人気ブログランキング |
<   2019年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』第参百壱弐拾八夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □



いい娘だね/JACKS

ブラックルーム/黛ジュン

ピーコック・ベイビー/大原麗子

愛のことば/ザ・ホワイト・キックス

夢みるツイッギー/レモンレモンズ

人間の醜さがひき起した奇怪な美しさの哀にひそんだ不快な感情を題にした詩/マキシマム


いい娘だね/JACKS(1968.3


ジャックスは

日本のロックの始祖として

語り継がれている

歴史的なグループであり


そんなジャックスのなかでも

「いい娘だね」

は最もガレージ的な曲である。

東芝でアルバムをリリースする

半年前、マイナーレーベルの

タクトからデヴューとなった

シングル『からっぽの世界』のB面


ラフなガレージ・ナンバーだが

いわゆるGSとは

どこか違う雰囲気があります



メガテンD2

ファクション

100パーセント勇気

メンバー


からのリクエストで

「ガチの女性ボーカルを一つ」

やってくれ


ということで


今夜はいい娘だね特集で




ブラックルーム/黛ジュン


日本のビート・ガールの代名詞

黛ジュン


黛ジュンは

まさにGS時代を象徴する

ガール・シンガーでありまして

当時、歌番組では出演者の

10組中9組はGSで

残りの一人が

黛ジュンという

番組構成がもはや

パターン化してた

くらい


日本のビート・ガールの代名詞


ガールシンガーの

一人GSは

67年黛ジュンの

代表曲「恋のハレルヤ」

において

完成をみることになります


彼女が最も成功を収めたシングルは

「恋のハレルヤ」だが


4枚目のシングル

「天使の誘惑」は1968年

日本レコード大賞を受賞


そのB面が「ブラックルーム」だった。


60年代ガールズ・グループものの

超絶コレクター 第一人者(シングル3000枚所有

シーラ・バーゲル嬢も


彼女の最高のレコードを

二枚あげるとすれば

「ブラックルーム」と

1969年にリリースされた

「土曜の夜なにかが起きる」

だろう


とおっしゃっておりまして

全く持って同感であります

ぶんぶん鳴り響くベースラインと

タフなヴォーカルが聞き所です



ピーコック・ベイビー/大原麗子


キノコホテルのカヴァーで

知っている若者も多いかもしれません


1964年中頃に「イパネマの娘」

の大流行が日本にも到達すると

数えきれないほど日本産

60年代ブラジル・サウンドが

聴けるようになってくる


1968年にビクターより

リリースされた大原麗子の

素晴らしいボサノヴァ・アレンジ曲

「ピーコックベイビー」


まず、大女優 大原麗子を

歌手として認識している

ひとのほうが少ないんじゃ

ないかということです


シングル三枚

アルバム一枚しかリリースしていない


60年代ではこの

シングル「ピーコックベイビー」

一枚しかリリースしてません。


この曲も

よくある

「女優がそそのかされて試しに歌ってみた」

シリーズです。


しかし、ヤル気があるのかないのか

判らない脱力感の漂う

かわいらしい

したったらずな声と

小気味よいリズム

のベストマッチングで

とんでもなく

サイケデリックな

ナンバーに仕上がっている

作曲は和製クインシージョンズ

小林亜星。



愛のことば/ザ・ホワイト・キックス



愛のことば/ザ・ホワイト・キックス(1968/5)


1968年4月から東京12ちゃんネンルで

放送が始まった

「ヒット・イン・パンチ」

という番組の為に

ジャズ・ピアニストで

レーサーで俳優で

映画監督という

プレイボーイ三保敬太郎

 が 結成したグループ。


「学業を優先する」

という理由で

ザ・サベージを脱退した

寺尾聡と林廉吉も

何故か参加している。



「アリゲータ・ブガール」のB面で、

このシングル一枚で解散しておりますが


これもまた名曲。

ファズ、ブラス、フルートを導入し、

森野多恵子のクールなボーカルで

他のGSには無い

大人の雰囲気が漂っている

素晴らしいナンバー


後にボーカルの

森野多恵子は

タンタンというアーティスト名で

ソロデヴューいたします。


もうだいぶ前に亡くなってしまいました

実力派女性シンガー

大空はるみさんですね。





夢みるツイッギー/レモンレモンズ(1967/9)



1948年8月4日生まれの

双子の姉妹、レモンレモンズ

67年3月に「レモンの二人」で

デヴュー


こちらは

三枚目のシングルA面で


ミニスカートで世界中に

ツィッギー旋風を巻き起こした

(ツィッギー来日は1967/10/18「ミニスカートの日」

スウィンギンロンドンを象徴する

「ミニの女王」ツィッギーのデヴューシングル

「Beautiful Dreams」の

日本語カヴァー


この曲も例に漏れず

前半を原語の英詞で歌い

中盤から日本語訳の歌詞で

歌うという

スタイルで

ロカビリー時代

カヴァーポップス黄金時代の


伝統継承と言える


ツィッギーというのは

「小枝」という意味

あの華奢な体系からついた

名前で、

森永のお菓子

「小枝」は

ツィッギーの来日の後

その名前からヒントをえて

作られたんだそう


また、この

1967年はミニスカートの年だった。

野際陽子がパリから帰国した際に

着用していたことが話題になり、

美空ひばりがミニスカートで

「真っ赤な太陽」を歌った。


ちなみに翌年の

68年にはレモンレモンズは

レイコとミツコと改名して

フィリップスから

「愛して愛して」で

再デヴューしています。

同年、

レイコとミツコ名義で

カルトムービー業界では

日本喜劇の傑作と評される

『進め!ジャガーズ敵前上陸』(68年 松竹)に

出演している



人間の醜さがひき起した奇怪な美しさの哀にひそんだ不快な感情を題にした詩/マキシマム


まさにルルイエにふさわしい

混沌としたタイトルだ


マキシマムは


『パザズ天国』の

ザ・キューピッツが



75年に”マキシマム”という

ディスコ・デュオ

として復活を遂げ



1975.10.1に

ショーボート・レーベルから


プロデューサーのミッキー・カーチスが

「海外レーベルではひとつのヒット曲を

いろいろなアーティストがカヴァーするのが

当然だし、カヴァー専門の歌手もいる。

ところが日本ではなぜ

カヴァーが盛んではないのだろう」

という疑問から生まれた企画で



日本のロック/ポップスの

名曲カヴァーだけで構成された

アルバム「マキシマム・ホット」

をリリースしております


「人間の醜さがひき起した奇怪な美しさの哀にひそんだ不快な感情を題にした詩」


1972年元ビーバーズの

成田賢が発表した

セカンド・ソロ・アルバム

『汚れた街にいても』に収録されている

楽曲のカヴァー


このアルバムがすごい。

ナニがすごいって


バッキングがすごい。

ギター・大村憲司

ベース・小原礼

ドラムス・村上・ポンタ・秀一

パーカッション・浜口茂外也はまぐちもとや

キーボード・深町純

という

70年代のクロスオーバー・ブームの

走りとなったバンブーセッション

のメンバーであり


当時、最強のリズム・セクションと

呼ばれた彼らの演奏が

単独ではレコードに残されていないだけに


このアルバムは

バッキングでありながらも

バンブーの

幻の演奏を現代に伝える

貴重な音源でもあるわけです







ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg



『D,侯爵の『RADIO R'lyeh』』をパソコン・スマートフォンで聞く方法:

FMおだわらの公式サイトの上部にあるバナーをクリックするか、

http://www.jcbasimul.com/?radio=fm%E3%81%8A%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%89からJCBAインターネットサイマルラジオにアクセス

なお、
広告非表示アドオンはOFFにしてください

□聴けないかたはブラウザのFlash設定がOFFになっていないかご確認ください。
OFFであればONにしてください
by marquis_de_d | 2019-01-27 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』第参百壱弐拾八夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □



いい娘だね/JACKS

ブラックルーム/黛ジュン

ピーコック・ベイビー/大原麗子

愛のことば/ザ・ホワイト・キックス

夢みるツイッギー/レモンレモンズ

人間の醜さがひき起した奇怪な美しさの哀にひそんだ不快な感情を題にした詩/マキシマム


いい娘だね/JACKS(1968.3


ジャックスは

日本のロックの始祖として

語り継がれている

歴史的なグループであり


そんなジャックスのなかでも

「いい娘だね」

は最もガレージ的な曲である。

東芝でアルバムをリリースする

半年前、マイナーレーベルの

タクトからデヴューとなった

シングル『からっぽの世界』のB面


ラフなガレージ・ナンバーだが

いわゆるGSとは

どこか違う雰囲気があります



メガテンD2

ファクション

100パーセント勇気

メンバー


からのリクエストで

「ガチの女性ボーカルを一つ」

やってくれ


ということで


今夜はいい娘だね特集で




ブラックルーム/黛ジュン


日本のビート・ガールの代名詞

黛ジュン


黛ジュンは

まさにGS時代を象徴する

ガール・シンガーでありまして

当時、歌番組では出演者の

10組中9組はGSで

残りの一人が

黛ジュンという

番組構成がもはや

パターン化してた

くらい


日本のビート・ガールの代名詞


ガールシンガーの

一人GSは

67年黛ジュンの

代表曲「恋のハレルヤ」

において

完成をみることになります


彼女が最も成功を収めたシングルは

「恋のハレルヤ」だが


4枚目のシングル

「天使の誘惑」は1968年

日本レコード大賞を受賞


そのB面が「ブラックルーム」だった。


60年代ガールズ・グループものの

超絶コレクター 第一人者(シングル3000枚所有

シーラ・バーゲル嬢も


彼女の最高のレコードを

二枚あげるとすれば

「ブラックルーム」と

1969年にリリースされた

「土曜の夜なにかが起きる」

だろう


とおっしゃっておりまして

全く持って同感であります

ぶんぶん鳴り響くベースラインと

タフなヴォーカルが聞き所です



ピーコック・ベイビー/大原麗子


キノコホテルのカヴァーで

知っている若者も多いかもしれません


1964年中頃に「イパネマの娘」

の大流行が日本にも到達すると

数えきれないほど日本産

60年代ブラジル・サウンドが

聴けるようになってくる


1968年にビクターより

リリースされた大原麗子の

素晴らしいボサノヴァ・アレンジ曲

「ピーコックベイビー」


まず、大女優 大原麗子を

歌手として認識している

ひとのほうが少ないんじゃ

ないかということです


シングル三枚

アルバム一枚しかリリースしていない


60年代ではこの

シングル「ピーコックベイビー」

一枚しかリリースしてません。


この曲も

よくある

「女優がそそのかされて試しに歌ってみた」

シリーズです。


しかし、ヤル気があるのかないのか

判らない脱力感の漂う

かわいらしい

したったらずな声と

小気味よいリズム

のベストマッチングで

とんでもなく

サイケデリックな

ナンバーに仕上がっている

作曲は和製クインシージョンズ

小林亜星。



愛のことば/ザ・ホワイト・キックス



愛のことば/ザ・ホワイト・キックス(1968/5)


1968年4月から東京12ちゃんネンルで

放送が始まった

「ヒット・イン・パンチ」

という番組の為に

ジャズ・ピアニストで

レーサーで俳優で

映画監督という

プレイボーイ三保敬太郎

 が 結成したグループ。


「学業を優先する」

という理由で

ザ・サベージを脱退した

寺尾聡と林廉吉も

何故か参加している。



「アリゲータ・ブガール」のB面で、

このシングル一枚で解散しておりますが


これもまた名曲。

ファズ、ブラス、フルートを導入し、

森野多恵子のクールなボーカルで

他のGSには無い

大人の雰囲気が漂っている

素晴らしいナンバー


後にボーカルの

森野多恵子は

タンタンというアーティスト名で

ソロデヴューいたします。


もうだいぶ前に亡くなってしまいました

実力派女性シンガー

大空はるみさんですね。





夢みるツイッギー/レモンレモンズ(1967/9)



1948年8月4日生まれの

双子の姉妹、レモンレモンズ

67年3月に「レモンの二人」で

デヴュー


こちらは

三枚目のシングルA面で


ミニスカートで世界中に

ツィッギー旋風を巻き起こした

(ツィッギー来日は1967/10/18「ミニスカートの日」

スウィンギンロンドンを象徴する

「ミニの女王」ツィッギーのデヴューシングル

「Beautiful Dreams」の

日本語カヴァー


この曲も例に漏れず

前半を原語の英詞で歌い

中盤から日本語訳の歌詞で

歌うという

スタイルで

ロカビリー時代

カヴァーポップス黄金時代の


伝統継承と言える


ツィッギーというのは

「小枝」という意味

あの華奢な体系からついた

名前で、

森永のお菓子

「小枝」は

ツィッギーの来日の後

その名前からヒントをえて

作られたんだそう


また、この

1967年はミニスカートの年だった。

野際陽子がパリから帰国した際に

着用していたことが話題になり、

美空ひばりがミニスカートで

「真っ赤な太陽」を歌った。


ちなみに翌年の

68年にはレモンレモンズは

レイコとミツコと改名して

フィリップスから

「愛して愛して」で

再デヴューしています。

同年、

レイコとミツコ名義で

カルトムービー業界では

日本喜劇の傑作と評される

『進め!ジャガーズ敵前上陸』(68年 松竹)に

出演している



人間の醜さがひき起した奇怪な美しさの哀にひそんだ不快な感情を題にした詩/マキシマム


まさにルルイエにふさわしい

混沌としたタイトルだ


マキシマムは


『パザズ天国』の

ザ・キューピッツが



75年に”マキシマム”という

ディスコ・デュオ

として復活を遂げ



1975.10.1に

ショーボート・レーベルから


プロデューサーのミッキー・カーチスが

「海外レーベルではひとつのヒット曲を

いろいろなアーティストがカヴァーするのが

当然だし、カヴァー専門の歌手もいる。

ところが日本ではなぜ

カヴァーが盛んではないのだろう」

という疑問から生まれた企画で



日本のロック/ポップスの

名曲カヴァーだけで構成された

アルバム「マキシマム・ホット」

をリリースしております


「人間の醜さがひき起した奇怪な美しさの哀にひそんだ不快な感情を題にした詩」


1972年元ビーバーズの

成田賢が発表した

セカンド・ソロ・アルバム

『汚れた街にいても』に収録されている

楽曲のカヴァー


このアルバムがすごい。

ナニがすごいって


バッキングがすごい。

ギター・大村憲司

ベース・小原礼

ドラムス・村上・ポンタ・秀一

パーカッション・浜口茂外也はまぐちもとや

キーボード・深町純

という

70年代のクロスオーバー・ブームの

走りとなったバンブーセッション

のメンバーであり


当時、最強のリズム・セクションと

呼ばれた彼らの演奏が

単独ではレコードに残されていないだけに


このアルバムは

バッキングでありながらも

バンブーの

幻の演奏を現代に伝える

貴重な音源でもあるわけです







ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg



『D,侯爵の『RADIO R'lyeh』』をパソコン・スマートフォンで聞く方法:

FMおだわらの公式サイトの上部にあるバナーをクリックするか、

http://www.jcbasimul.com/?radio=fm%E3%81%8A%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%89からJCBAインターネットサイマルラジオにアクセス

なお、
広告非表示アドオンはOFFにしてください

□聴けないかたはブラウザのFlash設定がOFFになっていないかご確認ください。
OFFであればONにしてください
by marquis_de_d | 2019-01-27 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』第参百壱弐拾七夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □




INSTRUMENTAL MERA MERA-「メラ・メラ」(Inst.)/ザ・スパイダース

ワンモア・キッス!/ザ・スピリッツ

ヘイ・ガール/ザ・ヴァン・ドッグス

Ps-102-2 Discotique - 「無頼・殺せ」/内田裕也とザ・フラワーズ

Good-Bye, Baby/Phoenix

熱くなれない/ザ・モップス

ラブ・ポーション No.9/田辺昭知とザ・スパイダース




INSTRUMENTAL MERA MERA-「メラ・メラ」(Inst.)/ザ・スパイダース


80年代以降から現代に至るまで国内外で

多くのカヴァーを生んでいる

スパイダーズのガレージパンク代表作。


スパイダーズ第四作目主演映画

1968年8月28日封切りだった日活の

『ザ・スパイダースのバリ島珍道中』

の音源から


しかし

結局

この

インストヴァージョンの

『メラ・メラ』

映画本編では

使用されなかった




ワンモア・キッス/ザ・スピリッツ




川崎のバンドで

1965年頃から市内の

ダンス・ホールなどで

活動していた。


66年2月

フジテレビの

勝ち抜きエレキ番組で

何のひねりもないタイトルなんですが

『勝ち抜きエレキ合戦』の

北海道大会で

ボーカル部門で優勝


メンバー・チェンジをへて

68年5月

キング・セブンシーズから

『人魚の涙』でデヴュー


御聴きいただいたのは

デヴューシングル

『人魚の涙』のB面

「ワン・モワ・キッス!」


ビートルズの「Tax・Man」

を思わせるベースを

フィーチャーした

カッコいい曲だが


サビは青春歌謡風という

ざんねんなナンバー


とにかく印象の薄い

バンドで、


結局、セールス的には

うまくいかずに

二枚目のシングルは

出ずじまいで


68年暮れに

メンバー5人中3人がいれかわる

という情報が

雑誌に載ったのを最期に

音信がなくなったバンド




ヘイ・ガール/ザ・ヴァン・ドッグス



オルガンを

重視したバンドだった


イタリアの

イ・リベリというバンドの

ダンサブルなナンバー

(これはコロンビアから

「ヘイ・ヘイ・ガール」というタイトルで

邦盤もでている)


をカヴァーしたもの



1967年8月リリース

二枚目のシングルA面となった曲

これはその、アウト・テイクになります


リリースされた

シングル盤とは

間奏のかけ声などに

違いがある



千葉正健の

粘着質なオルガンと

間奏のファズ・トーンが

聴きもの




Ps-102-2 Discotique - 「無頼・殺せ」/内田裕也とザ・フラワーズ



日活映画69年の作品。

渡哲也主演映画

人斬り五郎無頼シリーズ三部作の最終作

『無頼・殺せ(ばらせ)』の

ラストシーンですね。


フラワーズがゴーゴークラブで


演奏していた

サイケなインスト曲がこれ。


映画では

この後に

和製ワンダ・ジャクソン

と呼ばれていた麻生レミが

二村貞一(ふたむら ていいち)の「君恋し」を歌うのも

見所なんですが、


スチール・ギターの

小林勝彦など

演奏している

メンバーの姿がアップになるのも

見所



R&B/ロカビリー歌手だった

内田裕也が

67年に三ヶ月にも及ぶ

ヨーロッパ旅行で

海外ロックシーンを

目の当たりにし、日本にも

本格的な


サイケデリック・ミュージックや

R&Bをやるグループを

作るべく

67年11月に

結成したバンド

ザ・フラワーズ


ステージの演出や照明に凝り

音楽各紙はフラワーズの登場を

本格派

サイケデリックグループ

誕生と鳴り物入りで

報じた


もちろん、レコードも

すぐには出さない。

待たせに待たせて

じらしてじらして


そうこうしているうちに


GS時代の波乗りに

やや出遅れた感が

否めなかった。


結成から一年以上おくれて

1969年1月にようやくでた

遅すぎたデヴュー・シングル

「ラスト・チャンス」が

コロンビアから発売するも

極度に歌謡曲化された

メロディー


サイケを期待すると

幻滅させられてしまう。



当時のGSは

レコードでは、

ステージでの熱狂という

ものがわからないわけで


レコードよりも

ステージの方が何倍も

スゴいバンドがたくさん

あったわけですが


当時の姿を知る

手段のひとつとして

流行を切り取って

それらを後世に残しうるメディアが

娯楽映画であり


そこに、動くかられらの

生き生きとした姿を

垣間見ることができるわけです。




Good-Bye, Baby/Phoenix





はじめてワウワウペダルを導入するなど

そのサウンドエフェクトの多様ぶり

には右に出るものがいなかった

バンド、ザ・フェニックス


寺内タケシの事務所から


バニーズの弟分として


テリーズに続き


1967年に結成され

結成直後、油壺で一ヶ月に及ぶ

長期合宿でお得意の

寺内タケシ式スパルタ教育で

鍛えられ、寺内企画、

「1968年の秘密兵器」

というキャッチフレーズで売り出されたものの


大衆にはまだ

サウンドエフェクト過多の

音楽は突飛すぎたのか

いまいち

ヒット要素にかけていた。


そんなフェニックスの


セカンドシングル「グッド・バイ・ベイビー」


はじめて

ワウワウペダルを導入した

ということで


この曲でももちろん

ワウワウを使ってますが、


なんとヴォーカルまでトレモロを

使用した実験作。


ワウ、ファズはもちろん

その他わけのわからないサウンドエフェクトも

随所に挿入した

メンバー自身のオリジナル


ザ・フェニックスは

レコードはシングル二枚で

その後、出ずじまいなものの

横浜、東京のジャズ喫茶を中心に

地道に活動を続け


月に40本という

ライブスケジュールで

ほぼ毎日仕事があり、


実質的には

寺内企画で一番の黒字バンドだった。




熱くなれない/The Mops(1968/8



モップスの三枚目のシングル

『おまえのすべてを』のB面


熱くなれない/ザ・モップス(1968/8


彼らの

サイケデリック路線も

堂にいってきた頃の傑作



村井邦彦の作曲、星勝を中心とした

バンド自身のアレンジで

GS・アッシド・ロックの

傑作といえる仕上がり

-----------------------------------------------

(三枚のシングルは

阿久悠、村井邦彦のコンビです)

-----------------------------------------------



イントロは


ジェファーソン・エアプレインの


アルバム

『アフター・ベイジング・アット・バクスターズ』

に収録されている


『ザ・バラッド・オブ・ユー・アンド・ミー・アンド・プーニール』


にそっくりなんですが

このあたり


レコードデヴューに際し

67年、秋の

GS戦国時代を

なんとか生き残ろうと策が

ねられた結果、


日本最初のサイケデリック・グループ

として売り出されることになって


ジェファーソン・エアプレインなどの

レコードを聴かされた

モップスは

これなら自分たちの

カラーともマッチすると

乗り気になった。


という記述とも一致いたします。


まあしかし、

この三枚目のシングルまでは

ファズギターを駆使した

サイケデリック路線が

続いたんですが


69年に入る頃には

それまでのイメージを払拭


よりシンプルな

ロック、ブルーズ、R&Bと

言った方向に転じることになる。


69年末には東芝に移籍

してますが

意欲的に挑んだ

ロックンロール・リバイバル

的な音楽は全く理解されなかった


海外のガレージ・マニアが

評価しているモップスは

このビクター時代だけ


ラブ・ポーション No.9/田辺昭知とザ・スパイダース



元々は1959年の

R&Bグループ

クローバーズが原曲の

『恋の特効薬』ラブ・ポーション No.9


スパイダースがクラウンから

1965年10月に出した


17㎝LP(EP)『ダイナマイト』という

全曲インストカヴァー曲で構成された


コンパクト盤(EP盤という7インチ=17センチレコード

LPと同じ回転数33回転のシングルレコード)に収録


されている

サーチャーズでおなじみの

ナンバー


1964年に

リヴァプール出身のバンド

サーチャーズがリリースして

これは全米第3位を記録した


サーチャーズといえば

第一次ブリティッシュ・インヴェイジョンが

巻き起こった60年台前半から

中盤にかけて活躍したビートバンドで

スキッフルを好んで演奏する

典型的マージビートバンド


ビートルズ同様

R&Bカヴァー曲も

発表しており、

これは

そんな中で

最も有名な楽曲


なお、65年当時の

スパイダーズのメンバーは

ドラムス田辺昭知

リズムギターかまやつひろし

リードギター井上孝之

スチールギター大野克夫

ベース加藤充

ヴォーカル堺正章

ヴォーカル井上順


の既にあのおなじみの

メンバーでありまして


このころは

エレキ・ブーム全盛期で

すでに歌って演奏する

リヴァプール・サウンズの

スタイルを強く

志向していた

彼らは


いまいち乗り気じゃ

なかったというんですが


とんでもない話で

エレキ・インストを

やらせても

傑出した演奏を

聞かせてくれます






ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg



『D,侯爵の『RADIO R'lyeh』』をパソコン・スマートフォンで聞く方法:

FMおだわらの公式サイトの上部にあるバナーをクリックするか、

http://www.jcbasimul.com/?radio=fm%E3%81%8A%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%89からJCBAインターネットサイマルラジオにアクセス

なお、
広告非表示アドオンはOFFにしてください

□聴けないかたはブラウザのFlash設定がOFFになっていないかご確認ください。
OFFであればONにしてください
by marquis_de_d | 2019-01-20 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』第参百壱弐拾七夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □




HERE COMES SPIDERS (Inst.)/ザ・スパイダース

モーニン/寺内タケシとバニーズ

ブラック・イズ・ブラック/バニーズ

ウォーキング・ザ・ドッグ/The Dynamites

This Bad Girl/ザ・ゴールデン・カップス

ジェニ・ジェニ’70/モップス

サニー/ザ・スパイダース





HERE COMES SPIDERS (Inst.)/ザ・スパイダース


1968年1月3日封切りだった

日活映画

『ザ・スパイダースの大進撃』


映画用に書き下ろしたオリジナル曲の

カラオケ・ヴァージョン




モーニン/寺内タケシとバニーズ


がりつう2017 10/22

大胆すぎるモーニンのエレキインスト化w #fmodawara #るるいえ


ジャズ/スタンダード・ナンバーの

有名曲をエレキインスト化した

1967年6月20日リリースだった

アルバム『世界はテリーを待っている』

収録曲


このアルバムは

寺内タケシの脂の乗り切った

演奏が楽しめる


中でも特に

超ワイルド、壮絶極まりないのが

A面5曲目の「モーニン」


後半部の寺内の壮絶なプレイで

欧米のガレージ・マニアからも


大人気のナンバー





ブラック・イズ・ブラック/バニーズ



寺内タケシのバック・バンドとして

スタートしたバニーズも

67年秋頃にはグループ名から

寺内タケシの名前を看板から

外して独立したバンドとしての

体裁を整え始める


実際に69年には

寺内タケシ御大から離れて

荻野達也とバニーズとして

完全独立するわけだが


1968年1月30日

杉並公会堂でひらかれた

ワンマン・コンサートは


第一部を

メンバーの紹介を交えた

荻野達也とバニーズだけの演奏


第二部をテリー御大を迎えて

お家芸のエレキインスト大会という

二部構成であった。


この日のステージの様子は

1968年4/20リリースだった

ライブ実況録音LP

『バニーズ・ゴールデン・コンサート』

に収められている


スタジオ録音では

なかなか伝わらない

GSの本来もつグルーブ感が

感じることができる


今夜聴いていただいた

のは『バニーズ・ゴールデン・コンサート』A面

の3曲目に収められている

ロス・ブラボーのヒット曲

「ブラック・イズ・ブラック」

のちにヒロシ&キーボーとして

「3年目の浮気」のヒットを放つ

黒沢博のヴォーカルで

バニーズの

安定したテクニックに

支えられた

迫力ある演奏と

サイケ時代を反映した

ギター・ワークが

聴ける




ウォーキング・ザ・ドッグ/The Dynamites


ヒット曲「トンネル天国」の

アルバムテイク含む

カヴァー曲で構成された

ザ・ダイナマイツ唯一のアルバム

1968年5月リリースだった

『ヤングサウンドR&Bはこれだ!』収録曲


バンドの意志に反した

レコード会社側の意向で

ビージーズやモンキーズの

カヴァーまでやらされた

アルバムだったが


こちらは

正真正銘のR&Bで

ダイナマイツの真骨頂


オリジナルはルーファス・トーマスの

R&Bですが、日本では

ストーンズがカヴァーしたもの

でおなじみのナンバー


この演奏も

ストーンズ版を

ベースにしている

ようです


ダイナマイツといえば

瀬川洋(せがわひろし)と

山口富士夫という

二枚看板でデヴューした

玄人向けGSだった


ギターの

山口富士夫は

GSブーム後も伝説のバンド

「村八分」を結成など


昨今まで伝説的

ギタリストとして

不良中高年達の

絶大な支持をウケていた


2013年7月14日

東京の福生駅前の

タクシー乗り場でアメリカ人が

別の男を一方的に殴る現場に遭遇

止めに入ったところを

突き飛ばされ

後頭部を打ち、急性硬膜下出血を

起こして、都内の病院に入院

一ヶ月後の

8月14日に脳挫傷のため

帰らぬ人となってしまった

享年64歳



This Bad Girl/ザ・ゴールデン・カップス

ジズバトガール



洋楽ファンから

絶大な支持をウケていた

玄人好みのバンド



ザ・ゴールデン・カップス


本格志向故か

ステージでは

ほとんどオリジナルは

やらなかったというだけあって


自作曲が意外に少ない

ゴールデン・カップスだが


これはメンバーの

ケネス伊藤、作詞

ルイズルイス加部、作曲

という作品。


1968.4.1『長い髪の少女』のB面

A面の「長い髪の少女」は

売れせん狙いのマイナー歌謡

極めて営利色の強いナンバーで

オリコン14位、35万枚をセールスし

これでゴールデン・カップスも

一躍、人気アイドル・グループに

躍り出ることになるわけですが


逆にB面は

疾走感のあるギターとベースで


海外のファンがGSを聴いて

一番驚くのはルイズルイス加部の

誰にも真似できない早弾きの

ベースワークだ。


いかにも

「そのばでつくりました」的な

ラフなメロディの

ガレージ・サイケ・ナンバーだが

スピード感がすごい。


この曲の

ヴォーカルはケネス伊藤


地味な印象だが

日系アメリカ人だった

彼の存在はカップスの持っていた

本物の匂いを影から

支えていたといえる


「ガレージ・パンクという

視点から見た時、

ゴールデン・カップスで

一番のヴォーカリストは

ケネス伊藤だ」とおっしゃる人もいます




ジェニ・ジェニ’70/モップス



69年以降のモップスは

それまで背負っていた

サイケの看板を

払拭するかのように


よりシンプルな

ロック、ブルーズ、R&Bと

言った方向に進んで

ビクターから東芝に移籍。


1970年5月5日リリースだった

シングルのA面


リトル・リチャードで

有名なナンバーを

ハード・ロック化し、

70年代に突入した

モップスの

パブリック・イメージに

最も近い音




サニー/ザ・スパイダース


1968年3月15日にリリースされた

『スパイダースNo.5』収録曲



当時、日本のGSが

盛んに取り上げていた

ボビー・ヘブのヒットナンバー


何かにつけて

マチャアキが歌ってた

十八番中の十八番ナンバー




ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg



『D,侯爵の『RADIO R'lyeh』』をパソコン・スマートフォンで聞く方法:

FMおだわらの公式サイトの上部にあるバナーをクリックするか、

http://www.jcbasimul.com/?radio=fm%E3%81%8A%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%89からJCBAインターネットサイマルラジオにアクセス

なお、
広告非表示アドオンはOFFにしてください

□聴けないかたはブラウザのFlash設定がOFFになっていないかご確認ください。
OFFであればONにしてください
by marquis_de_d | 2019-01-13 21:00 | RADIO R'lyeh
■D,侯爵の『RADIO R'lyeh』第参百壱廿祿夜■
b0050938_131149.jpg



こんやもラジオルルイエ
今宵の永遠に付き合う皆様、どうぞよろしく…


□ 今夜紹介する楽曲 □



アラウンド・アンド・アラウンド/ザ・スパイダース

午前3時のハプニング/ザ・ゴールデン・カップス

アイム・ショックド/アイ・アバンティとそのグループ

蜜の味/ブルー・コメッツ

傘がない/ザ・モップス

アイ・アム・ジャスト・ア・モップス/



□アラウンド・アンド・アラウンド/ザ・スパイダース


1966年5月20日リリースだった

スパイダース2枚目のアルバム

「ザ・スパイダース・アルバムNo.2」


前作の

全曲オリジナル曲で構成した

「ザ・スパイダース・アルバムNo.1」

とは一転して

これは全曲カヴァーで構成された

セカンド・アルバムで

ほとんどは

いわゆるリヴァプール・サウンドの

ナンバーで、しかもThe Beatles物では

なぜか精彩さを欠く印象だが


B面の二曲目のアニマルズのカヴァー


アラウンド・アンド・アラウンド、


5曲目のデイヴ・クラーク・ファイブの

シンギング・オブ・ユー・ベイビー


ラストに収録された

チャック・ベリーの

ロックン・ロール・クラシック

「ジョニー・B・グッド」

では


ご機嫌な演奏を展開している。






午前3時のハプニング/ザ・ゴールデン・カップス


ザ・ゴールデン・カップス

超絶ベーシスト、ルイズ・ルイス加部が歌っているきわめて珍しい曲です

1968年12月リリースの「午前3時のハプニング」

五枚目のシングル「過ぎ去りし恋」のB面


さて、1968年と言いますと

タイガース、テンプターズといった

ヴィジュアル優先のアイドル的GSに対して

その後の方向性を打ち出した実力派GSといえる

ゴールデンカップス

ハプニングスフォー

モップス

といったバンドが出現してくるんですね、


そんな実力派

濱のGSゴールデンカップスでありますが

いろいろメンバーが入れ替わって

ブリティッシュ・ハードロック志向になったり

アメリカンロック的な傾向が強くなったりと

GSの隆盛と衰退を乗り切ろうと

試行錯誤をくりかえした感があります。




アイム・ショックド/アイ・アバンティとそのグループ


サイケデリック時代を

反映したノベルティ・ソングで

1968年「新女大学」

という曲のB面ですが、

メチャクチャかっこいい!


のっけから

スパイ映画のような展開


そうかと思っていると

今にもオイルの匂いが

してきそうな

暴走するエンジン音、

滑走路を飛び出す

飛行機のプロペラの音。

そして女の悲鳴…

まさに、美と狂気の一体化!


なんじゃこりゃ!

すげえ!

アヴァンギャルド!


アイ・アバンティって

なにもんじゃろかと


思っておりましたら

宇野誠一郎先生


「ひょっこりひょうたん島」

「W3」

「長靴猫シリーズ」

「悟空の大冒険」

「ふしぎなメルモ」

「ムーミン」

「アンデルセン物語」

「さるとびエッちゃん」

「山ねずみロッキーチャック」

「一休さん」

「小さなバイキングビッケ」


と、数々の名作を残し

2011年4月心不全のために

惜しまれつつも亡くなった

宇野誠一郎先生享年84歳でございます




蜜の味/ブルー・コメッツ



タイガース、テンプターズなど

GSニ世代の台頭以前


スパイダースとともに

GSブームの礎を

築き上げたブルコメ


しかし、

その長いキャリアと

高い人気のわりに

 現役時代に

残したライヴ・アルバムは


1966年11月28日

東京・神田の共立講堂で

開催されたリサイタルの

模様を収録した


1967年2月にリリースされた

『ブルー・コメッツ・リサイタル共立講堂実況録音』

一枚だけである


スキャットを用いた

ジャズ風アレンジの

スタンダード・ナンバー

『蜜の味』


ブルコメの他の追随を許さない

演奏水準の高さ

コーラス・ワークの巧みさを


理解するのに

十分な録音だったかと思う





傘がない/モップス



1973年6月5日リリースだった

アルバム

「モップス1969~1973」から


アルバムタイトルから

ベスト盤的なものを

想像しがちだが



このLPでしか聴けない曲も

かなり収録されている


この曲も

井上陽水の

ヒット曲を


オーソドックスなアレンジで

カヴァー





アイ・アム・ジャスト・ア・モップス/ザ・モップス


海外でも人気の高い曲

いかにも外人が

好きそうなファズ・サイケですが



1968年に


本格的に

サイケデリック音楽への

アプローチを高らかに謳った

日本最初のアルバム


モップスの1stLP

「サイケデリック・ミュージック・イン・ジャパン」収録曲

英語歌詞のオリジナル曲



このアルバムは


欧米でも非常に評価が高く、


オーストラリアで出版された

『1001Record collector Dreams』

という世界の60~70年代ロックの

ジャケット写真を掲載した本でも

数ある日本のレコードの中から

フラワートラベリンバンドの

『SATORI』と

モップスの1stLP

「サイケデリック・ミュージック・イン・ジャパン」

唯二つ

音楽的傑作アルバムに

選出されていました。





ラジオルルイエでは
リスナー様の
お便りを募集しています。

リクエストや、質問なんぞも受付マッス!

お手紙お葉書などに
番組へのご意見ご感想
を書いてお送りください

紹介されると
番組特製オリジナルステッカーと
D,侯爵手書きのQシート
深海の不気味イラスト入り
をプレゼントいたします

D,侯爵への励ましのお便り待ってます。

どしどしお便り下さい



---------------------------------------------------------------
FMおだわら
「ラジオルルイエD,侯爵宛」

〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 小田原市役所1F

FAX.0465-35-4230

---------------------------------------------------------------


D,侯爵への励ましのお便り待ってます。





---------------------------------------------
b0050938_131149.jpg



『D,侯爵の『RADIO R'lyeh』』をパソコン・スマートフォンで聞く方法:

FMおだわらの公式サイトの上部にあるバナーをクリックするか、

http://www.jcbasimul.com/?radio=fm%E3%81%8A%E3%81%A0%E3%82%8F%E3%82%89からJCBAインターネットサイマルラジオにアクセス

なお、
広告非表示アドオンはOFFにしてください

□聴けないかたはブラウザのFlash設定がOFFになっていないかご確認ください。
OFFであればONにしてください
by marquis_de_d | 2019-01-06 21:00 | RADIO R'lyeh


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
『D,の部屋』
メインHPは↓から

D,の部屋
ブログパーツ
カテゴリ
全体
日常の一喜一憂
映画の一喜一憂
RADIO R'lyeh
ダイエットの一喜一憂
料理の一喜一憂
ポッドキャストの一喜一憂
自分勝手語辞典
備忘録
創作小説・童話
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
aobashi
信楽 楽入陶房 壺中庵
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧