人気ブログランキング |
<   2016年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第壱佰九拾伍夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □

THROW AWAY THE ROSE INTO THE DARKNESS-「暗闇にバラを捨てよう」(Inst.)/ザ・スパイダース
土曜の夜何かが起きる/黛ジュン
お宮さん/トイズ
ストーン・フリー/ザ・ランチャーズ
オール・オブ・マイ・ライフ/ザ・ワイルド・ワンズ
恋のシンガリング/ストーンズ
いい娘だね/JACKS



THROW AWAY THE ROSE INTO THE DARKNESS-「暗闇にバラを捨てよう」(Inst.)/ザ・スパイダース


スパイダースの二作目の
日活の1968年1月封切りだった
主演映画『ザ・スパイダースの大進撃』から

映画用に書き下ろされた
オリジナル曲で

大きなコンサートホールで
演奏するシーンで使われた
楽曲だが

それの
カラオケ・ヴァージョン
になります


土曜の夜何かが起きる/黛ジュン

日活映画1969年「華やかな女豹」の挿入歌
和物DJの定番曲でいまでも
衰えぬ人気がありますけれども
僕の大好きな曲でもありますが。

黛ジュンは
「恋のハレルヤ」ヒットのあとも
同年7月「霧の彼方に」
68年「乙女の祈り」
とGS路線でヒットを
飛ばしております、


この作品のヒットに引っ張られて
67年6月
女王、美空ひばりも
でブルコメをバックに
GS風オリジナル曲
「真っ赤な太陽」を発表する
という現象が
起こってくるわけです

もちろん皆さんご存知の通り
これは特大ヒットを記録した。

これをきっかけとして
女性ソロ・シンガーの
一人GS化時代の幕開けとなって
行くわけであります



お宮さん/ザ・トーイズ

男の恨みは
しっちゅこいじぇー


アングラブームに便乗して
登場したそのひとつ
になりますが、
凡百(ぼんぴゃく)の
アングラ便乗ソングとは
一線を画した
バンドとしての
グルーブを感じる作品

慶応大学工学部卒の
インドネシア人が
リード・ボーカルという
ユニークなバンド

この曲は68年3月に
大映レコードから発売された
唯一のシングルのA面

なんでこんな曲に?と首を傾げたくなる
寺内タケシ的フレーズを
弾きこなすリード・ギターは
かなりのテクニックの持ち主と
思われます。

メディアではほとんど
取り上げられる事の無かった
実態のわからないバンド
レコードも
この「お宮さん」一枚だけ。

しかし、ボーカルの
ジャカルタ出身の
ルディ・アブド
は慶応大学工学部を
卒業しインドネシア語
オランダ語、英語、日本語
の四カ国語を解して
なんともいえない
耳に残る発音が
クセになる一曲。

なまった日本語が
かえって男の情念を
生々しく表現しておりますね



ストーン・フリー/ザ・ランチャーズ


1968年8月20日
大阪フェスティバル・ホールで
行われた加山雄三公演の
二枚組ライブ・アルバム
『加山雄三オン・ステージ(ランチャーズと共に)』

この中に加山抜きの単独演奏として
「お嫁においで」
「シリウスの涙」
「ストーン・フリー」
の三曲が収録されているが

お聴きいただいたのは

加山雄三ファンがあっけにとられる
ジミヘンのカヴァー
「ストーン・フリー」

ランチャーズの本来のイメージとは
かけ離れたワイルドなプレイで

度肝を抜かれる

曲が終わってから
なんかぽかーんとした
観客からの
思わずこぼれる拍手と言うね…


67年秋に
加山から独立デヴューした
ランチャーズであったが

平行して加山雄三の
バックバンドを続けていた

すでに67年1月の
アルバム『加山雄三のすべて第二集』で
「アイ・フィール・ソー・ファイン」
などリボルバー時代の
ビートルズを思わせるサウンドを
披露していたが

67年12月の
『加山雄三のすべて第三集』
でも
「クール・クール・ナイト」
「ソー・ソー・ファイン」
「ホワイ・ドント・ユー」
「シェイク・シェイク」
といった
中期ビートルズ的な
オリジナルを収録

ランチャーズの
力強いバッキングが
印象的であった





オール・オブ・マイ・ライフ/ザ・ワイルド・ワンズ

ビートルズの「サージェント・ペパーズ~」が
リリースされたのと同じ
1967年6月のリリースだった
ワンズの1st'アルバム
『ザ・ワイルド・ワンズ・アルバム』
のA面の4曲目に
収録されていた楽曲で

なんとなく
今の日本の
ネオアコ・バンドを
思わせる仕上がりだが

日本で初めて
テープの逆回転操作を
間奏に取り入れている
から驚き

ワンズと言えば
フォーク・ロックを
目指したバンドだが

サイケデリックな試みも
結構していたことが伺える



恋のシンガリング /ストーンズ(1969/6


69年に「寺内タケシとブルージーンズ」に
参加するベーシスト石橋志郎と
ボーカルのルイ高橋らによる
幻のグループ

徳間の倉庫で保管されていた
未発表テープより

この曲は69年春に録音されていながら
発売されず、ブルージーンズで再録され
シングル「太陽に叫ぼう」のB面
「パパンパ・パン・パン」として発売された。


やっぱり声に魅力がある
ルイ高橋時代のブルー・ジーンズの
楽曲は人気が高いようです


いい娘だね/JACKS(1968.3

ジャックスは
日本のロックの始祖として
語り継がれている
歴史的なグループであり

そんなジャックスのなかでも
「いい娘だね」
は最もガレージ的な曲である。
東芝でアルバムをリリースする
半年前、マイナーレーベルの
タクトからデヴューとなった
シングル『からっぽの世界』のB面

ラフなガレージ・ナンバーだが
いわゆるGSとは
どこか違う雰囲気があります








ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg





なんと!ポッドキャスト『 R'lyeh』がうっかりラジオになっちゃった!!
うっかり聴くと正気度が下がる D,侯爵の『RADIO R'lyeh』 FMおだわら(78.7MHz)にて 毎週日曜21:00~21:30放送!(再放送は毎週月曜25:00~25:30放送)

FMおだわらはWebで聴けます!
サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/
   直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx  
※Windows Media Playerのみ対応しています
※Macintoshでサイマルラジオを聴けるようにする方法

1、VLCをインストールする
2、ストリーミングするURLを取得する
3、VLCで2.のURLを開く

VLCを公式サイトから最新版をダウンロードしてきてインストールしてみてはいかが? (2013/5/19時点 Version 2.0.6)。
http://www.videolan.org/vlc/

最近ではこれが一番快適でっす!

iPhone、iPod touch および iPad、Android携帯やタブレットでFM小田原を楽しむ方法として「TuneIn Radio」をお勧めしています→App Store - 『 TuneIn Radio

Android携帯やタブレット→『 TuneIn Radio
by marquis_de_d | 2016-06-26 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第壱佰九拾四夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □



ファイア/ザ・スゥイング・ウエスト
電話でいいから/アウト・キャスト
恋を消すんだ/ザ・ナポレオン
モーニン/寺内タケシとバニーズ
ドゥー・ザ・ウィップ/ザ・ヤンガース
バイバイ・シティ/加橋かつみ
アイ・アム・ジャスト・ア・モップス/ザ・モップス


ファイア/ザ・スウィング・ウエスト

1960年代の
ロカビリー時代から続いている
伝統のあるバンド
というか正確には
1957年三月に結成された
ウエスタン・バンドが
何度も衣替えしている
うちにGS時代まで
生き残ってしまって
伝統あるこのバンドも
66年頃には流行の
エレキギターバンドに
なっていたが
歌手三人に
バンド五人という編成は
前時代の名残を感じます


GS時代は「雨のバラード」
が思わぬヒットを飛ばし
少しは名前が知られるようになった


本作は69年3月に
リリースされた
彼らの五枚目のアルバム
「雨のバラード/スィング・ウエスト・オン・ステージ」
(オンステージと謳っているが
一曲目とラストの曲にファンの声援を
かぶせただけのインチキなしろもの)
に収録されているもので
アーサー・ブラウンの
大ヒット曲のカヴァー

歌謡曲的なものや
バラード中心の
ザ・スウィング・ウエスト
ですら、サイケデリックという
60年代後半の
強力な魔力の影響を
免れられなかった
証拠といえる曲。

なお、この頃の
動くスウィング・ウエストを
1967年7月封切りの
日活映画『前科・ドス嵐』
で見ることが出来る

クラブで「そよ風のバラード」を
歌うシーンだ。
ビデオ化されているので
運良く発掘した人は
チェックしてみていただきたい




電話でいいから/アウト・キャスト

後の大物業界人を
多数排出した渡辺プロのGS

エレキ・バンド
”ブルー・エース”の
水谷淳(作曲家:水谷公生)が中心になり
66年春に結成された
実力派集団アウト・キャスト

本作は67年4月に
発売された2枚目の
シングルB面

数多くのGSのオリジナル曲の
中でも”ガレージ”と呼ぶにふさわしい楽曲

耳障りで騒々しい
カオスな喧噪に満ちていることでは
一、二を争うが
当時の聴衆の耳には
刺激的すぎたのか
全く話題にならなかった




恋を消すんだ/ザ・ナポレオン

関西GSの王者、リンド&リンダースの
弟バンドとして67年12月、
全員京都出身者によって
結成された。

本作は68年5月に出た
デヴューシングルのB面で
ファズ・ギターが小気味よい
ガレージ・パンク。

これはリンド&リンダーズの
加藤ヒロシが作曲

(加藤によれば
「リンドでも使えそうもない
どうしょうもない曲を提供していた」というが)

80年代のネオGSも
熱心にカヴァーしていた
小気味よい
ファズ・パンクの傑作です


モーニン/寺内タケシとバニーズ

ジャズ/スタンダード・ナンバーの
有名曲を中心に
エレキ・インスト化した
1966年12月20リリースだった
アルバム
『世界はテリーを待っている』
から

油の乗りきった
寺内タケシの演奏が聴ける
アルバムで

特にA面5曲目の
モーニンは

後半部の超ワイルド
超壮絶プレイが

海外のガレージマニア
にも大人気のナンバー




ドゥー・ザ・ウィップ/ザ・ヤンガース

都内の女子中高生を中心に
人気があって、
GS第三世代を
代表するグループ
として、70年代以降も
活躍を続けた。
ヤンガーズは元々
新宿のジャズ喫茶
ラ・セーヌが全国から
優秀なメンバーを
スカウトして67年9月に
結成したバンド。

69年6月にリリースされた
三枚目のシングル
「ジン・ジン・ジン」の
B面。

この夏、フィリップスは
”サマー・オペレーション・69”
と称して
テルテル
ザ・ウィップ
カサチョック
の三つのニューリズムを
売り出すキャンペーン
展開をおこなっていた。

そのため
カーナビーツ
ヤンガーズ
リリーズの

3GSが動員され
それぞれ、
ニューリズムを
フィーチャーした
新譜を発売することに
なったのである

カーナビーツは
テル・テルの「テルテル天国」

リリーズは
カサチョックの「黒い瞳のアデリーナ」

ヤンガーズは
ザ・ウィップということで発表したのが
このシングル「ジン・ジン・ジン」で

B面は
文字通りウィップをフューチャした
ボビー・ニュートンという
向こうのシンガーが
歌っている曲のカヴァー
「ドゥー・ザ・ウィップ」

アメリカの黒人の間で
オオモテのニューステップだ
というふれこみで
このシングルは
オリコン97位に入ってます

69年というのは
GSが一斉に歌謡曲化する
時代で
そんな中で
この作品はワイルドな
演奏が光っています。


ヤンガーズはデヴュー前から
すでにファンクラブの会員が
2000人近くいて
大変な人気だったという
そのファンクラブの
会長がなぜか漫画家の
富永一郎先生で
富永一郎作詞の
「涙がホロロンロン」を
レコード化する予定があった
というのは余談ではありますが




バイバイ・シティ/加橋かつみ




バイバイ・シティ

タイガース脱退後の
加橋かつみが
渡仏して作った
ファーストアルバム
「パリ1969」収録曲。
このアルバムは
シングルになった
『花の世界』をはじめ
アーティスティックな
作品として評価が高い





アイ・アム・ジャスト・ア・モップス/ザ・モップス

海外でも人気の高い曲
いかにも外人が
好きそうなファズ・サイケですが


1968年に

本格的に
サイケデリック音楽への
アプローチを高らかに謳った
日本最初のアルバム

モップスの1stLP
「サイケデリック・ミュージック・イン・ジャパン」収録曲
英語歌詞のオリジナル曲


このアルバムは

欧米でも非常に評価が高く、

オーストラリアで出版された
『1001Record collector Dreams』
という世界の60~70年代ロックの
ジャケット写真を掲載した本でも
数ある日本のレコードの中から
フラワートラベリンバンドの
『SATORI』と
モップスの1stLP
「サイケデリック・ミュージック・イン・ジャパン」
唯二つ
音楽的傑作アルバムに
選出されていました。







ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg





なんと!ポッドキャスト『 R'lyeh』がうっかりラジオになっちゃった!!
うっかり聴くと正気度が下がる D,侯爵の『RADIO R'lyeh』 FMおだわら(78.7MHz)にて 毎週日曜21:00~21:30放送!(再放送は毎週月曜25:00~25:30放送)

FMおだわらはWebで聴けます!
サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/
   直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx  
※Windows Media Playerのみ対応しています
※Macintoshでサイマルラジオを聴けるようにする方法

1、VLCをインストールする
2、ストリーミングするURLを取得する
3、VLCで2.のURLを開く

VLCを公式サイトから最新版をダウンロードしてきてインストールしてみてはいかが? (2013/5/19時点 Version 2.0.6)。
http://www.videolan.org/vlc/

最近ではこれが一番快適でっす!

iPhone、iPod touch および iPad、Android携帯やタブレットでFM小田原を楽しむ方法として「TuneIn Radio」をお勧めしています→App Store - 『 TuneIn Radio

Android携帯やタブレット→『 TuneIn Radio
by marquis_de_d | 2016-06-19 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第壱佰九拾参夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □

TSUMUJIKAZE OF LOVE (Inst.)/フラワーズ
YOUNG GUY IN RIO-「リオの若大将」劇伴/服部克久より
MONKEY DANCE (Inst.)/ザ・スパイダース
ジンジン・バンバン/ザ・タイガース
Cry Cry Cry/Edwards
好きさ好きさ好きさ/木の実ナナ & レオ・ビーツ
虹色の湖/中村晃子とザ・ジャガーズ
消えない想い/ザ・モップス



TSUMUJIKAZE OF LOVE (Inst.)/フラワーズ
YOUNG GUY IN RIO-「リオの若大将」劇伴/服部克久より

松原智恵子主演
1969年3月封切りの
日活映画『恋のつむじ風』から

結婚式の途中で相手がイヤになって
逃げ出し、都会のゴーゴー・クラブに
迷い込んだ主人公。
ストロボ・ライトが点滅する
店内で若者たちが踊り狂っている

演奏は内田裕也率いる
フラワーズ

スチール・ギターをフィーチャーした
サイケデリック・サウンドが
じつにユニークなバンド

なぜ、スチール・ギターを
サイケにあててきたか
という疑問がありますが

これはジミ・ヘンドリックスが
ワウワウ・ペダルを使っている
部分をどうやら内田裕也は
当時ワウワウ・ペダルを
知らなくて、
スチール・ギターを
使っていると解釈した
というのが真相らしい。

この映画ではフラワーズが
オリジナル曲の「ラスト・チャンス」を
演奏するシーンもあり

ヴォーカルの麻生レミのイイ顔を
拝む事ができますが
裕也サンは忙しかったのか
出演していない。



YOUNG GUY IN RIO-「リオの若大将」劇伴/服部克久より


1968年の7月封切りだった東宝映画『リオの若大将』

近年、インターネット喫茶
というものが出現して久しいが

複写機が発明された
60年代ではコピー喫茶という
ものがあったらしい

そのコピー喫茶に
若大将加山雄三と田中邦衛演じる青大将
の二人が出向き
ノートをコピーしてもらっている
あいだに流れるBGMがこれである

演奏者不明だが
この直前に加山が
ランチャーズをバックに
オルガンを弾くシーンがあり
その音に酷似している事から

このオルガンも案外
加山が弾いているのかもしれない


MONKEY DANCE (Inst.)/ザ・スパイダース


ザ・スパイダース
(もう皆さんご存知の)
クラウンからの
デヴュー・シングル
『フリフリ』
のB面
キンクス的なリフで始まる
ダンス・ナンバー
「モンキー・ダンス(ミスター・モンキー)」
のインスト・ヴァージョン

日活1965年12月封切りだった
舟木一夫主演映画
『高原のお嬢さん』より

お金持ちの大邸宅のパーティで
スパイダースが演奏するシーンで
使われているヴァージョン

映画本編では
ほとんど役者の台詞が
かぶさっていますが

これはスパイダースの
演奏だけを聴く事が
できます。




ジンジン・バンバン/ザ・タイガース


八枚目のヒットシングル
「青い鳥」のB面

ベースにまでファズがかかっている
ワイルドなナンバー。

ロック・バンドとしての
タイガース面目躍如たる一曲。

このころ
オーケストラをバックにした


シングルが続いた
タイガースですが

この曲は
ジミヘン風のギターを始め
演奏はぐっと厚みを増して
いわゆるニューロックの音に
なっています。


クライ・クライ・クライ/ジ・エドワーズ


筒美京平のキャッチーなメロディと
ファズの効いた演奏と
狂おしい歌のバランスが
うまくとれたGSサウンド

レコーディング当日に
ヴォーカルの興石(こしいし)秀之が
風邪のため声が出ず、
代わりにオルガンの麻紀タケシが
歌っている。




好きさ好きさ好きさ/木の実ナナ & レオ・ビーツ


女優として知られる
木の実ナナだが
60年代はビートガールとして
「ミニミニ・ロック」
などの多くのリリース作品を残している

まあ、木の実ナナの
イメージとして
ミニスカートと結びつけるのは
ミニミニ・ロック
だけというのは
個人的印象ですが

ザ・カーナビーツがゾンビーズの
「アイ・ラヴ・ユー」の
日本語カヴァー
「好きさ好きさ好きさ」で
デヴュー、大ヒットを獲得した1年後
1968年、木の実ナナが
レオ・ビーツをバックに
録音したセカンドアルバム
『レッツ・ゴー・ナナ!』の
中で「好きさ好きさ好きさ」を
歌っております。

このアルバムは
全12曲中10曲をレオ・ビーツが
残り2曲を津々美洋ひろしとオールスターズ・ワゴンが
バッキングを務めているので
要注目です

「好きさ好きさ好きさ」
原曲は
イギリスのゾンビーズ
の楽曲ですが

イギリスでは
まるで流行らなかった。

日本ではヒットしたのは
作詞家、漣健児先生のお得意の
意訳歌詞がドはまりした
成功例のひとつとして
挙げて良い。



虹色の湖/中村晃子とザ・ジャガーズ

1968年3月公開の松竹映画
『進め!ジャガーズ敵前上陸』
より、

カルトムービー業界では
日本喜劇の傑作と評される
『進め!ジャガーズ敵前上陸』


元々はスパイダース主演で
企画されていた映画だが
あまりにも多忙だという事で

何故かジャガーズに
回ってきたのが
この『進め!ジャガーズ敵前上陸』

ジャガーズが映画出演したものは
後にも先にもこれ一本で
他にはゲスト出演すらない。
すなわち、ジャガーズ唯一の主演映画

密輸団の一味に
間違えられたメンバーが
暗殺組織に追いかけられる
”サイケデリック・コメディー”

劇中で
「マドモアゼルブルース」
「ダンシングロンリイナイト」
「哀れなジョン」

など、演奏シーンも多いが

この映画のなにがいいって

とりわけ

スタジオにセットを組んだと思われる
ゴーゴー・クラブでの演奏シーンで

ジャガーズによる
ぶっつけ本番のラフな演奏をバックに
中村晃子がキュートにヒット曲を
「虹色の湖」を
歌うシーンは感動もの

AKGのマイクをもって
歌う中村晃子が
小悪魔的魅力いっぱい

中村晃子は目が良いですね
すごく魅惑的で
それと唇。




消えない想い/ザ・モップス

モップスも映画出演の
やたら多かったグループ

『星影の波止場』(68)
『残雪』(68)
『こわしや甚六』(68)
『斬り込み』(70)
『女番長 野良猫ロック』(70)
『野良猫ロック ワイルドジャンボ』(70)
『喜劇 男売ります』(70)
『野良猫ロック 暴走集団’71』(71)
『悪の親衛隊』(71)




68年3月にリリースされた
二枚目のシングル「ベラよ急げ」のB面
「消えない想い」

作曲家 村井邦彦のアイデアで
シタールを導入し
幻想的なムードを演出
することに成功している

(シタール演奏は
村井邦彦の友人のシタール奏者で伊勢氏)

68年には

本格的に
サイケデリック音楽への
アプローチを高らかに謳った
日本最初のアルバム
モップスの1stLP
「サイケデリック・ミュージック・イン・ジャパン」
も発表しています
このアルバムは海外の
ガレージファンに異様に人気があって
アルバムごと海賊版が
でているほど。








ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg





なんと!ポッドキャスト『 R'lyeh』がうっかりラジオになっちゃった!!
うっかり聴くと正気度が下がる D,侯爵の『RADIO R'lyeh』 FMおだわら(78.7MHz)にて 毎週日曜21:00~21:30放送!(再放送は毎週月曜25:00~25:30放送)

FMおだわらはWebで聴けます!
サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/
   直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx  
※Windows Media Playerのみ対応しています
※Macintoshでサイマルラジオを聴けるようにする方法

1、VLCをインストールする
2、ストリーミングするURLを取得する
3、VLCで2.のURLを開く

VLCを公式サイトから最新版をダウンロードしてきてインストールしてみてはいかが? (2013/5/19時点 Version 2.0.6)。
http://www.videolan.org/vlc/

最近ではこれが一番快適でっす!

iPhone、iPod touch および iPad、Android携帯やタブレットでFM小田原を楽しむ方法として「TuneIn Radio」をお勧めしています→App Store - 『 TuneIn Radio

Android携帯やタブレット→『 TuneIn Radio
by marquis_de_d | 2016-06-12 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第壱佰九拾弐夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □



フリ・フリ/田辺昭知とザ・スパイダース
サイケデリック・インストゥルメンタル/ザ・スパイダース
ハイ・ミスター/小畑ミキとアウト・キャスト
わたしの祈り/小山ルミ
アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア/ザ・バーンズ
ベラよ急げ/ザ・モップス
朝まで待てない/ザ・モップス


フリ・フリ/田辺昭知とザ・スパイダース


サイケデリック・インストゥルメンタル/ザ・スパイダース


主演映画第三作目
1968年5月封切りの
日活『ザ・スパイダースの大騒動』
で使用された楽曲



65年5月にリリースされた
日本最古のGS曲

この曲以前の楽曲は

ビートルズが自分たち自身で
ソングライティングする
ということに刺激を
受けたかまやつひろしが
作ったオリジナル曲で

これで
日本で始めて日本語による
オリジナル楽曲を
初めてレコード化した
ビートグループ、
スパイダーズが誕生するわけです。
まさにGSの起源がここに在る。


日本人がリズムを
とりやすいようにと
フリフリ・リズム
(トーキョー・サウンド)として
三拍子を使っているところが味噌
当時、ライヴでも
「サンビョーし!」
と合図してから
演奏を始めたという

欧米の新しい音楽に呼応しようという
熱気がほとばしる
まさに日本のガレージ・パンクの
古典と言っても過言ではない

しかし、
本邦初GSオリジナル曲の
この曲も当時の
圧倒的な
エレキ・インスト・ブーム
の中にあっては
「唄入りの少し毛色の変わった曲」
として埋もれてしまった

ところが、2ヶ月後の
65年7月
コロムビアから
リリースされた
エミージャクソンの
「涙の太陽」が
日本人作曲家の
しかも英語歌詞による
作品だったにも
関わらず大ヒット
してしまうのだからわからないものである

”和製ポップス”の
先駆者作品として
多いにもてはやされた

65年は、まだまだ
GSへの道は険しかったのである




サイケデリック・インストゥルメンタル/ザ・スパイダース


主演映画第三作目
1968年5月封切りの
日活『ザ・スパイダースの大騒動』
で使用された楽曲



ハイ・ミスター/小畑ミキとアウト・キャスト

GS時代のテイチクを
代表するガール・シンガー
小畑ミキ

1950年4月8日生まれ
東京都出身の
父親アメリカ人
母親日本人のハーフ

精華学園高校一年の
ときからファッション・モデル
として活躍していた。


ちょうどリバプール・サウンド
全盛期の英国に、
アリアンヌ・フェイスフル
シラ・ブラック
ルル
といった女性シンガー
が出現し、
シーンを華やかに飾ったように
GS全盛時の日本にも
黛ジュン
中村晃子
泉アキ
それにこの
小畑ミキ
といった
ガール・シンガーが
登場し、シーンを活気づけた

本作は
「初恋のレター」で
デヴューした
彼女の2枚目の
シングルB面で
67年7月に発売されたもの

レコードには記されていないが
バッキングはアウト・キャスト
がつとめていると推測される

というのは
当時フルートが吹ける
メンバーがいた
テイチクのGSといえば
アウト・キャスト(轟健二)
だけだからである。
アウトキャスト
2枚目のシングルのA面
「愛することは誰でもできる」
でそのフルートを
聴くことができる




わたしの祈り/小山ルミ 1968

70年代は
セクシー歌謡路線の
トップスタアだった

小山ルミの
清純派アイドル時代
1968年にビクターから出した
唯一のシングル
『はじめてのデート』のB面


同年の映画『ある少女の告白 純血』に歌唱シーンがある

和製R&Bの隠れた名曲
A面のかわいらしさから
うってかわって
低音ピアノ
ギターの低音弦奏法から
テナーサックスがむせび泣く
夜の街を連想させる
ジャジーなサウンド
のイントロで始まる

ビクターからテイチクに
移籍後の
70年代は
「さすらいのギター」などの
ヒットがあり
独特のグルーブ感のある
歌唱は現在でも
根強い人気がある


(1968年だとまだ720の司会とか
スナッキーガールズをやっていた頃っすね


小山ルミも父親がアイルランド人という
ハーフで
このハーフというキーワードは
GS時代ガールズ・ポップの
シンボル的存在だった
戦後、アメリカ軍の
駐留に伴って生まれた
たくさんの混血児たちも
ちょうど、GSブーム
のころに思春期を迎え

とりわけ、
当時大漁にデヴューした
ハーフの少女たちは
GS特有の
無国籍性を
存在そのもので
体現していたといえる


1965年に各社から
一斉に発売された
60年代コンピレーションCD
『キューティ・ポップ・コレクション』
シリーズでも
ジャケットを飾ったのは
小山ルミを筆頭に
ほとんどが
ハーフのガールシンガーだった

また、
1968年というのは
GSギャルたちの
ひとつの終焉の時期でもあり

カルメン・マキが
フォーク調の
「時には母のない子のように」
でデヴューした
1969年春に
GSギャルの時代が終わる

ちょうど、
東大で安田講堂の攻防戦が
あったり、新宿に
フォークゲリラが
出現した頃で
世の中の空気が
がらりと変わってしまった。

これ以降、
日本の女性シンガーは
”フォーク”のモードに入ってしまう



アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア/ザ・バーンズ


「バーンズ」という名前のGSは
当時全国にいくつもあったが

(大阪のターゲット・プロの
バーンズ、

はっぴいえんどの
元ドラマー、松本隆が在籍していた
ヤマハ・ライト・ミュージック
コンテスト関東甲信越地区大会
出場ロック部門第三位のバーンズなど
が有名)

これは東京の中川三郎ディスコテーク
に専属出演していたバンド。

中川三郎ディスコテーク出身で
もっとも出世したのは
テンプターズだが

このザ・バーンズも
68年中川三郎ディスコテーク専属となり
わずか半年足らずで
数多い中川三郎ディスコテーク
専属バンドの中でも
ナンバーワンの存在に
なったという

19歳を頭に
平均年齢18歳という
若者たちだった

本作は69年2月に
発売された
ディスコ用の
企画ものLPで
彼らの唯一のLP
「R&B・イン・東京」
に収録されている曲
このLPの存在は
サイケデリックから
ニューロックに移行する
微妙な時期で
バーンズの演奏も
それを反映した
ミッシングリンク的
資料価値を持っている
と思います。
ジミ・ヘンドリックスの
ナンバーが多い中で
お聞きいただいた
「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」は
初期のビートルズナンバーを
ファズを駆使して
カッコイイ
サイケデリックに仕立て上げている

この「R&B・イン・東京」
というLPは本邦初の
ノンストップ・ダンシング・レコード
というのが売り物で
当時のソウル・ナンバーや
ビートルズ、ジミ・ヘンドリックス
のナンバーを
ディスコ風にアレンジして
演奏したものだが
全く話題にならず
このバーンズも
ほとんど無名のまま
終わってしまった。



ベラよ急げ/ザ・モップス


68年3月のリリースだった
2枚目のシングルA面
「ベラよ急げ」

デヴュー曲の
「朝まで待てない」
よりも一段と
サイケ色が強く感じる
パンチの効いた
ファズ・ギターが
聴ける
ファズ・サイケ・ナンバー

イタリアの海賊版
『Big Lizard Stomp!』に
「Haiku」というタイトルで
収録された事がある。

これは
たぶん、歌詞の
「早く、早く…」の
部分が
「俳句」に聞こえたのだろう

いずれにせよ
のべつ鳴り続ける
出ずっぱりの
ファズは海外のマニアを
くすぐるに充分なナンバー

1968年2月の封切りだった
日活映画『星影の波止場』など
いくつかの映画で
この曲の演奏を見ることが出来る


朝まで待てない/ザ・モップス

デヴュー曲の
「朝まで待てない」


薄めのファズ使用で
サイケ度はそれほどでも
ありませんが、何を隠そう
これが阿久悠の出世作となります

内発性があろうがなかろうが
モップスが
サイケデリック・ミュージックを
標榜して登場してきた
日本最初のバンドであることは
事実である

1966年、埼玉で
結成されたこのバンドは
当初は
ヴェンチャーズ・ナンバー
などをレパートリーとする
エレキインスト・バンドに
過ぎなかった

そこに鈴木ヒロミツの
加入によって
ヴォーカルにも
取り組むようになり
やがて
埼玉や都内のディスコテーク
ゴーゴー喫茶などで
活動を始め
67年には
GSブームを見越した
ホリプロと契約を結んだ。

GS戦国時代に突入する
67年、秋の
レコードデヴューに際し
なんとか他のバンドと
区別化を計ろうと策が
ねられた結果、
日本最初のサイケデリック・グループ
として売り出されることになった。

これは
事務所の社長、堀 威夫の
アイデアで
彼はちょうど、その年の
夏に訪れたサンフランシスコで
フラワー・ムーブメントを
目の当たりにし、
「次の時代はこれだ」
と直感していた。

ジェファーソン・エアプレインなどの
レコードを聴かされた
モップスは
これなら自分たちの
カラーともマッチすると
乗り気になったのであった。

67年11月デヴュー盤
「朝まで待てない」が
ビクターからリリースされた。


奇抜な衣装をまとい、
目隠しをして歌ったり
ドラムが真横を向いて演奏したり

サイケデリック・イメージの
演出につとめた結果
この曲は
オリコン38位までいった






ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg





なんと!ポッドキャスト『 R'lyeh』がうっかりラジオになっちゃった!!
うっかり聴くと正気度が下がる D,侯爵の『RADIO R'lyeh』 FMおだわら(78.7MHz)にて 毎週日曜21:00~21:30放送!(再放送は毎週月曜25:00~25:30放送)

FMおだわらはWebで聴けます!
サイマルラジオ http://www.simulradio.jp/
   直リンク http://www.simulradio.jp/asx/fmodawara.asx  
※Windows Media Playerのみ対応しています
※Macintoshでサイマルラジオを聴けるようにする方法

1、VLCをインストールする
2、ストリーミングするURLを取得する
3、VLCで2.のURLを開く

VLCを公式サイトから最新版をダウンロードしてきてインストールしてみてはいかが? (2013/5/19時点 Version 2.0.6)。
http://www.videolan.org/vlc/

最近ではこれが一番快適でっす!

iPhone、iPod touch および iPad、Android携帯やタブレットでFM小田原を楽しむ方法として「TuneIn Radio」をお勧めしています→App Store - 『 TuneIn Radio

Android携帯やタブレット→『 TuneIn Radio
by marquis_de_d | 2016-06-05 21:00 | RADIO R'lyeh


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
『D,の部屋』
メインHPは↓から

D,の部屋
ブログパーツ
カテゴリ
全体
日常の一喜一憂
映画の一喜一憂
RADIO R'lyeh
ダイエットの一喜一憂
料理の一喜一憂
ポッドキャストの一喜一憂
自分勝手語辞典
備忘録
創作小説・童話
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
aobashi
信楽 楽入陶房 壺中庵
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧