人気ブログランキング |
<   2017年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第弐佰参拾参夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □



悲しみのかげに/ザ・スケルトンズ
ハイウェイの孤独/ズー・ニー・ヴー
午前3時のハプニング/ザ・ゴールデン・カップス
ホールド・オン/ズー・ニー・ヴー
Ys-11/サリー&シロー
朝日よさらば/モップス
幸せの道/ザ・ワイルド・ワンズ


ザ・スケルトンズ/悲しみのかげに


スケルトンズは京都出身の
和製ラスカルズを
目指していた
グループ

唯一のシングル
『星の王子さま』のB面から
「悲しみのかげに」
を聴いていただきましたが

米国ブルーアイドソウルの
第一人者ラスカルズの
「Find Somebody」の
日本語カヴァーという

マニアック選曲


ハイウェイの孤独/ズー・ニー・ヴー

ズー・ニー・ヴー

「白い珊瑚礁」のヒット曲を持つ
和製サム&デイヴと呼ばれたグループ

渋谷のレストラン・クラブ
"カバーナ"の専属として腕を磨いていた
もっぱら通好みのR&Bを
レパートリーにしていた事
で評判を呼び
コロンビアから
当時としては異例のアルバムによるデヴューを飾ったグループ。

1968年10月10日リリースだった
彼らのファーストLP
『ズー・ニー・ヴーの世界/R&Bベスト・ヒット』
収録のオリジナル曲
ズーニーヴーの
オリジナルの中では
最もガレージ的な曲で
スリリングな
R&Bサイケの傑作

1987年にアメリカでリリースされた日本のGSコンピレーション
『Sixties Japanese Garage - Psych Sampler』にも

「Lonely Highway」のタイトルで紹介された。





午前3時のハプニング/ザ・ゴールデン・カップス

ザ・ゴールデン・カップス
超絶ベーシスト、ルイズ・ルイス加部が歌っているきわめて珍しい曲です
1968年12月リリースの「午前3時のハプニング」
五枚目のシングル「過ぎ去りし恋」のB面

さて、1968年と言いますと
タイガース、テンプターズといった
ヴィジュアル優先のアイドル的GSに対して
その後の方向性を打ち出した実力派GSといえる
ゴールデンカップス
ハプニングスフォー
モップス
といったバンドが出現してくるんですね、

そんな実力派
濱のGSゴールデンカップスでありますが
いろいろメンバーが入れ替わって
ブリティッシュ・ハードロック志向になったり
アメリカンロック的な傾向が強くなったりと
GSの隆盛と衰退を乗り切ろうと
試行錯誤をくりかえした感があります。



ホールド・オン/ズー・ニー・ヴー



1968年アルバム『ズー・ニー・ヴーの世界/R&Bベスト・ヒット』の
一曲目に収録されている曲で
サム&デイヴの大ヒットナンバーのカヴァー。
ホーンセッションの
パートをファズを駆使した
ギターで代行している
まさにGSによるR&Bの魅力



Ys-11サリー&シロー

タイガースの
サリーとシロー
の唯一のアルバム1970/2リリースの
「トラ70619」収録曲

レッドツッペリンの
ジョン・ポール・ジョーンズに
絶賛された
岸部おさみの
ベースをたっぷり堪能できる

クレジットによれば
フラワーズの
小林勝彦の作曲


このアルバムは
小林勝彦
の他にも
ムッシュかまやつ、
クニ河内、など
豪華メンバーの集まった
アルバム

アルバムの中で
アメリカのガレージものの
ファンにも絶大な人気を
得ているらしいのがこのYs-11



朝日よさらば/ザ・モップス

サイケデリック音楽への
アプローチを高らかに謳った
日本最初のアルバム

モップスの(68.4)1stアルバム
「サイケデリック・ミュージック・イン・ジャパン」収録曲

そのなかでも
ファズを使用した
「朝日よさらば」は
欧米でも非常に評価が高い。
その後、同年八月の三枚目の
シングルまで
ファズ・ギターを駆使した
サイケ路線が続いた。


なお、

日活映画『星影の波止場』で
レストランのシーンで
モップスがこの曲を
演奏する姿が見られます



幸せの道ザ・ワイルド・ワンズ 1968

五枚目のシングル
「恋するアニタ」のB面。

ワイルド・ワンズといえば


「青空のある限り」で
重厚な12弦ファズが有名ですが、

こちらはうっすらとかかったファズ。
 
シタールのような
ファズギターと
トレモロをかけたような
サイケオルガンが
隠し味のガレージ・フォークロック。








ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg



『D,侯爵の『RADIO R'lyeh』』をパソコン・スマートフォンで聞く方法:

FMおだわらの公式サイトの上部にあるバナーをクリックするか、

http://www.jcbasimul.com/?radio=fm%E3%81%8A%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%89からJCBAインターネットサイマルラジオにアクセス

なお、
広告非表示アドオンはOFFにしてください
by marquis_de_d | 2017-03-26 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第弐佰参拾弐夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □


こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…

陽はまた昇る/ザ・ゴールデン・カップス
Mr. Tax/ザ・スパイダース
君なき世界/ザ・ビーバーズ
熱くなれない/The Mops
自由に歩いて愛して/PYG
花・太陽・雨/PYG




陽はまた昇る/ザ・ゴールデン・カップス

横浜、本牧のクラブ
”ゴールデン・カップ”の
レギュラーとして活動をはじめた
バンドで

当初は”グループ・アンド・アイ”という
名前だった

メンバーは
元スフィンクスの
デイヴ・平尾とマモル・マヌー

元テイク・ファイヴの
ルイズ・ルイス・加部

元ファナティクスのエディ藩

の五人

日本のバンドにはない
インターナショナルな感覚と
テクニックで

もっぱらゼムやヤードバーズ
さらにはジェームズ・ブラウン
オースティン・レディング
フォー・トップス
などR&Bをレパートリーとし
好き勝手に演奏している
グループとして
評判はすぐに玄人筋に広まった

バンド名を
ザ・ゴールデン・カップス
と改め1967年6月
東芝/キャピトルから
「愛しのジザベル」でデヴュー

そんな
デヴュー・シングル
「愛しのジザベル」のB面 

「陽はまた昇る」

ファズをフル活用の
ガレージ・サイケで

デイヴ・平尾の
民謡的唱法が
面白い効果をだしている。





Mr. Tax/ザ・スパイダース

明治百年とスパイダース結成七周年を
記念して発表された
1968年10月リリースのアルバム
「明治百年すぱいだーす七年」

A面には
スパイダースそれぞれのメンバーが
作詞作曲しソロをとったオリジナル曲を
披露したのアルバムです。

A面7曲めに収録されているのが
ただいま聴いていただいた
「Mr. Tax」
ムッシュかまやつひろしの
担当したこの曲

演奏もスパイダース全員ではなく
かまやつひろしが
電気シタールも含めて
一人で全ての
パートを多重録音している。
当時の限られた録音技術を考えると
驚くべき意欲作
ムッシュの新しいものを貪欲に
取り入れるアンテナの感度の良さ
を物語る一曲。



君なき世界/ザ・ビーバーズ



日本で最初の
ツイン・リード・ギターを
完成させたGS。
専門家筋からは非常に
評価の高かった実力派グループ。

1967年11月のシングル『君なき世界』
醐樹弦(ごきげん?)というのは、実は
ムッシュかまやつですね。

インドの音階を駆使した
ラーガ・サウンドを取り入れた
アメリカのローカル・サイケを聴いているような
メランコリックサイケデリックナンバー

ギタリスト石間秀樹
といえば
ラーガ奏法の日本における
第一人者。
69年ビーバーズ解散後は
内田裕也に誘われて
フラワーズで
リード・ギタートして参加して
その後もフラワー・トラベリン・バンドで
アルバムをほぼ全曲の作曲を担当するなど
絶大な影響力をもった人です。





熱くなれない/The Mops(1968/8


モップスの三枚目のシングル
『おまえのすべてを』のB面

熱くなれない/ザ・モップス(1968/8

彼らの
サイケデリック路線も
堂にいってきた頃の傑作


村井邦彦の作曲、星勝を中心とした
バンド自身のアレンジで
GS・アッシド・ロックの
傑作といえる仕上がり
-----------------------------------------------
(三枚のシングルは
阿久悠、村井邦彦のコンビです)
-----------------------------------------------


イントロは

ジェファーソン・エアプレインの

アルバム
『アフター・ベイジング・アット・バクスターズ』
に収録されている

『ザ・バラッド・オブ・ユー・アンド・ミー・アンド・プーニール』

にそっくりなんですが
このあたり

レコードデヴューに際し
67年、秋の
GS戦国時代を
なんとか生き残ろうと策が
ねられた結果、

日本最初のサイケデリック・グループ
として売り出されることになって

ジェファーソン・エアプレインなどの
レコードを聴かされた
モップスは
これなら自分たちの
カラーともマッチすると
乗り気になった。

という記述とも一致いたします。

まあしかし、
この三枚目のシングルまでは
ファズギターを駆使した
サイケデリック路線が
続いたんですが

69年に入る頃には
それまでのイメージを払拭

よりシンプルな
ロック、ブルーズ、R&Bと
言った方向に転じることになる。

69年末には東芝に移籍
してますが
意欲的に挑んだ
ロックンロール・リバイバル
的な音楽は全く理解されなかった

海外のガレージ・マニアが
評価しているモップスは
このビクター時代だけ




自由に歩いて愛して/PYG(1971/11

解散直後のタイガース
テンプターズ
スパイダース
からメンバーを集結させた
スーパーグループだったが
短命に終わったPYG

二枚目のシングルで
代表曲とも言える名曲の
ライブバージョン
二枚組ライブアルバム
『フリー・ウィズ・PYG』より
聞いていただきました



GS時代からのファンからも理解されず
また硬派なロック・ファンからは
芸能業界大手である
渡辺プロ所属ということで
体制的商業主義として
その嫌悪感から
猛烈な非難を浴びるという
まさに
波瀾万丈と
暗中模索の連続のなか
ファースト・アルバム
『PYG!』は
オリコンアルバムチャート
10位

そのレベルの高い
演奏能力を理解できる
ミュージシャンの間で
評価されておりましたが

ショーケンの活動が
『太陽にほえろ!』のヒットで
テレビ・映画中心に
変わってきて、

ドラムの大口が脱退すると

次第にバンドは
沢田研二と井上堯之グループ
という形態になり

沢田研二が
本格的にソロ歌手へと
独立すると

残りのメンバーは
井上堯之バンドと移行していく。





花・太陽・雨/PYG(1971/4)

井上孝之と岸部修三の
入魂のデヴューシングル
『帰ってきたウルトラマン』
34話「許されざるいのち」でも
効果的な使われ方をしました


1999年にバップから発売された
『帰ってきたウルトラマンミュージックファイル』
にも収録されているので
ファンの方はよくご存知のはず
舞台が
箱根芦ノ湖というのが良いですよね
芦ノ湖のシーンでこの曲が
流れるのが印象的

34話はファンから原案を
募集して高校生のファンからの
投稿から生まれたストーリー。

小林晋一郎さん

この人は
後に、「ゴジラVSビオランテ」
の原案も一般公募から選ばれてる

合成怪獣レオゴンはビオランテへと昇華する







ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg



【お知らせ】インターネット同時放送「サイマルラジオ」配信サービス変更に関するお知らせ
平素よりFMおだわらをご愛聴いただき誠にありがとうございます。
FMおだわらでは3月1日(水)よりインターネット同時放送「サイマルラジオ」の配信先が以下の通り変更となります。
(現行)CSRAサイマルラジオ http://www.simulradio.info/
 ↓
(3月1日より)JCBAインターネットサイマルラジオ http://www.jcbasimul.com
JCBAインターネットサイマルラジオへの移行により、以下の点が変更となります。
(1)インターネットでFMおだわらを聴く際のURLが変更となります。
※ブックマーク等に登録されている方は、3月1日以降 http://www.jcbasimul.com への変更をお願いいたします。
(2)スマートフォンからアプリ無しで聴取可能になります。
※スマートフォンから聴取される方も、 http://www.jcbasimul.com のアドレスからお聴きいただけます。(Androidをご利用の方は、「Adobe Air」(無料)、「ストリーミング動画ビューワー」(無料)のインストールが必要となります)
(3)配信URL 及び 配信方式の変更に伴い、聴取出来なくなる外部アプリがあります
※FMおだわらで公式に配信しているアプリ「i-コミュラジ」、「サイマルラジオ for Android」は3月1日以降ご利用いただけません。
上記以外のアプリやサービスにつきましては、弊社は一切関知しておりませんので、お問い合わせにつきましては各サービス提供者様にご確認ください。
なお、現行のCSRAサイマルラジオは2月末で配信終了予定です。
今後ともFMおだわらを何卒よろしくお願い申し上げます。
by marquis_de_d | 2017-03-19 21:00
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第弐佰参拾壱夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □



すてきなサンディ/ザ・カーナビーツ
ハ・ハ・ハ/ザ・リンド & リンダース
ドゥー・ザ・クラップ/ザ・リンド & リンダース
J&A/ザ・クーガーズ
アイム・ア・マン/ザ・ビーバーズ
恋のシンガリング/ストーンズ



すてきなサンディ/ザ・カーナビーツ


すてきなサンディ ザ・カーナビーツ 1968


『ザ・カーナビーツ・ファースト・アルバム』収録曲
メンバーが作ったオリジナルで、
ファズ・ポップの傑作。
小気味良いファズギターを駆使
、鐘の音、女の子たちの話し声、
最後の小学唱歌など
アイデアいっぱいの
サイケデリックポップ。

ワイルドなステージで
有名なカーナビーツは、
最もファズの使用頻度が高いグループ
「恋をしようよジェニー」
「チュ!チュ!チュ!」「恋の夜明け」など
多くの曲でファズトーンを駆使しています

アメリカのバンド
ウェルウォーター。コンスピラシーが
この、カーナビーツの
「すてきなサンディ」を

熱烈にカヴァーしていて

日本のGSマニア達を
驚かせた

ーーーーーーーーーーーーーーー

ウェルウォーター・コンスピラシーは
カート・コバーンも絶賛した
グランジ系の代表的グループである
サウンド・ガーデンの
マット・キャメロンと
ベン・シェパード

モンスター・マグネットの
ジョン・マクベインが
加わって結成された覆面バンドで、

93年に自分たちのレーベルを設立
2枚目のシングルとして
リリースしたのが「SANDY」

メンバーのジョンは
「GSは英米のガレージ・サイケよりも
ずっと荒々しさがある。いつも最高の
ファズ・トーンをだして。
当時からすれば
僕が耳にしたどんなものよりも
遥かに時代を大きく
先んじていたと言えるね」
ーーーーーーーーーーーーーーー

海外で
日本のGSへの再評価が
伺える

ハ・ハ・ハ/ザ・リンド & リンダース



ハ・ハ・ハ/ザ・リンド & リンダース(1968/8)


原曲は諸説ありますが、
ニューオリンズR&Bの
ヒューイ・ピアノ・スミスのナンバー
だったという事でありますが、

68年に
シカゴの白人五人組
R&Bグループ、
マウズがアレンジして
シングル・リリースした曲を
カヴァーしたもの。

この曲はワイルドワンズも
カヴァーしてますから
当時流行ったんでしょうね、

六枚目のシングルA面。
ワンズの勢いあるカヴァーよりも
日本語を無理なくのせて気持ちよく聴けます。



ドゥー・ザ・クラップ/ザ・リンド & リンダース(1967/3)

ニューリズム「クラップ」で踊ろう!
と言うコピーで
リーダーの加藤ヒロシが作った
ダンス・ナンバー。
二枚目のシングル
「燃えろサーキット」のB面
前半英語、後半を日本語で歌う
スパイダーズの影響が強く見れます。

とにかく、60年代の
レコード業界は世界中の
あちこちから
探してきたダンス音楽を
「今年のニューリズムはこれだ!」
として売り出すキャンペーン商法を
展開し、このニューリズム
というのが毎年更新されては
消えて行った時代だった。
ニューリズムであたったのは
61年のラテン・リズム『東京ドドンパ娘』の「ドドンパ」と
エレキ時代65年の「スイム」と「モンキー」
そしてGS全盛期68年の「ブーガルー」

ちなみに、68年は
国産のニューリズム
中尾ミエの「恋のシャロック」のシャロック
ザ・キューピッツの「バザズ天国」のバザズなども
発売されたが
盛り上がらなかった

この曲などは
当時のラジオでは
演奏時間が長い為に(4:02)
日本語部分が入る前に
フェードアウトされていた



J&A/ザ・クーガーズ(1968/2

もともと
ロカビリー歌手として活躍していた
倉光薫が66年10月に発足した
ゲーターズというエレキ・バンドが
母体になってます。

そこにすでにソロシンガー
としてデヴューしていた
出光功が加わり
「ザ・クーガーズ」と改名。

1967九月26日
新宿ACBで初ステージ
を踏んだザ・クーガーズの
「J&A」
三枚目のシングル「好きなんだ」のB面

カッコイイ
スカスカのガレージ


テクテク天国の印象が
強烈すぎるので
逆にこういう名曲は
影が薄くなっている
印象がありますが

実際に1年で4枚のシングルを
だしているもののヒットには繋がらず
この年、1968の夏には解散に追い込まれてます


アイム・ア・マン/ザ・ビーバーズ

和製ヤードバーズ、ビーバーズ。
専門家筋からは非常に評価の高かった実力派グループ。
1968年のアルバム『ビバ!ビーバーズ』から。
ヤードバーズのコピーです。このバンドの実力と
そして、この時代の世相、ガレージ感、サイケ感を知るにはこの曲
で良いだろうということで聴いていただきましたが、
GSでよくヤードバーズをコピーしていたバンドと言えば
初期のゴールデンカップス。まあ、これはエディ藩が
19のときに渡米してヤードバーズの演奏を目の当たりにして
るので(ディズニーランドで)
当然の流れなのかもしれませんが
とくにヤードバーズのコピーに熱心だったのはビーバーズ。
日本で最初のツイン・リード・ギターを完成させたのもこのGSです。

しかし、これほどヤードバーズに傾倒していた彼らですが
当時ほとんど評価されなかった。


恋のシンガリング /ストーンズ(1969/6


69年に「寺内タケシとブルージーンズ」に
参加するベーシスト石橋志郎と
ボーカルのルイ高橋らによる
幻のグループ

徳間の倉庫で保管されていた
未発表テープより

この曲は69年春に録音されていながら
発売されず、ブルージーンズで再録され
シングル「太陽に叫ぼう」のB面
「パパンパ・パン・パン」として発売された。

やっぱり声に魅力がある
ルイ高橋時代のブルー・ジーンズの
楽曲は人気が高いようです





ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg



【お知らせ】インターネット同時放送「サイマルラジオ」配信サービス変更に関するお知らせ
平素よりFMおだわらをご愛聴いただき誠にありがとうございます。
FMおだわらでは3月1日(水)よりインターネット同時放送「サイマルラジオ」の配信先が以下の通り変更となります。
(現行)CSRAサイマルラジオ http://www.simulradio.info/
 ↓
(3月1日より)JCBAインターネットサイマルラジオ http://www.jcbasimul.com
JCBAインターネットサイマルラジオへの移行により、以下の点が変更となります。
(1)インターネットでFMおだわらを聴く際のURLが変更となります。
※ブックマーク等に登録されている方は、3月1日以降 http://www.jcbasimul.com への変更をお願いいたします。
(2)スマートフォンからアプリ無しで聴取可能になります。
※スマートフォンから聴取される方も、 http://www.jcbasimul.com のアドレスからお聴きいただけます。(Androidをご利用の方は、「Adobe Air」(無料)、「ストリーミング動画ビューワー」(無料)のインストールが必要となります)
(3)配信URL 及び 配信方式の変更に伴い、聴取出来なくなる外部アプリがあります
※FMおだわらで公式に配信しているアプリ「i-コミュラジ」、「サイマルラジオ for Android」は3月1日以降ご利用いただけません。
上記以外のアプリやサービスにつきましては、弊社は一切関知しておりませんので、お問い合わせにつきましては各サービス提供者様にご確認ください。
なお、現行のCSRAサイマルラジオは2月末で配信終了予定です。
今後ともFMおだわらを何卒よろしくお願い申し上げます。
by marquis_de_d | 2017-03-12 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』、第弐佰丗夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □


クレイジー・ミッドナイト/ザ・モージョ
ドライヴィング・ブルース/井上宗孝とシャープ・ファイブ
ワイプ・アウト〈フォノシート・バージョン〉/ザ・スパイダース
ブーガルーNo.1/ザ・マミーズ
バラ・バラ〈ヴォーカル・バージョン〉/ザ・ヴァン・ドッグズ
マッチボックス/ほりまさゆき
ローリン・アンド・タンブリン/ブルース・クリエイション



クレイジー・ミッドナイト /ザ・モージョ 1969.1

弘田三枝子の
バックバンドとして
活動していたグループ、
”渡辺明とリズム&ブルーセス”
のキーボード奏者だった
本田竹彦が67年に結成した
グループで

その後、68年2月から
2ヶ月間アメリカへ
勉強にいっていた弘田三枝子が
帰国後「日本のアレサ・フランクリン」
としてR&Bを歌い始めた頃
やはり、
弘田三枝子のバンドとして
活動していました

ザ・モージョの
唯一のシングル
『欲ばりな恋』のB面

ファンキーなR&Bで

豪快な笑い声をいれたりする
おちゃらけぶりは
さすがジャズ出身者
ならでは。




ドライヴィング・ブルース/井上宗孝とシャープ・ファイブ(1966.12

二枚目のシングル
「追憶」のB面


1964年5月に解散した
大御所のロカビリーバンド
”ウエスタン・キャラバン”
にいた
井上宗孝、秋山功、古谷紀(おさむ)
の三人に他メンバー二人を加え
シャープホークスに合体したのが
始まりで当初は
”シャープホークスとそのメンバー”
と名のっていた。
その後、
メンバーに二人加わって前田旭

65年3月にはブルー・ファイヤー
にいた天才ギタリスト
三根(みね)信宏
も加わって、
65年6月にフジテレビで
始まる「勝ち抜きエレキ合戦」に
レギュラー出演することが
決定したのをきっかけに
シャープ・ホークス
からバンドを切り離し
ここに
”井上宗孝とシャープ・ファイブ”
が誕生する。

「勝ち抜きエレキ合戦」は
エレキブームを加熱させ
超人気となり、この番組で
毎週模範演奏を披露する
シャープ・ファイブは
当時、ギターキッズの
憧れの的。
エレキ時代の象徴的存在だった。

日本を代表する
エレキ・インスト・バンドとして
65年から66年にかけて
キングからアルバムも
続々リリースしたが

GS時代にさしかかると
のシングルでは
歌ものもやっていた。

そんなわけで
ドライヴィング・ブルース/井上宗孝とシャープ・ファイブ(1966.12

ロックンロールに別名をつけるとするならば
チャックベリーだとジョンレノンがいってますが
当時としては異例の
チャック・ベリー・スタイルの
ロックンロール

メンバー全員で
次々に泥臭いボーカルを
まわしているが

クールな演奏との
ギャップが
後を引く



ワイプ・アウト〈フォノシート・バージョン〉/ザ・スパイダース

スパイダースは
65年5月に「フリフリ」で
レコードデヴューしてから
65年末にフィリップス・レコード
と契約するまでの間に、

勁分社、コダマ・プレス、ビクター
などで、ソノシート用に
およそ26曲あまりを
レコーディングしている。

このベンチャーズの
おなじみのナンバー
「ワイプ・アウト」の
カヴァーは勁分社から
リリースされていた
週種類のソノシートに
残されていた
録音音源。

かまやつひろし曰く、

スパイダースでは
ベンチャーズの
レパートリーは
なるべく避けていた

その理由が
まず、寺内タケシのほうが
ベンチャーズやらせたらうまい
ということと
井上孝之が'テケテケ'を
できない事もあって

スパイダースでは
ベンチャーズの
レパートリーは
なるべく避けていた
というのであるが

この演奏を聴く限りでは
なんの なんの
なかなか迫力のある
演奏で
かえってこういう
エレキ・インストを
聴くと
スパイダースの
実力の高さを
うかがう事ができます。





ブーガルーNo.1/ザ・マミーズ

ハワイで高校生生活を
送った田端義継(歌手、田端義夫(バタヤン)の長男)
が帰国後の68年3月
歌手になることを父親に反対されたために
内緒で自作曲を遠藤実氏のところへ
持ち込んだところ
グループ・サウンズの
ヴォーカルが良いだろう
と勧められて
結成したグループ

唯一のシングルのA面
68年のニューリズム
ブーガルーの流行を
当て込んだもの

しかし、ブーガルのもつ
クラブ感覚とはほど遠い
野外で焚き火を囲んで
踊っているような
すっとぼけた土着性が
かえって
妙なあじわいを
だしている
和製ブーガル

68年秋からは
ソロ・シンガー
車英二の
バックバンドを
ジャズ喫茶でつとめたり
していましたが
そのうち音沙汰が
なくなってしまった

どうしたかな
と思ってしらべてみたら
マミーズ解散後は
ピート・マジック・ジュニアという
名前でソロ・デヴューしている
70年10月大映映画『高校生番長 深夜放送』
では主題歌「午前0時のロック」を歌っていた


バラ・バラ〈ヴォーカル・バージョン〉/ザ・ヴァン・ドッグズ

流石
ヴァンドックスの安定感

ギターソロのあたりで
こっそり
タンバリンが
粘ってきて
ギターを引き立ててます

なぜか、日本で大当たりした
ドイツのレインボウズの
大ヒット曲のカヴァー

この曲「バラバラ」は
67年12月にリリースされた
オール・インストの
セカンドアルバム
『花のサンフランシスコ<ポピュラー・ヒッツ’67>』
にも収録されていますが、

今夜、のテイクは
ヴォーカル・ヴァージョン

これは勁分社で
67年にリリースした
「ニュー・ポップス・ベスト14」
「グループサウンズPLAY10」
などの
ソノシート用に
録音された
貴重な音源


マッチボックス/ほりまさゆき(1965/4

60年代前半に
エルビス・プレスリーを得意とする
ロカビリー歌手として活躍していた
ほりまさゆきの
カール・パーキンス
ビートルズ
のカヴァー。

1957年にカール・パーキンスによって
リリースされたブギウギ調の
ロックンロール・ナンバー
ですが、後にビートルズが
カヴァーしたことで
さらに有名になった曲
--------------------------------------------------------
5枚目のEP盤『ロング・トール・サリー』
に収録され
リード・ボーカルはリンゴスター
--------------------------------------------------------

リヴァプール・サウンドを中心に
日本語でカヴァーしたアルバム
『ビート’65』より

バックは寺内タケシとブルージーンズ
62年秋から
寺内タケシとブルージーンズの
専属となってます

ブルー・ジンズが
バッキングを
担当したシンガーの中では
最も人気があり
 64年の
人気投票でも

坂本九
克美しげる
についで、第三位だった

というほりまさゆき


ローリン・アンド・タンブリンブルース・クリエイション



ブルース・クリエイション、
竹田和夫率いる
クリエイションの前身がこの
ブルース・クリエイション

ローリン&タンブリンといえば
マディ・ウォーターズの
ブルーズナンバー
として知られていますが、

さかのぼれば
ミシシッピーの
ブルーズマン、
ハンボーン・ウィリー・ニューバーン
というひとが1929年に
メンフィスで録音した
「ロールアンドタンブルブルース」
がレコードとして残っているものでは
最古と言うことらしいです。




ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg



【お知らせ】インターネット同時放送「サイマルラジオ」配信サービス変更に関するお知らせ
平素よりFMおだわらをご愛聴いただき誠にありがとうございます。
FMおだわらでは3月1日(水)よりインターネット同時放送「サイマルラジオ」の配信先が以下の通り変更となります。
(現行)CSRAサイマルラジオ http://www.simulradio.info/
 ↓
(3月1日より)JCBAインターネットサイマルラジオ http://www.jcbasimul.com
JCBAインターネットサイマルラジオへの移行により、以下の点が変更となります。
(1)インターネットでFMおだわらを聴く際のURLが変更となります。
※ブックマーク等に登録されている方は、3月1日以降 http://www.jcbasimul.com への変更をお願いいたします。
(2)スマートフォンからアプリ無しで聴取可能になります。
※スマートフォンから聴取される方も、 http://www.jcbasimul.com のアドレスからお聴きいただけます。(Androidをご利用の方は、「Adobe Air」(無料)、「ストリーミング動画ビューワー」(無料)のインストールが必要となります)
(3)配信URL 及び 配信方式の変更に伴い、聴取出来なくなる外部アプリがあります
※FMおだわらで公式に配信しているアプリ「i-コミュラジ」、「サイマルラジオ for Android」は3月1日以降ご利用いただけません。
上記以外のアプリやサービスにつきましては、弊社は一切関知しておりませんので、お問い合わせにつきましては各サービス提供者様にご確認ください。
なお、現行のCSRAサイマルラジオは2月末で配信終了予定です。
今後ともFMおだわらを何卒よろしくお願い申し上げます。
by marquis_de_d | 2017-03-05 21:00 | RADIO R'lyeh


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
『D,の部屋』
メインHPは↓から

D,の部屋
ブログパーツ
カテゴリ
全体
日常の一喜一憂
映画の一喜一憂
RADIO R'lyeh
ダイエットの一喜一憂
料理の一喜一憂
ポッドキャストの一喜一憂
自分勝手語辞典
備忘録
創作小説・童話
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
aobashi
信楽 楽入陶房 壺中庵
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧