人気ブログランキング |
<   2016年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第壱佰八拾禄夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □


ラヴァーズ・シェイク/ジャッキー吉川とブルー・コメッツ
モンキーダンス/田辺昭知とザ・スパイダース
赤毛のメリー/ザ・ガリバーズ
アフロテディ/ザ・クーガーズ
君をはなさない/ザ・ハイローズ
ドゥープ/フラワー・トラベリン・バンド+日野皓正クインテット
アルディンのテーマ/ザ・ヘルプフル・ソウル



ラヴァーズ・シェイク/ジャッキー吉川とブルー・コメッツ(1967/10

シングルではあえて
日本的な歌謡曲作品
を発表していた
ブルコメですが

アルバムではこのようなグルーヴィーな作品や
実験的な作品を聴くことができる
ブルーコメッツは
そのきちんとした印象の
パブリックイメージだけでは納まりきれない
様々な傾向の作品に挑戦しています

『ブルー・コメッツ・オリジナル・ヒット第2集』収録曲



モンキーダンス/田辺昭知とザ・スパイダース



1965年5月クラウンから
「フリフリ/モンキーダンス」
というシングルが
田辺亜昭知(たなべしょうち)と
ザ・スパイダーズ名義でリリースされた。
これが記念すべき
デヴューシングルでありまして

まさにGSの起原となった
歴史的シングルといえる

B面の「モンキーダンス」は
キンクス的なリフで始まる
ダンス・ナンバー
作詞家、阿久悠の処女作。

この記念すべきシングルのジャケットに
かまやつひろしが入っていないのは
ジャケットの撮影日に寝坊して遅刻したという
エピソードが在りますが

1966年2月クラウンから
発売されたコンパクト盤
「青春ア・ゴー・ゴー」
にも入っている。



赤毛のメリー/ザ・ガリバーズ(1968/7)

筒美京平のGS名曲の一つである
メンバーだけによる演奏も素晴らしい。
印象深いワウ・ファズ・ギターではじまり
慌ただしい展開の歌が入り
ラストの汽笛の音でとどめを刺すガレージ・ポップ


作詞:橋本淳
作曲:筒美京平

ザ・ガリバーズ

リリース作品は
シングル一枚だけだが、
レコード・デヴュー前にも
ニッポン放送の
『オールナイトニッポン』で
GS人気投票でトップに
立ったこともあったという、                                                謎の人気のあったグループ

何本もギターを壊したり、
オックスとの乱闘騒ぎなど、
パンクな話題を
提供していたバンド。

「赤毛のメリー」

メンバー六人組なのになぜ
「俺たち五人は~」なのか謎ですが

同年、秋にリリース予定だった
第二弾オリジナル曲「砂山」が
発売直前になって中止。

その後、
典型的なマッシュルームカットで長身の
このグループの華やかな
イメージを代表していた
サイドギターの小柴秀樹が抜けて
五人編成になってしまうあたり、
何か予言めいたものを感じないでは
いられません。

とにかくレコード運のないグループで
69年9月に新メンバーによるレコード
「ブラック・エンジェル」が
リリースされる予定だったが、
これも発売直前でお蔵になってしまった。

結局、シングル一枚で消えて行ったわけでありますが


アフロデティ/ザ・クーガーズ(1967.10


GSというのは
どうしても
「太陽」「星」「渚」「夕陽」
と言ったGS的語彙
のオンパレードでもって
また、エレキサウンドと
いえば季節は夏と
いう認識が
心のどこかに
あったためかと
思われますが

67年というのは
GSブームを支えた
タイガース、
テンプターズの
超絶的な
人気を誇るA級GSが
デヴューした年ですが


クラウンに
和製ポップス部門が
誕生したのも67年

泉アキ、
レインジャーズ
サムライズなどと一緒に

ガレージ行進曲
「テクテク天国」をひっさげて
デヴューしたのが
クーガーズだった。

その『テクテク天国』のB面

ギリシャ神話をモチーフにした
エロス+ファズトーンのナンバー






君をはなさない/ザ・ハイローズ(1967.11.10



このグループやワンダーズなどは

運悪くGS時代にデヴューする
ことになったため
何とも中途半端なスタイルに
なってしまったが
本来は
フォア・フレッシュメンばりの
コーラスを聴かせる
ハイブローなグループで

時代が違っていたら
日本のソフト・ロック・グループの
先駆者として評価されるような
活動をしていたかもしれない。

66年5月
大学時代の仲間が
集まって結成されたグループで
横浜や都内のジャズ喫茶
米軍キャンプなどで
活動していた

レコードのジャケットの姿は
七三に分けたヘアースタイルに
赤いジャケットに黒い蝶ネクタイの
ムードコーラス志向の写真だが

このデヴュー曲
『君をはなさい』を聴けば
誰もが
マッシュルーム・カットの
バリバリのGSだ

ただし、ギターではなく
ヴァイヴラフォンを
フィーチャーしている。




「ドゥープ」フラワー・トラベリン・バンド+日野皓正クインテット



「ドゥープ」フラワー・トラベリン・バンド+日野皓正クインテット

シングル「クラッシュ」のB面(1970

元ビーバーズの
石間秀樹がシタールを
弾いているこの曲は

日野皓正1969『ハイノロジー』
でも聴く事ができる。

ジャズの日野皓正クインテットと
ニューロック&ニュージャズ・セッション。


アルディンのテーマ/ザ・ヘルプフル・ソウル(1969/1)
 虫プロのアニメ映画「千夜一夜物語」の挿入歌

神戸のアメリカン・スクールの
生徒達が結成した四人組のバンド

ニュー・ロック・グループ、
平均年齢16歳
ザ・ヘルプフル・ソウルの
ブルース・サイケナンバー。

69年頃というのは
日本中を
熱狂の渦に巻き込んでいった
GS旋風も崩壊の一途を
たどっていた頃でありまして、
ジミ・ヘンドリックス、
レッド・ツッペリンなどの
登場によって
英米で巻き起こっていた
ロックの新しい波は
「ニュー・ロック」という名称で
日本にも上陸いたします。
従来のGSとは
一線を画すロックグループが
生まれた時代。
横浜のパワー・ハウス、
東京のエイプリルフール、そして
神戸のザ・ヘルプフル・ソウル
-----------------------------------------------
67-68年の日本というのは
サイケデリックムーブメント
とにかく、音楽のみならず照明、
装飾、ファッション
あらゆるものに
サイケデリックアートの怪しい花が咲いていて
神戸には「メイドイン日本」なる最先端ディスコがあった
何が最先端かと言えば当時、サイケデリックアーティストとしてデヴューしていた
横尾忠則がホールの壁一面に絵を描いてあって
そういった音楽の根ざす土壌があったのかもしれません。
-----------------------------------------------

この曲は映画サントラアルバム「千夜一夜物語」から
シングルカットされてリリースしたときオリコン97位に入るマイナー・ヒットな
成績を残しておりますが、このグループは学校を卒業したら解散しようという
メンバーの中で約束があって1969年の夏をもってあっさり解散してしまうんです。

このグループはその後それぞれポップ音楽界に影響する人物になっていきます。
ボーカルのジュニオ・ナカハラはToo Much
ドラムの司英一はジプシー・ブラッド
ベースのチャールズ・チューは解散後、ソロシンガー、チャーリー・コーセーと
名を変えてアニメ「ルパン三世」のテーマを歌っております。
ギターのジーン・ショウジという方、非常に巧いわけなんですが、
解散後は千夜一夜物語がきっかけで冨田勲氏の助手になってます。


とまあ、こういった時代の人たちが
日本の音楽史を築いていったわけであります

-----------------------------------------------



ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg





なんと!ポッドキャスト『 R'lyeh』がうっかりラジオになっちゃった!!
うっかり聴くと正気度が下がる D,侯爵の『RADIO R'lyeh』 FMおだわら(78.7MHz)にて 毎週日曜21:00~21:30放送!(再放送は毎週月曜25:00~25:30放送)

FMおだわらはWebで聴けます!
サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/
   直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx  
※Windows Media Playerのみ対応しています
※Macintoshでサイマルラジオを聴けるようにする方法

1、VLCをインストールする
2、ストリーミングするURLを取得する
3、VLCで2.のURLを開く

VLCを公式サイトから最新版をダウンロードしてきてインストールしてみてはいかが? (2013/5/19時点 Version 2.0.6)。
http://www.videolan.org/vlc/

最近ではこれが一番快適でっす!

iPhone、iPod touch および iPad、Android携帯やタブレットでFM小田原を楽しむ方法として「TuneIn Radio」をお勧めしています→App Store - 『 TuneIn Radio

Android携帯やタブレット→『 TuneIn Radio
by marquis_de_d | 2016-04-24 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第壱佰八拾伍夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □

ハロー・アイ・ラブ・ユー(ライブ・ヴァージョン)/オックス
クレイジー・ミッドナイト/ザ・モージョ
本牧ブルース/平田隆夫とセルスターズ
ベイビー/ザ・デビィーズ
気ままなシェリー/アウト・キャスト
熱くなれない/ザ・モップス
カム・オン…!/オリーブ



ハロー・アイ・ラブ・ユー(ライブ・ヴァージョン)/オックス



GSブームが行き着いた果てに
出てきたバンドで
芸能としてのGSを
極限まで押し進めたグループ。
GSの可能性を全く別の方向に
広げたと同時にぶち壊しもした。

当時、志のある男の子ならば
絶対に好きといっては
いけないグループが
タイガースと
フォーリーブスと
そしてこのオックスだった



「ハロー・アイ・ラブ・ユー」
ドアーズの68年夏の
全米ナンバー・ワン・ヒットの
カヴァー。

時代のオーラがそうさせるのか
ビジュアル系の
オックスまでもがサイケデリックしてた


クレイジー・ミッドナイト/ザ・モージョ




クレイジー・ミッドナイト /ザ・モージョ 1969.1

弘田三枝子の
バックバンドとして
活動していたグループ、
”渡辺明とリズム&ブルーセス”
のキーボード奏者だった
本田竹彦が67年に結成した
グループで

その後、68年2月から
2ヶ月間アメリカへ
勉強にいっていた弘田三枝子が
帰国後「日本のアレサ・フランクリン」
としてR&Bを歌い始めた頃
やはり、
弘田三枝子のバンドとして
活動していました

ザ・モージョの
唯一のシングル
『欲ばりな恋』のB面

豪快な笑い声をいれたりする
おちゃらけぶりは
さすがジャズ出身者
ならでは。

ファンキーなR&Bで
今やクラブDJ定番曲にも
なっているとかなっていないとか


本牧ブルース/平田隆夫とセルスターズ
ベイビー/ザ・デビィーズ


本牧ブルース /平田隆夫とセルスターズ 1974.8

素晴らしい
歌声を聴かせる
ハーフのシンガー、
セシリアが加入した
後期のセルスターズの貴重音源。

アルバム
『リズム・ブルース・ニッポン』に
収録された
ゴールデン・カップスのカヴァー。




ベイビー/ザ・デビィーズ(1969.5


デビィー中野という
黒人音楽好きの人物が
マネージャーになって
67年6月に結成された
北海道のGS

札幌をテーマに歌った
2枚目のシングル『エルムの恋』のB面


クレジットにある
作曲家のベン・ミラーとは
戦後歌謡界を代表する
作曲家
遠藤実のペンネーム

北海道のGSはムードコーラス感が強い

68年9月ミノルフォンから
ムードコーラス調の
「青いささやき」でデヴュー
69年5月には二枚目のシングルを
リリースするも
いずれもヒットとは無縁

その後レコードを
出すことはなかったものの
実力派R&Bとして
札幌でしばらく
活動を続けていた。





気ままなシェリー/アウト・キャスト


後の大物業界人を
多数排出した渡辺プロのGS

エレキ・バンド”ブルー・エース”の
水谷淳(作曲家:水谷公生きみお)
が中心になり
66年春に結成された
実力派集団アウト・キャスト

67年1月にでた
デヴュー・シングルのB面。

キャンディーズの
『春一番』の生みの親
穂口雄右(ほぐちゆうすけ)の弾く
当時、日本に二台しかないと
いわれたドイツのホーナー社製の
エレクトリック・ピアノ
が聴ける心地よいキュートで
小気味良いポップ・ソング



熱くなれない/The Mops(1968/8


モップスの三枚目のシングル
『おまえのすべてを』のB面

熱くなれない/ザ・モップス(1968/8

彼らの
サイケデリック路線も
堂にいってきた頃の傑作


村井邦彦の作曲、星勝を中心とした
バンド自身のアレンジで
GS・アッシド・ロックの
傑作といえる仕上がり
-----------------------------------------------
(三枚のシングルは
阿久悠、村井邦彦のコンビです)
-----------------------------------------------


イントロは

ジェファーソン・エアプレインの

アルバム
『アフター・ベイジング・アット・バクスターズ』
に収録されている

『ザ・バラッド・オブ・ユー・アンド・ミー・アンド・プーニール』

にそっくりなんですが
このあたり

レコードデヴューに際し
67年、秋の
GS戦国時代を
なんとか生き残ろうと策が
ねられた結果、

日本最初のサイケデリック・グループ
として売り出されることになって

ジェファーソン・エアプレインなどの
レコードを聴かされた
モップスは
これなら自分たちの
カラーともマッチすると
乗り気になった。

という記述とも一致いたします。

まあしかし、
この三枚目のシングルまでは
ファズギターを駆使した
サイケデリック路線が
続いたんですが

69年に入る頃には
それまでのイメージを払拭

よりシンプルな
ロック、ブルーズ、R&Bと
言った方向に転じることになる。

69年末には東芝に移籍
してますが
意欲的に挑んだ
ロックンロール・リバイバル
的な音楽は全く理解されなかった

海外のガレージ・マニアが
評価しているモップスは
このビクター時代だけ



さて


ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい

---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------
罵詈雑言美辞麗句ございましたら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」でお便り待ってます。


それでは今夜は
おわかれに


カム・オン…!/オリーブ 1970.11.25

シルヴィ・ヴァルタンあたりに
歌わせればもっと売れただろう
と思わずにはいられない楽曲

ショーケン似のボーカリスト
木村みのるが人気だったGSの
三枚目のシングル。

作曲は
和製ソフトロックの名曲を
数多く生んだ
村井邦彦の作品

CD化されるまで、
GSマニアの間では最後の名曲
と噂されていた曲

親しみやすい
バブルガム・ポップで

ポップなメロディを溌剌と
歌うボーカルのわりに
地味に聞こえる演奏は

いかにも70年代ニューロック的

第二のオックスを作ろうとして
ホリプロが全国から
メンバーをスカウトして
69年5月に結成したグループ

デヴュー時は
日本初のツインドラムが
売りだった。

69年10月に純正歌謡曲の
『君は白い花のように』で
フィリップスからデヴュー。

69年秋といえば
「もはや時代はGSではない」
といった
もはや
GS的なものが
世間から急速に消えていった
そんな時期である。

そんななかで、あくまで
旧来のGSスタイルで
売り出された彼らは
いわば最後のGSなのである

カム・オン…!/オリーブ 1970.11.25



そんなわけで、今夜も

D,侯爵のラジオルルイエあっという間にお別れの時間、
皆さんまた来週この時間にFMおだわらでお会いしましょうね
僕の人生が続いている限り配信し続けたいと思います

それでは皆さま、来世でもよろしくチャオー





ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg





なんと!ポッドキャスト『 R'lyeh』がうっかりラジオになっちゃった!!
うっかり聴くと正気度が下がる D,侯爵の『RADIO R'lyeh』 FMおだわら(78.7MHz)にて 毎週日曜21:00~21:30放送!(再放送は毎週月曜25:00~25:30放送)

FMおだわらはWebで聴けます!
サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/
   直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx  
※Windows Media Playerのみ対応しています
※Macintoshでサイマルラジオを聴けるようにする方法

1、VLCをインストールする
2、ストリーミングするURLを取得する
3、VLCで2.のURLを開く

VLCを公式サイトから最新版をダウンロードしてきてインストールしてみてはいかが? (2013/5/19時点 Version 2.0.6)。
http://www.videolan.org/vlc/

最近ではこれが一番快適でっす!

iPhone、iPod touch および iPad、Android携帯やタブレットでFM小田原を楽しむ方法として「TuneIn Radio」をお勧めしています→App Store - 『 TuneIn Radio

Android携帯やタブレット→『 TuneIn Radio
by marquis_de_d | 2016-04-17 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第壱佰八拾四夜■

ドライヴィング・ブルース/井上宗孝とシャープ・ファイブ
ミセス・ロビンソン/ザ・レインジャーズ
アイ・ラヴ・ビィ・ビィ/ファイブ・キャンドルズ
I'm In Love/Fingers
恋するラ・ラ・ラ/ザ・フェニックス
女の子/ザ・デビィーズ
マイ・ラブ、マイ・ラブ/ザ・ヤンガース



ドライヴィング・ブルース/井上宗孝とシャープ・ファイブ
ミセス・ロビンソン/ザ・レインジャーズ

ドライヴィング・ブルース/井上宗孝とシャープ・ファイブ(1966.12

二枚目のシングル
「追憶」のB面


1964年5月に解散した
大御所のロカビリーバンド
”ウエスタン・キャラバン”
にいた
井上宗孝、秋山功、古谷紀(おさむ)
の三人に他メンバー二人を加え
シャープホークスに合体したのが
始まりで当初は
”シャープホークスとそのメンバー”
と名のっていた。
その後、
メンバーに二人加わって前田旭

65年3月にはブルー・ファイヤー
にいた天才ギタリスト
三根(みね)信宏
も加わって、
65年6月にフジテレビで
始まる「勝ち抜きエレキ合戦」に
レギュラー出演することが
決定したのをきっかけに
シャープ・ホークス
からバンドを切り離し
ここに
”井上宗孝とシャープ・ファイブ”
が誕生する。

「勝ち抜きエレキ合戦」は
エレキブームを加熱させ
超人気となり、この番組で
毎週模範演奏を披露する
シャープ・ファイブは
当時、ギターキッズの
憧れの的。
エレキ時代の象徴的存在だった。

日本を代表する
エレキ・インスト・バンドとして
65年から66年にかけて
キングからアルバムも
続々リリースしたが

GS時代にさしかかると
のシングルでは
歌ものもやっていた。

そんなわけで
ドライヴィング・ブルース/井上宗孝とシャープ・ファイブ(1966.12

ロックンロールに別名をつけるとするならば
チャックベリーだとジョンレノンがいってますが
当時としては異例の
チャック・ベリー・スタイルの
ロックンロール

メンバー全員で
次々に泥臭いボーカルを
まわしているが

クールな演奏との
ギャップが
後を引く


ミセス・ロビンソン/ザ・レインジャーズ

4枚目のシングルのA面で
68年7月にリリースされた
映画『卒業』でおなじみの
サイモン&ガーファンクル
の大ヒット曲の日本語カヴァー

なお、バンド名の表記が
二枚目のシングルから
レンジャーズと
変更している。

この頃のレンジャーズの
シングルは録音は
すべてオーケストラによる
もので本人たち抜きの
演奏という味気ないもので

いわゆるガレージ系の音では
ないが
生き生きとした
パーカッションが心地よい。

ちょっとまて
そんな歌詞だったかあ

と首を傾げずにはいられない
ほとんど替え歌的
意訳カヴァー

イントロ部分に聞こえる
フクロウの声のような
こもった音は
一体なにで出しているのか
不明で気になっているが
いまだに謎。




アイ・ラヴ・ビィ・ビィ/ファイブ・キャンドルズ(1968.10

デヴューシングルのA面

攻撃的な
分厚くかけたファズギターと
快活なパーカッションに朗々とした
バリトンボーカルと
ファルセットコーラスが
絡むグルーヴ・チューン

ファイブキャンドルズという
このグループはよくわからない。
A面はガレージ調のGS曲の
筆頭におかれるような
ファズを熱くかけた
グルーブ満点の曲だが
B面は歌謡ムードコーラスの
「大阪の娘」で

でも、どっちも
これ一枚だけで

その後の活動は
非常に落ち着いた
シックな曲調の
フォークソングが主流だった
グループ。

いずれにせよ
ロックとは遠い活動を
していた人たちでも
68年という時代はファズが
かかったビートポップスを
やっていたのだ。


I'm In Love/Fingers

荒井由美が
このバンドの
取り巻きだったことは
有名な話

65年には
慶大風林火山杯
日米対抗バンド合戦
グヤトーン全国アマチュア・バンド・コンテスト
はじめ数々の
エレキバンドコンクールに出場し
賞を総なめ
さらに66年の
「勝ち抜きエレキ合戦」では
グランド・チャンピオン
になり全国にそのなを
轟かせた実力派バンド

しかし

レコードでは

初期は
主にエレキ・インストで

GSブーム真っ盛りのころには
時代遅れ感
が否めなかった

そこでフィリップスから
歌入りの曲を作れと
本城和治は
命じられるわけであります

よって
後期はバンド自身が望んだわけではない
ソフトロック志向が多くなってくる

そんな
フィンガーズの
貴重なミッシングリンク
といえる曲で「I'm In Love」

2000年になって発掘されるまで
未発表だったのが
『GSウルトラ・レア・トラックス』収録
----------------------------------------------------------
エレキ・インスト・バンドとして
出発した彼らが
成毛(なるも)滋を
ギターキッズなら知らない人はいない
ドクターシーゲル
中心に新しいロックのトレンドに
傾倒していく様子が分かる。
----------------------------------------------------------

なんとこの曲は
ステージでは40分を越えるナンバーで
ここに残された録音は
習作的な物らしいが
音はまぎれもなく
ガレージ・サイケだ。
レコードだけでは伺えない68年の
日本ロック・シーンを切り取る
貴重な記録である。
GSがもう少し商業主義から
離れたところで展開することが
できたらどんなに面白かっただろう。


恋するラ・ラ・ラ/ザ・フェニックス
女の子/ザ・デビィーズ

恋するラ・ラ・ラ/ザ・フェニックス

はじめてワウワウペダルを導入するなど
そのサウンドエフェクトの多様ぶり
には右に出るものがいなかった
バンド、ザ・フェニックス

寺内タケシの事務所からにバニーズの弟分として
テリーズに続き1967年に結成され
結成直後、油壺で一ヶ月に及ぶ
長期合宿でお得意の寺内タケシ式スパルタ教育で
鍛えられ、寺内企画、
「1968年の秘密兵器」
というキャッチフレーズで売り出されたものの

デヴューシングル
「恋するラ・ラ・ラ」(1968/1

能天気なロックンロールに

エフェクター使用の
ギターが印象的で
ギュワンギュワンいっている
エフェクターが随所に
確認できますが
ボーカルにも
得体の知れないエフェクトが
かかっているのが
特徴


大衆にはまだサウンドエフェクト過多の
音楽は突飛すぎたのか
いまいち
ヒット要素にかけていた。


ザ・フェニックスは
レコードはシングル二枚で
その後、出ずじまいなものの
横浜、東京のジャズ喫茶を中心に
地道に活動を続け

月に40本という
ライブスケジュールで
ほぼ毎日仕事があり、

実質的には
寺内企画で一番の黒字バンドだった。



女の子/ザ・デビィーズ


女の子/ザ・デビィーズ

デビィー中野という
黒人音楽好きの人物がマネージャーになって
67年6月に結成された
北海道のGS

「女の子」

69年5月30日に録音された
まま、お蔵入りしていた
ものが
2001年になって
発掘され
CD化したもの


マイ・ラブ、マイ・ラブ/ザ・ヤンガース



デヴュー前から
ファンクラブの会員が2000人いた
というヤンガーズ

ヤンガーズは元々
新宿のジャズ喫茶
ラ・セーヌが全国から
優秀なメンバーを
スカウトして67年9月に
結成したバンド。


デヴューシングル
「マイ・ラブ・マイ・ラブ」のA面。

作詞作曲は17才のリードギター
鈴木陽一(1951年3月生まれ)
によるもの。

アレンジにもプロの作家には無い
斬新さがある

レコードセールス的には
デヴューシングル以後も地味で
あんまり売れてないんですけれども

都内の女子中高生を中心に
人気があって、
GS第三世代を代表するグループ
として、70年代以降も
活躍を続けた。

彼らにはもっとこの路線で
録音を残してほしかったものだ


ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg





なんと!ポッドキャスト『 R'lyeh』がうっかりラジオになっちゃった!!
うっかり聴くと正気度が下がる D,侯爵の『RADIO R'lyeh』 FMおだわら(78.7MHz)にて 毎週日曜21:00~21:30放送!(再放送は毎週月曜25:00~25:30放送)

FMおだわらはWebで聴けます!
サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/
   直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx  
※Windows Media Playerのみ対応しています
※Macintoshでサイマルラジオを聴けるようにする方法

1、VLCをインストールする
2、ストリーミングするURLを取得する
3、VLCで2.のURLを開く

VLCを公式サイトから最新版をダウンロードしてきてインストールしてみてはいかが? (2013/5/19時点 Version 2.0.6)。
http://www.videolan.org/vlc/

最近ではこれが一番快適でっす!

iPhone、iPod touch および iPad、Android携帯やタブレットでFM小田原を楽しむ方法として「TuneIn Radio」をお勧めしています→App Store - 『 TuneIn Radio

Android携帯やタブレット→『 TuneIn Radio
by marquis_de_d | 2016-04-10 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第壱佰八拾参夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □

悲しみのかげに/スケルトンズ
ソー・ロング・ベイビー/ザ・モージョ
欲ばりな恋/ザ・モージョ
悪魔のベイビー/ザ・クラックナッツ
マーシー・マーシー/ザ・ボルテージ
ロック天国/ザ・ワンダース
ハイウェイの孤独/ズー・ニー・ヴー


悲しみのかげに/スケルトンズ



ザ・スケルトンズ/悲しみのかげに


スケルトンズは京都出身の
和製ラスカルズを
目指していた
グループ

唯一のシングル
『星の王子さま』のB面から
「悲しみのかげに」
を聴いていただきましたが

米国ブルーアイドソウルの
第一人者ラスカルズの
「Find Somebody」の
日本語カヴァーという

マニアック選曲



ソー・ロング・ベイビー/ザ・モージョ
欲ばりな恋/ザ・モージョ



ソー・ロング・ベイビー/ザ・モージョ
欲ばりな恋/ザ・モージョ



弘田三枝子の
バックバンドとして
活動していたグループ、
”渡辺明とリズム&ブルーセス”
のキーボード奏者だった
本田竹彦が67年に結成した
グループで

その後、68年2月から
2ヶ月間アメリカへ
勉強にいっていた弘田三枝子が
帰国後「日本のアレサ・フランクリン」
としてR&Bを歌い始めた頃
やはり、
弘田三枝子のバンドとして
活動していました

69年2月に『欲ばりな恋』で
デノンからデヴュー
デヴュー時のメンバーは

リーダでオルガン担当の本田竹彦
ヴォーカル:鈴木実と西久保和来かずき
ギター:南正博
ベース:山田英男
ドラムス:平野裕之ひろゆき

なんですが
『欲ばりな恋』リリース直後の
1969年3月に
リーダの本田竹彦
ギター:南正博
ベース:山田英男
が脱退

メインのメンバーを失って
危機的な状態に陥ってしまう

オルガン古田皓士ひろし
ギター三畑貞次

を迎え入れ再起を図ったが
浮かび上がることなく
そのまま消え去った
グループ


ソー・ロング・ベイビー/ザ・モージョ

近年発掘された
ザ・モージョの未発表曲
この曲は1968年11月に
レコーディングしているので
グループ創立者である
オルガンの本田竹彦と
前任のギタリスト南正博が
参加している可能性が高い
録音ということになります。

この曲は当時未発表だったが
2000年に『GOOD NIGHT TOKYO』
というコンピレーションCD
に収録され陽の目をみた。
非情に完成度が高く
なぜお蔵入りしたのか

理由が全くわからない


欲ばりな恋/ザ・モージョ



ザ・モージョの
唯一のシングル
『欲ばりな恋』

69年2月に発表されたデヴュー曲
GSに御法度の
管楽器を鮮やかに導入。

ブラスとオルガンが
印象的なファンク歌謡で
ブラス・ロックの先駆的作品かも。

ギターのシャープなカッティングと
本田竹彦のスリリングな
オルガン・プレイが
聴けたんじゃないかと思います

レコード自体の希少価値も
高く、”カルトGS”を
象徴する一曲と言える。

頻繁に
メンバーチェンジの
あったグループで

この後には頭脳警察のパンタが
ごく短期間のみ在籍
していた事もあった。



悪魔のベイビー/ザ・クラックナッツ


67年に来日した
デ・スーナーズが
話題を呼んだために
当時日本には20グループ以上の
フィリピン・バンドが
活動していたと
言われています。

ザ・クラックナッツも
そのひとつで
横浜のMUGENなど
ゴーゴー・クラブで
活動していた
寺内企画所属の
フィリピン・バンド。

寺内企画には
「アマゾンズ」なる
女性だけのフィリピン・バンド
も存在していた。

寺内企画所属という
事もあり
67年秋にバニーズが
ヒットさせた
曲をそのままカヴァーさせられ
69年8/25に発売された
唯一のシングルのA面

ファズを使っていない
こと以外に独自性もなく
プロモーションらしいものは
なにもなく、全く世間に
知られずに終わってしまった。

ヴォーカルの
ローランド・メナの
フィリピンなまりの声が
印象的であります





マーシー・マーシー/ザ・ボルテージ



マーシー・マーシー/ザ・ボルテージ

ズーニーヴーと共に
黒人のソウル音楽しか
レパートリーにしなかった事で
知られる本格派のR&Bバンド


本作は68年8月に
発表された

唯一のアルバム
『R&Bビックヒット』収録曲

ローリング・ストーンズも
やっていた
ドン・コヴェイのカヴァー

橘洋介のソロで
当時のGSとしては
平均的な出来映え


この1968年8月に
発表された
『R&Bビックヒット』でありますが

GSによる
R&Bカヴァーの理想型を
見る事のできるアルバム

山下達郎氏も大絶賛しているという。

ホーン・セッションは
導入せずに
代わって、
目一杯かけたファズと
限りなくチープなオルガンが活躍

GSとしての
アイデンティティーを
失わずに
且つ
”ファンキー”や”グルーヴ”
といった
黒人音楽の本質に
鋭く迫っている

レコーディングの
際には
昨年六月に亡くなった
桜井ユタカ氏
(ソウルミュージック
R&Bミュージックなど
ブラック・ミュージックを
日本に紹介した第一人者)

が付きっきりで
アドバイスをしたという
アルバム



ロック天国/ザ・ワンダース


ロック天国/ザ・ワンダース
(1968.4

実際には幅広いレパートリー
をもつスタンダード指向の
ヴォーカル・グループだったが
GS全盛時代にデヴューしたため
分類上GSのくくりに入れられてしまった
グループ。

デューク・エイセスの創始者、
和田昭治氏に師事し
グループ名は
和田氏の名前をもじってつけたもの


ヴォーカルは
後にソロになる
尾崎紀世彦である

日本のロック・ヴォーカリスト
の起原は尾崎紀世彦にある
と筋肉少女帯の
大槻ゲンヂも申しておりました



今聴いていただいた
「ロック天国」は
反戦フォークの
ピーター・ポール&マリーが
67年にヒットさせた
おなじみのナンバー

1968.4
ユニオンからリリースされた
コンパクト盤『太陽の若者たち/ザ・ワンダーズ』
に収録された
英語ヴァージョン




ハイウェイの孤独/ズー・ニー・ヴー

そしてR&Bサイケの傑作
ハイウェイの孤独(ロンリーハイウェイ)ズー・ニー・ヴー1968
アルバム『ズー・ニー・ヴーの世界/R&Bベスト・ヒット』収録のオリジナル曲
すっごく乾いた感じの詩にしびれます。


ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg





なんと!ポッドキャスト『 R'lyeh』がうっかりラジオになっちゃった!!
うっかり聴くと正気度が下がる D,侯爵の『RADIO R'lyeh』 FMおだわら(78.7MHz)にて 毎週日曜21:00~21:30放送!(再放送は毎週月曜25:00~25:30放送)

FMおだわらはWebで聴けます!
サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/
   直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx  
※Windows Media Playerのみ対応しています
※Macintoshでサイマルラジオを聴けるようにする方法

1、VLCをインストールする
2、ストリーミングするURLを取得する
3、VLCで2.のURLを開く

VLCを公式サイトから最新版をダウンロードしてきてインストールしてみてはいかが? (2013/5/19時点 Version 2.0.6)。
http://www.videolan.org/vlc/

最近ではこれが一番快適でっす!

iPhone、iPod touch および iPad、Android携帯やタブレットでFM小田原を楽しむ方法として「TuneIn Radio」をお勧めしています→App Store - 『 TuneIn Radio

Android携帯やタブレット→『 TuneIn Radio
by marquis_de_d | 2016-04-03 21:00 | RADIO R'lyeh


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
『D,の部屋』
メインHPは↓から

D,の部屋
ブログパーツ
カテゴリ
全体
日常の一喜一憂
映画の一喜一憂
RADIO R'lyeh
ダイエットの一喜一憂
料理の一喜一憂
ポッドキャストの一喜一憂
自分勝手語辞典
備忘録
創作小説・童話
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
aobashi
信楽 楽入陶房 壺中庵
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧