所です。



「恋するラ・ラ・ラ」ザ・フェニックス


はじめてワウワウペダルを導入するなど
そのサウンドエフェクトの多様ぶり
には右に出るものがいなかった
バンド、ザ・フェニックス

寺内タケシの事務所からにバニーズの弟分として
テリーズに続き1967年に結成され
結成直後、油壺で一ヶ月に及ぶ
長期合宿でお得意の寺内タケシ式スパルタ教育で
鍛えられ、寺内企画、
「1968年の秘密兵器」
というキャッチフレーズで売り出された

デヴューシングル
「恋するラ・ラ・ラ」(1968/1

能天気なロックンロールに

エフェクター使用の
ギターが印象的で
ギュワンギュワンいっている
エフェクターが随所に
確認できますが
ボーカルにも
得体の知れないエフェクトが
かかっているのが
特徴

しかし
大衆にはまだ
サウンドエフェクト過多の
音楽は突飛すぎたのか
いまいち
ヒット要素にかけていた。

ザ・フェニックスは
レコードはシングル二枚で
その後、出ずじまいなものの

しかし
横浜、東京のジャズ喫茶を中心に
地道に活動を続け
月に40本という
ライブスケジュールで
ほぼ毎日仕事があり、

実質的には
寺内企画で一番の黒字バンドだった。


心のときめき/ザ・スウィング・ウエスト

1960年代の
ロカビリー時代から続いている
伝統のあるバンド

というか正確には
1957年三月に結成された
ウエスタン・バンドが
何度も衣替えしている
うちにGS時代まで
生き残ってしまった
というバンド

伝統あるこのバンドも
66年頃には
はやりの
エレキ・ギター・バンドに
なっていたが

バンド編成は
歌手三人に
バンド五人という
前近代のままで
前時代の名残を感じられる

GS時代は68年5月にリリースした
「幻の乙女」のB面
『雨のバラード』が
思わぬヒットを飛ばし
このバンドの存在も
少しは知られるようになったが
70年には解散。

御聴きいただいたのは
1968年2月15日リリースの
5枚目のシングル
『ストップ・ザ・ミュージック』の
B面「心のときめき」

オランダのバンド
ウイリー&ヒズ・ジャイアンツ
(ウイリーと彼のジャイアント)の
63年発表のインストナンバーに
日本語歌詞をつけたもの

ファズと親しみやすいリフを
交互に演奏している

なお、この頃の
動くスウィング・ウエストを
1967年7月封切りの
日活映画『前科・ドス嵐』
で見ることが出来る

クラブで「そよ風のバラード」を
歌うシーンだ。
ビデオ化されているので
運良く発掘した人は
チェックしてみていただきたい



静かな嵐〈未完成テイク〉/ザ・テンプターズ

69年7月にリリースされた
テンプターズのシングル
『帰らなかったケーン』のB面
ソフト・ロック調の
「静かな嵐」の完成前のテイクで

基本的なバッキング・トラックが
完成し、ヴォーカル&コーラスを入れ
編集を終えた時点の物で

ここにホーンとキーボードが
ダビングされて最終ミックスが施されたものが
完成ヴァージョンとなるわけだが

この未完成テイクも
ガレージ的観点からみれば
アリだな



ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!



紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg





なんと!ポッドキャスト『 R'lyeh』がうっかりラジオになっちゃった!!
うっかり聴くと正気度が下がる D,侯爵の『RADIO R'lyeh』 FMおだわら(78.7MHz)にて 毎週日曜21:00~21:30放送!(再放送は毎週月曜25:00~25:30放送)

FMおだわらはWebで聴けます!
サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/
   直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx  
※Windows Media Playerのみ対応しています
※Macintoshでサイマルラジオを聴けるようにする方法
  (OS) : Mac OS 10.3.9以降  (ソフトウェア) : QuickTime 6.5以降である必要がありますよ~。そこにWindows Media Components for QuickTimeというソフトウェアをダウンロード、インストールしてやれば聴けるようになります。

iPhone、iPod touch および iPad、Android携帯やタブレットでFM小田原を楽しむ方法として「TuneIn Radio」をお勧めしています→App Store - 『 TuneIn Radio

Android携帯やタブレット→『 TuneIn Radio
by marquis_de_d | 2015-03-01 22:33 | RADIO R'lyeh


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
『D,の部屋』
メインHPは↓から

D,の部屋
ブログパーツ
カテゴリ
全体
日常の一喜一憂
映画の一喜一憂
RADIO R'lyeh
ダイエットの一喜一憂
料理の一喜一憂
ポッドキャストの一喜一憂
自分勝手語辞典
備忘録
創作小説・童話
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
aobashi
信楽 楽入陶房 壺中庵
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧